2009年02月10日

初☆作品紹介☆ BY THE MEREST CHANCE  少年P

 はいっ! このたびまこ専ことcha73は、
初めて祭り以外でニコマス作品紹介をします!
リンクもないようなブログもどきで申し訳ないのですけど、
紹介せずにいられないんだからしょうがない。

作品はコチラ! 当然ながら真作品ですよ!

少年P作

 自分は思いっきりリズム音痴なので、シンクロってよくわかってません。
でもこれだけは間違いなく言える。この作品のリップシンクロは完璧です。
完全に真が歌っている。タネ明かしをすれば、口の動きを全部切り張りして
合わせちゃってます。およそ4000枚の手作業だそうですよ!

shonen1いきなり完璧に歌う真












 そんな地道な作業が何のために行われたのかというと、少年Pいわく
「いい曲とそれを歌ってくれる真がいる」ただそれだけのために。

 こんなのまこ専が感動しないわけないじゃない!

しかも! しかもだ! 一部の隙もなく真が美しいわけですよ!
スローナンバーといえば蒼い鳥、9:02PM、my songの出番ですが、
これらのゆるやかに流れるような動きに完璧なリップシンクロが融合すると
それはそれはもう、言葉のかわりに涙が出てくるほど美しい。

shonen2歌のない9:02PMの
イントロ部分も歌う真










 この曲は英語なのですが、それだけにいわゆる歌詞に合わせた演出もなく
ただただ「歌うという行為」にすべてが集中しています。
で、あるにもかかわらず、真が歌う姿そのものが芸術として存在している。
アイマスにはダンスがあるのが当たり前。だからちょっと忘れていましたね。
歌を歌うという行為もまた、美しいのだということを。

 そんな真を明るく照らす輝きと、響き渡る鐘の音はまるで福音のよう。
見るときっと今年一年、いいことがあると思いますよ。

shonep3さあ、光よ!












<紹介文はここまで。以下、長文の好きな方のみマウスドラッグ反転どうぞ>


 えーとですね、少年Pは08年1月デビューのPさんで、東京少年を真でやれたら
幸せ、というコメントから「少年P」の名前がついたPさんです。
ご自身がブログで語っておられるように最初はホントに何の知識も経験もなく
始められたそうで、ちょっとした工夫で手に花を持たせたり、傘を持たせたりと
小粋なテクニックを披露してくれるものの、ノウハウ不足から部分的には
すごく光るものがありながら、一作全体を通して見ると息切れするというか、
アタマからお尻までの構成がうまくまとまらない、ということで
「構成が残念なP」というタグがついていた時期もありました。
少年Pもデビュー当初はどうすればよくなるのか悩み、
動画にて視聴者の意見を求めておられました。
 自分は真のPさんであるということと、「あっ! 今のすごい!」と
素直に思える小技が好きで、なんとしても少年Pにはもっともっと
いい作品を作って欲しいと思い、あまり役に立たないアドバイスコメを
書いたりしていました(ちゃんとはげましの言葉も書いてたよ!)。

 少年Pは作品の作者コメントでもわかるように、だいぶ自虐的というか
デビュー当初の雪歩のような自信のないタイプ、なんですね。
でありながら同時にものすごく頑固で、自分の作品にいつも疑問を持ち、
もっとよくできたはず、でもどうすればよかったのか、と
悩み続けるという性分で、これだけのことをやれてるのになぜ!?
と一視聴者として思っていました。

 典型的なのが「佐野元春香」です。このタグの元祖はロックフェス初日に
少年Pが投稿した【Nicom@sRockFes08】99Blues 春香で、
その出来映えは全国のニコマスインディビデュアリストを歓喜させました。
元春のマインドと春香らしさが見事に融合し、ドライブ感のあるダンスで
駆け抜けるライブステージは、下半期20選にも選ばれていました。

 ところが、この「佐野元春香」を、
少年Pはたった2作で「もう作らない」とやめてしまうのです。

 また、MSC3で真が魔法の靴をはいてステップを踏む作品があったのを
覚えているでしょうか? これも実に少年Pらしい小粋な技がほどこされていて
とても真がかわいいのですが、残念ながら予選落ちで、
単品うpは提出された1:09秒だけで未完成でした。
※この作品は完成させると約束してくれたので真士は気長に待ちましょう。

 さらに、年末にうpされた【アイドルマスター】 クリアレイン 【岸田教団】
に至っては、これほどの作品を作っておきながら、
「宿題ノート丸写し」みたいな後味の悪さ と反省の対象物にする有様。

 これで自分としてはすごく少年Pを推したいのに
「何をどう推していいのか」わからなくなってしまい、
自分の20選に入れられなくなってしまいました。
少年Pが目指しているもの、納得できるものとは何なのか?
それを必ず見せてくれると信じて待つ、そう決めたんです。
※こんだけ推してる自分が20選に入れてなかったことが
少年Pは大変ショックだったようで、
「cha73さんは本当にあのchaさんなのですか?」と確認されてしまいましたw
紆余曲折ありましたが真意を伝えることができ、誤解も解けてよかったです。
細かく書きませんが、20選マラソンがんばった意味もあった!
少年Pの作品を選んでくれた皆さん、本当にありがとう!

