希望を積み上げ叶える未来

気の向くままにポケモンの単体考察やパーティー考察中心に紹介していく(予定)のブログです。 拙い記事ばかりですが、お役に立てれば幸いです。

皆さんウルトラサンムーンS7お疲れさまでした。

今期はUSM発売直後ということもありレート人口もインフレしていたみたいですね。
順位としてはSMの頃よりは落ちましたが、私個人としては楽しみながらそれなりの結果も出せたので概ね満足しています。
s7最終


〇使用構築
S7構築
QRのリンク

〇大まかな構築経緯
①新環境で強いらしいアーゴヨン+ギャラドスを採用。
②エース2体で処理が面倒なミミッキュ・ギャラドスに繰り出し可能で、起点にされにくいモロバレルを採用。
③上記で処理が面倒なテテフに繰り出すため鋼枠としてマンダにも薄くならないテッカグヤを採用。
④電気の一貫を切るため使い慣れたスカーフランドを採用。
⑤最後に積みストッパーとしてミミッキュを採用。

〇パーティ概要

アーゴヨ
①アーゴヨン@竜Z
【性格】臆病
【特性】ビーストブースト
【配分】H148-A×-B93-C179(252)-D94(4)-S190(252)※実数値メガ前
【技構成】流星群/ヘドロウェーブ/大文字/悪巧み
【概要】
今回の構築の始点。積み技・Sブースト・技範囲と3拍子揃っており、崩し性能抜き性能ともに期待以上の強さを発揮してくれた。

技構成はおそらく最も基本的なもの。炎技に関しては放射と文字で選択だが、全抜きを意識した際に鋼勢への確定数がずれるため今回は文字を採用した。当たらないのはそういうものだと割り切ってしまうほかない。

配分に関しては抜き性能を落としたくないためCS極振りで運用した。シーズン中盤には何故かやたらと光の壁ラッキー入りの受けループに出会ったため、環境次第では投げの確定数をずらすため多少Hに振っても良いかもしれない。

n130m
②ギャラドス@メガストーン
【性格】陽気
【特性】威嚇→型破り
【配分】H171(4)-A177(252)-B99-C×-D120-S146(252)
【技構成】滝登り/氷の牙/地震/竜の舞
【概要】
今回は技範囲を広くとるため竜舞3ウエポンで採用した。
他の一線級の積みエースに比べると止められやすいポケモンではあるが、アーゴヨンを処理してくるポケモンを起点にしやすく逆にギャラを処理してくる相手はアーゴヨンで起点にしやすいため使用感としてはそれほど悪くなかった。

mo
③モロバレル@ゴツゴツメット
【性格】図太い
【特性】再生力
【配分】H219(236)-A×-B132(236)-C105-D105(36)-S37(妥協)
【調整内容】ミミッキュの+2霊Z最高乱数切り耐え/アゴの竜Z乱数2つ切り耐え・ガルドのシャドボZ乱数3つ切り耐え/H3n
【技構成】キノコの胞子/イカサマ/ギガドレイン/目覚めるパワー炎
【概要】
ミミッキュ・ギャラドスなど上記2体で処理しにくい相手を流せるクッション枠。
再生力と後手胞子のおかげで、遂行技のタイミングでエースを繰り出されるということが起こりにくく現環境ではかなり使い勝手の良いポケモンだった。カバ展開に対して後手胞子で多少抗えるのも素晴らしい。

持ち物に関しては回復実やヘドロなどの候補もあるが、場持ちを良くしても終盤腐ってしまうポケモンなので個人的には強引に削りを入れて詰め筋を作れるゴツメが使いやすかった。

配分としては役割上HBベースで考え始め、アゴやガルドの前での生存率を上げるため多少Dを伸ばした。この辺はどうしても諦めなければならない部分が出てくるため好みのレベルだと思う。
S個体値はジャイボの被ダメやSを落とした低速相手の行動順などに多少は影響する。

技構成としては必須技の胞子以外は、基本的に最高打点となりやすくミミ・ガルド・ゲンガーへの打点となるイカサマ、水・地への遂行技のギガドレイン、ナット・ツルギへの遂行技となりクチート・ルカリオ・バレルへの打点にもなるめざ炎の3つを採用した。クリアスモッグを採用しなかったことでジャロや瞑想レヒレに突破されるリスクが生じてしまったが、それ以上に他の技を採用したメリットが大きかったように感じた(元々胞子以外を押す機会の少ないポケモンではあるが)。


