日々の気ままな報告書?〜不定期更新版〜

とある書店員の日々の出来事を、無理せず不定期更新中?

そろそろ注文の時期です

パソコンのディスプレイがピンチです。

消えたり色がヘンだったり歪んだり、そういった現象は一切無いので使うだけなら問題はないのですが、時折ディスプレイの設定メニューが勝手に出たり消えたり、しかも一回出始めるとしばらくは現象が続くという鬱陶しさだったりします。

無料保証期間はとうに過ぎていますので、もしこれをこのまま修理に出すとしますと、技術料21000円+交換部品代+送る際の送料(持ち込めば無料)となるそうです。

交換部品代については検査して頂かない事にはいくらになるかわかりませんが・・・今使っているものが、約5年ほど前のそれなりに高い性能のマルティメディアモデルではありますが、5年の技術の進歩やらなにやらで修理費に少し足せば同程度の性能のものは手に入るわけですので、「買い換える」という選択肢もあるのですが・・・。

当然、修理費を教えて頂く電話の際にそのご提案も頂いたのですが、ついでに、いまの三菱さんのマルティメディアモデルは全て解像度が1920x1080(16:9)で、いま私の使っている1920x1200(16:10)の解像度のもがないという注意も頂きました。
(注:グラフィックモデルでなら発売はしているそうです)

今後の買い替えではどの道1920x1080に変わるわけですから、それが早いか遅いかだけの気もしますが、修理にすべきか買い換えるべきか、悩ましいところです。


さて、1年以上のサボり癖が抜けず、つい更新をかなりサボってもいつも通り無駄に長い前置きからの始まりです。

ここのところ、私の担当するジャンルでは立て続けにPC関連書籍を出されている出版社さんが来店されています。

以前より封書等ですでに案内は頂いておりましたが、年賀状に関する書籍の注文の確定の時期が来ており、自分の担当箇所以外ですと、年始始まりの日記、手帳、カレンダー、家計簿などもすでに各担当に出版社の担当さんから話がでております。

話をPC関連書に戻しますと、どうやら来年の・・・といいますか、今年発売される年賀状作成関連書籍は高額な商品が軒並みラインナップから外され、操作の簡単なものがより前面に押し出されてきたように思われます。
和風を売りにした商品にライバルが増え、中には少々年齢の高めの女性をターゲットにした、女性らしい絵柄・大きめの文字・わかりやすい操作説明を売りにした商品もあるようです。

さて、昨年の年賀状作成関連本といえば、Windows8の発売日の都合上「Windows8で動作は保証しかねます」であったり「Windous8 Preview版(β版という表記のものもあり)での動作確認はしておりますが、製品版での動作保証はいたしかねます」という注意書きつきのものがほとんどで、実際に何人かのお客様から問い合わせを受けたりもしました。

今年は大丈夫と思いきや、「Windous8.1 Preview版でのテストはもちろんしますよ」という出版社さんもいますので、そのあたりはどうなりますことやら??
確かに、やさしさを売りにする本だと、「スタートボタンを押して、メニューから・・・」から始まりますから大事な部分ではありますよね〜。

お手ごろ信州本 その2

先日「先日から少々書き方をかえてみた」と書きましたが、短い一文での改行をやめ、通常の文章(?)のようにある程度書いてから改行という形にしてみました。

1年4ヶ月も放置しっぱなしだったこのブログですが、それでも日々訪れていただいている方がいらっしゃり、その中にはスマートフォンからの閲覧して頂いている方が。
で、どのように見えるかなぁと、試しに自分でも見てみたところ・・・
PCでは見やすかった短文改行が、スマートフォン版では1行と2行目の一文字二文字で改行の連続となってしまい、ちょっと見難いような??と。

しばらく書いてみて、自分のやりやすい方で書いてみたいと思います(またサボらなければですが・・・

さて、昨日の続きと参りましょう。

こちらも発売されたばかりの最新刊、12年前に発売され、未だに郷土コーナー売り上げ1位を誇る「新・不思議の国の信州人」のベストセラーズさんの本です(著者は違います)。
地名の由来となった一族の話や、元々この地名はこんな漢字だったんじゃないの?等古代史寄りの話が面白いかも(古い話であるため推測・考察の部分もあります)


