兵庫、三重で活動するCF Academyのサッカーフットサルニュース

CF Academyは、『世界で活躍できる選手を育成する』をコンセプトに兵庫、三重で活動するサッカーフットサルスクールです。 http://www.cf-football-academy.com

2017年05月

イタリアチャレンジ in 三重

CF Academy三重校責任者の清水です。



今回はカルチョファンタスティコが5年前から兵庫県で取り組んでいて


三重県では初となる!




『イタリアチャレンジ in 三重』のお手伝いをさせて頂きました。

サッカーやフットサル留学・海外セレクションならカルチョファンタスティコ




その様子をお伝えします。




まず、兵庫でのイベントを終え満を持して(疲労困憊?)三重に到着する皆様をお出迎え🚘

東名阪集中工事の初日であった為、凄く心配でした💦
 

IMG_3178

四日市市内の小学校へ🏫

5限目の授業にお邪魔しました⚽️

柔軟に御対応頂いた先生方に多くの事を学ぶことが出来ました。

子供たちから笑顔をもらい

先生たちから学びを
 

IMG_3282

セリエAの選手たちに是非、日本を感じて欲しい🇯🇵
予定を変更し、湯の山温泉♨️寿亭へここでも急な変更にも関わらず御対応頂き😭
寿亭の皆様、ありがとうございます。

IMG_3473
 

そして、アカデミーのトレーニング⚽️

ピッチの上で、彼らには大人気ないという言葉は存在しません!



海外から学ぶことは多い!


 

しかし、全て海外が良い訳ではありません。

日本人の良さも感じる事が出来ました。




重要なのは




『世界から学び日本人の良さを活かす』




日本人は異文化から真摯に学び融合させ、
独自に新しいモノを創り世界のトップに立てる!どんな分野でも!
 

IMG_3492

最後に、大人向けのクリニック開催!

女性陣のパワーに圧倒されました。

楽しさの中に真剣さ!

真剣の中に楽しさ!
 

IMG_3423

このハードスケジュールの中、常に楽しみ😁
嫌な顔、シンドイ表情を一切見せない選手たち。




これぞプロフェッショナル‼️




その後、日付が変わる頃に再び寿亭へ
 

IMG_3453

早朝に関空へ向かい(道中爆睡)🚍



ヨーロッパへ帰っていきました✈️

IMG_3486
 

昨日のトレーニングで息子達(アカデミー生)に約束をしました




『来年も来て貰えるようにやり切る‼️




次回の水曜日は、世界へ挑戦する小学生‼️に戻ります。




お読み頂きありがとうございました。




【オフィシャルサイト】

http://www.cf-football-academy.com



CF International Academy

兵庫校 練習場所:尼崎スポーツの森フットサルパーク

      問い合わせ:090-5053-8468

                メール:hg@cf-football-academy.com


三重校   練習場所:霞ヶ浦サッカー場

                問い合わせ:059-324-2760

      メール:mie@cf-football-academy.com


随時入校者募集中‼️

兵庫校第3回体験会

CF Academy総責任者の山岡です。



本日は兵庫校の体験会を開催しました。



小、中学生合わせて17名の選手にご参加いただきました。




ありがとうございます。




CF Academyでは、ドリブルやパスなどの「手段」の部分に特化するのではなく、



シュチュエーションに応じて、手段の何を選択するのかの「判断力」を鍛えます。




結果に繋がる「判断」ができるように!















是非一度江藤コーチの指導を受けにきませんか?




JARTAトレーナーによるトレーニングも間に入れているので、身体づくりについても体験しに来てください!




