東国原英夫・宮崎県知事の狙い東京都議選に幸福実現党が参入

2009年06月25日

NHK相手に8400人が集団提訴

NHK相手に8400人が集団提訴

「JAPANデビュー」歪曲報道で

 NHKスペシャル「JAPANデビュー アジアの“一等国”」に出演した台湾人や日台友好団体などから番組内容に偏向・歪曲(わいきょく)があったと批判が相次いでいる問題で、視聴者約8400人が25日、放送法などに反した番組を見たことで精神的苦痛を受けたとして、NHKに計約8400万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 問題の番組は日本の台湾統治時代を取り上げたもので、4月5日に放送された。放送直後から「日本の台湾統治を批判するため、証言をねじ曲げている」などの批判が相次いだ。

 原告は訴状で番組について、「取材に応じた台湾人の話を、一方的に都合良く編集して使っている」などと指摘。番組にはやらせや事実の歪曲・捏造(ねつぞう)があり、放送法に違反する番組だった−などと主張している。

 原告には、約150人の台湾人も含まれている。原告側は今後、出演した台湾人や友好団体の関係者の証人申請や、出演者らがNHKに出した抗議文などの提出も検討している。

 問題をめぐっては、台湾日本人会と日本企業でつくる台北市日本工商会が「日台交流に支障をきたすおそれがある」とした意見書をNHKに送っている。また、東京、大阪、名古屋では、放送に反発する地方議員や有識者ら有志が抗議デモを行った。

 NHK広報局は「訴状を受け取っていないのでコメントできない。番組の内容には問題がなかったと考えている」としている。

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090625/biz0906251726014-n1.htm

 これまで本社に対する大規模なデモも一切報道してこなかったNHKですが、この集団提訴に関しては報道したようです。
 記者会見の様子がNHKのテレビで流れました。これはNHKにとってはかなり屈辱的なことだったのではないか。

 このような醜態を曝け出すなら抗議集会やデモ行進も伝えていたほうが良かったと、今になって思っているのではないか。
 今回のNHKの捏造報道はついに裁判にまで発展しました。
 8400人もの人が報道機関を訴えるなどは将に前代未聞のことです。

 この裁判は報道する側の自由を主張するNHK側と、報道の自由という範囲を超えた捏造や歪曲が裁判所で争われることになります。
 裁判の当日、地裁前は人で溢れかえるのではないか。今後も騒動はやみそうもありません。

 

↓応援よろしくお願いします。

中央通信を応援クリック!



central_press at 20:49│

この記事へのコメント

1. Posted by 草莽愛知実行委員会   2009年07月02日 01:41
NHKは必ずこう言う事をやる時が、必ず来ると待ってた話ですので、解体的体質改善を求めて徹底糾弾致します。草莽愛知も二度の要望書を本社担当へ手渡す様に、名古屋の広報責任者に読み上げて手渡しました。

初めは受け取れば済む位に考えてたでしょうが、二度目の時は少し顔も身構えた表情でした。
現在はあの文書通りに進んでしまい、困り果ててる様な様子です。でも、マダマダコレからです。
東国原英夫・宮崎県知事の狙い東京都議選に幸福実現党が参入