☆キッチンだより☆

皆さん、こんにちは

ずいぶんと、暖かい日が続いていますが、
今日は、更に気温が上がり、28℃ 暑いですね

こんな日は、冷たいお茶でも飲んで、ゆっくり過ごしたいものですね。

さて、コミュニティーガーデンつくばでは、イベント食がありましたので、ご紹介します。

ローストビーフ丼

おいしい写真_20180430_125046[1]














ローストビーフがたっぷりのって、ボリューム満点
お肉も柔らかく、美味しかったよという、お声を頂きました。


エビフライ定食

おいしい写真_20180430_125005[1]
さっくさくのエビフライ、エビカツ、ハムエッグカツ。こちらもボリューム満点一番人気のメニューでした。

この他にも、筍の炊き込みご飯があり、皆さんに喜んで頂きました。

又、美味しいお料理を作ってお待ちしていますね




コミュニティガーデンつくばでは、料理教室を毎日午後から行っておりますが、実は火曜日は午前も料理教室行っているんです
ちなみにどんな料理を作っているかといいますと。。。
DSC_0639
です。
調理風景
DSC_0638

DSC_0637

出来たお料理はパックに詰めてお持ち帰りができます
その日の夜のおかずにどうでしょうか
一度は立ち寄って参加してみてください

こんにちは!新年度に入ったなと思っていたらあっという間に、4月も終わってしまいますね。

 

さて今回は、高齢者に関わりが深い、骨粗鬆症による背骨の骨折について少しお話したいと思います。

骨粗鬆症とは骨量が減少して骨がもろくなる病気で、骨折しやすくなります。

特に高齢者では脊椎(背骨)の圧迫骨折が多く症状としては、あるとき突然、背中や腰に強い痛みが起こります。体を動かす際や、朝の起床時、寝返り動作時などに強い痛みが襲い、仰向けで寝ることができなくなったりします。こうした症状が
23ヶ月続きます。

 

そうしてつぶれた骨が固まると、痛みは治まってきますが背骨の変形が進み背中が後方に彎曲して丸くなったり、背が低くなってしまうことがあります。重症例では腰痛が続き、しびれや感覚鈍麻、麻痺などの神経症状が現れることもあります。これは骨がつぶれたり変形することで脊髄や神経根を圧迫するために起こります。

 

では骨粗鬆症にならないために、また再発防止に努める為にはどうすればいいのでしょうか。

それは食事療法や運動療法、薬物療法です。薬物療法はお医者さんの処方が必要ですが、食事療法と運動療法は自分で始めることができます。

 

〇食事療法

 骨の形成に欠かせない栄養素はカルシウム、ビタミンD、マグネシウムです。

 カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、野菜に多く含まれています。

 ビタミンDは魚介類やキノコ類に含まれている他、適度な日光浴によって体内で合成されます。

 マグネシウムは、海藻類、ナッツ、豆類に多く含まれています。

 

〇運動療法

 骨を形成し、強さを維持するには適度な運動で骨に刺激を与えることが必要です。

 激しい運動をする必要はなく、ウォーキングや水泳など自分が無理なく続けられるものが良いようです。

 

 最後にアドバイスとして、脊椎(背骨)の圧迫骨折の原因となる「転倒」を予防する事もとても大切なことです。それには普段の身の回りの転倒する要因をなるべく排除することです。

 足を引っかけやすい電気コードを部屋に横切らせたり、床に物を置かないようにし、階段には滑り止め、風呂場には手すりを付けるなど工夫をすることも大切です。


ぜひ参考にしてみてください。

↑このページのトップヘ