人気ブログランキングへ

【CFNM体験談】女の子にオナニー見られたい【M男】

ネットでみつけたCFNM体験談! CFNM好きM男のCFNM好きM男によるCFNM好きM男のためのサイトです!

2013年01月

「先生、6時間目の授業中…勃起してたでしょ?」 「放課後 女子トイレにおいで お手々でシコシコしてあげる」

【禁断の関係】
教師と生徒の恋愛の事を世間ではそう言われる……
しかし実際には、そんなもの…世の中には幾らでも存在する。
生徒の教師に対する尊敬の念…そして憧憬…やがてそれは恋愛感情へと
変化していく。学校という閉じた社会ではその事はごく普通の
自然の事のように思われる。

しかし ここにいるカップルは、少し普通とは違っていた。

「先生、私に何か用事ですか?」

冬も近づいた11月のある日の放課後、佐伯涼子は教室で待っていた
担任教師の吉田陽一にそう尋ねた。
その日の昼休み 廊下で陽一に呼び止められて『放課後、教室に』と
言われていたのだ。
その場で何も言わない担任教師に 涼子は不思議な感じがしたが
クラス委員をやっている涼子は『クラスの事で何かある』のかとも思い
こうやって放課後の教室に来ていたのである。

「先生? 吉田先生?」

教室には陽一が一人で待っていた。がらんとした教室の教師用の机の椅子に腰掛けていた
陽一の前で 涼子は立って問いかけの返事を待っていた。

(何かしら?用事があるなら早く言ってくれればいいのに……)


陽一は涼子を呼び出しておきながら なかなか話を切り出そうとはしなかった。
幾分 顔を赤らめてじっとしたままだった。手に封書のようなものを握り締めて……

「先生、どうかしたんですか?私の事?それともクラスのことですか?」

再度、涼子は問いかけた。こうした陽一の態度には この半年でかなり慣れたとはいえ
やはりまだ少しイライラする。
陽一が涼子達6年1組の担任になったのはこの春の事だった。普通は5年生の担任がそのまま
6年生も担任するのだが、涼子達の5年生の担任教師が病気で長期入院を余儀なくされた事で
陽一が春から担任として赴任してきたのである。

28歳の陽一は、この学校では若い教師という事になる。そもそも男性教師の少ない小学校では
若い男性教師が担任になる事は珍しく 涼子達にも新鮮で面白そうな事に思えた。
ドラマなどで見る【熱血若手教師】……そんなイメージを生徒達は勝手に想像していた。

しかし陽一はそんなイメージとは かけ離れた性格の持ち主だった。
『話べた』『あがり症』『うじうじした態度』『小さな声』etc.
数え上げれば切がないほど 陽一は涼子達の期待を裏切る教師だった。なまじ期待が大きすぎた分
陽一にとっては可哀相であったかも知れないが……

(まただわ……言いたいことが有るなら はっきり言えばいいのに……うじうじして…)


いっこうに話し出そうとしない陽一に涼子は苛立ち始めていた。
涼子はクラス委員をやっている事からも判るようにクラスの中での信任は厚い。しかも5年生の2学期から
ずっと続けてクラス委員を任されていたのだ。
明るく、陰日なたのない性格、強いリーダーシップ、……そうした面がクラスで男女を問わず人気がある
要因だった。そして性格だけでなく外見もまた涼子の人気を集める要因だと言えるだろう。
168センチの身長はクラスで一番であり、2次性徴も終えたと思われるほどに大人びた肉体を持っていた。
その大人びた雰囲気と肉体はクラスメートの皆を気圧すには十分すぎるほどだった。

『アイドルにスカウトされた』『大学生の恋人がいる』『Fカップらしい』etc.
まことしやかな噂が涼子の周りからは絶えなかった。その中の幾つかは事実ではあったのだが……
とにかく涼子はそうして注目される程の美少女であり、学校でも一番の人気者だったのだ。

「先生、いい加減にしてください 用事がないなら帰りますよ」

用事を切り出さない陽一に 業を煮やした涼子はそう言って教室を出ようとした。

「ま、待って………さ、佐伯さん……」

蚊の鳴くような声が涼子にも聞こえた。ようやく陽一が口を開いたのだ。
やれやれといった気持ちで涼子は振り返った。そこには陽一が声を発したままの姿勢で突っ立っていた。
その体は微妙に震え何故だか判らないが 陽一が緊張している事だけは涼子にも伝わった。

