2011年01月08日

2010年下半期ニコマス20選(3/3)

まいど! 2010年下半期ニコマス20選 参加記事ですよ!
なんかライブドアブログが字数オーバーとかだらしねぇこと言いやがるので
記事が3つになっちゃいました。まる。

20選のルールはこちらで確認してください。
基本、10年7月〜年末まで、1P1作ってとこです。
集計用リストは最後につけますので、集計人さんはそちらをどうぞ。

■■■ハイパーまこまこタイム■■■

 全国一千万人の真士諸君、お待たせしました!
もちろん最後は真打(まことうち)の登場でございますよ!
前半で終わったと思った? んなわけあるかい!w


★15 イチオシ!
【真誕生祭】 あいのうた アイドルマスター【バントマコ】
つまおP


 ダマされたと思って見てくれ。想像以上によくてビックリするはずだから。
このつまおPという方はあまり馴染みのない人も多いだろう。
ノーマルPVやエディテッドを作ってるPさんで、わりとどのアイドルもまんべんなく手がけている。
MADはまだ4本ぐらいかな? エディテッドを入れるともうちょい多い。

 でだ、こだわりのノーマルPVやエディテッドを作っている人というのは、
とにかくダンスとカメラワークとカットに凝るものでして。
そりゃ、そこしか攻めるとこないから当たり前なのかもしれないけど。
そんな培われた技術をコラボMADにボンと突っ込むとこんなのができますよ、というのがコレ。

 出だしがカラデイなのでああ万能説か、なんて思ったら大間違い。
このダンスからこのカットでこうつないで、あれ? ああそうか! えっ? とか。
ノーマル&エディテッド畑の人はとにかくダンスのつなぎの引き出しが多いというか、
ちゃんとつながらないのが我慢できないんでしょうね。
あの手この手でビシビシつないでくる。
カメラもガンガン動かす。抜かない強みを最大限に活かしてくるわけです。
普段ランキング上位に入るような作品をメインに見ている人や、
最近ニコマスを見始めた人にこれを是非見てもらいたいな。
そしてできるなら、いくつのダンスを組み合わせているか数えてみよう。


アイマスのダンス、ダンスPVの魅力がギュッとつまった一作です。


★16 菊地真 一選
【真誕生祭】それはね、真。
怪盗紳士P


 真で一本だけ選べと言われたらコレになります。
やっぱりね、アイマス2が発表されて、真が17歳になるということで、
どうしたって自分の原点を見つめ直すことになるわけですよ。

 ぼんやり考える。なんで真が好きなんだろう?

 今までもブログでたくさん真のことを書いてきた。いろいろ発見があった。
つらつら思うことがあり、考えてるだけで笑ったり泣けてきたり。

 そう、真の替わりはいないんだ。

 菊地真は生きている。薄い一枚の壁を隔てた向こう側で。
そこに真がいる。それ以上、何を望むものがあるだろうか。

 何もない草原。月と、月を隠す雲。 歌が流れる。 真はただ、踊っている。

 それだけで、この胸に生まれる感情は何だろう。
それさえあれば、大抵のことはどうにかなるんじゃないかな。


 知ってるか? 愛は質量保存の法則を無視するエネルギーなんだぜ。


★17 第二の仙人
【アイドルマスター】もらい泣き
くるわP


 仙人といえばkenjoPですね。ちょっと人知を越えている術を使えちゃうという。
おそらくこのくるわPもそう。普通じゃないことができてしまう。
この動画はいわゆるダンスPVの概念から完全に逸脱しています。

 くるわPにできる、普通じゃないこととは、表情の補完です。
アイマスの映像を使って動画を作る場合、大きな障害になるのが表情なんですよね。
ダンスはこれでいい、だけどこれ顔がなあ……という部分でボツになった動画がどれだけあるか?
ゾッとするほどあると思うんですよね。

 ただ絵が描ければどうにかなるのかといえば、そうではない。
ただ絵を描いただけではアイマスの映像と背景とうまく馴染んでくれないからです。
それも動かすとなればなおさら。

 それができる、という前提でなければ真にこの曲は絶対に来ないです。
千早かあずささんならあるでしょうが、真にもらい泣きは絶対ないと思っていました。
この作品の手描き部分を別の何かで補完するのは不可能でしょう。
だから発想の時点でこれが描ける目処がついていないと作らない。
他にも部屋着の発想とか、アイマスの衣装でどうにかしようと思っても無理。

