November 2007

November 22, 2007

前回の「多数のパートが解決した!」で書いたとおり50%スピードで曲をじっくり聴いて練習すると良いことに味をしめ、今度は押尾コータローの曲を、その方法でチャレンジしてみることとした。

曲は以前習得しようとしたが、わけが分からず断念した「太陽のダンス(押尾コータロー)

50%スピードで聴きながらTAB譜をチェックし、実際に弾いてみる。

この流れで練習すると、やはり多くの“わけの分からなかった箇所”が“わけの分かる箇所”に。スロースピードで弾いてみて徐々にスピードを上げていくと、今までは考えられないスピードでマスターできそうな気配がしてきてます。

・・・が、ここで問題が。。。

「太陽のダンス」のチューニングはAEEF#BE

しかし最近時間が無いにしても、よく弾いている曲

・TAPS(ジャスティン・キング) → DADGAD
・スプラッシュ(押尾コータロー)→ DADGAD
・メリークリスマス・ミスターローレンス(押尾コータロー)→ DADGAC
・ラストクリスマス(押尾コータロー)→ DADGBD
・その他の曲 → レギュラーチューニング・・・等

太陽のダンス以外はチューニング変えるの簡単なのですが、「太陽のダンス」だけ全く違う。

練習しているとき「気分転換に違う曲を」と思ってもチューニング変えるのが非常に面倒。

基本的にチューナー使わない僕も、チューナーの必要性を感じる今日この頃でした。

November 15, 2007

スピード50%で聴いてみる」で言ってたように、Justin King(ジャスティン・キング)のTapsを練習中でございます。

音源をスピード50%で、よぉ〜く聞いたことにより、多くの疑問を解く事ができた。

「あ〜ここはプリング入れてるのねぇ〜」
「こういうことねぇ〜」

・・・と、想像以上に効果ありです。

おかげさまでレベルとスピードはまだまだですが、マスターできそうな気配(^^♪

押尾コータローの曲とかもやってみると、今まで耳に入らなかった音にも気付くかも。

November 12, 2007



何気にネットを徘徊していたら、話題のギタリストERIK MONGRAIN(エリック・モングレイン)が日本にやってくるってぇ〜!しかも中野でソロ・ライブやるって〜!!
↑いつからアナウンスしていたのかは知りませんが、昨日初めて知りました。(^_^;)

しかもチケット買えそうな雰囲気!
…というわけでゲットしちゃいましたぁ〜(^^♪
※もう完売したみたいです。僕はキャンセル分を、たまたま手に入れることができたスーパーラッキーな男だったらしい。おしっこチビリそうに嬉しいです。

公式HPでTAB譜購入できるってことですが、こんなの弾けるのか??

日本語バージョンのページもあるので嬉しいです。
映像も見れます。
ERIK MONGRAIN(エリック・モングレイン)



November 06, 2007

年末の準備に向けて仕事量が増えて、気付けば前回の投稿から綺麗に1ヶ月。

日が過ぎるのは早いものです。

ギター弾く時間も激減りなのですが、そろそろクリスマスの雰囲気。
ラストクリスマス」や「メリークリスマス・ミスター・ローレンス」
くらいはちょっぴりだけ弾いています。

当然、Justin King(ジャスティン・キング)のTapsなど弾けるように
なっているわけもありません。

つ〜か、タブ譜通りに弾いても、全然違う曲にしか聴こえない。

ルーティン部分は問題ないとして、その他が訳分からない。(^_^;)

とりあえずオリジナルの50%のスピードに落として、弾けるようにしてから、
60%、80%、100%とじっくりと練習することといたしました。

でも、こんなことばかりしてると仕事ができません。(T_T)

受験生の皆さん。ギターは息抜き程度にね。