2017年12月14日

横浜No1“キタナシュラン★★”!





横浜B級グルメの“王道”!





人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を







海鮮丼























とんねるずの“みなおか(みなさんのおかげでした)”が

来年3月で打ち切りというニュースは、

ネットでも話題になっている。

その番組の名物コーナーでも在った、<キタナシュラン>!


「もう、7年も前になるのか?」

キタナシュランキタナシュラン1



















見事、“二つ星”を獲得したこの御店!

もう、あの番組が無くなってしまうのは、寂しいな〜。


昨日は、関内方面への所用で、夫婦でお出掛け。

途中、“阪東橋”のスーパーサミットに車を止めて、

その序でに、近辺でランチを摂る事に。


横浜・阪東橋は、我が家のお気に入りスポットの一つ。

先日は、“スープカレー”で有名な<アルペンジロー>で

ランチをしたばかりだが、周辺は、知る人ぞ知る、グルメの宝庫。

我が家の“御用達”、弥生町の人気レストラン

<ショー・ラ・パン>も候補の一つで、周辺をブラブラと。


今回は“細君”が、どうしても一度は行ってみたいとの事で

この御店に決定。

僕は、何度かお邪魔しているが、とにかく女性には余り、

御薦めし難いシチュエーション!


上記の賞を貰うくらいだから、店は決して綺麗とは言い難い。

にも拘わらず、行列が出来るのは、職人芸と言わざるを得ない、

大将の確かな腕と、御喋り、勿論“天丼”の美味しさが、

人を引き寄せるのである。

以前にも紹介済の、この御店、もう、何年ぶりだろう。


豊野丼













 
















<豊 野 丼>!!


場所は、横浜ブルーライン「阪東橋」駅から徒歩5分!

大通り公園沿いの“横浜橋商店街”入口左手に在る。



昨日は、正午には少し早めの11時50分頃に到着。

やはり、この時間帯は満席で、既に5人の行列が出来ていた。

待つ間にも、行列がどんどん伸びて行って、あっと言う間に

10人以上が後ろに、そして15分位、待っただろうか?

ようやく席が空いて、カウンターの丁度中央辺りに通された。 



店内は、左手に厨房と、L字型の対面にカウンター席が8席!

それも、席に座ると後ろがギリギリ、

               人が通れるか通れないかの狭さ。

皆、縮こまって、丼ぶりを食べている。


IMG_0779海鮮丼2



















メニューはレギュラーメニューの他にも、サイドメニューや、

お薦めメニューもあって、“シジミの味噌汁”が100円+で

付けられる様になっている。

 
今回は、二人共に 「海鮮丼」!!をオーダー!

勿論、“しじみ汁”も追加オーダー。

5分程で、“丼”が上がって来た。

先ずは、“しじみ汁”から、「あったか〜い!」そして、

    「旨〜い!」 

寒い中、待ってた甲斐があった。

しじみの出汁が、良く出ていて、美味しいスープに仕上がっている。


続いて、“天丼”の方へ、

“海鮮丼”の具は、“海老”“きす”“穴子の半身”“野菜4種”!

普通盛りでも、結構ボリューミー!


因みに、隣のお兄さんが頼んでいた“大盛”を見て“ビックリ”!

半端ない量で、御飯600gとの事。

若い頃でも、その量は、行けないな〜!


じっくりと、2度揚げされた“天婦羅”も、一口食すと、

タレの味が意外にサッパリ目。


種の味が、活かされていて、「美味しい〜」!!


“小柴の穴子”は、ホクホクで、これまた「旨〜い」!

箸が止まらず、ついつい早食いに。

左程、時間を要さずに完食。


細君にも、当初から、店の雰囲気を刷り込んでおいたが、

思ったよりも綺麗だった様で、むしろ、この“丼”の“旨さ”と、

その“安さ”に感動していた。


今回も、大満足!



横浜・阪東橋方面へお出かけの際は、

            是非一度、御賞味あれ!



                      by K.N






人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を




B級グルメの御店情報はこちら ↓



B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです



cf_nozaki at 19:00|PermalinkComments(0)おいしいもの 

2017年12月11日

水面下情報5!






土地を買って新築アパート!


1からの新築プランは、面白い!






人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を




今回の下見、横浜市磯子区方面へ!

又々、面白そうなアパート用地が出て来た!


京浜急行線「杉田」駅まで徒歩5分の、利便性の良い立地!


現地眺望

「横浜」と云えば“坂”!

本物件の特徴も、

丘陵地帯の丘の上。

眺望も良好で、

現地からは横浜港を望める立地!


閑静な住宅街の一画で、見栄えも良さそう。


港町ならではの立地は、希少な平坦地は少なく、

丘陵地の斜面や、丘の上に分譲地が広がっているのが普通。

“浜っ子”は、当たり前の様に、坂を上って自宅に帰る。

だから、<賃貸>や<売買>の住宅情報でも、


「駅から平坦」!


と云う、売り文句が、使われる事が多い。


ただ、坂の上でも、海側に面する丘陵地の場合、

<海>が見える場所も又、希少性は、高い。

この場合、

「海見え」!  「海一望」!


と云う様な売り文句も有る。

今回は、その「海見え」立地の“アパート用地”!

                ホヤホヤの“物件情報”!



<杉田>は、海側に就労人口の多い“工業団地”が在り、

お膝元の街として、単身の就労者需要も多い所である。

横浜や都心へのアクセスは勿論、工業団地方面への

アクセスも良く、利便性も極めて良好。


杉田駅前20100829_4040070













京浜急行線「杉田」駅から、JR・シーサイドライン「新杉田」駅

方面を結ぶ、<杉田商店街>は、横浜でも指折りの、安くて賑やかな

商店街に数えられる!