 でもたぶん、それ以上にくるわPの仙術要素の主成分となっているのは「女の貌」だろう。
男がビクッとするような、女性が見せる瞬間。これを描けるかどうか。
それもアイマスに馴染む絵で。ハードルがどれぐらい高いかは絵師さんに訊けばいいよ。

 ところでこの歌がなんで真に来たのかというと、歌詞が複雑だからだと思う。
ショート版になっているからなおさらだが、フルの歌詞もかなり意味が分からない。
こういうの、真は得意なんだよね。「よく分からないけど」という枕詞が付く場合は真の出番だ。
おそらく、泣いているのは真で、もらい泣きするのは視聴者だ。
もし泣いているのがあずささんや千早だったら、意味を求めてしまうと思うんだな。
意味がなくていいのは伊織と真ぐらいじゃないだろうか。
だが伊織にはうさちゃんがいるからね。そういう意味で真になる。


 それにしてもあれだ。次でがっつり書く。


★18 20選ブレイカー
アイドルマスター 初めての恋が終わる時 菊地真
トカチP ぷっつんP にきーたP DSP 少年P


 真があまりにかわいいので「がばぁ!」したら、こうなりました。以上。






 ……という感想もありなんじゃねーかと真剣に考えましたw
この動画がうpされた時に、自分がツイッタで発狂していたのを何人か目撃しているでしょうが、
やりやがったなコノヤローッ! という気持ちで一杯でした。

 だってこんな記事書くのめんどくさい動画を20選の5日前(しかも年の瀬)に上げるんだぜ?
対処が間に合うわけがねえよ! で、今ものすごい困りながらジャストナウ。
一応、この記事の前段階としてコレがあるので読んでみてもよろしくってよ。

 さて、感情的なものはひとまず置いといて、この動画の成り立ちから語るべきなのかな。
作者が語るもんだろそんなの、と言われそうだがあえてワシがやる(キリッ

 これは命名するならば、「トカチPの遠心力シリーズその4」に該当する。
その1は「アイドルマスター 君の知らない物語 秋月律子」
その2は「アイドルマスター さよならメモリーズ 天海春香」
その3は「アイドルマスター マジックナンバー 秋月律子」
そして今回がその4である。

 アイドルマスターは繰り返す53週の連続体であります。
何週しても同じなわけです。ただしプロデューサーだけは記憶を蓄積していく。
そういうシステムになっている。

 しかしながら、遠心力というものがあります。
同じところをグルグル回っているとエネルギーがどんどん溜まっていくのです。
ハンマー投げや円盤投げの原理ですね。
アイマスも同じで、同じ周回を続けていくことでエネルギーが溜まっていく。
このエネルギーを利用して、繰り返す53週の外へ飛び出せないか、
というのが「トカチPの遠心力シリーズ」なのです。
※cha73が勝手に命名しているだけです! よそで使うと赤っ恥かくので厳重注意!!

その1では、実は律子は53週で自分の記憶がリセットされることに気付いていた、というお話。
その2では、春香がずっと伝えることができずにいた言葉をやっと言えた、というお話。
その3では、律子とPが53週のその先へ行ける日を信じて走り続けるというお話。

 ただの願望と言い切ってしまうことも可能だろう。
ノベマスでやればものすごく簡単じゃね? という意見もあるだろう。
でも違うんだよ。やっぱりアイドルは歌の力で飛ぶものだから。
歌なしで飛ぶことはできないんじゃないのかな。

 ちなみに、1〜3はまだ飛んだとはいえない。踏切りの一歩を踏んだ、ぐらいまでだ。
きっとまだそこまでしか遠心力は足りていないのだ。
いつか飛ぶ姿を、着地した世界を見る日が来るのだろうか。それは未来のお話だ。

 さて、ここで真の話に戻ろう。これはその1〜3と違ってバッドエンドのお話だ。
真は低ランクのアイドルで終わる。理由は真が望む「かわいさで勝負」したから。
無論、ゲームの低ランクエンドとは違うし、ゲーム中では真王子路線で売り出すことしかできない。
ゲームのAランクドーム成功エンドは、考え得る限りにおいて理想的なエンディングだ。

