「目が良くなる」と話題の3dを使った、国内の読みにくい地名を読んでみよう・・・という脳トレの、3dクイズです。
3D(ステレオグラムとも呼びます)は、見るのにちょっとコツがいりますが、肩の力を抜きリラックスして、ムキにならずに眺めていてください。
きっと、立体文字の「難読地名問題」が、見えてくると思います。
無料3Dパズル

※ このページの遊び方 ※
上図が「今日の立体文字、難読地名の問題」です。
左クリックで拡大しますので、肩の力を抜き、焦点をぼかす感じでボーッと眺めてみましょう。やがて中央に漢字の難読地名が浮かびます。

1)さて3Dをヒントに、この地名を正しく漢字で書いて下さい。
2)ところでこの難読地名は、なんと読みますか?

解答は、このページの下のほうに用意しました。

☆☆ 検索エンジンなどで、直接このページにお越しの皆様へ ☆☆
数独(ナンバープレイス・SUDOKU)やシルエットパズルで脳トレしながら、プチアートも楽しもうという脳のアンチエイジング。物忘れにお悩みの方は特に必見の、印刷用の紙が一枚あれば脳年齢がぐんぐん若返る、認知症・痴呆症予防、脳の抗加齢老化防止サイト。ひまつぶし(暇つぶし)にもぜひどうぞ。
下の「このブログのトップへ」をクリックしていただくと、トップページから、タングラム・ラッキー・清少納言の知恵の板など、御紹介している世界中の有名シルエットパズルや、数独問題(変形数独・巨大数独を含む)などの脳トレパズルを見る事ができます。
なお、トップページ横「Categories」欄の、たとえば「3D難読地名パズル」をクリックすると、このホームページ内の全ての3Dパズルを集めた、「無料3D難読地名問題集」が表示されます。

※当サイトの3dパズルでは、3D写真(3d立体写真・3dステレオ写真)や3Dアートにも良く使われる立体画像の鑑賞法である、裸眼平行法という立体視の手法を、採用しています。※

「変わったパズルが色々。このブログのトップページへ」は、ここをクリック。


※解答※
行方・・・なめがた(茨城県)