3駅利用可能な、好立地。

            各駅からは、徒歩圏内。


駅の西側方面へ、裏手の道を100m程行くと、

蛇行した坂道が見えて来る。

東側に海を見ながら、200m程上って行くと、

左手に前面の道路から、2m程立ち上がった

中古の古アパートが見えて来た。


“東南角地”!


杉田売地
























現地の現況は、築古の建屋が乗った、敷地になっている。


敷地はだいぶ余裕の有る様子で、敷地からの眺望は1Fの高さでも

充分な景色が楽しめそう。


ココに、間取り1Kの単身者向けアパートを企画出来そう。


所在:横浜市磯子区中原4丁目


土地:269.78屐別鵤牽可據法


用途地域:第1種低層住居専用地域 

建蔽率: 50(60)%※角地緩和 容積率: 100 %


“建ぺい率”も“容積率”も余裕はあるが、

擁壁を其の侭で建てるとすると、

敷地に余裕を持たせた設計で行かなければならない。

ココに、間取り、1K 12世帯の単身者向けアパートを

企画出来れば面白そうだ。


敷地は、約269屬之彁察 


簡易計算で行けば、建ぺい率から診て

269屐滷僑亜鵝瓧隠僑院ィ喚屬泙任老築可能。


ワンフロアーで取れる部屋数は、

             161屐猝鵤横悪屐瓧検ィ娃吃屋

但し、擁壁を避けて、敷地に余裕を持たせるとなると、

                      精々6部屋が限度!


容積率は100%の為、上限の面積は、

         269屐滷隠娃亜鵝瓧横僑広屬函⇒祥気詫る。


用途地域の関係で、ココは、2階建てが限度。

この際、一部屋当たりの広さを、余裕目にUP!

2階建てのロフト付きでプランニングしてみる。

余裕がある分、22岼幣紂滷隠寡屋(1K)=264岼未

試算してみる事に。


一室、1K(約22屐法,海諒佞蠅納茲譴訥体舛蓮


12部屋×6.2万円(平均)=74.4万円(月額)

                  ×12ヶ月=892.8万円


GPI(総潜在収入)    892万円

空室率(6%)        ▲54万円

EGI(実行総収入)      838万円

運営費(約15%)      ▲134万円

NOI(ネット収入)       704万円


この地域・この立地での期待利回りは、5.2%位?


仮に、FCR(ネット利回り)5.2%として


704万円÷5.2%=1億3538万円(総投資額)


諸経費その他 940万円(約7%)と診て、


1億3538万円−940万円=

           “1億2598万円”(物件価格)



建物価格は、

12戸(木造2階建て)×500万円(込々/戸当り)

                    =6000万円

その他、基礎地盤改良等のプラスアルファ分400万円

                  合せて6400万円として、


1億2598万円−6400万円=

           “6198万円”(土地価格)!



ん〜、やっぱりちょっと価格交渉が必要か!


プランとしては、入る予定だ、  

再度、賃料と建築費を精査して、尚且つ、

                  指値が通れば、良し!

けっこう、面白そうな物件になりそうかな。


横浜・杉田は、労働者の街!

京浜急行線・JR根岸線沿線の下町で、活気の有る街である。


ご興味のある方は、是非、 御一報を!


                      by K.N!





人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を







cf_nozaki at 20:00|PermalinkComments(0)不動産投資 

2017年12月09日

水面下情報4!





駅徒歩3分の好立地、

       新築アパート企画!


   劣化等級2級取得予定




水中写真
















人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を




現在企画中の、水面下情報を入手!

横浜市内で、新たなアパートの、計画地を下見。


  <横浜市鶴見区生麦>!

歴史の教科書にも出て来る、幕末の“生麦事件”でも有名な場所!

キリンビール工場キリンビアビレッジ














今や、その現場周辺には、レストラン併設のビール工場も出来て、

週末には、工場見学の人達で、賑っている。



生麦駅
京急沿線のこの辺りは、

横浜でも人気の下町地域!

就労人口の多い工業団地の

ベッドタウンとして、

単身用住宅需要の多い地域。




最寄り駅からは、“徒歩3分”の好位置。


“駅から平坦な立地は、横浜でも、希少物件!



IMG_0771IMG_0767













この土地に、木造2階建て 1K(約17屐+ロフト(約8屐

                   ×12世帯の建築目論見。


価格は、1億3千400万円!


     表面 約6.7%での紹介!



所在:横浜市鶴見区生麦1丁目

土地:163.63屐別鵤毅按據法

用途地域:商業地域 

建蔽率: 80 % 容積率: 400 %


この辺り、この間取りで取れる賃料は?


12部屋×6.2万円=74.4万円(月額) 

             ×12ヶ月=892.8万円


GPI(総潜在収入)    893万円

空室率(5%)        ▲45万円

EGI(実行総収入)      848万円

運営費(約14%)       ▲125万円

NOI(ネット収入)       723万円


購入諸経費 約870万円として、

           総投資額は、1億4270万円!


FCR(ネット利回り)は、5.07%!

融資は、りそな銀行で30年返済が可能だとすると、

K%(ローンコンスタント)は、4.3%!

この、“FCR”と“
K%”との“イールドギャップ”が

“CCR(自己資金配当率)”の10%以上確保を可能に出来る。


ん〜、結構面白そうな物件だ!


不動産価格の上昇や建築費の高騰も含めて、

    土地からの企画は、益々厳しくなりつつある。

         御興味の有る方は、御一報を!


                        by K.N!






人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を






cf_nozaki at 17:00|PermalinkComments(0)不動産投資 

2017年12月07日

京都 ナンバー1 “ミシェラン☆☆”!




紅葉の“京都”、食欲の秋!


     当に“芸術”の秋!!