 しかし、真を女の子らしいアイドルとしてプロデュースすることはできなかったのか?
という道を探してしまうのです。自分は。
おそらく弱さなんですそれって。アケマスで戦ってきたPに言わせれば「現を抜かすな、たわけ!」だ。
今回の20選の6番目に選んだ作品の記述通り、真のPは自制を失ってはいけないのです。
アイドルを一人前にすること。それ以上に優先することがあってはいかんのです。
そんなの百も承知です。

 ところが、真は17歳になってイメチェンに取り組んでいる。
このことが隙を作り、この作品はピンポイントでそこに突き刺さってきたわけです。
女の子らしさを磨く真はどうなるのだろうか? 答えはまだ見えません。
しかし想像してしまう余地はある。
無印で100回、1000回と真をプロデュースしているうちに、
ポロッと「女の子らしさで勝負してみよう」というルートが出てきやしないのかと。
それが遠心力によって産み出されるワープゲートなんです。

 ええ、もちろんデストラップです。踏んだらバッドエンド確定です。
そのバッドエンドがこれ。真は引退。Pはクビです。

 真は失敗したのは自分のせいだって分かっている。だから去ろうとするんです。
さあめんどくさくなってきた! 真がなぜ黙って去ろうとするのか、
それはこちらの「tear」の記事を参照してくださいw
※軽く2万字ぐらいあるので無理に読んで、とは言いません

 真の中には男性的な感覚と女性的な感覚が同居しており、常に揺れている、という性質があります。
ゆえに行動や感性があちこちで矛盾するのが真独特の個性で、
それがシンプルには表現できない真だけのかわいさ、魅力になっているわけです。
ある時は男のようにスッパリ潔く、またある時は少女のように愛らしく。
油断していると不意打ちでハートをぶち抜かれる。それが菊地真というアイドルなんですね。

 でも、真に限らず人間なんてものはちょいちょい矛盾するもんですよ。
「俺は真をトップアイドルにするまで絶対手は出さない!」なんてさ、
言うのは簡単だけどホントにやれんのかっていうと、わからんぜ?
例えば100回プロデュースしたら100年だ。
100年で1回も変な気を起こさないと誰に確約できるんだ?

 さらに言えば、変な気起こすのと、起こさないの、どっちが正常だ?


 難しい。分かんない。確かなのは、人間はそんなに強くないよってことだ。


 いいお話だった。まるで映画のワンシーンのようだね。という褒め言葉もありだ。
むしろ正しい評価の仕方だといえる。それができない程度に自分は病人だ。
念のため断言しておくけど、自分はドーム成功エンドで真の王子様ですよ?
もちろんそれが全ての前提ではある。地面はそこにある。
なのに、想像以上に地面が揺れた。この作品でね。

 だって、真かわいいでしょう。どっからどう見たってかわいいでしょう。



わかったか! 何がだ


★19 ひびまこはなぜ特別なのか
【アイマスSP PV】 我那覇 響・菊地 真 「またね -M@STER VERSION-」
シスイP


 先に謝っておきます。シスイPごめんなさい。
並び順が悪くてずっとM-1優勝できなかった笑い飯ポジションですね、この19番目は。

 まず、「またね」のソロフルは10日のライブ限定CDにも収録されてない秘宝なのでそこんとこよろしく。
SPはあのショボグラだから見なくていいや、と思ったそこの君! そう君だよ!
なんという間抜け面だ! ピィィンときた!

 黙って10秒だけ見てこい。これは君が知っているSPではない。我が家にあるSPでもないぞw
ご存じない方に言っておくと、SPMADは現在、PSPの実機よりきれいです。
マジでこのグラだったらもっと売れたんじゃないのかと。

 それはよしとして、ひびまこについて語らねばなるまい。
パーフェクト・サンの春香、やよい、真を全部プレイすると、
やっと我那覇響というアイドルのことがほんのちょっとだけ理解できるわけです。
その中でも、やっぱり真編は特別なんですよね。真贔屓を抜きにしても。

