645-therian
配分
H175(84)-A198(116)-B120(76)-×-D102(12)-S139(220)
調整内容
H=実数値16n-1
A=実数値11n
H-B=威嚇込みで意地ガブリアスの逆鱗高乱数2耐え
H-D=控えめ超場サイキネ最高乱数以外耐え
S= 準速スカーフFCロトム抜き
調整経緯 
①スカーフ採用である以上最速130族を抜くためS134(180)以上確定
②耐久の目安として威嚇込みガブの逆鱗2耐え、控えめテテフの超場サイキネ耐え程度は確保したい
③H16n-1となるH175(84)+D4振りでテテフのサイキネを乱数2つ切って耐える(保留)
④H175・威嚇込み時、B20振りで陽気ガブの逆鱗2耐えB76振りで意地ガブの逆鱗15/16で2耐え
・ここまで努力値H84B76D4S180で残り166
⑤最低限火力確保のためA11nとなるA198(116)以上確定
・残り50。残りはお好みで
⑥スカーフ最速70族・準速デンジュモク・準速FCロトム抜きのためS139(220)、テテフからの乱数1つずらすためD102(12)で終了。


配分メモ
A
198(116)-11n
203(156)-馬鹿力でサザン確定
D
テテフの場サイキネ
H175(84)-101(4)=12.5% 102(12)=6.3%
B
威嚇込みガブの逆鱗2発
A182 H175(84)-B110(0)=6.3% 113(20)=0%
A200 H175(84)-B110=72.7% 120(76)=6.3% 122(92)=1.2% 124(108)=0%

S
134(180)=201
135(188)=202
136(196)=204
138(212)=207
141(236)=211
143(252)=214
S調整先
最速130(200)
準速151(203)
70(134-122)パルガッサ
75(139-127)ブルル
79(144-131)マッシ
80(145-132)マンム
81(146-133)ギャラ
83(148-135)デンジュ
86(151-138)FCロトム
88(154-140)ドリュ
"91"(157-143)