人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を



┐覆ひがし




 





















我が家の旅の楽しみは“食にあり”!


      京都、最終日!


最終日、朝食はホテルの室内で済ませ、

                                            チェックアウトを、早目に!


荷物は、来た時とは逆に、ホテルから京都駅構内に在る、

キャリーサービスの方へ、送って貰う。

これで、帰りの時間までは、身軽に動ける。

因みに、タイムリミットは、午後5:00!


最終日は、お土産の事も考慮し、寺社巡りは、午前中だけに。


目的地は、


 
 洛東<法然院>!!


バスを「銀閣寺道」で降り、約1.5劼傍擇屐錨学の道”を

“銀閣寺”方面から“永観堂”方面に向かって南下。


哲学の道1哲学の道2













琵琶湖疎水分線に沿った散歩道を、ブラブラと散策しながらの

散歩は、気持ちの良いものである。


哲学の道3哲学の道4













途中、「油取り紙」で有名な、

<よーじや>さんのカフェ等も在って、

ココも、京都の風情を感じる紅葉スポットである。


哲学の道6哲学の道5

















“法然院”は、その途中に在って、

京都でも、屈指の穴場紅葉スポット!

朝も早かったせいか、観光客も疎らで、その静寂の中を

進むと、


法然院1法然院2

















数寄屋風の茅葺屋根の門が、まるで、絵画の様な佇まいで、

我々を迎えてくれた。

法然院3法然院4














門を潜って中に入ると、参道の両側には、

お坊さんが絵を描いた<白砂壇(びゃくさだん)>が

配置されている。

静寂の中を、ゆっくりと散策する事が出来て、当に、

癒しの空間を楽しんだ。

<法然院>を出て、更に200m程南下すると、

次は、その法然上人の弟子達が開基となったお寺へ、


洛東<安楽寺>!!


こちらも京都では、穴場中の穴場。

安楽寺1安楽寺2













安楽寺3

本堂内では、御寺の成り立ちや、

上人様達に纏わる話を、面白可笑しく

約20分程、解説してくれて、

その話も、実に興味深かった!









安楽寺4安楽寺5














“安楽寺”を出ると、既に11:30過ぎ。

本日のランチの予約時間は、12:00〜。

急いで“バス”に飛び乗り、又戻って「銀閣寺通」で降車。


予約した御店の在る“哲学の道”の入口 “交番前”までは、

バス停から徒歩で2分!少し余裕を持って、着く事が出来た。


“京都”の風情を感じる、町屋の一画に、この御店が在る。


<京都で、1番、予約の取り難い御店!>



実は、3年越しの念願叶って、ようやく予約を取る事が出来た。

ココは、完全予約制で、翌月の予約は、前月の一日午前8時から

予約を受けるシステムになっているのだが、

一日の日の午前8:00から、ずっと掛け続けても、混雑で中々

繋がらない。午後一番で、ようやく繋がっても、希望の日時は、

既に満席!そんなやり取りが2年間続いた。

そして今年、ようやく その予約が取れた経緯がある。



  草喰<なかひがし>!!!

※食べログ 京都No1!

     “ミシェラン”二つ星の名店!!




今回の旅の、〆のランチは、ココ!


,覆ひがし△覆ひがし














哲学の道の入口、交番の直ぐ向かい側に在る!

なかひがしい覆ひがし


















12時ピッタリに、御店が開店!

予約で来ていたお客様が、次々に、中に入って行く。

カウンターは13席、我々夫婦は、その丁度ど真ん中辺り!

一番の特等席に通された。


店内は、京都らしい落ち着いた佇まいで、カウンター内の

真ん中に、“竈”と“焼き場”が施されている。


IMG_0694イ覆ひがし














先ずは、“御茶”のおもてなし!

ちょうど良い温さで、乾いた喉を潤す事が出来た


食事の前に、飲み物の注文を聞かれ、

せっかくのこの機会、やはりココは、日本酒で!

銘柄は店主御勧めで、御猪口は、好きな物が選べる!


IMG_0762伏見 英勲













伏見の酒、<英 勲> 純米しぼりたて生酒!

僕はちょっと大きめの杯、細君は、彩り鮮やかな猪口で乾杯!


先ずは

<八寸>!


Г覆ひがし
“鯖の燻製と胡桃”“味女どじょう”

“からすみ・菊葉の大根巻き”

“銀杏(卵黄味噌漬け)”

“柿・とんぶりのきなこ酢和え

    冬いちご添え”

“栗の素揚げ”

“黒豆の素揚げ”等をまたまたの葉に敷いて!

当に“秋”を表現した芸術作品!

なかひがしΔ覆ひがし














<御凌ぎ>!
 

“むかごといくらの飯蒸し”  ※気さくな大将は、ダジャレ好き!


なかひがしなかひがし













<椀物>!


“とち餅とぬめり杉茸の白味噌椀”   ※この漆器にも、物語が!


なかひがしなかひがし













<焼き物>!


“鮭粕漬けの燻製” “稲と落花生の素揚げ” を

             自家製みかんのマーマレードで!      

なかひがし阿覆ひがし













<向付>!


“鯉の平造り” そして、自慢の“竈”で炊いた

“お米の煮えばな”

    ※お米が御飯に変わる瞬間(アルデンテのお米)

韻覆ひがし京都 神蔵













<強肴>!


“天然川鰻(岡山産)と聖護院蕪の餡かけ” 

ココで、御酒の御かわりは、大将の勧められるが侭に。

京都の地酒<神蔵>で!


欧覆ひがし海覆ひがし













<鉢魚>!


肉と魚のどちらかが選べて、僕の方は“肉”を、細君は“魚”で。

肉は“鹿肉の焼き物” 魚の方は“笹鰈の焼き物”だが、

カリカリに焼いた“骨せんべい”まで付いて、御得感アリアリの逸品!