 というのも、やっぱり春香とやよいは響と張り合えてないんですよ。
アイドルとしての総合力なら、もちろん春香とやよいも張り合えているんですけど、
響が競い合いたいもの、ステージパフォーマンスの実力と言えばいいんだろうか、
そういう競技的な面では春香とやよいを相手に響は本気で競えてないんです。
響のSPにおける強敵設定による部分も大きいんですけど、
結局、春香とやよいは目指している方向が響と違うんですよ。だから競うことにならない。
真だけが、響と同じコースで必死に競っているんです。
でもやっぱり真でも響を相手にすると分が悪い。
勝つとしたらボムの差しかないだろうな、って最終決戦まで思ってたぐらいです。

 だからこそ、あの結末はもの悲しくもあり、響にプロデューサーがいれば、とも思う。
自分が絶対にいつか響をプロデュースすると決めたのもそのせいです。

 全力で挑んで、同じ道を走り続けて、辿り着いたアイドルアルティメイト決勝戦がある。
Fランク時代に交わした約束。真も響も燃え尽きるほどに駆け抜けた一年。
それは2人にとって、青春の学舎のようなものでした。
こんなセリフ、真と響にしか似合わないでしょ?w

 そこで「またね」です。2人はアイドルアルティメイトを卒業しました。
この作品はSPの卒業式なんです。

 出会った瞬間から、真と響は同じように「あっ、こいつだ」って気付いちゃっていた。
追う真と追われる響。ムキになって、意地を張り合って、力の限り汗と涙を流した一年。
それを単純すぎるという人もいるけれど、この2人にそれ以上のものが必要だろうか。

 決勝で真に負けた響は、別れたあと何をするか知ってる?
映像で見ることはできないけど、その姿は自分にはちゃんと見えたよ。


 その瞬間、すでにアイマス2のユニットの2人目は響に決まっていたんだ。


★20 変身!
[MAD]We Can Change−From ポップン17−(真ソロ) 〜アイドルマスター〜
きゃのんP


 先に言っておく。北島三郎ポジションじゃないよw

 これはラストに置くしかなかったんだよね。事実上のスタートラインだから。

 7月3日って何の日ですか。

 真の日です。

 まあ、そうなんだけど5thライブの日でもあり、アイマス2の公開された日でもあり。
真が変貌を遂げた日でもあります。


 今年は色々ありすぎたのでもう忘れてる人もいるかもしれませんが、
5thライブのカウントダウンで、公式サイトで意味深なメッセージが
アイドル1人ずつ公開されていったの、覚えてますかね?
それを見て、真のP一同は少なからず動揺したのではないでしょうか。
やりたいことをやる、それって……?

 この時点では何が発表されるかわからない。
相当の覚悟を決めて発表を待たねばならなかったんです。
真はいなくなっててもおかしくなかったわけですから。

 きゃのんPのコレが投稿されたのが3日の午前2時。
10数時間後には運命が決まる。そんな時でした。

 100万の援軍を得た気持ちになったのは自分だけでしょうか。
We Can Change。ウィキャンチェンジ。ういきゃんちぇんじ。
何かが変われば、自分達も変わらなければいけない。
恐れることはない。俺達も変わればいいだけのことだ。
って、一番長く真と走り続けてきた人が示したわけなのさ。
そのわりにはソロがないかも→うげぇーッ! ってなってたけどもw

 自分は、コレを見てもし2に真がいなくても、ずっと1の真と一緒に走っていくと腹くくったよ。
それでもいいやって思ったら、すごく気楽になった。
もちろん、そうなっていたらどんな心理状態になったかは分からない。
真の声が変わっていたら、プロデュース不可になっていたら?
それでも本当に平気だったか? それは分からない。

 ただ、そうだったとしても16歳の真を失うわけではない。それは確かだ。
2には響がいる。響のためだけでも、2は絶対にやる。それも確かだ。
そんな心持ちで、7月3日に真が17歳になることを幕張メッセで知った。

 真がいる。それだけで嬉しかったよ。
髪型が変わったとか、そんなことよりそこにいてくれたことが嬉しかった。
変わると決めた真、ならばこっちだって変わらなきゃ仕方ない。
まあ、変わったのは体と髪型と趣味だけだったわけだけどw

 俺さんこときゃのんPはわりと無意識にミラクルを起こす人なので、
この作品も「あ、そういう意識はなかったっすな^^;」とか言いそうで困る。
さすがにちょっとは意識があったと思いたいw