「先生、どうしたんですか?  震えてますよ………」

『緊張しい』の陽一の姿は見慣れているものの これほど、震えるほど緊張した担任教師の姿を
見るのは涼子も初めての事だった。

(何かあるんだわ……よっぽど大事な話が………)

「先生、大事な話ですか?」
「………………………」
「先生、吉田先生? 何でも言ってください」
「………………………」
「……言い難いこと?」
「………………………」

何を聞いても黙り込む陽一に涼子としてもお手上げだった。ただその表情からは何時になく真剣さだけは
伝わってきたので涼子もその場を離れがたかった。
その時 涼子は陽一が手に封書を握り締めているのに気が付いた。
白い封筒………その表に【佐伯涼子様】と書かれているのが涼子の目に入ってきた。

「先生、それ……その手紙、私にですか?」
「………!!」

どうやら図星のようだった。瞬間に陽一の顔は真っ赤に染まった。そして陽一は静かに頷いたのだ。

「…………さ、佐伯さん……これを……」
「……………?」

陽一はおずおずと その封筒を涼子に差し出した。その手は尚も震えていた。


「…………へん、返事は……明日でいいよ………」
「…………返事?」

体中の勇気を振り絞ったような表情で、陽一はそう言った。
そして そう言うと足早に教室から去って行ったのだった。

「………???」

(何かしら?……返事って?……)

予想もつかない陽一の行動に 一人残された涼子は戸惑いを隠しきれなかった。
とにかく…とにかく、この手紙を読まなければ何事も理解できなかった。

封筒の中には手紙が入っていた。涼子は静かにそれに目を通した。
読み進むうちに涼子の表情は変化していった。信じられない物を見た様に……
そして……読み終えた後、ポツリとこう呟いた……

「これって……ラブレター?」

その日の夜
陽一は なかなか眠れずにいた。
異性への告白……それも相手は自分の教え子……
一般常識では考えられない行動をした事は陽一も痛いほど判っていた。
しかし……初めて佐伯涼子を見た時から、陽一の心には常に涼子の姿があった。

最初は涼子の【美少女】振りに興味を引かれているのだと陽一は思った。
しかし『運動会』『クラスマッチ』『学芸会』『遠足』『音楽会』etc.……
そうした行事を通じて知る佐伯涼子の姿にどんどんと引き込まれていく自分自身を知った。
クラス委員という立場上、涼子は他の生徒の誰よりも多くの時間 陽一と接していた。

そこでの涼子は 自分が持っていないものを全て持っている様に陽一は感じられた。
『明るさ』『優しさ』『リーダーシップ』etc.……本来なら教師である陽一が持ち合わせなければ
いけないものを 生徒である涼子が全て持っている。陽一も自分の性格が教師に向いていない事は
とっくに判っていた。それを隠しながら続ける教師生活は陽一にとっても苦痛と言えた。

そんな陽一を涼子は何度となく助けてくれた。涼子自身がそう思っているかは別にして……
学級運営上でもそうだし、各行事でも陽一の足りない部分は涼子が自然と補ってくれていた。
そんな涼子に陽一は次第に引かれていった。
頼もしい生徒として……優れた人として……そして、魅力的な女性として……
続きを読む

「おじさ〜ん 凄いよ 言葉だけで逝っちゃたんだよ ふふふ さすが童貞くんね ね、童貞なんでしょ?」

夕暮れ時 とあるドラッグストアの前に立つ一人の少女。

細く締まった体、すらりと伸びた健康的な脚、ぷっくりとした上向きのお尻、
微妙に膨らむ胸、肩口までの漆黒のストレートヘアー。
体に対して大き目のスニーカー、白地にパステルピンクのボーダー柄のハイソックス、
股の付け根ぎりぎりのジーンズ調のホットパンツ、ジュニアブランドのパステル調のTシャツ。

そんな風貌のどこから見ても子供、小学校の5,6年生と思しき少女。
その少女が何の迷いもなくドラッグストア前に設置してある『スキンの自動販売機』を
利用しようとしていたら……皆さんならどうされます?