瓦覆ひがし21なかひがし













<止め肴>!


“大原の原木椎茸焼きと畠菜のお浸し”

22なかひがし23なかひがし













<食事>!

“新米御飯とおばんざい”は、“めざし”が付いたシンプルな物。


25なかひがし御飯のおかわりで、先ずは、

“オコゲ”を塩とオイルで頂く。

“卵かけ御飯”は、地鶏卵の卵黄に

アカヤマトリ茸を炒めて濾して

フォアグラ風味に。

そこにルッコラと乾燥醤油を掛けて。




24なかひがし

最後にお茶漬けは、

“シソ”“おろし”“梅”“山葵菜”で

サッパリと。








26なかひがし
<水菓子>!


デザートは、

“大次郎柿”と“ラフランス”で

わざわざ、

チョコレートで作った枝が添えてある。



一つ一つが、丁寧な仕事ぶりで、
も〜どれを取っても

「美味しい〜!」 逸品揃い!


美味しいだけじゃなく、ダジャレ好きな大将の軽妙なトークが、

笑顔をもたらして、カウンター席がまるで、劇場の様な一体感で、

楽しい食事を頂く事が出来た。

もう〜、至福のひとときである。


時計を見ると、既に14時になろうとしている。

ゆっくりと、京都最後の食事を楽しんだ。 そろそろ、お会計を。


またまた、伝票を見てびっくり?  このクォリティーでこの価格? 

コストパフォーマンスの良さも、かなりのお得感を与えてくれる。


京都、No1の意味が分かった!


充分、堪能させて貰った。


ほぼ、予定通りの日程で、秋の京都を、堪能する事が出来た。


余った時間で、お土産の買い出しを、そして、16:55 京都発の

“のぞみ36号”で帰宅の途へ


良く食べ、良く歩いた京都の旅も、これにて!


今回の、京都グルメ旅も、かなりの収穫。

今回の御朱印帳の追加は、五寺社! 

次は、「春の京都」に、訪問してみたいものである。


                                   by K.N





人気ブログランキングへ       ← 美味しい一票を!







B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!



cf_nozaki at 14:00|PermalinkComments(0)おいしいもの 

2017年12月04日

祇園の“バル”と、絶景かな〜!






紅葉の“京都”、食欲の秋!





人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を





リゴレット13


 

























我が家の旅の楽しみは“食にあり”!


      京都、2日目後半。



ランチを済ませ、次の目的地へ、

最寄りのバス停までは、ダラダラ坂を下って、大通りへ。

5番系統のバスに乗って、いざ、“洛東”方面へ!

バスに揺られ、約15分、「南禅寺・永観堂」で下車。

徒歩約10分の距離だが、途中、この辺りの御屋敷街を

ブラブラと探索をしながらの散歩を楽しんだ。

やがて、紅葉の群生と、大きな三門が目に飛び込ん来た。


 洛東 <南禅寺>!!


南禅寺1南禅寺7















以前(三年前)、ココに来た時には、紅葉の散りが進んでいて、

地面の“散り紅葉”ばかり、見ていた様な気がする。

今回は、もう、紅葉真っ最中で、タイミングも良かった。

南禅寺3























門を入ると、もう既に、この景観!

南禅寺4南禅寺5















水路閣周辺も、見頃が続いている。

南禅寺6南禅寺2












門を額縁にして、中庭の景観、

散りも進んだ庭と、残る紅葉とのバランスも絶妙。 

そして、庭から門を見上げると、紅葉とのコントラストが圧巻!

門に登らずとも、当に


「絶景かな、絶景かな〜」!



「あ〜、今年は、当たった。」

例年よりも、遅い見頃で、丁度良いタイミングに来れた。

暫く、境内を散策した後、又、バスで“四条”方面へ戻った。

いよいよ“ディナー”の時間、
二日目のディナーは<祇園>へ!


祇園“花見小路通”を建仁寺方面へ、4本目の小径を

左に入った、路地奥の左手角に、この暖簾!


そして、既に予約を入れておいた、祇園のお店へ。



<リゴレット 


 スモークグリル&バー> 祇園!!



リゴレット1リゴレット2















本格スパニッシュイタリアンのお店。


リゴレット5リゴレット7














先ずは、僕の方が“ジントニック”細君は“モヒート”で乾杯!


リゴレット4リゴレット3

















メニューも豊富で、特に“タパス”は、

<オール300円>と<オール500円>に分けられた

リーズナブルで、選び易いメニューになっている。



リゴレット9リゴレット10







 






サラダは、

“ケールとひよこ豆 リコッタ オレンジシュリビネグレット”

タパスから

“自家製ソーセージ プティファラのグリル”を。


オススメは、“スモークオイスターマリネ”!

       コノ御店自慢の、燻製料理は、絶品。


リゴレット11リゴレット12

 












リゴレット13


更に、タパスからもう一品、

“牛ハラミと

 万願寺唐辛子のプロシェッタ”


を加えて。 




そして〆は、“4種貝のパエージャ”で。


これで、お腹も一杯に。


ココも、どれも美味しく頂けて、大満足!

京都へ来た際には、又、寄りたいお店である。


食事を終えて店を出ると、辺りも、風情のある

夜景の花街に変身。


御酒も入って、心地良く店を後に、本日最後の目的地へ。

今夜も、ライトアップの紅葉を、堪能する予定にしてる。


“祇園”からは徒歩15分程度、

前回の拝観は、昼間の紅葉を楽しんだが、

ライトアップは初めてで、ちょっと楽しみな、この寺院へ。


 
洛東 <高台寺>!!