そして、以前も紹介しましたがちょっと古めですがこちらの本。

2001年発行ながら、そのタイトルとお求め安い価格で新しく出る本をすべて抑え、未だに当店の郷土史コーナー長年の売り上げナンバー1!という驚きのロングセラー。
つい先日第五版が発売され、背表紙のデザインがちょこっとだけ変わりました。


こちらの「新・不思議の国の信州人」先ほど書いたように2001年発行ですから、すでに発売から12年となります。
さすがに時事的な部分では「田中康夫知事」の名前が出ていたりと古いものがありますが、基本的な信州人の性格や行動などの部分ではいまだ色あせてはおりませんよ。

さて、写真を用意するのが面倒なためアフィリエイトの写真を使ったこともあり、2回にわたりなんとなく本の通販みたいなページになっておりますが・・・これらの本は基本的には全国どこの書店でも取り寄せられる出版社のものですので、もし旅行等で信州にお越しの際はちょっと読んでみると面白いかもしれません。

そして、信州といえば地方出版社が多い県でもあったりします。
たまに書店員の記事を書くときなど、紹介してみたいなぁ、なんて思うのですが先日までの長期間のサボりを考えますと、実行されますやらどうやら??

お手ごろ信州本 その1

前回から書き方を少々かえてみましたが、どうなんでしょか??

さて、昨日「ケータイ補償 お届けサービス」の交換機が届き、無事にSO−04E 復活となりました。(当初は検査で申請をしていたため、代替機をお借りしていた都合上ショップでの受け取りなりました)
色々と入れたり削ったりと、ようやく交換前と同じような状態に戻せたのですが、この交換できた本体・・・交換前に比べてものすごく反応が良いのですが・・・!?

交換前の品は適当にいじって干渉させるような環境にしてしまったのか、いつもの如くハズレをひいていたのかは検査を受けなかったためわかりませんが・・・今回の補償負担費用も、支払い専用口座の月々の余剰(端数)が丁度同じくらいあった為そちらで相殺ですし、まぁ、購入直後より良くなったので結果オーライということで。

と、強引に納得したとこで、修理交換に関するネタはおしまい。

前置きはこのくらいにしまして、たまには信州の本屋さんらしい話題でも。

「信州」というと、色々なイメージがあると思います。

豊かな自然、山、避暑地、松本城、善光寺、信州蕎麦・・・
もしくは、昆虫を食べる県民、リニアや新幹線でごねている県民、変わり者・・・などなど(個人的には以前も書いたとおりリニアは反対、新幹線名称は興味なし

ここ最近は色々な県の特色や雑学などを集めたシリーズが何社からか出ておりますが、信州の本もそれぞれのシリーズで出揃って参りました。

現在は中経出版と合併いたしました新人物往来社から少々前に出たのが、こちらの謎解き散歩シリーズの長野県です。
この手の本の中では珍しく、県歌「信濃の国」の解説がしっかりと載っているのが郷土コーナー担当者からみたお勧めポイントでしょうか。


なお、このシリーズは中経出版になってからも、以前と同じく「新人物文庫」として刊行され続けており47都道府県はすべて刊行されており、現在はさらに細かい範囲でのものが出てきております。

こちらはつい先日刊行されたばかりの最新刊。シリーズとしても始まったばかりのようです。
風土や特色のほか、信州人の考え方(?)もあり、以前ご紹介した「新・不思議の国の信州人(ベストセラーズ刊)」の最新版といった感じの項目もあるのかな?
私も生粋の信州人ですが、あ〜・・・と納得、苦笑してしまう本ですね。


実はこちらの本、初めて表紙を見たときに「おや?」と軽い違和感を覚えました。

答えに近いことがこの本の中にも書いてもありました。
県庁所在地と県名が同じ県では通常「●●市」と市が付けば都市名、付かなければ県名をさすことが多いが、「信州」という言葉に愛着のある信州人は「長野」という単語でも長野県という意味で捉えない・・・。

たしかに、私も当ブログの中で自分のことを「長野県民」と書いたり、地元のことを「長野県」と書いていることはほとんどなく、「信州」「信濃」「信州人」という単語を使うことがほとんどだと思いますし、信州という響きは大変に気に入っております。

