富士Sは的中なるも元本割れ・・・・
気を取り直して、「強い馬が勝つ菊花賞」は・・・

菊花賞

古馬対決で成長著しい強い馬
◎スズカマンボ
○ハーツクライ
▲ホオキパウェーブ
☆ケイアイガード
△オペラシチー
×ハイヤーゲーム
消コスモバルク

人気競馬ブログはこちら
スズカマンボの◎の理由なんですが、
朝日CCで見せたあの勝負根性に夏を越したことによる成長を感じたのです。

京都新聞杯 残り100m 勝った!と思ったその瞬間、
ハーツクライに足元すくわれた一戦。
結局、スズカマンボは一度もハーツクライに先着していません。
京都新聞杯の上がりタイムがスズカが33.7、
ハーツクライが33.4、見た目以上に差は歴然でした。

で、朝日CC。古馬相手に斤量も味方して見事な勝負根性に
ハーツクライ越えも可能かもと思ったのです。

展開的にコスモバルクがかかっていつもより速いペースになれば
切れる脚をもちつつも勝負根性を見せて、後方一気に追い込むハーツクライ
を首差凌ぐ・・・・そんなイメージです。

ただ、小生の格言に「武が別の馬に乗り換えたら、その元の馬は
勝てない」というのがあるので、複雑なんですが・・・・

消はコスモバルク。個人的にはホッカイドウ競馬の盛り上がりに期待して、是非優勝して欲しいともおもうのですが、あの掛かり癖は今回ちょっとタフすぎます。