高台寺1高台寺2















高台寺3高台寺4















高台寺5高台寺6













本堂の座敷から見る中庭は、

今や“プロジェクションマッピング”での演出で、

迫力ある映像が又、趣が有る。


加えて、境内の広い庭を回遊すると、ビューポイントも

数多く、シャッターを切りっぱなしで、いつの間にか

電池も残り僅かに。

高台寺7高台寺8














高台寺9高台寺10













<高台寺>は有名なだけに、観光客も多いが、

この“ライトアップ”は、一見の価値はある。



拝観を終えると、既に、9:00を過ぎていた。

その後、市バスに乗り込み、宿の在る“四条河原”まで。


今日は、良く食べ、良く歩いた!

二日目も、大満足の一日。

本日も、京都の秋を、存分に満喫出来た。


京都二人旅は、
マダマダ続く。

いよいよ明日が最終日!


                                   by K.N





人気ブログランキングへ       ← 美味しい一票を!







B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!



cf_nozaki at 13:00|PermalinkComments(0)おいしいもの 

2017年12月03日

京都で、“イタリアン”ランチ!





紅葉の“京都”、食欲の秋!





人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を



双堂6


 



























   我が家の旅の楽しみは“食にあり”!


          京都、2日目。

2日目の朝は、ホテル近くの、珈琲専門店へ!

ホテルからは、徒歩5分の距離。

京阪三条駅のバスターミナルへ行く途中の道沿い。


小川珈琲1小川珈琲2














小川珈琲5

ココは、本格的に、

バリスタの入れる珈琲が

楽しめる御店。

店内は、落ち着いた雰囲気で、

美味しいモーニングも頂ける。



種類も豊富な中、<ベーコンエッグモーニング>をオーダー!

美味しい“珈琲”と朝食のセットは、京都の朝を、

チョット贅沢な気分にさせてくれた。


小川珈琲4小川珈琲3























朝食を済ませると、バスターミナルまでは、直ぐの距離。

5番系統のバスに乗って、いざ、“洛北”方面へ!

バスに揺られ、約20分、「一乗寺下り松」で下車。

途中、かの有名な、宮本武蔵と吉岡一門の件にも出て来る

下り松を通過。

皆が、<詩仙堂>へと向かう中、我々は、手前で左に折れ、

小径を100m程行く。すると、門が見えて来た。


   洛北 圓光寺!!



圓光寺1圓光寺2













ココは、意外に穴場なお寺。

にも拘わらず、“池泉回遊式庭園”は、「十牛の庭」と呼ばれ、

“洛北”紅葉の名所の一つとして数えられている。

圓光寺7圓光寺8

















内門を入る手前から、もう既に、この景観!

門を額縁に、こんな絵が、見られるのは、秋ならではの特典。


圓光寺9圓光寺6

















拝観は9:00から。 

もう30分程過ぎていたが、未だ人も疎らで、「静かだ〜」。

本堂に入る手前、玄関脇には、竹で出来た<水琴窟>が。

又これが、何とも言えぬ、淡い音色を奏でる。

本堂に上り、書院に座して
「十牛の庭」を眺めると、


圓光寺5



       




















まるでそこは、美術館の“絵画”を見ている様な空間!

縁側や座敷の柱と梁が、丁度、額縁の様になって、

外の風景を、絵の一部として取り込んでいる。

圓光寺4圓光寺3













「あ〜、日本人に生まれて良かった。」

この“侘び寂び”の世界。

“DNA”が興奮を呼び覚ましてくれる。

午前中は、ゆったりと、圓光寺の庭を散策し、

いよいよ“ランチ”の時間!

二日目は、京都らしい庭を眺めながらの“イタリアン”を予約。


双堂1双堂2



















双堂3



ザ・ソウドウ

  東山 京都!!













日本画家 竹内栖鳳が、昭和四年に建てた旧邸宅跡を、

其の侭活かして、“イタリアンレストラン”にリノベーション!

京都らしい、落ち着いた佇まいで、極上のランチを。

双堂10双堂9


















邸内の庭園も其の侭に、直ぐ裏が<八坂の塔>と云う、好立地。

          これぞ“ザ・京都”!


窓際の席で予約を入れておいたが、案内されてビックリ!

3年前と同じ席に通され、思わず、細君と顔を見合わせてしまった。

あの時の思い出も蘇って来て、気分は上々に。


IMG_0461双堂4

















先ずは、昼間から御酒を少々?

最初は、“スパークリングワイン”で乾杯。

ランチも数種類ある中、今回は“シェフコース”をオーダー!

確か、3年前も、同じコースだったかも。

これが、意外に“リーズナブル”なのに、贅沢感を味わえる。

双堂5双堂7


















前菜は、<炙り鰆と辛味大根のクルード>

おかわり自由な“パン”も、焼きたてを提供してくれる。

これを“オリーブ油”で頂くと、又、香りが立って「美味しい」!


双堂8
パスタは、

<オイルサーディンと

  茸のボスカイオーラ>


料理知識の薄い自分では、

中々説明し難いが、

とにかく「美味しい〜」!



メインディッシュは“肉料理”か“魚料理”の2種類から選べて、

それぞれ別メニューで、オーダーする事にした。

双堂11双堂12













細君の方は、

<鹿児島産 鰤と小かぶのグリル

              マントヴァソース>


僕の方は、

<霧島豚とレンズ豆 バルサミコソース>


「あっ!舌噛んだ。」 そんなメニュー!


それぞれに、シェアーして頂いた。


もー、どれを取っても「美味しい〜!」


〆のデザートは、6種類からの選択!

双堂14双堂15















双堂13



<ピーカンナッツのタルト>

    と

<和栗のプリン>

      そして紅茶を。








美味しいだけじゃなく、量的にも、丁度良いボリューム。

付け合せのパンも、一つで十分。

満腹感で、少し寝入ってしまった。


もう〜、至福の一時である。


時計を見ると、既に2時になろうとしている。 2時間?