では、これって信州人だけがそう思っているのかな?とおもったのですが・・・。

「まっぷる」や「るるぶ」等の観光ガイドを見ましても、他県は県全体でも都市名でもその「市」や「県」をつけない名称で県と市の両方を指し示す(どちらでも指し示せる)ものが多い中、長野県に関しては県全体を指し示すものは「信州」のみで、「長野」と入っているものは長野市ということになっていますので、信州人のみの思考でもないようですね。

で、軽い違和感の正体ですが・・・

おそらく、「長野」学で「松本」城の絵だったからかな?(謎解き散歩のほうは「県」の文字が入っているので感じなかったのかも?)
観光ガイドの担当をしていますと、この文字と絵(写真)の組み合わせってほとんど見ませんからね〜・・・不思議なものです(あくまでも個人的な感想です)。

では、少々長くなりましたので、本日はここまで。

12日目にして・・・

スマートフォンデビュー12日目にして、早くも代替え機生活中のせちでございます。

高い防水性能があり、あちこちで水没させても平気な動画もありましたので、出勤前に各端子のキャップやカバーの状態をしっかり確認の上、手のひら一杯の水で軽く背面を水洗いいたしました。が・・・暫くしてからカメラレンズ内に結露が。
お客様相談センターに相談、確認したところ、ご購入の機種であればこの程度の洗浄くらいなら使い方としては問題ないはずなのでショップへ持ち込んでくれとのこと。

仕事帰りにショップで見ていただいた所、イヤホンジャック端子の内部に水濡れのサインがでていた為この時点で通常修理は不可能になり、今後の選択肢は2つとなりました。

・幸いにしてケータイ補償 お届けサービスに加入していたので5250円を払って新しい機械(リフレッシュ品)を届けてもらう。
・初期不良の可能性を考え検査に出して初期不良認定されれば無償修理、再現ができなく人為ミス判定が出ればケータイ補償 お届けサービスに切り変える。

水濡れについて店員さんと話をして、考えられる推測は3つ。

1:私の確認が甘かった私の人為的ミス。

2:機械的なミス(初期不良)により端子部以外からの浸水し、結果端子部へ水分が届いてしまった。

3:キャップはしっかり閉まって見えたが、何かしらの偶然によりしっかり密閉されていなかったという、極めて再現の難しい偶然の不幸

とりあえずまずは検査に出すことで話を進めましたが、

この内、1は当然とし、再現の極めて困難な3についても人為的ミスと判断され、水没による修理不能と判断される可能性が極めて高いとのこと。
2については、まず点検を念入りにするので、そこでおおよそ2週間以上。一旦ショップに戻ってきて、そこから修理に出して一週間以上。そしてなにより、この手の修理で防水(ケース部分)に不良判定が出ることは極めて稀で、担当して下さったショップの方も今までで一件位しか覚えがないそうで…。

一晩考えた末、検査を取りやめケータイ補償 お届けサービスにすぐにお世話になることにいたしました。

元々検査で話を進めていただいていており、代替機をお借りしている都合お届け先はショップになり、明日の帰宅中に立ち寄り代替機返却および受け取り(新旧両方)となります。

手続きをしていただいたショップの方、お手数をおかけいたします。

そして、ツイッターにてアドバイスくださった方に感謝〜!

悪戦苦闘中と書店員の感想

スマホ契約から一週間、未だに使いこなせずに振り回される日々に、
みんな良く使いこなせてるよなぁ・・・とただただ感心の日々です。

本日docomoより無線LANルーターが届きました。
(NEC製 Aterm WR8166N 中身は AtermWR8165N と同じようです)

自宅のネット環境はCATVモデムから「有線」のルーター、
(しかもかなり昔に買ったルーターだったりします。)
そこからPCやTV、ゲーム機などに接続されていたため、
契約時に安い無線LANルーターでも、などと考えていたのですが、