8b
④テッカグヤ@バンジのみ
【性格】腕白
【特性】ビーストブースト
【配分】H204(252)-A122(4)-B154(132)-C114-D132(84)-S86(36)
【調整内容】
【技構成】ヘビーボンバー/宿り木のタネ/火炎放射/毒毒
【概要】
テテフ・パルシェン・マンダなどを誤魔化す枠。
正直深く考えず採用したことと、私個人が相手のエースに起点にされやすいポケモンを使うのが苦手なことからあまり選出はできなかった。もう少し信用しても良かったかもしれない。
配分・技構成は有名なアーモンドさんのものを参考にさせていただいた。変更点としてはDを1削ってSに回したことと、構築上非常に重かったポリ2を誤魔化すため守るをどくどくに変えた程度。

645-therian
⑤霊獣ランドロス@拘りスカーフ
【性格】陽気
【特性】威嚇
【配分】H165(4)-A197(252)-B110-C×-D100-S157(252)
【技構成】地震/蜻蛉返り/ストーンエッジ/馬鹿力
【概要】
使い慣れたスカーフランドロス。
今回はギャラの処理ルートを増やすため最速で運用した。耐久に振らなかったことでリザXの補正なし一致120技で3割ほどの乱数で落ちてしまうため多少耐久を伸ばしても良かったかもしれない。Sラインを落とせば最速ポリZなどに抜かれてしまうものの、スカランドミラー時のスカーフ判定が多少しやすくなるため機会があれば試してみたい。

poke171110_01

⑥ミミッキュ@気合の襷
【性格】意地っ張り
【特性】化けの皮
【配分】H131(4)-A156(252)-B100-C×-D125-S148(252)
【技構成】じゃれつく/シャドークロー/影うち/剣の舞
【概要】
特に語ることのない襷ミミッキュ。
初めてまともに使ったが、基本的に後続に置いておくだけで積みエースのストッパーになれるため優秀さはよく理解できた。

〇重いポケモン
・フシギバナ+ヒードラン
フシギバナはアーゴヨンを絡めないと突破が厳しいためドランと同居しているとほぼ詰む。モロバレルがバナに完封されてしまうのもつらい点。

・ポリゴン2+ヒードラン
ポリ2はアーゴヨンか毒毒でどうにかしたいがどちらもドランに通らないため、ドランを強引に削るかバレルで寝かして強引に積むしかない。

・テッカグヤ
炎、電気がいないため処理に手間取ってしまう。

・印パルシェン
カグヤが怯んで試合終了。

・オニゴーリ
アーゴヨン以外、積まずに上から処理する手段がないため厳しい。

〇感想など
個々のポケモンのスペックは十分に高かったものの構築段階で採用理由が不透明な部分が多く、正直もう少し組みようはあった気がするため時間があれば来期で煮詰めていきたいです。


メインROMを終えた後サブROMで構築をいじっていたら一応2000達成できたため、そちらの方の構築記事も後日あげようと思います。
s7sub

最後に宣伝ですが、2/11に新潟市万代市民会館で第4回新大オフが開催されます。
参加申請期間は2/10までなので興味のある方はぜひご参加ください
該当記事へのリンク


何かございましたらコメントかtwitter(@suiran_poke)までご連絡いただけるとありがたいです。


 

皆さんサンムーンS4お疲れさまでした。
今回使用した構築は前シーズンの流用なので記事内容はメモ程度に。
詳しくはそちらの記事を参照

最終レート
S4後


〇使用構築
s4構築

QRへのリンク


〇パーティ詳細
①メタグロス@メガ石
【性格】陽気
【配分】H171(124)-A172(132)-B150-C×-D110-S134(252)※実数値メガ前
【技構成】バレットパンチ/思念の頭突き/冷凍パンチ/地震
【概要】
変更点なし。構築全体でカグヤが重めなので雷パンチの採用は一考の余地あり。

②ヒートロトム@炎Z
【性格】控え目
【配分】H157(252)-A×-B127-C172(252)-D128(4)-S106
【技構成】毒毒/ボルトチェンジ/オーバーヒート/目覚めるパワー氷
【概要】
10万を毒毒に変更。実際ポリ2を突破できる駒が羽マンダで悉く詰むため変更は必須だった。

③マリルリ@拘り鉢巻
【性格】意地っ張り
【配分】H179(28)-A112(252)-B128(220)-×-D101(4)-S71(4)
【技構成】滝登り/じゃれつく/アクアジェット/馬鹿力
【概要】
変更点なし。流せる相手が多く、序盤の崩し性能終盤の詰め性能が高いため重宝した。


