2017年12月03日

京都で、“イタリアン”ランチ!





紅葉の“京都”、食欲の秋!





人気ブログランキングへ     ← 美味しい一票を



双堂6


 



























   我が家の旅の楽しみは“食にあり”!


          京都、2日目。

2日目の朝は、ホテル近くの、珈琲専門店へ!

ホテルからは、徒歩5分の距離。

京阪三条駅のバスターミナルへ行く途中の道沿い。


小川珈琲1小川珈琲2














小川珈琲5

ココは、本格的に、

バリスタの入れる珈琲が

楽しめる御店。

店内は、落ち着いた雰囲気で、

美味しいモーニングも頂ける。



種類も豊富な中、<ベーコンエッグモーニング>をオーダー!

美味しい“珈琲”と朝食のセットは、京都の朝を、

チョット贅沢な気分にさせてくれた。


小川珈琲4小川珈琲3























朝食を済ませると、バスターミナルまでは、直ぐの距離。

5番系統のバスに乗って、いざ、“洛北”方面へ!

バスに揺られ、約20分、「一乗寺下り松」で下車。

途中、かの有名な、宮本武蔵と吉岡一門の件にも出て来る

下り松を通過。

皆が、<詩仙堂>へと向かう中、我々は、手前で左に折れ、

小径を100m程行く。すると、門が見えて来た。


   洛北 圓光寺!!



圓光寺1圓光寺2













ココは、意外に穴場なお寺。

にも拘わらず、“池泉回遊式庭園”は、「十牛の庭」と呼ばれ、

“洛北”紅葉の名所の一つとして数えられている。

圓光寺7圓光寺8

















内門を入る手前から、もう既に、この景観!

門を額縁に、こんな絵が、見られるのは、秋ならではの特典。


圓光寺9圓光寺6

















拝観は9:00から。 

もう30分程過ぎていたが、未だ人も疎らで、「静かだ〜」。

本堂に入る手前、玄関脇には、竹で出来た<水琴窟>が。

又これが、何とも言えぬ、淡い音色を奏でる。

本堂に上り、書院に座して
「十牛の庭」を眺めると、


圓光寺5



       




















まるでそこは、美術館の“絵画”を見ている様な空間!

縁側や座敷の柱と梁が、丁度、額縁の様になって、

外の風景を、絵の一部として取り込んでいる。

圓光寺4圓光寺3













「あ〜、日本人に生まれて良かった。」

この“侘び寂び”の世界。

“DNA”が興奮を呼び覚ましてくれる。

午前中は、ゆったりと、圓光寺の庭を散策し、

いよいよ“ランチ”の時間!

二日目は、京都らしい庭を眺めながらの“イタリアン”を予約。


双堂1双堂2



















双堂3



ザ・ソウドウ

  東山 京都!!













日本画家 竹内栖鳳が、昭和四年に建てた旧邸宅跡を、

其の侭活かして、“イタリアンレストラン”にリノベーション!

京都らしい、落ち着いた佇まいで、極上のランチを。

双堂10双堂9


















邸内の庭園も其の侭に、直ぐ裏が<八坂の塔>と云う、好立地。

          これぞ“ザ・京都”!


窓際の席で予約を入れておいたが、案内されてビックリ!

3年前と同じ席に通され、思わず、細君と顔を見合わせてしまった。

あの時の思い出も蘇って来て、気分は上々に。


IMG_0461双堂4

















先ずは、昼間から御酒を少々?

最初は、“スパークリングワイン”で乾杯。

ランチも数種類ある中、今回は“シェフコース”をオーダー!

確か、3年前も、同じコースだったかも。

これが、意外に“リーズナブル”なのに、贅沢感を味わえる。

双堂5双堂7


















前菜は、<炙り鰆と辛味大根のクルード>

おかわり自由な“パン”も、焼きたてを提供してくれる。

これを“オリーブ油”で頂くと、又、香りが立って「美味しい」!


双堂8
パスタは、

<オイルサーディンと

  茸のボスカイオーラ>


料理知識の薄い自分では、

中々説明し難いが、

とにかく「美味しい〜」!



メインディッシュは“肉料理”か“魚料理”の2種類から選べて、

それぞれ別メニューで、オーダーする事にした。

双堂11双堂12













細君の方は、

<鹿児島産 鰤と小かぶのグリル

              マントヴァソース>


僕の方は、

<霧島豚とレンズ豆 バルサミコソース>


「あっ!舌噛んだ。」 そんなメニュー!


それぞれに、シェアーして頂いた。


もー、どれを取っても「美味しい〜!」


〆のデザートは、6種類からの選択!

双堂14双堂15















双堂13



<ピーカンナッツのタルト>

    と

<和栗のプリン>

      そして紅茶を。








美味しいだけじゃなく、量的にも、丁度良いボリューム。

付け合せのパンも、一つで十分。

満腹感で、少し寝入ってしまった。


もう〜、至福の一時である。


時計を見ると、既に2時になろうとしている。 2時間?

ゆったりと“ランチ”を頂く、この贅沢に感謝。

御会計をして、又ビックリ!

このクォリティーでこの価格は、安い!

“コストパフォーマンス”の良さは、かなりのお得感を味わえる。


京都、恐るべし!

“美観”と“美食”を、充分、堪能させて貰った。



京都二人旅は、マダマダ続く。


                                   by K.N





人気ブログランキングへ       ← 美味しい一票を!







B級グルメツアー<おいしいもの>特集のブログは、

こちらから  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/cf_nozaki/archives/cat_42758.html


お役に立てれば幸いです!



cf_nozaki at 13:00│Comments(0)おいしいもの 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