頭と身体に新しい刺激を。




体験は随時募集していますので、お気軽にお問い合わせください。



◾︎体験日
U12: 6月6日、20日(火)18:00〜19:30
U15: 6月7日、21日(水)19:30〜21:00

会場:尼崎スポーツの森フットサルパーク 

申し込みはこちらから→http://www.cf-football-academy.com/contact.html 

『ご質問など』の項目に参加日程をご記載ください。 


◾︎オフィシャルサイト

http://www.cf-football-academy.com


◾︎CF International Academy

  兵庫校 tel 090-5053-8468


  三重校 tel 059-324-2760





日本人向けトレーニングと欧米式トレーニングのどちらを選ぶ?

CF Academyムーブメントスーパーバイザーの中野崇です。



最近、よく日本人には日本人に適したトレーニングがある、という声を聞くようになりました。




欧米人とはフィジカルが違うのだから、武道や東洋的な発想を用いて、日本人向きのトレーニングをすべきではないか、という考え方です。



一方で、ヨーロッパなどサッカーの本場で行われているトレーニングが最もサッカーのトレーニングとしては適している、という考え方もあります。



現状としてはこちらが主流だと思います。



あなたはどう思いますか?



日本流のトレーニング。
欧米流のトレーニング。



どちらを選びますか?



結論から言うと、僕は少なくとも二つの前提条件を見極める必要があると考えています。



【その1|誰が作ったのか】
前提条件の1つ目です。
その競技を誰が作ったのか、です。



もっと言うと、どういう特性を持った民族が作ったのか。
サッカーだとイングランドが発祥とされています。
だからこの場合はイギリス人。



作ったのがイギリス人ってわかったからって何なの? という声が聞こえてきそうですね。



でもトレーニングを考えていく上で本当に重要なポイントが隠されています。



紐解いていくには、上記のように、イギリス人の特性を考える必要があります。
運動学的に最も大きな特徴は、「高重心」。
イギリス人を含む欧米人は、基本的には高重心です。



このような特徴を持つ民族のことを僕は「高重心系」と呼んでいます。



例えとして分かりやすいのが狩猟民族、という表現でしょうか。
非常にざっくり説明すると、狩猟民族は高速で逃げる獲物を追いかけたりする必要があり、捕まえられなければ飢えてしまいます。




物理学的に移動しやすいのは高重心なので、彼らにはそのスタイルが生活・文化レベルから定着しています。
高重心は、高速移動や方向転換に適しています。




サッカーはこのような高重心系の人々が作った競技です。



スポーツは元来、娯楽であり、娯楽から競技として発展した歴史があります。
娯楽だから、楽しくて、気持ちよくできる必要があります。
そうでなければ誰もやりません、つまり拡散・発展しないのです。



つまりサッカーは、高重心系の人々が、気持ちよく楽しくできるようになっているのです。



【その2|誰がやるのか】
対して日本人は低重心系と言えます。
*日本人が農耕民族、欧米人が狩猟民族、という表現には諸説ありますので、その表現は使用せず、高重心系・低重心系と呼んでいます。



何事もまず腰を据えてどっしりして実行する文化です。



だから、丁寧にやろうとした時や失敗できない時、重心を落とそうとする傾向が非常に強く見られます。



また、「腰を落とす」という指導表現がスポーツの随所に使われることからも明らかです。



37




低重心は、物理学的にみて安定には有効ですが、高速移動や方向転換には不向きな状態です。



武道で間合いを詰める程度の高速移動には問題ありませんが、サッカーはもっと長い距離を高速移動し、そのまま方向転換が必要ですので、やはり低重心ではその質は著しく低下します。




以上のことをまとめると、 高重心系の人たちが作った高重心系スポーツであるサッカーを、低重心系である日本人がやろうとしていると言えます。



そういう視点で考えると、冒頭で挙げた二つのトレーニングはどちらも問題を内包しています。



日本流。
武道・東洋的な視点(=低重心系)をサッカーに活かす。
これは無理があります。
全てが無理、という意味ではなく、そのままでは使えないということです。



このことはラグビーの日本代表が古武術のエキスパートを臨時コーチに招いてうまくいかなかったエピソードにも同じ理由が当てはまります。
記事はコチラ。 (古武術がラグビーにフィットしない理由)



欧米流。
こちらも高重心系の人々が考案したトレーニングですので、効果を最大化するには高重心で実施するという前提条件が必要になります。
低重心系の人々が効果を出せるようには作られていないということです。




ではどうすればいいのか。



まず基本スタイルとして高重心を獲得するのが第一歩です。
(ただし非常に難しいです)



日本のサッカーの試合とヨーロッパの試合を見比べた時、なんとも言えないもっちゃり感を感じたことがありませんか?



