June 16, 2005

ホテルマンの歩んだ道

内定迄のみちのりをもう少しドラマチックに細かく書いていこうと思っていたのですが、何だかあっという間に内定まで辿りついてしまいました。
考えてみればそんなにドラマチックな事も無く、のんびりとした活動だった様に思います。まあラッキーだったのでしょう。
何はともあれ何事も相性。
たまたま相性の良い会社に回り逢ったのが幸運でした。
これからは内定後〜入社までの話を少しずつ思い出していこうかと思っています。  
Posted by certainlysir at 21:39Comments(1)TrackBack(2)ホテルへの就職

June 09, 2005

ホテルマンと身体測定

内定前の最後の試練。
それが身体測定。
身長・体重はもちろん心電図・採血まで
血を採られた上に落とされたらたまらないなと思いながら
問診へ
たばこは吸わず・酒もたしなむ程度な私はすんなりパスすれど
一緒に受けた人の中にはたばこを取り上げられた人もいたそうな。
でもこの身体測定で落とされる人が本当にいるらしい
何が原因かわからないけれど
身体は資本、くれぐれも大切に  
Posted by certainlysir at 21:11Comments(3)TrackBack(0)ホテルへの就職

June 02, 2005

ホテルマンの就職活動の終焉

内定が出た後も納得がいくまで就職活動は続けなさい。

なんて言葉を良く聞きます。
様々な会社に深く触れられる機会なんてほとんどないですから
今にして思えばこの言葉は良く理解出来ます

が、

この頃の私はなんか気が抜けてしまっていました。

”納得いくまで”
続けなきゃという気持ちはあったものの
第1志望の会社に受かった訳ですから、
”納得している”
のではないかという気持ち
の中でなんとなく活動を続けていました。

そんな気の抜けた活動の中であるチェーンホテルの面接試験の日。
会場に到着、入り口でスタッフの声、
「履歴書をこちらでお預かり致します。」

「・・・・」
「(履歴書・・・!?)」
「あれどこに入れたかな・・・」・・・後ずさり・・・

事前に行われた説明会&筆記試験の中で履歴書は提出済みだと勘違いしていました。
ていうか完全に気が抜けていたのでしょう。
この日は近くの公園でお昼を食べながらぼーっと考え事。

この時を境に就職活動は終了しました。  
Posted by certainlysir at 09:22Comments(1)TrackBack(0)ホテルへの就職

May 28, 2005

ホテルマンと内定と彼女

当時の彼女も大学4年生。
もちろん就職活動をしておりました。
銀行など受けていた彼女は少し苦戦気味。
内定は出たものの言うタイミングを図っていました。

うれしいことではあるのだから伝えたことで喜んでくれるだろう
そしてこういう大切なことはまず始めに伝えるべきであろうという気持ち。
その反面複雑な気持ちも少なからずあるだろうなあ。
とか色々考えて中々伝えることが出来ませんでした。

内定より数日後、選考がうまくいきそうだという報告を受け、
「実は・・・」
と内定を伝えました。
もちろんよろこんでくれましたが、
伝えられないその数日間は心が痛い毎日でした。
  
Posted by certainlysir at 21:48Comments(0)TrackBack(0)ホテルへの就職

May 23, 2005

ホテルマンの初内定

なんかぼけーーーーっとしていました。

携帯電話が鳴りました。
今は無きドコモのシティフォン。
番号は非通知。

「・・・誰だろ??」

「○○ホテル人事課のTですけれども・・・今大丈夫?」

「は!?」
「あ!はい!大丈夫です!!!」

「先日の役員面接の結果、合格とさせて頂きました。」

「・・・・(?_?)」
「!!!」
「ありがとうございます!!!!」

突然で良く理解出来ませんでした。
就職活動中の皆様で内定出ていない方、早くこんな電話が来ると良いですね。
  
Posted by certainlysir at 22:25Comments(3)TrackBack(0)ホテルへの就職

May 18, 2005

ホテルマンと役員面接

〜ホテル役員3人と若造1人の部屋〜

「ホテルを志望した理由はなんですか?」
「ホテルでどうなっていきたいですか?」
「長所と短所は?」
「英語は得意ですか?」
 ・・・・・・・
「吉田栄作に似ているって言われませんか?」

最終面接での質問内容はこんな感じでした。
最後以外は至って良くある質問。
難しい質問の答えというよりは、質問に対する受け答えを観察しているのかもしれません。
なんといってもホテルマンに一番大事なのはコミュニケーション能力ですから。
私自身はコミュニケーション能力が高いとは言えませんが、
内定を得たホテルに対する志望動機ははっきりとしており高かったと思います。
・ホテルであること
・オープニングであること
・地元に近かったこと
非常にチープな理由ですが、これだけ揃った会社は他にありえませんでしたから。  
Posted by certainlysir at 22:16Comments(3)TrackBack(1)ホテルへの就職

May 14, 2005

ホテルマンの英語力

ホテルマンになるのには英語が必要なのでしょうか?

