CGetの馬事争論

私のライフワーク(?)でもある 競馬・POGに関する話題を中心にBlogします。

皐月賞 他 今週の重賞予想

☆皐月賞

◎ 15番 セイウンワンダー
○ 1番 ロジユニヴァース
▲ 18番 リーチザクラウン

-----------------
満を持して◎はセイウンワンダー。馬体絞れたのがなによりも好材料。
強い馬が揃うと早めの仕掛けになりやすいので、上がり勝負に持ち込めればこの馬が台頭すること必至。
○は一番人気ロジユニヴァース。控えるのか前に行くかわからないが、いずれにせよ、自在性の高い同馬にとっては、実力出し切れるはず。
▲にリーチザクラウン。いかんせんトライアルをつかわなかったのが鬼と出るか蛇と出るか。


☆中山GJ

◎ 13番 スプリングゲント
○ 10番 キングジョイ
▲ 11番 スタルカ

-----------------
中山障害コースは他のコースとは全く異なる適性が要求されるので、他コースの結果が全く参考にならない。
なので、中山実績重視の予想で。
◎は復活著しいスプリングゲント。長期休み明けはなかなか結果だせなかったが、昨年の中山大障害は復活の兆しを感じさせる内容。調子も上向きでここは期待できる。
○は昨年の大障害馬キングジョイ。中山実績はメンバー中最も高く、当然一番人気もうなづける。勢いの差で○にしたが、逆転はもちろん可能。
新進気鋭の4歳馬の出る幕があるかどうか悩んだが、未勝利戦だが中山障害100%連対のスタルカを▲に。


☆マイラーズC

◎ 6番 ヒカルオオゾラ
○ 5番 カンパニー
▲ 3番 スーパーホーネット

-----------------
少頭数なので、それほど速い流れにはならないと予想。
なので前目で競馬出来る馬を中心視。
◎はヒカルオオゾラ。マイル適性、阪神適性共に申し分なく、重賞戦線でも十分通用。
○はカンパニー。復活の同馬に加えて絶好調横山典なら重賞二連勝もありうる。
春初戦で追い切りももうひと声欲しかったスーパーホーネットを▲と評価下げたが、実力は間違いなくメンバー中トップなので、ぶざまな結果もないということで三番手。

先週分の予想のお詫び

最近某SNSの方に軸を完全シフトしてしまったので(言い訳・・・)
先週の予想をUPするのを忘れていました。
いまさら予想を載せるのもなんなのですが、一応、備忘録的ニュアンスの方がつよいBlogになってしまっているので、SNSの方で掲載した予想をそのまま転記します。

☆桜花賞

◎ 9番 ブエナビスタ
○ 15番 ジェルミナル
▲ 14番 ルージュバンブー
-----------------
ブエナビスタを切る理由をいろいろ考えてみたが、他の馬でそれを上回るほど惹かれるものがなかったので、もう逆らわずに◎。
とりあえず、相手関係の方を重点的に検討したい。
○はジェルミナル。チューリップ賞で5着敗退で人気を落としているが、チューリップ賞の上がりはブエナビスタに次ぐ35秒0。
おそらく、チューリップ賞よりも速い流れになると思うので、上がり勝負になれば、上位進出間違いないところ。
同じ理由でルージュバンブーに▲。同馬も前走ジェルミナルと同じ上がりタイム。展開向けば。


☆阪神牝馬S

◎ 16番 ポルトフィーノ
○ 2番 チェレブリタ
▲ 10番 アルティマトゥーレ
-----------------
気性難のポルトフィーノを◎にするか悩んだが、逆に他の馬で惹かれる要素が少なかったので、消去法的理論で◎。ただ、もし勝ちっぷりによっては、素直にこの馬の素質を高く評価したい。
本音は牝馬限定戦なら強いチェレブリタを◎にしたかったのだが、武がポルトフィーノに戻ったのならポルトフィーノより重い印はつけられないので○に。
その他、ようやく軌道に乗ってきたアルティマトゥーレを▲。