2年契約のレンタル扱い
現在の契約条件の間は月額使用料金が発生しない
2年後には無償譲渡という形で返却義務が消える

などの説明をされまして、
安物買って後悔するのか、必要十分なのかわからないし、
十分ならそれでよし、だめなら返却してそこではじめて買えば良いと。

元の回線が光よりはまったく速度も出ないし、
PC、TVで使う有線のポートも3つあるし、
今のところは必要十分そうです。

さて、これだけ間が開いても、前置きの長さは相変わらずで、
きっとおそらく、本文の長さも短かったりするんでしょうね。

といっても、前置きもまったくの無関係というわけでもなく、
スマートフォンに少し関わる話だったりします。

昨年コーナー縮小はされましたが、PC関連書籍も担当しております。
その関連で、スマートフォンの本も置いてはいるのですが、
季節ごとの新機種に対応するその入れ替わりの速さは
「こんなに頻繁に新刊出して(しかも残って)、出版社は大丈夫!?」
と言いたくなるほどでした。

出版社さんの担当さんの中には
「半年も置いていただければ、次の新機種も2世代進み
 それに対応する本もたくさん出て場所もないでしょうし
 これだけ回転が速いと型遅れと受け取る人も居ますから
 返品してしまってください」
などとおっしゃる方もいるほどでして・・・。

一昔前の私は、機種変更なんて考えておらず、
実際に自分でいじってもいなかったわけですから

「スマートフォンでわからないことは
 きっとスマートフォンで検索して調べるだろうし
 あまり需要がないのかな・・・」
などと思っておりました。

たしかに、そういった方もいるでしょうが、
反面、今回の私のように
「何がわからないのかすら全くわからない」
というド素人も居るわけでして・・・。

使ってみて初めてわかった訳ではありますが、
現状のわからない事だらけではあまり役立ちそうもなく・・・。

暑さとわからないことだらけで、
大変なことになっている最近の現状でした。

スマホ

何気なく放置していたらこんなにも日が経っておりまして、
1年と4ヶ月ちょっとぶりの更新です。
いくら「不定期更新版」銘打ってても限度というものが・・・

このブログを改題し再開したのが、2007年の8月、
当時ケータイを機種変更したのがきっかけでした。
このブログが改題2回目ですかが(無印⇒再提出⇒不定期更新版)、
一回目の改題のときもそんなきっかけだったかも?

そして今回のきっかけも、実はそんな感じであったりします。

2010年の1月にauからdocomoに乗り換え、
先日、docomoでの初の機種変を致しまして
遅まきながらスマホデビューとなりました。

今までが、月々の無料通話をかなり余らせ、
パケット代もダブル定額の最低金額よりやや超えたほど・・・
という使用環境から考えると、倍近い使用料とはなりますが、
それでも自分が考えていたより月々が安く済む点や
パケットに関しては幾分我慢して使ってたとこもありますので、
今回、前の機種に軽い破損が見られるようになってきたのを機に、
いっそうのことスマホに・・・というわけです。
完全に壊れてからでは、後々面倒ですし・・・(経験者談w

この、軽い破損が見えたタイミングで
docomoのツートップ展開や
初めてスマホに機種変更する人への優遇値引き
持ちやすい手ごろな大きさの機種が出ていた等
色々と重なったのも大きかったですね。

で・・・なぜこのタイミングでブログを思い出したかというと、

通勤は車のため、通勤中のスマホ操作はなく、
職場でも休憩時間に少々いじる程度
自宅にはPCがあるから、動画等の重いものはそちらで見るし、
月々3GBまでのライトプランでもけっこう余裕あり。

そんなことを考えたときに、
ああ、パケット代定額になったんだし
写真つきブログもこれで投稿すればいいのか・・・と。


とは言え、機種変更からまだ3日、
「何がわからないのかがまったくわからない」
という状態から少しだけ脱却しただけのレベル。
さてはて、どうなりますことやら・・・。


ちなみに、変更した機種は
ツートップの国内メーカーのほうです。

フロア会議とビル

店の入っているビルでは、月一回の店長会議の他に、
同じく月に一回、フロア会議というものがあります。

ビルの事務所にいるフロアマネージャーを中心とし、
各階毎に店長が集まって情報・意見交換をしたり、
月によっては各店の店長とフロアマネージャー、
1対1の話し合いがあったりします。

