2019年10月31日

裁判所に来ています。その5!





横浜地裁3


















<境界確定訴訟>


横浜地方裁判所への申立て!





人気ブログランキングへ ← 美味しい一票を



昨日、第3回の公判が行われた。

今回も、被告人欠席の侭で、

前回と同じ様に
く第5民事部の書記官室>に

出廷する事となっていた。


午前11時に8階の書記官室に行き、

先ずは、用意された出席簿の自分の名前を〇で囲む様、

指示され、前回と同じ号室の、個室の方に通された。


電話会議機器

5分程で、裁判官一人だけが部屋に

入って来た。

今回も、部屋の隅に在った電話機

をテーブルの中心にセットする。

もう2回目となると、手慣れた物で

早速、裁判官が、

被告へ電話を掛ける。


今回は1回のコールの後、被告が電話に出た。

裁判官は、先ず、被告本人の確認と、前回からの、

本件にたいする、被告の行動について質問。

何か、事実を覆す様な物が有ったかどうかを尋ねた。


そして被告側の回答は?   

この一月の間に、市の道路局の方に出向き、現在の

道路査定図に対し、敷地と道路との境界は、間違っていないか

どうかの確認を求めたらしい。

それに対し、市の方からは、一応の確認はするが

相当の時間が掛かる旨の回答が有ったとの事。

その辺りを、もし争うのであれば、それなりの費用と

時間は掛かるとの見解。

コチラとしては、被告の方で動くのは、勝手で、

原告としては、現に今在る、ポイントの確認を求めるのみとの、

意向を主張した。



結局裁判官も、では、特に他の根拠が無ければ、

次回に最終の口頭尋問を行い、それを踏まえての判決に

進めるとの意向を、双方に伝えた。


次回は、被告も出席する様、促し、来月(11月)末日

を第4回目の公判日とし、電話を切った。


法廷


次回公判は、

いよいよ、
法廷での尋問となる予定。

6階に在るく6〇〇号法廷>に

出廷する様にとの事。





この口頭尋問によって、この
裁判は、決する予定。

結果は、又後日に報告させて頂きます。


                    by K.N







人気ブログランキングへ ← 美味しい一票を



cf_nozaki at 13:00│Comments(0) 不動産投資 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