ゆったりと“ランチ”を頂く、この贅沢に感謝。

御会計をして、又ビックリ!

このクォリティーでこの価格は、安い!

“コストパフォーマンス”の良さは、かなりのお得感を味わえる。


京都、恐るべし!

“美観”と“美食”を、充分、堪能させて貰った。



京都二人旅は、マダマダ続く。


                                   by K.N





人気ブログランキングへ       ← 美味しい一票を!







B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!



cf_nozaki at 13:00|PermalinkComments(0)おいしいもの 

2017年12月01日

そうだ京都、行こう “2017年秋” 





紅葉の“京都”、食欲の秋!





人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!





東寺6 































我が家の旅の目的は“食にあり”!

又々、京都の<グルメ>を、3日間堪能!



昨日までの3日間、定休日と有休を利用して、

恒例、秋の京都旅行へ!


何時もより早目に自宅を出発。

△里召のぞみ2















新横浜7:02分発、のぞみ201号(N700系)

途中、静岡辺りに差しかかると、車窓からの「絶景」!

”抻了























<富士山>


久しぶりに晴れ間での景色を、見る事が出来て、気分上々。

朝食を“新幹線”の中で楽しみながら、約2時間の旅。


京都到着後は、宿泊予定のホテルへ、何時もの

キャリーサービスを利用、其の侭、最初の目的地へ。



今年は、“洛西”<嵐山>!!



午前中は、嵐山周辺での、紅葉狩りを堪能。


ね鮖ネ鮖械















“渡月橋”から見る嵐山は、未だ未だ見頃が続いていた。

今回は、行った事の無い“社寺”をメインに、散策しようとの目標。

「御朱印帳」も既に裏側に突入し“御利益を”求めての旅となりそう。




先ずは、コチラ!

β膤仍1大覚寺2













旧嵯峨御所 大本山
 “大覚寺”!



境内には、大きな池(大沢池)を囲む様に、紅葉が植えられ、

“多宝塔”と“紅葉”のコントラストも、絵になる風景だ。

大覚寺3大覚寺4



















そろそろ散り始めの所もチラホラだが、

園内は、未だ未だ見頃が、続いている。

広大な敷地の中を散策するのに、約1時間以上は要したが、

見所もあって、かなり満足度も高かった!

渡月橋周辺まで戻り、お土産等も見て周ったりしていると、

そろそろ、お昼時!  お楽しみの、「ランチ」タイム!

実は、今回の旅行で唯一、予約を取らなかった食事が、このランチ!

何故か、この嵐山周辺の御店は、この時期、“高級店”を除いて、

一切、予約を受け付けてくれなかった経緯がある。

案の定、食事処は、どこも長蛇の列で、1時間近く待たされそうだ。


仕方なく、京都、最初の食事は、軽めに。


嵐山<さくら餅 稲>!



コチラは、嵯峨豆腐専門店“稲”の姉妹店で、勿論、


嵐山 稲嵐山 稲2














甘味処での食事?ちょっと不思議な感覚。

嵐山 稲3IMG_0731
















それでもこの「湯葉うどん」、意外にもボリューミイで、

小腹の空いた二人には、丁度良い量!

その後、抹茶ソフトも頂いて、満足感UP!

食後の一休みをして、次の目的地へ。


嵐山からは、何時もの“嵐電”での旅。

鎌倉の“江ノ電”とは、姉妹提携しているとの情報!

何処か親しみを感じさせる電車である。


仁和寺1
およそ15分、

途中、乗り換えが有って、

下車したのが、ココ!

「御室仁和寺」駅

駅を下りると、正面には、

この大きな門が、目に飛び込んで来た。



仁和寺2


























世界遺産 洛西 仁和寺!!



仁和寺3仁和寺4













大門を入ると、直ぐ左手には、“本堂”への門。

そして正面には、庭へと続く、中門が建っていた。


仁和寺6

本堂への御参りで講堂内を拝観後、

いよいよ庭園の方へ。

中門を潜って中に入るとこの風景が。

当に京都の風情!

ココも紅葉は、丁度見頃!

境内の中は、意外に静かで、

写真も、人を避けてのショットが、

けっこう、撮る事が出来た。





仁和寺5仁和寺7













時間も、もう午後3時を回った頃で、初日の昼の部は、

そろそろ切り上げる事に。

早目に、ホテルにチェックインして、夜に備える事にした。

今回の御宿は、「河原町三条」!

「四条河原町」にも歩いて直ぐで、利便性は、今までで1番良い。


夕食は、「四条河原町」先斗町よりの、肉料理の御店へ。


荒川1































 肉料理
 荒川!!


実はココ、店内は撮影禁止の“シークレット”な御店!

カウンターに10名程の小さな御店ながら、その美味しさが定評で、

中々、予約が取りずらい。まして、紅葉の時期は尚更。

でも今回は、3か月も前に、偶々この日が空いていて、ようやく

予約に漕ぎ着けた。


基本は“焼き肉店”だが、肉をオーダーすると、新鮮な肉の部位を

その場でさばいて出してくれる。

これが、又、どれを取っても


「美味しい〜!」



とにかく、写真で紹介出来ないのが、残念だが、

荒川2荒川3
















この、御通しの「自家製ローストビーフ」と、

帰りがけに頂ける、御土産の、「自家製 ニンニクチップ」で、

御勘弁を。


美味しいお肉を頂いた後は、本日のメインイベント!

ライトアップの紅葉狩りに出発!

今回は、今年のJR東海のCMでも使われた、このお寺へ



世界遺産 洛南 「東寺」!!