☆ニュージーランドT

◎ 5番 サンカルロ
○ 9番 マイネルエルフ
▲ 7番 アドバンスヘイロー

-----------------
激戦モードでも上積みありそうなサンカルロに◎
マイル向きな○マイネルエルフ、前走ポカは輸送原因とみるアドバンスヘイローも差のない▲で。

重賞予想

大阪杯
◎ディープスカイ
○ドリームジャーニー
▲ヴィクトリー

堅い決着傾向から◎○あたりは押さえるとして、復調の兆しを見せるヴィクトリーも▲に


ダービー卿CT

◎キャプテンベガ
○マイネルファルケ
▲ショウワモダン

距離短縮に魅力的なキャプテンベガを◎
前走同コースを1分33秒7で逃げ、上がりも34秒台のマイネルファルケも重賞戦線で通用しそうなので○に。

週末の重賞予想

日経賞

◎ アルナスライン
○ ネヴァブション
▲ モンテクリスエス

「思い入れ」は馬券購入にご法度の要因かもしれないが、いつか復活することを信じて◎にアルナスライン。中山ではあまり実績がないので、買える要素も少ないのだが、敢えて無理やり拾いあげると、昨年の有馬記念。
実は勝ったダイワスカーレットと最初のラップが違うだけで、途中からほぼ同じラップタイム。むしろ不利など考えるともっと上位に来ていたかもしれない。
今回は人気がないので、蛯名の思い切った騎乗に期待。
○は無難に中山大好きネヴァプション。中山巧者は素直に評価。
▲はモンテクリスエス。斤量が56kgになっても前走と同じパフォーマンスなら天皇賞ではおもしろい存在に。


毎日杯

◎ アプレザンレーヴ
○ アイアンルック
▲ オオトリオウジャ

雰囲気としては上位拮抗。
◎はアプレザンレーヴ。
前走東京500万の差し切り横綱相撲は相当の器と判断。
ただし、気になるのは馬体重。馬体減なら見送りも一考。
○はアイアンルック。
前走アーリントンC、直線で前が思い切り壁になり、絶望的なところから頑張っても4着。でもメンバー上がり最速なら、まだ見限れない。ただ、小牧太がこちらにダブルウェッジからこちらに乗り替えているのが色々な意味で迷ってしまうのだが・・・・
▲はオオトリオウジャ。
頓挫なければもっと早く始動できたが、それには目をつむり、この馬の能力の高さに注目。なんてったって、高速馬場の東京だったとはいえ、2走とも上がり33秒台の脚を繰り出しての1着はかなり魅力。


高松宮記念

◎ ファリダット
○ キンシャサノキセキ
▲ ドラゴンファング

誰に何と言われようとも◎はファリダット。
典型的人気先行は十分わかっているのだが、あの京阪杯の32秒6の強烈な豪脚が脳裏に焼きついており、G1の一つや二つは軽く取れる器のはず。
やはりかかってしまう性格が諸刃の剣なのだろうが、所変わっての中京コースは先行総崩れなレースもしばしばあるので、この馬にとっては決して悪い流れにはならないはず。四位の思い切った騎乗に期待。
○は前走大敗で人気落としているキンシャサノキセキ。
しかし、前走は明らかに太め残り。もともと鉄砲の利くタイプではないので、一叩きでガラリと変わるはず。
▲はドラゴンファング
前が崩れない展開になるのなら、この馬の粘りに魅力。


マーチS

◎ エスポワールシチー
○ ランザローテ
▲ マコトスパルビエロ

◎はエスポワールシチー。
乗り替わりは仕方ないが、エスポワールシチーの持ち味を松岡騎手がきっちり引き出せれば斤量も克服できるはず。
○はランザローテ。
御神本騎手に中央の重賞勝って欲しいので、馬の力以上に評価を高くしているのだが、そのランザローテも三連勝中。ただ、同系の逃げ脚をもつ馬が多いだけに、どのポジションで落ち着くかが御神本の腕の見せ所。
▲はマコトスパルビエロ。
昨年2着であるように、安定した内容はハンデ戦でも活きるタイプ。
今回も上位進出必至。