これはホテルによって大きく異なるようです。
実際私は英語の勉強は苦手ではありませんでしたし、英語に対するコンプレックスはあまりありませんでしたが、
話せるかと言われればほとんど話せませんでした。
(正直今でも話せませんが)
選考過程においては、英語の試験は必ずありました。
難易度はホテルによってかなり幅が有り、非常に難しいところもありました。
面接の中でも質問されることはありますし、外資系のホテルでは英語による面接もあるようです。
ですから英語が大の苦手でどうしようもないという人は難しい部分もあるかと思いますが、
そうでなければ心配はないでしょう。
(私の周りには英語が出来ない人が沢山います。)

それよりもやはりコミュニケーション能力が選考の段階では重要視されるのではないでしょうか?
英語はがんばれば習得出来ますが、基本的なコミュニケーション能力はそう簡単に身に付くものでは無いからです。
英語が出来ないからとホテルへの就職に及び腰になる必要はありません。
それよりもホテルで働きたいという意欲と普段からのコミュニケーション能力の向上が就職への近道ではないかと今考えます。  
Posted by certainlysir at 21:49Comments(0)TrackBack(0)ホテルへの就職

May 11, 2005

ホテルマンの最終面接

5月中旬。
この時期になると既に内々定が出ていたり、
最終面接に入ったりとある程度企業数も絞れてくる。
私もこの時期には選考が進み、二次・最終などが続く毎日でした。

就職活動中に決めていたことは、”思ったことを素直に話す”ということ。
練りに練ったセリフは時に忘れてしまうものだし、考えすぎて緊張してしまうから。
そして素直な自分を採用してくれる会社に行くべきだと考えていたから。
とあるリゾートホテルの最終面接ではこのように話しました。

「私は数社のホテルを受験しております。正直な話その中で御社の志望順位はそれ程高くはありませんでした。そしてより志望順位の高い企業から既に内々定を頂いております。しかし、採用選考が進むに連れて御社の社風やビジョンに触れるにしたがって、入りたいという気持ちがどんどん増していき、もし内定を頂いた場合には非常に迷うことになると思います。」

素直過ぎました・・・
「内定を頂いたら、御社に入りたいと考えております。」
くらいのことを言えば良かったのかも。
見事に不採用でした。
それが原因かはわかりませんが、企業側としては志望が強い人間を採りたいものだし、内定を出しても断られたら意味が無いですからね。
素直なのは良いけれど、多少の世渡りも重要かもしれません。  
Posted by certainlysir at 08:32Comments(3)TrackBack(0)ホテルへの就職

May 07, 2005

ホテルマンの就職活動異常なし

その昔「就職活動異常なし」という映画がありました。
織田裕二・和久井映見なんかが出ていた映画で、バブル絶頂期の就職活動に挑む若者の青春活劇(表現古!)。
そこでは内定者確保の為の接待旅行・毎日の食事接待など華やかな様子が描かれていました。

そして時は就職氷河期。
別に期待をしていた訳ではないのですが、予想以上に接待なんてものはありません。
特に厳しいホテル業界、説明会・面接などを通じて水が出れば御の字ましてやコーヒーなんてとんでもない。

でも一度だけ。
某有名ホテルチェーンにエントリーしたところ、突然連絡があったのです。
「今週の○日お昼でもご一緒出来ませんか?」
それは私の出身大学のOBからの誘いでした。
なんだか要領も得ないまま、呼び出され食事を共にし、就職活動の進み具合などを話しただけで終わりました。

今振り返るとあれが面接だったのかなあ?
結局その会社は一次すら受けていないので良くわかりませんが、
唯一の貴重な接待(?)体験となりました。  
Posted by certainlysir at 21:21Comments(0)TrackBack(1)ホテルへの就職

