2004年12月02日

歴史

最近、山崎豊子作の「大地の子」を読んでいます。以前、夏休みに帰省した時に上川隆也主演のドラマ版を少し見たことがあるので本を読みながら頭の中ではあの陸一心が動いています。
私は上海に興味を持ち4年も住んでいますが、あまり歴史について知識がありません。読みながら、日本侵略軍、国民党、共産党、紅衛兵などの力の移り変わりなど歴史的背景に対してあまりにも無知なので頭が混乱してしまいます。以前ユン・チアン作の「ワイルド・スワン」を読んだ時もそうでした。本を読んでも頭が整理されないのですから、当時の人民が翻弄されたのも当たり前です。
両作品とも深く考えさせられる本です。日本人として、現代に生きられるという事に対して、そして今中国で生活しているという事に対してなど。うまく言葉にはできませんし、できても、私の考えている事、内容は浅いものだと思います。
もっとしっかり勉強しないといけませんね。





cfashion at 18:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