奥の臍道

林道が オフ車だけの 物ならば、 行ける以上 Tradも又 オフ車の内 夏山に 足向けよとぞ せがむW吉 野に山に 馬牽むけよ ほととぎす 夏草や Tradどもが 夢のあと 野分雨 降り残してや S.D.M.A. トラッドで 林道遊び いとをかし アメブロと併せてお楽しみください♪ http://ameblo.jp/centopassi/

タグ:状況

地八吉沢、西口からの第二分岐、コンクリ口の先を行くと…

どんつきT字、左手先は民家※、右手のこいつ↓

4ec062af.jpg

を、胸突きしながら進むと…

a08c625e.jpg
残念、
下っちゃいけない坂!(笑)

cf,7月20日
http://ameblo.jp/centopassi/entry-11897210583.html

※PS:
道を訪ねると気安く笑顔で応えてくれる。
今度何か手土産でも持って行こうかな?
(海の幸?)



本日天気晴朗ナレドモ、ヌタ深シ
http://ameblo.jp/centopassi/entry-11768523034.html
3f6ff678.jpg

やっぱちょっと無理でした!

いや、も少しブロック・ハイトが残っていたら?

てのが無いではないけど(笑)。

林道途中に現れるヌタ程度なら、
「えいやっ」で抜けてしまえばいいのだけれど、
全面ヌタってのは、どうも手に余る(泣)。

それともなんかコツがあるのかな?

や、
別に何でもかんでも上手くこなしたい訳じゃないけれど(笑)。


状況:
ヌタ


圧抜かない方が扱いやすいBuroro君…

と思って、出掛けに積み忘れたゲージの事は忘れていたのだけども、

勾配キツい脱出口が脱出できずっ!

(一杯一杯だったので絵は無し)

落ち葉に隠れたゴロ岩に油断し転倒停止したのが運の尽き、

リスタート出来ましぇ~ん!

ズルズル大地を削りつつ落ちていくだけで、降車しながら押してなんとか…

いやそれさえも、
フカフカ砂利は無駄な足掻きを受け付けず、

て、撤収!

はう~、
頭上に何本も倒木が連なる、絵的には燃えるシチュエーションの脱出口(?※)だったのに~(笑)

※あとの経緯を考えると、行き止まりだったかも?

cf:北富士second 中央道
http://ameblo.jp/centopassi/entry-11711573300.html


北富士演習場…

①外周路
広くて硬め、フルフラット、時々ギャップ。
超快走路♪

一周何km有るんだろ?

南東部:
電信柱が立ち並ぶ絵になる景色。

②内周路(内側分岐)
フカフカ赤土orフッカフカ火山灰質大粒サンド。
W吉の短足じゃ、すぐ埋まりそうで怖い。
この手のMX路面には強いのか?BUROROはそこそこの安定を示す。
が、一旦振られるとやはり収拾がつかない。
停車ゴケ六回。

北東部:
何カ所か赤土アスレチックスなところあり(未踏)。

自由に走れすぎて、どこを走ったらよいのか定まらず…有る意味幸せなシチュエーション、慣れたら絶対楽しそう♪

③山側
ガレ、クレバス、な山岳セクション…らしい(未踏)。

④須走
国道が混むので、迂回路に使いたいが、
山側な、中でも厳しめだそうな。

⑤山中湖村方面
未踏
状況不明。
御殿場からの北上迂回路が…無いよなぁ~(笑)

次回への注意点…
事前の体調管理:

二日前にR152チャレンジに行ったりしない!

睡眠時間三時間で臨んだりしない!

予想以上に腰にクる(泣)。

早朝、時間厳守!

cf:演習場行
http://ameblo.jp/centopassi/entry-11593336007.html
Aさん主催、
「暴れん坊将軍ツー」♪


でも…

これはダメ!
019e2744.jpg
http://maps.loco.mobile.yahoo.co.jp/maps?lon=137.3003&lat=34.96135556

東側の侵入口は、それっぽくてテンション上がったのだけど、

この峠の先が…
2e5045f6.jpg

画面じゃ見切れてるけど、巨大倒木が何本も!

