今日は、数独初心者・数独入門者向きの「数独の解き方」です。

※ルール説明※
頭が良くなると大評判の数独。まずは、数独のルール説明です。
「次のルールで、全ての空欄に数字を入れてください。」
1)空いているマスに、1から9までの数字のどれかひとつを入れて下さい。
2)「縦の列・横の列・同一色のブロック」のいずれにも、1から9までの数字の、どれかひとつが入ります。
3)このとき、同じ列や同じブロックの中では、数字が重複してはいけません。

数独の解き方 ※解法説明※
(A)左の図は、今回の解説用の数独(すうどく・SUDOKU)問題です。左クリックで拡大しますので、初めに、印刷しておいて下さい。
それでは、解いていきましょう。解法のコツは、「ここにはこの数字しか入らない」という場所を探しながら、数字を入れていくことです。
さて、まずは左上の黄色いブロックをご覧下さい。このブロック、1〜9の数字の中で、残っている数字は8だけですね。そこで、B−1に8を入れましょう。

数独の解き方 (B)こんどはその下、薄緑色のブロックを見てください。残っている数字は、2・5・7の三つ。
ここで2は、4の横列、5の横列ですでに使われていますから、入るのはC−6だけという事がわかります。
次に7ですが、5の横列で使われていますから、入るのはB−4だけ。
そして最後に残った5は、残ったB−5に入れましょう。




数独の解き方 (C)さて、Bの縦列。残っている数字は1・3.
9の横列ですでに3が使われていますので、B−8に3、B−9に1が入ります。








数独の解き方 (D)次は、2の横列を攻略します。
2の横列は、残りの数字が2・6・9.
ここで6はEとGの縦列にありますので、D−2が6.
また、Eの縦列に9がありますから、E−2は2、そして残ったG−2が9.





このように、解いた数字が増えていくと解ける場所が増加します。
この先は、ご自分で挑戦してみてください。まずはピンクのブロックに入る2・4・7あたりから、いかがでしょうか。



☆☆ 検索エンジンなどで、直接このページにお越しの皆様へ ☆☆数独(ナンバープレイス・SUDOKU)やシルエットパズルで脳トレしながら、プチアートも楽しもうという脳のアンチエイジング。物忘れにお悩みの方は特に必見の、印刷用の紙が一枚あれば脳年齢がぐんぐん若返る、認知症・痴呆症予防、脳の抗加齢老化防止サイトです。
下の「このブログのトップへ」をクリックしていただくと、トップページから、タングラム・ラッキー・清少納言の知恵の板など、御紹介している世界中の有名シルエットパズルや、数独問題を見る事ができます。
なお、トップページ横「Categories」欄の、たとえば「数独」をクリックすると、このホームページ内の全ての数独パズルゲームを集めた、「無料数独問題集」が表示されます。
なんと、16×16枠という巨大数独や、非正方形ブロックを持つ変形数独なども用意しています。数独の解き方がまだ良く分からない方は、その中の「入門者向け」からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


「このブログのトップページへ」は、ここをクリック。