兵庫、三重で活動するCF Academyのサッカーフットサルニュース

CF Academyは、『世界で活躍できる選手を育成する』をコンセプトに兵庫、三重で活動するサッカーフットサルスクールです。 http://www.cf-football-academy.com

2017年07月

プロの基準を得るためのスプリットストレッチ

CF Academyムーブメントスーパーバイザーの中野崇です。




2週間ほど間が空いてしまいました。。

この間、、






フィジカルコーチを担っているブラインドサッカー日本代表の強化合宿、

20158583_1374204522634171_433504897_n





石垣島でなでしこ熊谷紗希選手らのトレーニング指導やJ1選手のトレーニング指導

20217395_1378897378831552_1634207410_n





甲府市で空手道場でのトレーニング指導

20527264_1387764814611475_260135118_n



などなど、ちょっといろんなところをウロウロしていました。





そんな中で改めて感じていたのは、やはり柔軟性は全ての土台として必須ということ。




土台というのは、ケガを防ぐこと・身体を思い通り操作すること・大きな力を出すことなど、あらゆることです。

どんな時代でも、どんな競技でも、どんなレベルでも、常に柔軟性の重要性は語られます。 





実際の競技のときには、身体を締めて使う・抜いて使うなど場面によって色々ですが、どれもが柔軟性の土台があってこそ上手くいきます。

柔軟性のない身体はうまく締めれませんし、柔軟性のない身体はうまく抜けません。




というわけで、今回は僕がどんな競技の選手にも基本的に教えているストレッチをご紹介します。




その名はスプリットストレッチ




横文字にしてますが、いわゆる開脚です。




もちろんただのよくある開脚ではなく、サッカー用の方法で、トレーニング効果も得られるレベルのストレッチです。






ステップ1

両脚を8割ぐらい広げて、両手を床につく。

つま先ではなく、くるぶしあたりに体重がかかるようにする。


この状態から両くるぶしを結んだラインを超えるように手を後ろに移動させていく。3往復繰り返す

このとき、「お尻の穴」を上に上げるようにしながら身体を前に倒していくのがコツ。
→ここめちゃ重要です。 

28





ステップ2

手を横に移動させて、足の甲にタッチする。

左右交互にタッチするが、このときに鼠径部から折れ曲がってへそごと足に向けるようにする。3往復繰り返す

59

46





ステップ3

今度は手を使って上半身をポンと持ち上げ、胸の前で手を叩く。

叩いたらまた手を床に戻す。10回繰り返す

このとき、なるべく上半身が真っすぐに起き上がるぐらいまで持ち上げる。
10




ステップアップ>

ステップの発展バージョン。
あくまでステップ3までしっかり落とし込んでから。
上半身を垂直にキープしながら、腕を左右に振って上半身を左右に捻る動きを入れる。
下半身のストレッチをしているとき、上半身が緊張して固まってしまうことはプロ選手でもよくあること。

28





全てのステップを通じて、体重をかけるポイントはくるぶしラインをキープを。
お尻を下に向けると十分な効果が得られないため、全ステップでお尻を上に向けるように意識するのがポイントです。





見た目以上にきついので、初めは無理せず、1ヶ月ぐらいかけるつもりで自分の身体と向き合ってください。 




このストレッチと合わせて行うと効果的です。
コチラ。




来週からは日本よりはちょっとだけ涼しいイングランドに行きます。
また様子はシェアしたいと思います。





中野 崇





追伸

プロ選手は、これを含む必須ストレッチを1日に合計12回やります。
1回に使う時間は1分〜3分です。
12分を1回やるよりは、1分を12回やったほうが明らかに成果が早いです。
 

やるかやらないかは、どのレベルを目指しているかによりますが、、。

*身体が硬いうちは、決して無理をせず、痛みや違和感を感じたら中止してください。自己責任で実施していただきますよう、お願い致します。



【オフィシャルサイト】

http://www.cf-football-academy.com



CF International Academy

兵庫校 練習場所:尼崎スポーツの森フットサルパーク

       問い合わせ:090-5053-8468

                 メール:hg@cf-football-academy.com

三重校  練習場所:霞ヶ浦サッカー場

     問い合わせ:059-324-2760

        メール:mie@cf-football-academy.com





随時入校者募集中!!

サイズの小さな選手が目指すべき身体の使い方はこれだ!!

CFアカデミー総責任者の山岡です。




皆さま、先日行われたJリーグ・ワールドチャレンジにて浦和と対戦したドルトムントの試合を見られましたでしょうか??



モル選手がドリブルから決めたドルトムント1点目のシーン。




とにかくすごかったですよね!




アカデミーの選手に聞いても口を揃えて凄かったと話してくれます!




何が凄かったんでしょうか?




16963㎏と小柄なモル選手に対して

18277㎏の槙野選手。




今回注目したのは、背骨・胸周りの動きです。

ここがとにかく凄かったです!




サイズは逆転していますが、平均的にサイズの小さな日本人が真似したい動きがここにありました!




画像で見てみましょう!







槙野選手が手でブロックしにアプローチにいっているのですが、

それに対してモル選手は胸の辺りだけ右へ捻って槙野選手の手をかわしているのがわかります。顔は進行方向を向いています。

続いて胸の辺りを捻った力を利用して相手の前へ。

自分の身体の特性を知り尽くしたボールの置く位置と身体使いで相手を置き去りに。




動画はこちらから。

https://m.youtube.com/watch?v=u_5Fb83dT2s




このようにサイズの小さな選手でも、サイズの大きな選手にブロックされずにゴールに向かう方法があります。




CFアカデミーにトレーニングを提供するJARTA ではこういった身体の使い方を、「いなし INASHI」と呼んでいます。




日本の武道などでは昔から使っている言葉ですが、西欧スポーツにおいても使える身体の使い方です。




サイズの小さな日本人だからこそ習得したい動きですね!




