August 09, 2009

アーニーボールのコーティング弦

- スポンサード リンク -


先日買ったレスポール(エピフォン)の弦もそろそろ交換時期。
夏場は湿気も多いし、汗もでる。弦がすぐダメになってしまうということでアーニーボールのコーティング弦を張ってみることとした。

アーニーボールHPより
Titanium Reinforced Technology / Coated Slinky Strings
タフでロングライフなコーテッド仕様のエレキ弦が誕生!
世界中のギタリストから絶大な支持を受けているアーニーボールのスリンキー・シリーズに、コーテッド仕様のエレクトリック・ギター弦が登場しました。ワウンド弦の構造は、芯線に巻きつける前の巻き線にエナメルを焼き付けることで超極薄のエナメル・コーティングを施し、芯線に巻きつけてあります。また、プレーン弦に対しては錆びや腐食を防ぐ最先端のプロセスによって製作しています。このことにより、従来のスリンキー弦と比べても、弾き心地やサウンドの面において遜色のないエレクトリック・ギター弦となっています。さらに、プレーン弦には、ボールエンドのロックツイスト部にチタニウムワイアーを巻いたRPSレインフォースド・テクノロジーを採用し、従来の5〜7倍の強度を実現しました。全8モデルをラインナップしていますので、全てのジャンル、全てのプレイヤーにアーニーボール弦の新しい耐久性能とサウンドをお楽しみいただけます。

なんとも良さそうなこと書いてあります。


【送料無料】ERNIE BALL 3121/Coated Regular Slinky コーティングエレキギター弦 アーニーボー...

コーティング弦というと、ヌメヌメっとした感じをイメージするが、このコーテッド・スリンキーに関しては、普通の弦と感触の違いはあまり感じられない。エナメル・コーティングと書いてあるが、本当か?と疑ってしまうほどである。とにかく違和感なく使用できるってこと。

パッケージを密封式にするなど、品質維持にも気を配っているのだそうですよ。
たまに買ったばかりの弦なのに、錆がでてるってことありますもんね(^_^;)

見るとアコギ弦もでている。今度、試しに使ってみよう。



- スポンサード リンク -

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