注意しますか?少女に直接、『子供の買うものじゃないよ』と注意しますか?
それとも、見て見ぬ振りをしますか? 今の世の中 学生服でタバコを堂々と買っている
中高生に注意できる大人は少ないですよね。若い者はすぐ切れるし、どうせ人の子だと
無関心を決め込む人がほとんどじゃあないでしょうか?

そんな今の時代、たとえ小学生がスキンを買っていても注意できる人、する人は少ないでしょう。
そうやって我々大人達が、子供達の性へ入り口を広げてしまっている状況、それが今の日本です

スキンを買うのを見逃すならば、もしかして小学生と小学生が路上でキスをしているのを目撃しても、
あるいは公園の隅で子供同士が立ちバックのスタイルでセックスしていても 本当に我々大人は、
注意できるのでしょうか?

正直、私には出来ませんでした。そう、36歳のいい大人の私は、そのスキンを買う少女を見ても
注意する勇気がありませんでした。
それどころか あろことか私はその時、その少女の後をつけたのです。今にして思えば軽率な行動
だったかも知れません。でも私はその時、少女とスキンというおよそ不釣合いな組み合わせにとても
興味を持ったのです。少女はいったいそのスキンをどうするのか?それがなんであるのか知っているのか?
続きを読む

当U-12倶楽部では、女子児童への本番行為の強要は禁止されてます。 低学年(3年生以下)の女子児童へのおさわり行為も禁止としています。

「ん?…誰だったな?………」
擦れ違った男の顔に 見覚えがあった様な気がして、酒井勇次はふと足を止めた。
「うーん、何処かで見たんだけどなぁ…………」
僅かな記憶を手繰り寄せても、結局勇次はその男の事を思い出せなかった。
「それより……なんであんな所から……?」
勇次の関心はその男の顔よりもその男が出てきた場所に移っていた。
「あそこは、確か……第3体育倉庫……」

勇次は今日からこの『私立S学院初等部』に着任した26歳の教師だった。
教員免許を取ったものの採用はなく、やっとこの10月に知人のコネでS学院に採用されていた。
聞けばS学院では一人の教師が長期入院をする事になりその補充としての採用だったらしい。
補充とはいえ新米の教師を担任に就けるわけにはいかず、勇次は6年1組の副担任として働く事になった。
今日一日は緊張の中であっという間に終わり、放課後 校庭をぶらぶら散歩していた時に先程の男が
第3体育倉庫(私立だけにS学院は設備は豪華だった)から、人目を忍ぶ様に出てくるのを見たわけである。

「最近は、学校も物騒だからなぁ…」
勇次は最近の子供を取り巻く犯罪を思い浮かべ、その男のいでたちがあまり学校関係者に見えなかった
点も考え、万が一と思いその第3体育倉庫に向かった。
「ここは山本先生も場所を教えてくれただけだったな」
昼間、6年1組の担任教師、山本から校内を案内されたことを思い出しながら、扉に手を掛けた。


「誰かいるのか…?」
そう声をかけて入った第3体育倉庫は、薄いピンク色の証明がほのかに灯っていた。
「…………?」
倉庫とはいえ学校にあまり相応しくないその明かりに 勇次は違和感を感じずには居られなかった。
倉庫の中は案外と広く、体育の授業や運動会で使用するものの他に雑多なものが置いてあった。
入り口に程近い所にパーテーションがあり、奥までは確認する事が出来ない。
「誰か?誰かいるか?」
照明が点いているので誰かがその奥に居るだろう思い勇次は歩を進めた。

「ん、はーい!だれぇ?」
その声と共に一人の少女が奥から勇次の目の前に現れた。
「あっ!!先生…嬉しいぃ!もう来てくれたの?…」
少女は驚く風もなく勇次を見てなぜか喜んでいた。
「えーと?……確か…君は…6年1組の………」
「そう!菊池奈々 菊池奈々でぇーす ふふ」
着任初日で名前を思い出せない勇次に、少女は自分の名を告げた。
「あ、そうだったね……君、菊池さんはここで何を…それにもう来てくれたって…なんだい?」
「えっ?先生、倶楽部に遊びに来たんじゃないの?」
「倶楽部?……ここは何かの部室になってるのかい?」
「まぁ…部室って言えば部室だけど…あれっ!?先生、何も知らずにここに来たの?」
「どういう意味だ?君はここで何を…それに今変な男がここから出て行ったけど……」
うまく噛み合わない会話に二人とも首をかしげ、勇次は明かりのある奥に進み出た。
「…………!?」
パーテーションの奥…そこは床に体操用のマットが数枚敷かれ、壁の下半分には鏡が貼ってあった。
また他の壁には何やら書かれたボードが数枚、掛かっていた。その中の1枚には写真がたくさん貼ってあるようだった。
全く体育倉庫には相応しくない処、勇次は一瞬それらが何なのか理解でなかった。
「き、君…ここは…?」
そう言って振り返った勇次の目に先程は気付かなかった少女のある部分が飛び込んできた。