ビル全体の店長が集まり、
イベント等の確認が大半の店長会議に比べ
フロア会議は各店店長の意見等も多く聞こえ
非常に有意義な集まりであります。

このフロア会議、
私が入社したころからあった店長会と違い、
ここ数年の間にできた会議だったりします。
もっと言えば、ビルの社長が現在の社長に代わり、
色々なことが改善されていく中で生まれた会議。

私が入社してから、現在の社長は3人目。
一人目の社長は・・・
オレ様社長、といったところでしょうか?
気に入らない店や従わない店は怒鳴りつける、
そんな話も聞こえてくる方でした。

幸い私はそんな目にあった事はありませんが、
後に知った話では私の親戚と顔見知りだったそうで、
向こうもやりにくかったのかもしれませんね。

ちなみに私の入社は書店での採用なので
 ビルの方は一切関係はありませんから
 コネでもなんでもございませんよ・・・


二人目の社長は在任期間も短く
色々と改善に手はつけたものの
印象はかなり薄い・・・

そして三人目の現在の社長
聞く話によると現場叩き上げの方だそうで、
その為でしょうか、
お客様の事を考え、色々な改善を行うと同時に、
良い接客をするには店員のための環境も大事、と
従業員の意見もきちんと取り上げる。
そんな考えの持ち主でもあります。

そんな社長の下でビルが動き始めて数年、
先に述べたフロア会議なども含め
目に見えて色々なことが変わってきました。

先日、来年度の予定案が出てきましたが
色々と変わっている箇所もあり、
どうして変えたかの説明も納得のいくものばかり。

こう、意見を取り入れてもらえる上ですと
意見を考えるときも楽しいものですね。

春に向けて

かなり更新期間が開いてしまいました。
また、前回のブログの内容が内容なので
チャットなどで体調を心配したメッセージ等も頂きました。

現在も薬による治療は続けておりますが、
症状が軽く、安定してきたこともありまして、
通院期間も1週間から2週間毎に、
前回からは1ヶ月(4週間)毎になりました。

ご心配頂きました皆様、ありがとうございました。

さて、本題の先日のお店の話。
店の入っているビルが春に向けイメージを固め、
私の担当する地図、ガイドのコーナーも手を入れまして、
冬から春に向けて配置をいじってみました。

温泉関係の平積みの本を少々減らし、
その分を家族旅行や目的別のガイドに変更。
雪景色のきれいそうなところを少し減らし、
卒業旅行などの定番の観光地を増し、
引越しの多いシーズンが近いので地元の地図を増やし、
それに伴い地元のガイドも目立つように配置。

ついでに地元の読み物も、近くに配置。
お土産に買ってく人もそれなりにいますからね〜。

コレがもう少し経ちますと
今度は山関係を増やすように配置換え。
山地図の年版がが揃う来月ころの予定です。


追記

元々ポイント集めはけっこうすきなのですが、
最近はまた登録サイトを増やしてちまちまと増やしてます。
買物ついでにひと手間迂回してポイント2重取りとか・・・。
ネットでたくさん買物しないので、なかなかたまりませんが、
良く使う人にはお勧めですね。

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

胃カメラ

ココ最近のお仕事の事をブログにしますと
以前ココで読んだような・・・?と思うような記事か、
読んでいる方がつまらない記事になりそうなので、
しばらくの間は取り留めのない話でお茶にごしです。

先日のお話

昨年末からブログにもかいております体調不良も、
投薬治療による効果もあってかなり回復いたしまして
食事もある程度普通に取れるようになり、
日常生活に支障も少なくなったのですが、
時々痛んだり、少々違和感が残ったりと
どうも後一歩というところで完治してくれない・・・

ということで、ついに胃カメラを飲むことになりました。

胃カメラというと、けっこうつらいという話を聞きますが
医療機器も年々進化しているため
先生の腕がよければそれほど苦しくないという話も。

近所にある個人の医院ですが
胃カメラの評判はそんなに悪くはないようです。

さて、検査前日、
20時までに食事を終え、22時以降は飲食禁止。
食はともかく、飲むほうはちょっと心配だったのですが
意外となんともないものですね〜。

そして当日

呼ばれて中に入りますと、まずは注射を一本
胃腸の動きを弱めて、検査しやすくするんだとか。
さらに胃の中を見やすくする甘いような薬を一口
最後に、口の奥にどろっとした麻酔を入れ、
5分ほどのどの奥に貯めておくように言われます。

