2017年04月





皆さんこんにちは!!

若葉が芽吹き、色彩豊かな季節になってきましたね


さてさて、本日の料理教室は

IMG_0314[1]

味噌豚キムチ

一口大に切った豚バラスライスに味噌や醤油、みりんなどの合わせ調味料で揉み込み、玉ねぎやニラと炒めました!!仕上げにキムチを入れ、完成です
味噌のマイルドさとキムチの辛みが絶妙にマッチして、美味しく仕上がりました



また、24日はパン教室でした!
IMG_0086[1]


IMG_0087[1]

オーブンで焼いている風景です!!
上は、枝豆パン。
下は、チョコチップロールです。
皆さん、それぞれが味のあるパンを作られました

コミュニティガーデンつくばでは、料理教室を月~土開催しております!!
日替わりメニューやパンなど様々なメニューを取り揃えております
ご興味のある方はぜひぜひご参加ください



こんにちは!4月も後半に入り、日が延びて暖かくなってきましたね!

今回は腰痛のある方に効果のある、日常動作の良い姿勢、悪い姿勢をお伝えしたいと思います。

 

さて、この腰痛ですが日本の国民病といわれるほど多く見られる障害で、日本人成人の約90%が 一生に一度は腰痛を経験していると言われています。

腰痛がある方で、病院に通っている方もいると思いますが、どのような治療を受けているかに問わず、日常生活での自己管理が非常に重要となっています。

 

人間の背骨には緩やかなS字状の生理的な湾曲があり、頸椎ではやや前方、胸椎では緩やかに後方、腰椎ではやや前方へとカーブしています。


このような湾曲した構造で、立った際のバランスを保ち背骨にかかる上半身の重さに耐えられるようになっています。この湾曲が強くなったり、逆に弱くなったりすることで背骨に無理がかかり痛みの原因に繋がります。そのため、なるべく生理的な湾曲を保つことが腰痛の予防になるのです。
そこで日常生活時の良い姿勢・悪い姿勢をお伝えします。

 

  1. 立っている時


    あごを引き、背すじと膝を伸ばして立つ。そうすることで体の重心線が股関節や膝の関節の中心を通り、背骨に余計な負担がかからなくなります。



     ×悪い姿勢
    IMG_0076


    〇良い姿勢

     IMG_0075

  2. 物を持ち上げるとき

     


    膝を伸ばしたまま腕と腰だけで持ち上げると負担が大きい為、物にはできるだけ近づき膝を曲げ、腰を落として立つ力を利用します。

     ×悪い姿勢
    IMG_2153


    〇良い姿勢
    IMG_2152

  3. 物を持っている時

     
    物を持って立つ時には、腕を伸ばした状態だと背骨に無理な力が加わってしまう為、物を体に引き付ける様にして立ちます。

     ×悪い姿勢
    IMG_0077

    〇良い姿勢

     IMG_0078

  4.立ち仕事をしている時

 長時間の立ち仕事では、低い台に足を片方ずつ休ませると、腰への負担が軽減できます。

  IMG_0081

5.椅子に座っている時

  座っている姿勢は、背中に空間を作らず、股関節と太腿とすねが直角になるのが望ましい姿勢です。

 
×悪い姿勢
IMG_0082


〇良い姿勢
IMG_0083

6.寝ている時

敷布団が軟らかすぎたり枕が高すぎるのも背骨の過度な湾曲に繋がる為、避けた方が良いでしょう。
 

背骨に不自然な姿勢が長く続くという事は、もっとも大きな負担となる為、前述した日頃からの意識付けが腰痛の予防に繋がります。

皆さまもぜひ心がけてみてください。それでは!!


4月6日から16日までお花見に行ってきました
万博記念公園と牛久自然観察の森
日本の春
桜満開
とても綺麗でした
利用者様にも喜んで頂けて良かったです
来月も楽しいイベント企画しておりますのでお楽しみに…
IMG_0483

本日はカルチャー教室でプリザーブドフラワーを行いました。
フランネルフラワーとカーネーションのコサージュを作りました。
作っている間、利用者様皆さん声も出さずに集中して作っていました。とても良い物が出来上がりました。
image:59846

一度カルチャーに立ち寄ってみませんか?

皆さんこんにちは

桜並木では、桜が満開でキレイですね

さて、桜の開花に合わせて、味わいカフェでは特別デザートをご用意しております

IMG_0309

春のデザートプレートです

彩りを春っぽくしてみました

期間限定なので是非ご賞味ください 

↑このページのトップヘ