東寺1東寺2














門を入ると直ぐに、この光景が目に飛び込んで来る。

「綺麗〜だ」!


更に中の囲いを抜けて奥に進むと、当に今年のポスターの図!

東寺3東寺4




















“五重の塔”が中池の水面に映る様、“金堂”と“講堂”をバックに、

“紅葉”とのコラボは、当に感動物である!

東寺5東寺7

















今宵は、月も出ていて、“五重の塔”とのコラボも又、圧巻!

いつの間にか時を忘れて、シャッターを切り続けている。

「あっと」言う間に9時半を過ぎ、そろそろ閉館の知らせが。

この後、真っすぐにホテルへ帰り、しばし写真の整理を。


一日目から、ちょっと飛ばし過ぎたか?



京都の紅葉狩りは、マダマダ続く。


                                   by K.N





人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!







B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!



cf_nozaki at 20:00|PermalinkComments(0)おいしいもの 

2017年11月27日

横丁に“名店”在り!





路地裏の“ディープ”な

     居酒屋ランチ!



IMG_0251




























人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!




久しぶりに、“品川”での打合せの後、御昼時とも重なり、

近くでランチを摂る事に。 “品川”での所用は、夏以来だ。


品川駅からは、港南口を出て歩道橋を東方面へ、

階段を下りて、10m程行ったビルの隙間を入って行く。


普段は、先ず、行く事が無いと思われる路地裏の方へ。

そうそう、
本当に“ディープ”な路地を入った、丁度真ん中辺りに

この御店が在る。 
前回も、立ち寄らせて貰った!


IMG_0247
































居酒屋<路地裏>!!





IMG_9156IMG_9154


















再開発された、品川の港南地区で、未だ、昭和の面影を残す、

別世界が残っている!

IMG_9144


その名の通り、路地裏に在る、

居酒屋「路地裏」!!

他にも、美味しそうな居酒屋も

在る中、この御店のランチは、

コスパの良さが評判で、

とにかく美味い!




赤提灯には、“ホッピー”と“牛すじ”の文字が!


IMG_0248
外看板には、ランチメニューをはじめ、

店頭には、べたべたと貼りものが為され、

如何にも感が、哀愁を感じさせる。

昼時は、

11:00〜14:00頃までの営業。

店内に入ると少し薄暗いが、

内装は、カウンターとテーブル席少々の

和風テイスト。


ただ、言葉は、“ハングル”が飛び交い、賑やかな御店だ。

メニューを見る限り、“牛すじ”が自慢の韓国料理店的、居酒屋!

煮込み料理や焼き肉で、一杯、ひっかけるのに、丁度良い飲み屋。


昼間は昼間で一人ランチでも、カウンターで、じっくり

食べる事が出来て、実に良い。

ランチメニューも充実していて、レギュラーメニューの他に

毎日、日替わりのお得ランチや、定食類の多さも嬉しい限り。


そして、定番のトップは、やはり、人気のこのメニュー。


IMG_0250
























<石焼牛すじ丼定食>!!



アツアツの石鍋に、自慢の“牛すじ”をふんだんに乗せ、

さらに“生玉子”で、味を調える、間違いの無い“逸品”!

これをかき混ぜて、石鍋の淵にぐるりと、あてて行く。

もう、この芳ばしい薫りだけで、空腹を刺激して来る。

早速、一口ほうばると、辛めに煮込んだ牛すじが直ぐにほぐれ、

和えた玉子が、その辛さを包み込んで、丁度良い甘辛の味に。


「旨〜い!」



もう、スプーンが止まらなくなる。


程なく完食!



IMG_0252IMG_0249














ランチには、“スープ” “サラダ” “お新香”が付いて、

これで、お値段、750円!


更に、ネットで取り込んだ、クーポンを見せると、



“100円引き”の、650円!!
 


コスパ抜群!!!


  「あ〜、美味しかった!」 


満足・満足!

ココのメニューも“全部”、試してみたい。


店を出ると、もう4〜5人の行列が出来ている。


“品川の隠れ家” 是非一度、御賞味あれ!


                    by K.N




 

人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!






B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!


cf_nozaki at 11:00|PermalinkComments(0)おいしいもの 

2017年11月26日

<ザ、中華街>!




“生誕1万日目”横浜中華街”へ





人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!




先日、長男がわざわざ、有給休暇を取って、久々の帰省。

「何故、このタイミングで?」と尋ねると、

自分が生まれて、丁度“1万日”になるとの事で、

両親に感謝を込めて、御馳走をしたいとの申し出!


「27歳と4か月」 今は、そんな御祝いの仕方も出て来たんだ?

何れにせよ、そんな息子の感謝の気持ちを、素直に喜んで

長男と3人、予約を取って貰った“中華街”へ。


夫婦二人なら、何時もの行きつけで済むのだが、

この日は、御祝いとの事で、チョット贅沢に、久々の老舗へ。


“中華街大通り” 善隣門を入ると、50m程行った左手。

中華街の歴史と共に現存する、老舗中の老舗!

IMG_0209






























“ザ、中華街”



  広東料理

      <萬 珍 楼>!!!


“中華街の2大巨塔”でのディナー!


IMG_0239IMG_0210













流石、このクラスになると、ほぼ予約での来店が多い事もあって、

店外で待たされると云う事はない。

店内に入ると、正面には、春節の雰囲気を醸し出すオブジェ。

左手は待合室になっていて、豪華な調度品が飾られている。


奥が深く、ホテルの宴会場並みの広さのフロアーには、

客席だけでも、100以上は在るテーブル席が広がっている。

今回は、1階のテーブル席でも、1番奥の角の席に通された。

店内は間接照明で、生演奏のピアノの調べが、

高級感のある雰囲気を醸し出している。


一応、“コースメニュー”も何種類か有ったが、

やっぱり中華は、アラカルトで、注文するのが醍醐味。

チョット、御高くはなるが、

太っ腹の息子が、アラカルトを勧めてくれた。

メニューの種類は、とにかく豊富である。

IMG_0211IMG_0212

















IMG_0213IMG_0214


















IMG_0215IMG_0216


















IMG_0217IMG_0218


















IMG_0219IMG_0220

















IMG_0223IMG_0224


















IMG_0225IMG_0226


















勿論、ココに来たからには、「お酒」は、外せない!