途中で変なとこに入ってむせるんですが、
薬を噴出さないように何とかガマン。
麻酔が効いてくると、液体がどこまであるのか
口いっぱいのようにも感じるし、
全く入ってないようにも感じるあいまいな感じに。

5分後、吐き出した後に咳き込むものの
麻酔のせいか上手く咳き込めないのは
ちょっとだけつらかったですねw

診察台に横になり、
部屋を薄暗くしてしばらく落ち着きましたら
いよいよ胃カメラの開始。

喉を通過する際
「はい、ごっくんと飲み込んでくださいね」
と、飲み込む一瞬だけは
何か喉を固いものが通過した感触がありましたが、
それ以外は軽い違和感がある程度。

「ハイ、今押し込んでますよ」
「今胃に入りまして胃液を吸い出してます
 ちょっと胃液が多いですね・・・」
「ではもう少し奥に入ります・・・
 ではここからカメラを引いていきますね」
「胃を観察してます・・・上の方を見まして、
 どんどん引いて、食道を見てます」

「はい、では引き抜きますね、お疲れ様でした」

あれ? もう終わり?
少しの違和感はあったものの
特に苦しい思いもせずに終了。

で、肝心の検査結果はといいますと。

緊急に手術したりするような必要性は全くなし

胃壁にただれが何箇所か見えるとのこと
(後で調べたら潰瘍の一歩手前なんですね・・・
胃炎と胃酸過多などと診断されました。

しかし、しばらく薬をのんで回復して来てこれってことは
投薬治療前はそれなりにひどかったんでしょうね。
(薬も初回に貰ったものより今の方が幾分強いんだとか)

緊急性はないものの、波がある症状なので
投薬でちょっと気長に行きましょう・・・との事でした。

原因が分かって、幾分気が楽になりました。
少なくとも、その分のストレスは解消され、
また、原因が詳しく分かったことで
通院の間隔も今までより長く間隔が取れるようで
次の通院は2週間後ということになりました。

胃カメラを飲んだ甲斐は十分にありましたね。

伝える難しさ

先日のブログにて体調不良の一件を書いた後、
コメントやメール、メッセンジャーにて
色々な方からご心配の言葉を頂きました。

現在は未だ少々の痛みはあるものの
投薬の方でかなりの改善が見られまして
食生活の方も7〜8割ほど元に戻っております。

消化に悪いものは当然の事なのですが
先日まで日常的に飲んでいた緑茶やコーヒーなど、
いまだに体が受け付けないのは少しつらいですが、
毎日おかゆ生活だったころに比べたら・・・w

ご心配頂きました皆様
本当にありがとうございました。


さて、先日の本社へ辞めたいことを伝えた一件
(一時白紙撤回で保留中)
そして、ココのところの体調不良の事もあり、
いざという時、それを見れば何とかなるように、と、
自分の仕事について少々ノートにまとめ始めたのですが・・・

年に数回しかやらない仕事など、
自分だけで動いてやっていく場合ですと
やることがしっかりと頭に入っているため
「あれやって、これやって、それもやらなきゃ」
と、手順等考えずに動いているものですから
(おおまかに、そろそろあれしなきゃ、程度の感覚)
いざそれを時系列順にまとめて記録しようと思うと、
手順などが上手くまとめられないものですね。

書類の記入等、
完全な正解のあるものは記入方法を記せばいい分、
楽に纏められるんですけどね〜。

前任店長や事務担当者の方から教わったこと
変わった条件に合わせ、私自身が変えた方法
私自身が「当たり前」と思っている前条件でも
受け取るほうとしては常識でも当たり前でもない事。
気をつけなければいけない点は山積みでして・・・。

とりあえず、もう少し文才が欲しいと思うここ毎日。

こんなことしてるから余計に胃が・・・
などと思わなくもないのですが、さて?
楽天市場
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
かいているひと
こめんと
  • ライブドアブログ