毎度です。

今日も良い天気。こんな日は公園でゆっくりChillしたいですね〜。

よく耳にする「Chill(チル)」というコトバ。これは英語圏のスラングとして使用されるコトバで、リラックスする、ゆっくりする、落ち着くといった意味合いになります。

本来は「Chill out」として使用しますが、単純に「Chill」だけでも使用できるので、日本でもよく耳にします。


そんなトレンディーなコトバ「Chill out」。コトバ通りリラックスできる新商品が本日到着しました!


267

「スポサン」の愛称で親しまれているスポーツサンダルブランドとして人気のSHAKA(シャカ)

2年ほど前から人気が高まったスポーツサンダルは、クッション性の高いラバーソールを装備し、アッパーはナイロンベルトでしっかりとフィットでき、水にも強く耐久性も高いことから、街履きだけでなく、アウトドアやフェス、ビーチでの使用目的にも適したサンダルとして人気が高まっています。

そんなSHAKA(シャカ)から、「Chill out(チルアウト)」と名前が付いた新作サンダルが届きました!

268

269

SHAKA(シャカ)
・CHILL OUT
・Olive , Black
・US7(25.0cm) 〜 US10(28.0cm)
・8,300円 + tax

2017年の新モデルとなるCHILL OUT(チルアウト)。名前の通り、リラックスできる楽チンスタイルのスポーツサンダルです。

カラーは人気のオリーブグリーンと定番のブラックで入荷。どちらもコーディネートしやすいのでオススメです!

270

足の甲を覆う2本のナイロンベルトで足をしっかりとフィットでき、ウレタン素材のクッション材が肌あたりの優しい履き心地となっています。

272

ナイロン、ポリウレタン等、水に強い素材を使用しているので、雨が多い梅雨時でも気軽に履け、踵のストラップが無いので着脱も簡単でホントに楽チンです。

271

ストラップにはSHAKA(シャカ)のブランドタグが付きさり気ないアクセントに。

昨年から取り扱い始めたSHAKA(シャカ)は、1990年代に実在した南アフリカ共和国のサンダルブランド。当時、日本でも一躍ブームとなり、アウトドアサンダルの先駆者として多くの人に愛されていました。中でもアフリカの伝統的な柄を取り入れたウェビングテープのサンダルはブランドが消滅した後もコアなファンを魅了し続け、2013年に日本で待望の復活を遂げます。

当時のアーカイブを元に製作されたサンダルは、ソールの形状や特徴的なウェビングテープはもちろん、プラスチックパーツやアーチの角度まで忠実に再現する一方で、ソールの強度やクッション性、足入れの向上を図り、現代風にアップデートされた進化版となっています。

こちらのCHILL OUT(チルアウト)は当時にはない新しいデザインとなりますが、ソールの形状はオリジナルを再現し、足にしっかりと吸い付くようなフィット感は街中での歩行にも適した新定番サンダルとなりそうです。

ジーンズカジュアルからスラックスやワイドパンツを取り入れたきれいめカジュアルまで幅広く対応できるデザインとなっていますので、是非この機会にご検討ください。

よろしくお願いします。