最近は、細君も、少しづつ飲める様になって、

親子での祝杯は、又、格別なものである。


IMG_0242IMG_0227

















息子は“青島ビール”、自分は“黒生”

そして細君は“桂花珍陳酒 麗白”

ワインに金木犀を漬込んだお酒らしい。



先ずは、前菜から。


IMG_0229

“四色前菜”は、

“くらげ”“豚の窯焼き”

“鴨の窯焼き”“砂肝のハム”







IMG_0231IMG_0233

















スープは、“干貝柱のとろみスープ”

IMG_0236IMG_0243














IMG_0232

海鮮料理からは、

“ホタテのマヨネーズからめ”

そして、“大海老のチリソース”








IMG_0235

そろそろ御酒のおかわりを!

“萬珍楼オリジナル紹興酒”

徳利は“景徳鎮”!

持ち帰って

一輪挿しにも出来るとの事。




IMG_0234

肉料理からは、

“和牛モモ肉と舞茸の香り炒め”

をチョイス!







もう一つ肉料理の中から“窯焼き北京ダックをオーダー!


IMG_0237IMG_0245















どれも 「美味し〜い」!!


流石、”萬珍楼”、ザ、中華街!!


どれも、シンプルな味付けで、素材の味を最大限に引き出している。

中華料理の価格の違いは、素材の違いが大きく、

ココで使っている、食材は、間違いなく一級品!

やっぱり、「美味しい」料理の原点は食材!

IMG_0241IMG_0240













デザートは、

“チャイニーズ・スイーツトリオ”と

“マンゴープディング ココナッツソース”!


「旨〜い」!


        そして、優しい味。



どれも、美味しくいただけた!


更に、量的にも、満腹感を感じられて大満足。

食も進み、これも程なく、完食。



素晴らしい“ディナータイム”を過ごす事が出来た。


中華街の老舗の味、是非一度、御賞味あれ!



                         by K.N






人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!




B級グルメの御店情報はこちら ↓



B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!



cf_nozaki at 07:00|PermalinkComments(0)おいしいもの 

2017年11月20日

江戸っ子の気分!




新橋サラリーマンの味方!


     美味しい“蕎麦屋”さん!


まいたけ天玉そば2




























人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!





先日は、お客様との待ち合わせの為、“新橋駅”で下車。


待ち合せは14時からだが、少し余裕を持つ意味で、

昼食を、「新橋」駅周辺で、摂る事に。


とは言っても、既に1時過ぎ。


「新橋」で、一度行って見たかった、“立ち食い蕎麦屋”さんに

目星を付けて、駅前を探索、お目当ての御店へ!


都営浅草線「新橋」駅を出て、地下通路を烏森口方面へ。


新橋駅前ビル新橋駅前ビル2













JR線との連絡地下通路から、新橋駅前ビル1号館に入り、

真っすぐ行くと、奥手前右側に、この御店の入り口があった。


おくとね























この時間帯でも、未だお客様が入っている。

流石!サラリーマンの聖地、“新橋”界隈の人気店は、

やっぱり、凄い!



そば うどん


  “おくとね”!!



昼時は、長蛇の列で、何時も諦めていたが、

この日は、スムーズに入れて、ようやく念願が叶った!


初めての往訪!



店内は意外に狭く、両脇と真ん中のカウンターのみ!

殆どが、近隣のビルで働く、“リーマン”らしく、スーツ姿の

男子ばかりで、店内には、色気がない。

立ち食いでも、カウンターが一杯になると、、通路が殆ど無くなる。


券売機まいたけ天玉そば

















メニューを見ると、驚く程の、コストパフォーマンス!

やっぱりココは、御店の一押しメニューで、


“舞茸天玉そば” を券売機で、ポチッと!


出て来た食券を、一番奥の厨房カウンターに置く。

2分と経たずに、蕎麦が上がって来た。

早速、真ん中のカウンターで、“蕎麦”を啜る。

狭い中、立ったままでの食事は、ちょっと肩が凝りそう。

食べてる後ろを、お客が、身体をこすりながら、すり抜けて行く。

ちょっと「江戸っ子」になった気分かな。

昔は、皆、こんな「袖すりあう縁」が多かったのかも知れない。 

そんな状況の中!


「うっ、旨〜い。」!



蕎麦の出汁は、ちょっと濃い目だが、玉子を溶いての合せ味は、

まろ味が出て、丁度良い“旨み”に、なって来る。

“舞茸”の天ぷらは、未だサクサクの部分を合わせて食すと、

良いアクセントとなって、蕎麦の味を引き立てる。


これは、箸が止まらない。

このクォリティで、この安さ、間違いなく、“リーマン”達の救世主!

今回のランチも、美味しくいただく事が出来た。

次回は、“ちくわ天”か“コロッケ”にも挑戦してみるかな。


程なく、御店を出ると、もう2時近く!

又、頻繁に通いたいたくなる御店が増えた。

次の機会は、何時になるか?


新橋へお出かけの際は、“お勧め”の逸店です。

           是非一度、立ち寄ってみては如何か。


                         
                                                            by K.N





人気ブログランキングへ   ← 美味しい一票を!








B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!


cf_nozaki at 19:00|PermalinkComments(0)おいしいもの