2016年06月

こんにちわ。今週で6月も終わりとても暑い7月がやってきます。体調管理は大丈夫でしょうか?

さて突然ですが、足がつって痛くて、悶えたという経験、ありませんか?夜寝ているときなんかに足がつることなんか経験されている方は多いのではないでしょうか?

今回はその足の攣りのメカニズムや原因、予防などを紹介していきたいと思います。

まず、足が攣っていてるとき、その部位でなにが起こっているのか。それはズバリ筋肉の痙攣です。
筋肉は、脳や神経からの命令によって収縮します。この命令の伝達には筋肉の電解質やミネラルバランスが関わっているのですが、筋肉の疲労や様々の理由で、その電解質やミネラルバランスが崩れてしまうと、命令以上に筋肉が収縮してしまい、痙攣が起きているのです。

足が攣りやすい部位としては、①ふくろはぎ②足の裏③足の指④足の甲⑤すねです。
時間帯としては①夜中②明け方③運動中によく見られます。

このような筋肉の痙攣を引き起こす原因はいくつかあります。
①骨盤のゆがみ ②身体の冷え ③筋肉の疲労や衰え ④電解質バランスの乱れ 
⑤水分やミネラルの不足
このような原因で筋肉を正常に動かすための指令がうまく働かなくなり、足の攣りやこむらがえりを誘発してしまいます。

足の攣りをどうすれば予防できるか説明していきます。
まずは水分をたくさん取りましょう。
水分を十分に補給することで、運動中や就寝中に足をつるのを防ぐことができます。

次に足を冷やさないことが大事です。
足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になり、急に足を伸ばそうとしてロックがかかってしまい、足がつることがあります。また冷えによる血流低下も足がつってしまいます。

あとは普段運動をしない人はなるべく歩くことを意識しましょう。
普段運動をしないと筋肉は衰えてしまうため、すぐ足に疲労がたまり、つりやすくなってしまうので、なるべく足を使うことを意識しましょう。

以上で終わりになりますが、なにか身体で気になることがあれば、リハビリ専門の先生がいますので気軽に聞いて下さい。
この先、だんだん暑くなるので、体調には気をつけてください。

ジメジメした日が続いていますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

気温が高くなるにつれ、
プールをご利用される方も増えてきました!

「プールに入ってみたいけど…水着を持っていない…。」

そんな方にも安心!(^O^)/

ただいま特設水着販売コーナーを設けております!!

image


image


準新作モデルなので、お求めやすい価格となっております(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

試着もできますので、是非お立ち寄り下さい!!


みなさんこんにちは!
梅雨の時季になり、蒸し暑い日が続きますね

こまめに水分補給を忘れずにしてください


さて、今週の料理教室は・・・


IMG_0130

じゃが芋のカリカリチーズ焼き

薄くスライスしたじゃが芋をざく切りにして、とろけるチーズと一緒に焼きました




IMG_0128

ブルーベリーチョコクロワッサン

とっても簡単チョコクロワッサンです
パイ生地をベースにして、ブルーベリーとチョコを挟んで丸めて、オーブンで焼くだけ
お好みの具を挟めば、多彩にアレンジできます


毎日、様々なレシピを取り揃えてますので、ご興味のある方は是非参加してみてください

こんにちは!暑かったり、寒かったりとあいまいな日が続きますね!!


そんな中ですがコミュニティガーデンつくばでは笑いが絶えません


今日はコミュニティガーデンつくばでの日常の一幕をご紹介します




★★★  ある日の一幕  ★★★


ご利用者A様 :      コミュニティガーデンつくばって(名前が)長いなぁ。
               なんかいい呼び方があると良いのになぁ。


周りにいたご利用者様達 :  うーーーーーーーーーん(悩み)











ご利用者A様 :     んじゃ、 『コミガ!!!』

     ………  思わず、爆笑してしまいました。
 
皆さまユーモア溢れる素敵な方たちばかりです



あまりしっくりこなかったようで『コミガ』は定着しませんでしたが、最近は
『コミュニティ』
『ガーデン』と略すご利用者様が多いようです。
ちなみにスタッフはというと『CGT』と略しております。


皆さまお好きに呼んでくださいね 
そして良い呼び方があったらぜひ教えてくださいね

これからもコミュニティガーデンつくばをどうぞよろしくお願い致します

CGTのS.Yでした~











こんにちわ。雨が目立つ季節となってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今回、リハビリから「血圧」について簡単に紹介します。

血圧とは、「血液が血管に与える内圧」の事です。

心臓が収縮して血液を全身に送り出すとき最も高くなり(収縮期血圧)、全身を巡ってきた血液は
心臓に戻り、心臓が拡張すると血圧は最も低くなります(拡張期血圧)。


一般に高血圧とは上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上の
両方を満たす場合を指します。


高血圧にも段階があり、

Ⅰ度高血圧  上の血圧 140~159  または、 下の血圧90~99
Ⅱ度高血圧  上の血圧 160~179  または、 下の血圧100~109
Ⅲ度高血圧  上の血圧  180以上  または、 下の血圧110以上

があるそうです。(日本高血圧治療ガイドライン2009による)

また、ご自宅で血圧を計られている方は、参考として
・1日2回(朝・夕)
・朝は起床後1時間以内にトイレを済ませた後
・夜は、就寝直前に測定することが望ましい。

また、座った状態で1~2分安静にしてから測定し、測定は1~3回、同じ姿勢で測定し、
その平均値をとることが好ましいです。
(MEDIC MEDIA  病気がみえる vol.2 循環器より)



最近では気温差も激しいので、体調管理には十分にお気をつけください。


↑このページのトップヘ