「菊池さん!…そ、それ…それは…?」
勇次が気が付いた部分……それは少女の細いすらりとした脚の中ほど、太腿の途中に引っかかっている白いクシャッとした物だった。
「そ、それって………し、下着じゃないか……?」
確かにそれはその少女、奈々の下着…パンツだった。
「ん?…ああ、これ…最近多いの、全部脱がないでくれっていう人が……さっきの人もそうだったから…」
勇次は奈々の言った事が解からず、改めて奈々の全身を見直した。
華奢な体、身長はどれくらいだろう…そう大きな方ではない…服装は今流行のジュニアブランドのカラフルでおしゃれな物、
ジーンズのミニスカート、くるぶしで三つ折された可愛らしいソックス、二つ縛りの髪、どれをとってもまさに小学生……
ただ、その脚の途中にある、パンツを除けば…
学校内で下着を下ろす少女…トイレでもないのに…その事が一層勇次を混乱させた……
一方、奈々は勇次がなぜ驚いているのか不思議そうに見ていた。ただパンツはさすがに穿き直していたが。

「説明しなさい…菊池さん…ここは一体、君はなにを…さぁ」
はっきりとは解からないが普通の事では無さそうだと感じた勇次は奈々に改めて聞きなおした。
「えっ?…だからここは倶楽部…倶楽部のプレイルーム…プレイルームよ、先生?」
「プレイルーム…?なんだそれは…?それに倶楽部って…何の倶楽部だ!」
「先生…本当に知らずに来たの?……」
「だから、なにをだ……」
「先生、ここは私たちの倶楽部……U-12倶楽部のプレイルーム…一応、私が部長みたいな者ね…ふふ、わかった?」

「ア、アンダー…U-12倶楽部?……」
奈々の意味深な言葉…そう言った奈々の顔…さっきまでの小学6年生の少女の顔ではない…淫靡な微笑みを浮かべていた。
「そうよ、先生…でね、さっきの人はお客さん…最近常連さんね…ふふふ」
「お客さん?君はここで何を?………まさか?」
勇次は振り返りその場所をよく見直した。
床のマットはベッドの様に敷かれていた。枕元にはティッシュの箱、ゴミ箱、脇には積まれたオシボリ…
壁のボード…写真の貼ってあるボードには上から6,5,4,3,2,1と区分けされており、その数字の横には
女子児童の顔写真が貼ってあった。6の処にはざっと20人ほど、5の処にも同じくらい、以下、徐々に
少なくなってはいるが1の処まで抜けは無い…1の処にも2名の写真が貼ってある。その写真を見れば横の
数字が学年を示している事はあきらかだった。そして他のボード…そこには小さく可愛らしい文字で何か
書いてあった。勇次はそれをじっと読み、この場所が何であるのか解かったようだった。
ボードには……………
お客様へ
当U-12倶楽部では、女子児童への本番行為の強要は禁止されてます。
低学年(3年生以下)の女子児童へのおさわり行為も禁止としています。

リアルで女の子にいじめてもらいたいM男はこちらへ 
続きを読む

そんなに見たいなら見せてあげるよ?