CFアカデミーでは、「イナシ」の動きにつながるトレーニングをスキルトレーニングの合間に導入しています!










体験は随時募集しています!!





【オフィシャルサイト】 

http://www.cf-football-academy.com



CF International Academy 

兵庫校 tel 090-5053-8468


三重校 tel 059-324-2760

12 世界へ挑戦する小学生!

CF Academy三重校責任者の清水です。




日常と異なる環境、現地の雰囲気によって大切な事を見失っています




前日にローマへ到着。体調崩し、すぐに眠りについた少年でしたが、目覚めてからも調子は戻りません。




IMG_0501(1)




トレーニング開始は夕方からなので、父親は、何とか回復するように、気分転換出来るようと散歩がてらにスーパーへ連れ出しスポーツ飲料確保。




IMG_0514

(手に痺れか、違和感があったかと思われるがその時は気付いていません。泣。)




『大丈夫、大丈夫大丈夫


『夕方には元気になるよ』




父親はそんな発言を繰り返し

10歳の少年も目の前にいる唯一の大人を信じるしかなかった




IMG_0519




昼食に濃厚カルボナーラ。食べれるわけがありません。




IMG_0518




それから、睡眠などゆっくりと過ごし夕方。

朝に比べると、体調も良くなっており、少年から




『もう大丈夫‼️


『サッカーやりたいから連れてって‼️




トレーニング場へ向かう事にしました。




IMG_0505




次回ブログ記事は、Vigor Sporting Centerにてアピール!




お読み頂き、ありがとうございました。




随時体験者募集中‼️


【オフィシャルサイト】

http://www.cf-football-academy.com



CF International Academy

兵庫校 練習場所:尼崎スポーツの森フットサルパーク

      問い合わせ:090-5053-8468

                メール:hg@cf-football-academy.com


三重校   練習場所:霞ヶ浦サッカー場

                問い合わせ:059-324-2760

      メール:mie@cf-football-academy.com

11 世界へ挑戦する小学生!

CF Academy三重校責任者の清水です。




梅雨明けしたとみられる




ということで!?今回から世界へ挑戦する小学生!第2章を書かさせて頂きます。




ミラノへの挑戦を経て、2年の月日が流れる中、少年はイタリアでサッカーをする自身をイメージしながら




『潜在意識に勘違いをさせる!』




クラブチームでの練習、学校での勉強(学校での集中は、かなり重要)に励んでいました。




そして、カルチョファンタスティコ、吉田輝代表と出会い🇮🇹




2週間(828日~9月中旬)ローマへ挑戦します。イタリアでは8月中旬頃までシーズンオフ!それは大人だけでは無く、小学生年代も同様。




夏休みの宿題

9月授業予定分の各教科ドリル、大量のプリント

ご用意頂いた先生に心より感謝です。




出発前に終わらせて📚ローマへ向かいます。




IMG_0472




日頃から学校での授業を集中して取り組む事は、




かなり重要‼️




飛行機内では前回同様に『耳が痛い泣。』

4 世界へ挑戦する小学生! : 兵庫、三重で活動するCF Academyのサッカーフットサルニュース




IMG_0486




到着直後ミーティングポイントから、ずっと気持ちが悪いと😨




IMG_0490




フィウミチーノカルチョの施設を見学させてもらいましたが、相当我慢していたようです。




IMG_0493




何も食べる事も出来ず、笑顔も一切出ず。

ホテルで寝ることに




次の日は、早速トレーニング参加です⚽️




お読み頂き、ありがとうございました。




随時体験者募集中‼️


【オフィシャルサイト】

http://www.cf-football-academy.com



CF International Academy

兵庫校 練習場所:尼崎スポーツの森フットサルパーク

      問い合わせ:090-5053-8468

                メール:hg@cf-football-academy.com


三重校   練習場所:霞ヶ浦サッカー場

                問い合わせ:059-324-2760

      メール:mie@cf-football-academy.com

CFアカデミー兵庫校

CF Academyテクニカルディレクターの江藤です。


兵庫校では現在、
1対1の基本を集中してトレーニングしています。


ボールを奪われない為の相手との駆け引き、

ボールの貰う位置、

相手との間合い、

技術、

判断、

体の使い方など。

自分が世界で必要だと感じた技術を身につけて貰いたい。


開校してまだ間もないですが、


どのトレーニングにおいても、


生徒達のレベルが上がっているのがよくわかります。


JARTAメソッドを利用し、身体を意識してのトレーニング。


それから技術面のアドバイスとボールを使ったトレーニング。


合間でまたJARTAメソッドと、


常に身体と頭の技術トレーニングです。



1時間半のトレーニング中に、ただ休憩するだけの時間はありません。



水分を取りながらストレッチや身体のケア方法を教え、
身体を休ませながらも常に学ぶ事をしています。


少しハードかもしれませんが、
たくさんの事を吸収出来る年代。


それぞれの個性は伸ばしつつ、
必要な技術がしっかり身につくまでトレーニング。


アカデミー生達はとても充実した表情をしています。


是非一度、体験会にお越し下さい!!


お待ちしております!




【練習曜日時間】
U12:日程調整中
U15:水曜日19:30〜21:00

会場:尼崎スポーツの森フットサルパーク 
その他、兵庫県施設にて調整中

体験会申し込みはこちらから→http://www.cf-football-academy.com/contact.html 

【オフィシャルサイト】 
http://www.cf-football-academy.com


【CF International Academy】 
■兵庫校 tel 090-5053-8468

■三重校 tel 059-324-2760
ギャラリー
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 25 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!
  • 24 世界へ挑戦する小学生!