スプリングS & 阪神大賞典 予想

☆スプリングS

◎ フィフスペトル
○ トップクリフォード
▲ マイネルエルフ
粒揃いのメンバー構成。
何からいくか非常に迷ったが、朝日杯FSで距離延長に魅力を感じたフィフスペトルに◎。
その他、中山1800mお決まりの内枠or先行力から2枠の2頭を相手に。


☆阪神大賞典

◎ オウケンブルースリ
○ アサクサキングス
▲ ナムラクレセント

-----------------
GI勝ち馬が多数の好メンバー。
阪神大賞典のイメージからもあまり荒れそうにないと思うので、ここは堅く素直に。
◎は距離適性が最も向いていると思われるオウケンブルースリ。
叩かれて上積みまだあるアサクサキングスに○印。
しかし、▲にはナムラクレセント。父ヤマニンセラフィム母父サクラショウリという渋い血統が未知の可能性を掻き立ててくれる・・・

フラワーC & ファルコンS &若葉S 予想

☆フラワーC

◎ディアジーナ
○ショウサンウルル
▲ダイアナバローズ

◎順当も相手探しが難解。
先行有利な中山1800mなので、前走ダートながらも先行力感じられた○▲を相手に。


☆ファルコンS

◎エイシンクエスト
○ゲットフルマークス
▲メイショウアツヒメ

こちらもかなり難解なレース。
エイシンクエストは三浦騎手効果もあっての◎。
休み明けながらも1200m向きなゲットフルマークスに、前走同コースで快勝のメイショウアツヒメあたりが無難かと。


☆若葉S
◎ヤマニンウィスカー
○トップカミング
▲ベストメンバー

常に上がりが優秀なヤマニンウィスカーに期待の◎

中山牝馬S & フィリーズレビュー予想

☆中山牝馬S

◎ヤマニンメルベイユ
○ヤマニンエマイユ
▲ザレマ

中山適性の高い◎にデムーロ騎乗で評価上げた○でベタにヤマニン丼で。上がり勝負の▲ザレマも外せない。


☆フィリーズレビュー

◎パールシャドウ
○ミクロコスモス
▲アディアフォーン

ミクロコスモスの一本かぶりが余りにも過剰評価に感じるので、変わり身に期待のパールシャドウを◎に。
馬体接触から立ち直れないアディアフォーンもぼちぼち来てもおかしくない。

土曜日の重賞&アネモネS 予想

阪神スプリングJ

◎キングジョイ
○マヤノスターダム
▲マルブツシルヴァー


62kgでも死角のないキングジョイを本命
○には障害適応力をメキメキつけてきたマヤノスターダム
▲は常に先団で障害レース引っ張るマルブツシルヴァー。
阪神コースでは3着が最高だが大崩れもないので▲で。


中京記念

◎ヤマニンキングリー
○レッツゴーキリシマ
▲セラフィックロンプ

重馬場を得意とする馬が不在なので比較的前目〜中団で競馬出来そうな馬をセレクト。
奇をてらい、柳の下のドジョウ2匹目も狙ってセラフィックロンプを▲。


アネモネS

◎リュシオル
○レイナクーバ
▲エイブルインレース

芝ダート選ばず、やや重or重馬場で好走続けるリュシオルの器用さに◎
□地のエイブルインレースは単なる応援馬券的評価

弥生賞 予想

☆弥生賞
◎セイウンワンダー
○ロジユニヴァース
▲アーリーロブスト

成績、タイム共に3頭が抜きんでいるので、素直に3強決着を想定。
中でもセイウンワンダーの毎レースの最速No.1上がりは評価高い。
未知数の2000mも折り合いつけば問題ない。