キッズウォーでちょっといいシーンがあった 

小5の女の子が小5の男の子に勉強を教えているシーンで 
男の子のほうが落とした消しゴムを拾おうとしてスカートの中を覗こうとするも 
女の子に気づかる 
が、そんなに見たいなら見せてあげるよ?とチラっとスカートをめくる 
男の子は大喜び 
チラッ 
おおー、うっ 

突然股間を抑えて前かがみで逃げる 

そこに男の子Bが現れて 
男B「なにしてるんだ? 
女「私のスカートの中覗いたら突然ああなっちゃったの 
男B「ははぁん、勃っちまったんだな。 
女「なに?たつって? 
男B「お前本当に知らないのか? 
女「知ってるに決まってるじゃん(ニヤリ 
男「(収まらなくて苦しそうに)ううう
発電ぱんだくん!新装版
発電ぱんだくん!新装版

出典:【CFNM】ちんちん見~ちゃったPart7


 リアルで女の子にいじめてもらいたいM男はこちらへ

「ちっちゃいね。」「プルプル揺れるの初めて見た~。」

当然見学か自習だと思ってたが、水着のないことを理由に授業に出ないのは許さないとか言い出した。 
もちろん俺らは文句言ったが聞き入れられず。しかも女子は見学してもいいが、男子は裸で出ろとか言いやがった。 
当時の俺たちは先生に逆らうことが不可能で、全裸のままプールへと向かうはめになった。 
うちのクラスだけ全裸の男子が股間抑えてる姿は異様だったろうな。当然他のクラスの女子もいて、同じクラスの女子もプールサイドで見学してた。 
準備体操のときは隠すことができず丸見えになり女子たちはくすくす笑いながらうつむいてたけど、チラチラ顔上げて股間を見つめてたよ。 
授業も半ばを過ぎると女子たちも堂々とちんちん見ながら 
「ちっちゃいね。」「プルプル揺れるの初めて見た~。」とか言いたい放題だった。
CFNMとは?
CFNMとは「クローズド・フィーメイル・ネイキッド・メイル (Clothed Female, Naked Male)」の略です。
つまり、洋服着ている女の人と裸の男という意味です。

CFNMは、自分の裸を着衣女性に見られたいというM男願望の一つの形態です。いわゆるハードSMとは少し違いソフトSM的な要素を持ちます。
最近では、オナクラや女子高生のぞき部屋等、CFNM趣味を満たせる風俗が増えてきていてM男が暮らしやすい社会になってきていると言えるでしょう。

このサイトではM男のCFNM趣味を満たせるCFNM体験談を紹介します。

記事検索

お姉ちゃん、ユウタ君と遊ぶ
女子マネージャー達は僕らのおち◎ちんを見て笑うんだ
女子マネージャー達は僕らのおち◎ちんを見て笑うんだ 童貞喰いっ!!
童貞喰いっ!! 踏まれてみたい?
踏まれてみたい? ストレッタ ~THE ANIMATION~ Contents.1 「あるいはもののけ」
ストレッタ ~THE ANIMATION~ Contents.1 「あるいはもののけ」
ストレッタ ~THE ANIMATION~ Contents.1 「あるいはもののけ」 イタズラぼうずの受難 -過激派女子達の逆襲-
イタズラぼうずの受難 -過激派女子達の逆襲-
包茎おち◯ちんの童貞さんを笑顔で優しく責めてくれる委員長
包茎おち◯ちんの童貞さんを笑顔で優しく責めてくれる委員長 めがカノ!
めがカノ!
射精管理ボイスソフト2 先生のおチ○ポを今日から私が管理してあげますね♪ キミのちんちん、写メらせて♪ ◆女子校学園祭編
キミのちんちん、写メらせて♪ ◆女子校学園祭編
妹淫乱ピンキー
妹淫乱ピンキー
妹淫乱ピンキー ボクの彼女はガテン系/彼女がした事、僕がされた事/巨乳妻完全捕獲計画/ボクの妻がアイツに寝取られました。
ボクの彼女はガテン系/彼女がした事、僕がされた事/巨乳妻完全捕獲計画/ボクの妻がアイツに寝取られました。 あねき…MY SWEET ELDER SISTER THE ANIMATION senior.4「素直になれなくて…」
あねき…MY SWEET ELDER SISTER THE ANIMATION senior.4「素直になれなくて…」
あねき…MY SWEET ELDER SISTER THE ANIMATION senior.4「素直になれなくて…」
あねき…MY SWEET ELDER SISTER THE ANIMATION senior.4「素直になれなくて…」 風俗嬢のお姉さんに喘ぎ声で虐められる包茎マゾな僕~包茎イジメ風俗店で搾取される~
風俗嬢のお姉さんに喘ぎ声で虐められる包茎マゾな僕~包茎イジメ風俗店で搾取される~
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ライブチャット
CFNM体験談:オナニー見られたい
CFNM体験談のツイッターアカウントです
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