ノコギリ持ってたけど、出す気にもならず、早々と引き返そうとしたら…
軟弱路!

下っちゃ行けない坂を、下っちゃったか?(笑)




静岡県浜松市北区引佐町田沢
http://maps.loco.mobile.yahoo.co.jp/p/map/maps?mv=2&z=16&lat=34.9082958521619&lon=137.6516521717163

村落の間を抜け北西に登る道、
ずっと行くと分岐、
左へ進むと山頂電波塔(?)。

少し戻ると右(北東方向:?)への分岐があり、
そちらを進むと途中からガレガレなルートが、蛇行しながら阿寺方向へ。

蛇行途中に分岐が二・三あり。
安全そうな、下り方向、を選び続けるとK442へT字合流。

2781acde.jpg
阿寺側ダート口

cf:
城山ダウンヒル?
http://ameblo.jp/centopassi/entry-11564541366.html
北側は、トラッドにはちょいキツめ。




何だろう?

ワクワク♪

9f204c5a.jpg

行ってみた!

655a50c1.jpg

ふひょ~おぅ、でいんじゃー!

これ下りは危険だね!
登りでもかなり気を使い、尚且つ躊躇無く登んないとダメな登坂度(W吉には)。

通り掛かりに気付いたけど、崖側が所々崩落、
幸いにも残されていた誰かさん達のタイヤ跡を頼りにアタック。

もう既に引き返すわけにも行かず…

05670465.jpg

そして亀の子!






この道を行けばどうなる?
7867c017.jpg

こうなる!(笑)。
d019b3b6.jpg

R23を横に逸れて、ちょこっとダート、in農道。

c3f8a919.jpg
さすがにW吉も呆れ顔。

なので、
キョウノトコロハ、テッシュウ。

なーんか、
まだまだ隠れていそうな?
軽トラなら行けちゃいそうな、
ふかふかな、
幸田の里山。

この前の脱輪事件を思い出してちょっと及び腰。




実は、午前の部後半からオカシナ事になり始めていたのです。

走行痕で次第に深くなり始めたヌタに、フロントが言うことを聞かなくなり始め、

掴み始めていた感覚も手の平からこぼれ落ち、

コースに出た途端…動く障害物でしたね(泣)。

小ヌタ坂にさえ歯が立たず、

勿論「下っちゃいけない坂」の経験値が、「止まっちゃダメだ止まっちゃダメだ」と囁くのですが、

どうにも進まない、
フロントが逃げまくり。
カタツムリでも進めない、
スタンディングですら歯が立たない、

たった二周…いや、二周目の小ヌタ坂でギブアップ!

余りにも迷惑すぎるだろ、これはっ!
て事でそうそうに退散!(泣)。

3fbe3bfb.jpg

今までかなりの「坂」をクリアしてきたつもりでしたけど、どうにも出目が見つかりませんで(泣)。






さて、

石原河原で暖機した後、石筒坂を回りK333、ロストしてR301に出ちゃった後引き返してK334の合流ポイントへ…

本日の水先案内人、まきさん登場、タラ~ン♪

例の、三ヶ根案内してくれた方ですね。

時間が無かったこともあり、挨拶もそこそこに早速一本目、
「灰焼場宮ノ入線」
に突入♪

まきさんと、だけに「巻き」で進みます(ぷすぷす)。

ランドマークで撮れたのは、ルート途中のこれだけ
89ba900e.jpg

結構チャレンジ、春の石原河原級♪

登坂度キツめのガレ場もあったりの、長めのフラット、距離計り忘れ。

今回は、失礼して先を走らせて貰います。
何故って?

それはね…♪





このページのトップヘ