オーシャンS&チューリップ賞予想

☆オーシャンS
◎キンシャサノキセキ
○モルトグランデ
▲サープラスジンガー

休み明けも万全ムードのキンシャサノキセキで。
さらに中山適性の高い2頭も外せない。


☆チューリップ賞
◎ブエナビスタ
○ルージュバンブー
▲フェイズシフト

◎には逆らわずヒモ狙い
まくり脚質が今のコースに合いそうなこの2頭で。

中山記念 & 阪急杯 予想

☆中山記念

◎キャプテンベガ
○エアシェイディ
▲カンパニー

ずらり並んだ中山巧者。敢えて◎はキャプテンベガに。内田に乗り替わりというのが非常に魅力的。



☆阪急杯
◎ファリダット
○マイネルレーニア
▲ローレルゲレイロ

開幕週だけに先行馬圧倒的有利なので、阪神コースでも実績ある○マイネルレーニア、▲ローレルゲレイロを高評価するが、それでも次元の違う脚に期待の◎ファリダット。
阪神コースでは毎度上がりが凄いので、今回もその豪脚を信じて◎。

アーリントンC 予想

・アーリントンC

◎アイアンルック
○アドバンスヒーロー
▲スーニ

ダートで土つかずのスーニの取捨に迷った挙句▲に。
◎は新馬戦で一頭だけ次元の違う脚をみせたアイアンルック。
1600mでの折り合いがカギか?
関西遠征初で不安のあるアドバンスヒーローも1600mまでなら馬券候補。

フェブラリーS 予想

☆フェブラリーS

◎ヴァーミリアン
○カネヒキリ
▲エスポワールシチー

◎ヴァーミリアンと○カネヒキリの勝負はここ最近の結果ではっきりついている雰囲気もあるが、手堅さという点からヴァーミリアンの逆転もまだある。
むしろ期待はエスポワールシチーの激走。

京都記念&クイーンC 予想

☆京都記念

◎サクラメガワンダー
○カネトシツヨシオー
▲チョウサンデイ

異様に人気が集中しているサクラメガワンダーもこの相手なら致し方ない評価か。
ならば、前走惨敗も変わり身ありそうな○カネトシツヨシオーと、突然変異の上り馬▲チョウサンデイでヒモ穴狙い。


☆クイーンC

◎ダノンベルベール
○ミクロコスモス
▲メジャーサイレンス

阪神JF組は素直に高い評価。逆らえない。
究極の穴狙いはメジャーサイレンス。
推せる要素はないのだが、逆に□地で見限るのも早計かと。

ダイヤモンドS & きさらぎ賞 予想

☆ダイヤモンドS

◎フローテーション
○ウォーゲーム
▲ドラゴンファイヤー

◎フローテーションは春天狙うのならここは是が非でも勝っておきたい。
相手絡みはダートからの転向路線組をチョイス
まず○ウォーゲーム。昇級戦でかつ3000m以上も初ながらも、芝に転向後はほとんど底を見せていない。前目で競馬したいところだが、同系が多いだけにむしろ控えても面白いと思われる。
▲ドラゴンファイヤーも前走の走りだけではまだ芝の適性力は判断できないが、今回もオッズ的にはおいしい存在。


☆きさらぎ賞

◎リーチザクラウン
○キタサンガイセン
▲リクエストソング

少頭数なので、逆らいようがない。
これは見るレースに徹したほうが良さそう。
ご挨拶
CGetの馬事争論へようこそ。
2009年も細々と重賞予想を。
何かトリガかかれば、もっと内容を濃くしたいんですけど・・・
2009年のテーマは
「ローリスクハイリターン」
◎ 単勝
◎−○ ◎−▲ 馬連
◎->○ ◎->▲ 馬単
◎−○−▲ 三連複
の6点買いで。

2009年3月16日現在
回収率 85%(14720/17400)
先週外しまくり・・・

2008年度の結果
回収率 76%(6650/8700)
(愛犬予想は61%)
中途半端やなあ・・・

にほんブログ村 競馬ブログへ
人気競馬Blogへアクセス!たまにはクリックお願い致します!
森田検索

検索方法
表示順
Profile
CGet
実働競馬歴17年+α
小学1-2年生の時、父の影響でTTG3強時代を熱く生きたが、テンポイントの死とともに、アンチ競馬ファンに。
しかし、ローカル競馬サークルの仲間の影響もあって、ビワ、チケット、タイシンの新三強時代から復活、現在に至る。
QRコード
QRコード
Club Keiba
  • ライブドアブログ