僕はあの感覚の正体は低重心のままサッカーをやってしまっていることだと考えています。



フットサルも含めてサッカーの構造を徹底的に分析し、それをトレーニングに活かす視点が必要です。



CFアカデミーでは、そんな視点も持ちながらトレーニングを構築しております。





お読みいただきありがとうございました。





追伸
僕がA.L.E.14というスポーツプレゼンイベントで話した時の動画を添付しておきます。
今回のお話を動画でご覧頂けます。








CF Academyムーブメントスーパーバイザー
中野 崇




【オフィシャルサイト】 http://www.cf-football-academy.com

【CF International Academy】
随時入校者募集中

■兵庫校 
練習場所:尼崎スポーツの森フットサルパーク       
問い合わせ:090-5053-8468                  
メール:hg@cf-football-academy.com



■三重校  
練習場所:霞ヶ浦サッカー場      
問い合わせ:059-324-2760         
メール:mie@cf-football-academy.com



ユベントス2冠達成!

CF Academy テクニカルスーパーバイザーの吉田です。






ユベントスが『コパイタリア優勝』しました!


そして、昨日『セリエA優勝』を果たしました!





残るはチャンピオンズリーグだけ!!




DSC_0689




イタリアのチームがゆっくりを時間を掛けて、また力をつけているのが目に見てわかる。


自分がイタリアで仕事をしているから言いたいだけではなくて、イタリアの市場にINとOUTどちらを見ても、選手の移籍に動くお金が他国より大幅に増加しているということ。






市場でいい動きがイタリアのどこのチームもできているということ。


『無駄なお金を使わない』


『選手に価値をつけるのがうまい』



10715842_711318865589410_530036051_n



これからのイタリアサッカーに注目です!



【体験会 日程】 
5月23日(火)、30日(火) 

U12 | 16:30〜18:00まで  
U15 | 19:30〜21:00まで  

※U15については以前のご案内から時間変更しておりますのでご注意ください。
会場:尼崎スポーツの森フットサルパーク 

申し込みはこちらから→http://www.cf-football-academy.com/contact.html 

※『ご質問など』の項目に参加日程をご記載ください。 
 

【オフィシャルサイト】 
http://www.cf-football-academy.com
 

【CF International Academy】 

■兵庫校 tel 090-5053-8468

■三重校 tel 059-324-2760



Akira Yoshida



 

一流の選手

CF アカデミーテクニカルディレクターの江藤です。


世界のトップで活躍し、

国を代表する選手と一緒にいると気付くことがある。


まず、


人間性がもの凄く素晴らしい。


誰に対しても親切に丁寧である対応、


それに、


その場の空気を乱さない。



そしてもう1つは、


自分にストイックである。


食べ物、飲み物に気を使い、


体調にも気をつける。


プロなら当たり前の事だが、


それが当たり前に出来る。



1日一緒に居ただけで、


それがすぐわかる。



そんな国を代表する選手達と触れ合い、ボールが一緒に蹴れる機会があるのも、


このアカデミーの特徴だ。



多くの子供達にホンモノに触れて欲しい。


そこで何かを感じて欲しい。


こういう環境を沢山作っていきたいと思う。





【オフィシャルサイト】 

http://www.cf-football-academy.com

 

【CF International Academy】 

■兵庫校 tel 090-5053-8468

■三重校 tel 059-324-2760


ギャラリー
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!