 でも、ラストの指切りポーズはどうだろう?
「ボクも変わりますから、プロデューサーも! 約束ですよ」ってことだよな? よな?
違っててもそういうことにしとけ! な? じゃないとキレイに〆られないw

 あとこれはたぶんきゃのんPの意識には無いだろうけど、
この記念すべき日の衣装が真の正装であるゴシプリじゃないんだよね。
それもひとつの変わるという意志の表明であり、
着ているのがプリズマティック・スワンなのは、何色にでも変わってみせるという意気なんだ。

 これを7月3日に投稿できるプロデューサー、それがきゃのんPなのです。
あんまり動画で物語るタイプのPじゃないと思ってたでしょ? そうでもないんだよ。


解読するのに真というロゼッタストーンが必要なだけなんだ。




■■■サムネ1選■■■

HBP


 プロレスファンはプロレスファンなんだけどもさ、またバカな疑似m@sを……なんて普通はね、
思うわけなんだけど、悪いがルチャだけは別。トペのようにクリックしたさ。
だいたい、エル・サントの価値が分かってる人がどれだけいるというの?
自分にとってはルー・テーズ以上ですよ。
日本ではミル・マスカラスが有名ですが、この映画で見ての通り、
マスカラスはサントの子分程度なんですよね。

 ちなみに日本ではラーメンマンの必殺技として有名なキャメルクラッチは
カバージョという名前でエル・サントの必殺技であり、
ルチャ・リブレの世界ではエル・サントと
息子のエル・イホ・デル・サントしか使わない神聖な技となっている。
だから何だと言われても困るw

 秀逸なのは雪歩のイメージカラーとサントのシルバーがベストマッチしているところ。
こういうところは重要だよね、特にサムネとなるとね。



=集計用リスト=
【VRF2010】2960-05「閃」
2960P
アイドルマスター 【タマシイレボリューション】
under79氏
NovelsM@ster - 真がともだち
velvet氏
【アケマス】菊地真 ナツノハナ【今までありがとう】
名も無き真士
アイドルマスター 君の愛に包まれて痛い 菊地真
ray氏
アイドルマスター 真 玩具のような振る舞いで
ろーじな氏
淋しい熱帯魚
吊…氏
【ノベマス】アイデレ彼女【その1】
今はまだ未定P
すばしっこくて陽炎
シチューの人(qb氏)
【みんな、しわっす!3】千早 PENETRATION【シューターホイホイ】
鈴木直人P
【魔王エンジェル】 Thriller 【MMD】
鼻8P
[NONOWIRE10] サマーヘイズ
ぐぐるP
アイドルマスター『花咲く旅路』@あずさ
ぎみっくP&ホルダーP
アイドルマスター 「運命の人」 千早
音P
【真誕生祭】 あいのうた アイドルマスター【バントマコ】
つまおP
【真誕生祭】それはね、真。
怪盗紳士P
【アイドルマスター】もらい泣き
くるわP
アイドルマスター 初めての恋が終わる時 菊地真
トカチP ぷっつんP にきーたP DSP 少年P
【アイマスSP PV】 我那覇 響・菊地 真 「またね -M@STER VERSION-」
シスイP
[MAD]We Can Change−From ポップン17−(真ソロ) 〜アイドルマスター〜
きゃのんP

サムネ一選
HBP
【疑似m@s】ルチャ・リブレの英雄「サントも言えるよ」【MA2雪歩新曲】


=以上です。お疲れ様でした=

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cha73/1411774
この記事へのコメント
20選乙です。
くっそー、俺の作品差し置いてパオトの作品選ぶとかマジうぎぎだわ。
しかも動画の要素を読み切ってこれ程の長文書きやがるとか
紹介系ブロガー諸氏の嫉妬の声が聞こえてきそうですよw。
20選候補に挙げていた動画や作り手さんが結構入っていたのは
結構嬉しかったですね(吊…さんとか、under79さんとかぐぐるPとか)
こう、気の合う人と言うか、感性の合う人がいると言うのは楽しいですね。
シューターは変態→春雨は変態→
春雨とcha73さんは感性が近い→cha73さんも変態
つまりはそういう事だなw。
Posted by wingeddeath at 2011年01月08日 13:20

コメントする

名前
 
  絵文字