④Aベトベトン@突撃チョッキ
【性格】意地っ張り
【配分】H199(148)-A172(252)-B95-C×-D134(108)-S55
【技構成】毒づき/叩き落とす/影うち/岩石封じ
【概要】
変更点なし。繰り出しの安定感は凄まじいが相手の決定力を呼び込むのが難点。

⑤霊獣ランドロス@拘りスカーフ
【性格】意地っ張り
【配分】H175(84)-A198(116)-B120(76)-C×-D102(12)-S139(220)
【技構成】地震/蜻蛉返り/ストーンエッジ/馬鹿力
【概要】
岩雪崩をエッジに変更。無振りボルトへの確定数や打点向上など恩恵はあるが、とにかく外れた。


⑥ジャローダ@食べ残し
【性格】臆病
【配分】H177(212)-×-B116(4)-C99(28)-D117(12)-S(252)
【技構成】リーフストーム/宿り木のタネ/身代わり/目覚めるパワー炎
【概要】
変更点なし。バシャリザマンダゲンガー辺りが蔓延しており選出機会は少なかったが、刺さる構築にはとことん強かった。





何かございましたらコメントかtwitter(@suiran_poke)までご連絡いただけるとありがたいです。


 

皆さんサンムーンS3お疲れさまでした。
S3は前シーズンに比べてプレイ人口が少なかったため4月末で切り上げてしまいましたが、終盤にはだいぶ人が戻ってきていたようで、もう少し頑張ればよかったと若干の後悔の残る結果ではありました。

S3

s3最終

〇使用構築
qrS3
QRのリンク

〇大まかな構築経緯
①グロス+ヒトムから構築開始。グロスでの処理が面倒な相手に負荷を掛けるためヒトムは炎Zで採用
②上記2体で面倒なメガギャラやバシャ・リザX・ウルガなどの炎に切り返すためアクジェでの縛り性能が確保できる鉢巻マリルリを採用
③テテフや霊Zガルドなどによるサイクル崩壊を防ぎつつポリ2・クレセなどの受けポケやゲンガ―に繰り出せるチョッキAベトンを採用
④残り2枠はミミッキュ・ゲッコウガなどに弱くなく削れてもコケコを縛れるスカーフランド、アシレーヌ・メガギャラ辺りからの負荷を緩和するための草枠で比較的一貫性を取りやすいやどみがジャロを採用した
〇パーティ詳細

n376m
①メタグロス@メガ石
【性格】陽気
【特性】クリアボディ→かたい爪
【配分】H171(124)-A172(132)-B150-C×-D110-S134(252)※実数値メガ前
【調整内容】1舞意地メガマンダの地震耐え/最速/残りA
【技構成】バレットパンチ/思念の頭突き/冷凍パンチ/地震
・バレット-積み削れたミミッキュなどの処理用
・思念-比較的一貫性の高い一致技兼構築上やや面倒なバナの処理用
・冷P-マンダやガブ・ランドの処理用
・地震-対ガルドやグロスミラーでの有効打
【概要】
前シーズンから続投のメガ枠。
無難に強かった。


n479h
②ヒートロトム@炎Z
【性格】控え目
【特性】浮遊
【配分】H157(252)-A×-B127-C172(252)-D128(4)-S106
【調整内容】HC極振り/DL対策でB<D
【技構成】10万ボルト/ボルトチェンジ/オーバーヒート/目覚めるパワー氷
・10万-命中安定一致技
・ボルチェン-サイクル用
・オバヒ-炎一致技
・めざ氷-対4倍竜・ランド用
【概要】
技範囲・耐性ともに優秀で、環境に多いグロスランド・マンダマンムー・カバリザYなどの並びに強いポケモン。今回は柔軟性を維持したまま最大打点を確保できる炎Zでの採用となった。
ヒトムを受けられる相手がいない場合は先発で出し、炎技で負荷を掛けていくのが基本。
調整に関しては、火力の確保を最優先とし、85族近辺の無難なS調整が思いつかなかったため残りは耐久に振り切った。