May 02, 2005

ホテルマンのグループディスカッション

採用選考で一番印象に残っているのはある会社のグループ面接でした。
私にとってはじめてのグループディスカッション体験だったのですがそのテーマは、

「サザエさんは何故長い間愛され続けるのか。」

「???」
「これについて何をどう議論しろと?」
「結論は出しても出さなくても良い????」

はっきりいってパニクリました。
とりあえず話ては見たもののイニシアチブを取るべきか、聞き役に回るのか
とにかく中途半端でした・・・

今思えば、
結論なんてどうでもいんですよね。
不測の事態が起こった時にきちんと対応出来るかを見られていたんだと思います。
それにしても今でも合格出来る気がしないテーマだなこれは。  
Posted by certainlysir at 23:05Comments(0)TrackBack(0)ホテルへの就職

April 29, 2005

ホテルマンの筆記試験

1次面接を通過すると、筆記試験という会社がほとんどでした。
数学・一般常識そして英語は必須。
英語は会社により、かなり難易度が違う。
やはりそのホテルに占める海外客の比率によって、変わってくるのではないでしょうか。
最低限の英語知識はホテルを受ける上で必要とされると思います。

大学4年4月頃は、面接・筆記試験・説明会などが連日続くように。
(といっても受けた企業が少ないので、友人と比べて楽なものでしたが)
なんだかスケジュールが埋まることに妙な安心感を覚える自分もいたりして。
この頃の自分は働くことに対する意識は高いと思っていたのですが、
今思い出すとと本当に甘い認識で活動していたなと感じます。
  
Posted by certainlysir at 23:21Comments(0)TrackBack(0)ホテルへの就職

April 25, 2005

ホテルマンの初面接

初めて面接を受けたのは、大学3年の2月。
当然がちがちに緊張して・・・と思っていましたが、意外な程落ち着いていました。
面接官2対学生2。
内容としては、
「ホテル志望の理由」「学生の時に力を入れた事」「卒論の内容について」
とごくごく簡単な内容でした。
終始なごやかな雰囲気で、自然に話せたのが良かったのか、その場で合格が伝えられ、筆記に進むことが出来ました。
(今思えばホテル業はイメージが命ですから、面接・学生相手とはいえ横柄な態度は出来ないのでしょう。)

この時一緒に合格したのが、後に同期となるとは想像もしていませんでしたが、
一緒に面接していて、なんだかしっかりと話せる人がいるもんだなと感じたのを良く覚えています。
  
Posted by certainlysir at 22:12Comments(0)TrackBack(0)ホテルへの就職

April 23, 2005

ホテルへの道

就職活動を始めたのは、大学3年の冬。
ホテルで働きたいという想いはあったものの
時代は就職氷河期真っ只中、ホテルを中心に飲食に関わる仕事も受けたいと考えていました。
ホテル・レストラン・食品メーカー・食品商社、こんなところです。
実際に探してみると、ホテルの募集って驚く程少ない!!
今想い返せば、行きたいという漠然とした気持ちだけでほとんど業界研究なんかしていない非常に甘い学生でした・・・
取りあえず、募集のあるところに説明会参加の連絡をしたり、エントリーシートを出したりと当たり前のことを当たり前にするところから始めました。
最終的に検討した会社は、
ホテル5社
レストラン1社
食品メーカー2社
食品商社1社
の計9社。  
Posted by certainlysir at 19:04Comments(0)TrackBack(1)ホテルへの就職

April 22, 2005

ホテルマンになりたい

私がホテルを志望したのは大学2年の頃。
友人とタイ旅行に出掛けた時のことでした。
タイのフォーシーズンズホテルに学生の身分でランチに出掛けることになりました。
遠い異国の地、今思えば本当に汚い格好で、高級ホテルをさまよう日本人学生二人。
そんな怪しい人物に、日本人ホテルスタッフが声を掛けてくれたのです。
「どちらかお探しですか?」
「○○というレストランに行きたいのですが・・・」
「それならご案内致します。」
そんな簡単なやりとりが異国の地で不安な私達には充分すぎる程の安心と感動を与えるものでした。

国内外問わず旅行に出掛ける人達は楽しみと同時に不安を抱えているもの。
そんな人に安心を与えるような仕事がしたい。
そして最終的には飲食業を極めていきたいと思っていた私にとって、最高のサービスと言われるホテル業に見を投じる決意をしたのは至極当然の流れでした。  
Posted by certainlysir at 22:40Comments(2)TrackBack(0)ホテルへの就職

April 21, 2005

ホテルマンの思い出

ホテルに就職して早幾年・・・
就職活動・就職後の日々、色々なことがありました。
不定期に少しずつ思い出を綴るブログにしていきたいと思います。
  
Posted by certainlysir at 21:57Comments(0)TrackBack(0)ホテルへの就職