皆さん、こんばんわ。

この3連休は沢山のご来店ありがとうございました!

ちょっとイレギュラーな気温でしたが

今日なんかは風も冷たく秋らしい天候に変わりつつありますね。


さて、本日はスウェットの中でも個人的に一番好きな「キング オブ スウェット」こと

Champion(チャンピオン)のリバースウィーブスウェットから

新作となるUSAFA(米空軍士官学校)モデルをご紹介します!


782

781

USAFA = 米空軍士官学校(United States of Air Force Academy)

チャンピオンのミリタリースウェットの中でも非常に人気が高く

ヴィンテージ市場でも年々高騰が続く希少価値の高いモデル。


比較的よく見かけるタイプだとこんなのとか。


IMG_3069-630x630

IMG_3070-2-630x630

ヴィンテージスウェット好きなら誰もが一度は見たことのある

背中にV字が入ったリバースウィーブ。

当店でも復刻モデルを展開してますのでそちらも是非。


他にもこんなのとか。


vostok-store_04540

個人的にもいつかは手に入れたいハーフジップタイプ。

これは結構高い、、、諭吉3枚は必要(笑)


他にも


IMG_7570-630x630

rwusafah01

シンプルな胸ロゴだけのものとか。


製作された年代によってデザインも様々あるんですが

今回復刻されたこちらのデザインは

ヴィンテージ市場でもナカナカ見ない希少なものなんですよ。


783

Champion-REVERSE WEAVE(チャンピオン)
・C3-N024 RW CREW NECK SWEATSHIRT
・Silver Grey
・Medium / Large / X-Large
・¥9,800 + tax

胸の「USAFA」プリントの上にバーが入るタイプ。

ここにネームでも書くのでしょうか、、、


784

プリントは程よい光沢感のあるラバープリントを採用。

ヘインズブランズジャパン株式会社が正式にライセンスを獲得したものの証として

プリント下にはホログラムシールが付属しています。

「USAFA」は国家機関なのでとても厳しいのです。


785

襟ネームは70年代ヴィンテージリバースウィーブスウェットにも採用されている

単色の青タグを復刻して採用しています。


786

左袖にはチャンピオンのアイコンでもある「Cロゴ」ワッペン。


787

裏地は裏起毛フリース仕上げでフカフカの肌あたりになっており

もちろん冬場の保温性も高く暖かいですよ。

スウェット生地は11.5オンスのヘビーウェイトなボディーを使用。

コットン90%、ポリエステル10%の混紡素材は

ジャブジャブとお洗濯しても型崩れしにくいタフなボディーです。



788

Champion-REVERSE WEAVE(チャンピオン)
・C3-N024 RW CREW NECK SWEATSHIRT
・Navy
・Medium / Large / X-Large
・¥9,800 + tax

こちらは色違いのネイビー。

チャンピオンのネイビーはやや青みの強いカラーなので

画像で正確なカラーを出すのが難しいんですが

実物はもう少しブルーに近いかなと思います。


789

こちらもプリントはラバープリントを採用。

ネイビーとホワイトのコントラストも良い塩梅です。


790

リバースウィーブスウェットの魅力のひとつが脇下のリバースウィーブ製法。

両脇下に縦のリブをあてがい、縦への縮みをしにくくさせた製法です。

いまではヴィンテージスウェットの人気ディテールのひとつとして

様々なブランドが類似品を作っていますが

リバースウィーブ製法はチャンピオンの商標登録なので

リバースウィーブとして販売できるのは世界中でチャンピオンだけです。


商品説明が長くなりましたがお待ちかねの着用画像をどうぞ。


791

※身長170cm、体重57kgでMサイズを着用しています

よく質問されるのが

「リバースウィーブのサイズ感」。

ピッタリで着たい人と

ややゆったりで着たい人で分かれます。

私は後者。

体格が華奢なんですが骨格はしっかりあるので(笑)

ピッタリで着ると肩が張ったようなシルエットになってしまいます。

またリバースウィーブスウェットは着丈が短いボックスシルエットなので

ピッタリだと着丈が少し物足りなく感じてしまいます。

なので、リバースウィーブスウェットに関しては

ワンサイズ上げてややゆとりのあるサイジングで着るのが好きです。


あと「脇下のダブつきが気になる」という声も多く

こればっかりは慣れるしかしょうがないかな〜と(笑)

80年代〜90年代のリバースウィーブスウェットはもっとダブついてて

モモンガ?と首をかしげるくらいなんですが(個人差あり)

現行の復刻モデルはかなりダブつきを抑えているので

とても着やすくバランスを整えてあるかと思います。

まぁ、それでもやっぱりこのダブつきがリバースウィーブスウェットの特徴でもあるので

ここが苦手な人に無理にオススメは出来ません。


近年ならオーバーサイズのルックスが人気の傾向にもなっているので

逆にアームホールにゆとりがある方が喜ばれたりするんですけどね。

最終的には好みですよね(笑)


792

やっぱリバースウィーブスウェットは

程よいゆるさがある方が好きだな〜。


いままでは無地を中心に扱ってきましたが

そろそろまたプリント物も良いんじゃないかってことで

ミリタリーのワンポイントをセレクトしてみました。

是非チェックしてみてくださいね。


それではまた。


************************************************
商品に対するお問い合わせはメール、またはお電話にてお気軽にどうぞ。

HUNKY DORY OSAKA(ハンキードリー大阪店)
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江1丁目20-20
アンシャンテ南堀江1F
TEL&FAX | 06-6531-8033
OPEN&CLOSE | 12:00 – 20:00
Mail to | tsukamoto@hunkydory.jp
Online Store | www.hunkydory.jp
*************************************************