184
③マリルリ@拘り鉢巻
【性格】意地っ張り
【特性】力持ち
【配分】H179(28)-A112(252)-B128(220)-×-D101(4)-S71(4)
【調整内容】以前の調整記事参照
【技構成】滝登り/じゃれつく/アクアジェット/馬鹿力
・滝登り-水一致技。アクアテールでも特化カバは確1取れないためこちらを優先した
・じゃれつく-一致妖技
・アクアジェット-先制技。そこそこの縛り性能を発揮できる
・馬鹿力-ほぼ対ナット用
【概要】
グロスヒトムで相手をできないリザXなどの炎やメガギャラを見る枠。
グロスヒトムとの組み合わせとしてはレヒレが有名だが、個人的には削れたり繰り出し際に舞われたりしてもバシャやガモスに遂行能力を確保できるマリルリの方が扱いやすいように感じた。
調整としては今回はかなりBに厚めに振ったが、ポリ2を上から叩けるようにSに振るのもあり一考の余地がある。


s_betobetona
④Aベトベトン@突撃チョッキ
【性格】意地っ張り
【特性】毒手
【配分】H199(148)-A172(252)-B95-C×-D134(108)-S55
【調整内容】A極振り/残り総合耐久値最大/最遅ガルド抜かれ(57以下)の妥協
【技構成】毒づき/叩き落とす/影うち/岩石封じ
・毒づき-最大打点の一致技。ダストシュートが全く当たらなかったため変更した。
・叩き-一貫性の高い一致技
・影打ち-先制技
・岩封-ガモス・リザYに対する高命中な遂行技。S上昇系の起点回避にも
【概要】
3期連続続投枠。
テテフや霊Zガルドなどによるサイクル崩壊の阻止や受けポケに繰り出して後続に負荷を掛けていくのが基本運用。



645-therian
⑤霊獣ランドロス@拘りスカーフ
【性格】意地っ張り
【特性】威嚇
【配分】H175(84)-A198(116)-B120(76)-C×-D102(12)-S139(220)
【調整内容】以前の調整記事参照
【技構成】地震/蜻蛉返り/岩雪崩/馬鹿力
・地震-メインウエポン
・蜻蛉-威嚇を撒きつつ削る用
・岩雪崩-浮いている相手に。エッジは命中を信用できなかった。
・馬鹿力-地震が打ちにくい場面での鋼の処理兼削れたガル・ナットの処理用
【概要】
採用理由の薄い続投枠。
ミミッキュへの繰り出しやリザをステロでグロス圏内に入れるためのゴツメ型採用も考えたが、腕白個体を厳選していなかったのであきらめた。
一応ゲッコウガの処理や、削れてもコケコ・ゲンガ―に遂行能力を持てるため現状の型でも悪くはなかったように思う。
ガルーラ軸のような対面気質な構築には高頻度で選出した。

n497
⑥ジャローダ@食べ残し
【性格】臆病
【特性】天邪鬼
【配分】H177(212)-×-B116(4)-C99(28)-D117(12)-S(252)
【調整内容】H16n+1/最速/B<D/残りC
【技構成】リーフストーム/宿り木のタネ/身代わり/目覚めるパワー炎
・リフスト-メインウエポン
・やどりぎ-耐性によって流しに来る相手を突破するため
・身代わり-同上
・めざ炎-ナット・ハッサムで安易に止められないため
【概要】
草枠の中で比較的通しやすくそこそこの耐久を確保出来るポケモンを考えた結果この型に落ち着いた。
元々技範囲が乏しいポケモンのため耐性によって流そうとしてくる相手が多く、やどみがはそこそこ決まりやすかった。ただ、何もできない相手も多いため選出機会はそれほど多くはなかった。
ミミッキュのようなZ技(+α)で処理されるリスクのある相手には身代わりから入ると最低限の行動回数は確保しやすかった。


〇選出など

マリルリやヒトムで有利対面から後続に負荷を掛け、高速アタッカーや先制技で詰めていくのが基本。
対マンダ軸相手にはヒトム+グロス、対リザ軸相手にはヒトム+マリルリ、対ガルーラ軸相手にはランド、対バシャ軸・ギャラ軸相手にはマリルリ中心に考える。
また、相手の高火力持ち相手に有効打を持てないポケモンの選出は極力控える。
バナ・マンダのいない受けループ相手にはジャロを通すのを目指す。


〇感想など
基本選出が行いやすかったため、前回の構築よりはだいぶ扱いやすい構築に仕上がったように思います。ただ、いつもの如く積み要素が薄く、受け回し系の構築がやや重かったため採用理由の薄いランド・ジャロの枠は変更の余地があるように感じました。
来シーズンはおそらくそれほどレートに潜れないと思うので久しぶりにウインディ入りの構築で遊ぼうかと思います。





何かございましたらコメントかtwitter(@suiran_poke)までご連絡いただけるとありがたいです。


 

↑このページのトップヘ