2004年11月23日

カッピング療法

最近肩こりがひどく、按摩マッサージにかなりの頻度(以前に比べ)で行っています。私の家の近くに(とはいっても徒歩で30分くらい)観光客、駐在員目当てではない普通のローカル按摩マッサージ店があり、なかなかいい仕事をするのです。もちろん、建物自体も部屋自体も汚めですが、全身マッサージが45分38元と見合った金額で、強めのマッサージが私はお気に入り。この前の金曜日に、一緒に行く人もいなかったにもかかわらず、初めて一人で行きました。こういうローカル店にはできるだけ一人では行かないようにしていたのですが、肩こりが我慢できなくなりどうしても行きたかったのです。行ったら行ったで普通でした。時間を最初から延長してもらって(1時間15分で55元)マッサージ開始。マッサージのお兄さんが私の肩を触るなり「あなたの肩は相当悪いよ。」と言われ重点的にごりごり。その他にも足を持ち上げられたり、全身をねじられたり、ダイナミック。ほぼ終了すると今度はカッピングを薦められました。お椀のようなガラスをポンプで真空状態にして体にカポッと吸い付かせるやつです。さすがに私もこれは未経験だったのですが、好奇心わくわくで試してみました。最初は吸い付く感覚が痛いのですが、少し我慢していると暖かくなってきます。吸い付かせている時間は短く5分くらいだったと思います。肩と腰にはまぁるい跡がくっきり。悪い箇所は紫色になるそうです。数日は打撲のような痛みはありましたが、なんかすっきり感はあります。1週間は残っていました。一応オススメですが好き嫌いは分かれるかもしれませんね。
お見苦しい写真ですが・・・・・・。


 




cfashion at 17:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