 ちなみに少年Pは下半期に7作の完成品があるうち、
5作品が20選に選ばれました。票数こそ少ないものの、
平均再生数1000ちょいのPとしてはちょっとした快挙だと思いませんか?

 そして、今回のこの【アイドルマスター】 BY THE MEREST CHANCE 【鈴木結女】
につながるわけです。本当に、言葉では言い表せないほど難産だったと思います。
地道な作業です。それを完成させたとしても、きっと埋もれるんだろうな、
そんなことを考えながら、でも一歩一歩進んでいったのだと思います。

  何を大げさな、遊びに熱くなりすぎだろーよ。
  やったところで、明日から有名人になるわけでもないだろーよ。

そうかもしれない。だけどね、
誰かにとっちゃガラクタでも、別の誰かにとっちゃ宝物になるものだってある。

 自分はただの視聴者だけど、バカみたいに感激したんだ。
だから今日の仕事がグダグダになるのを承知で朝の7時にこんなの書いてる。
バカがバカに惚れたんだからしょうがないじゃないか。
いいよ、一日ぐらいこの作品に生活時間を振り込んでやる!
そしてここまで読んだバカを仲間にしてやるんだ!




 もうね、最近自分がきめぇのに慣れてきたw

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cha73/710911
この記事へのコメント
こんばんは。少年Pです。
お仕事大丈夫でしたか?ちょっと心配ですが…。
来るのが遅くなってしまってすいません。この動画を紹介していただいた方々のところへお礼参りしてたので…。「なんでここが最後やねん」というつっこみは、スルーさせていただきます(笑)

cha様の初紹介作品に私のようなものの動画を選んでいただきありがとうございます。なんか「ありがとう」というより「こんなんで本当によかったんですか?」というような思いです。

この動画をUPしたのは日曜日の昼ごろだったと思います。
自分の予想に反して、たくさんの方々に見てもらった、マイリストにも入れてもらった、ブログにコメントもいただいた、でも、何か足りない。ものすごく重大なことが足りないと。
そんな気持ちで日曜日・月曜日を過ごしてました。
そして、火曜日の朝のここです。
感激とかそういうものを通り越して、ディスプレイに向かって手をあわせてました。

「ありがとう…」

それ以上、言葉が出ませんでした。

cha様の都合も考えずに、「まだこない、なぜこない」とか思ってた自分が本当に恥ずかしいです。本当にすいません。
Posted by 少年P at 2009年02月11日 01:40
>字数制限にひっかかたので続きです

さて、「しばらく休む」件については、UPできた開放感と頭痛がひどかったので書いてしまいましたが、マグロ・カツオの類と同じく「とまってしまったら死んでしまう」ので多分なんか作っていくと思います。「弱小P」に休暇はありません!

今回の動画を作ったことで、「一つの答え」に辿り着いたと思っていますが、それはほんの「一つ」に過ぎないと思います。「たどりつくといつもそこには川が横たわっている」です。またこの川を渡っていかなくてはなりません。おぼれないように注意します(笑)

長々とろくでもないことを書いてすいません。cha様判断でこのまま残していただいても削除していただいてもかまいません。

もっともっと尽きせぬ思いはあるのですが、このへんでやめときます。

なんかもっと気の利いた言い回しができればいいのですが、「本当にありがとうございました。これからも温かく見守ってやってください」と言う言葉で終わりにしたいと思います。

私も1作品作ったので、cha様にお願いです。
cha様のニコマスに対するその原動力は何かということを、1ページの字数制限ぎりぎりまでの長文で書いてください。お願いします。

では。少年Pでした。

Posted by 少年P at 2009年02月11日 01:41
>>少年P
いやあ、ここのコメント欄で字数制限に引っかかった人は初ですw
さらにいうと、一介の見る専なんぞにお願いをしたPさんも初では?w
初ものは目出度いと江戸時代からいいますし、
よろこんでやりましょう! 1ページの字数制限ぎりぎりですね。
だいたいの分量がわかるあたりが中毒者たるゆえんですかねえw

また、今最近の出来事のひとつに「ガッ!」しなきゃいかんかも、と
思っていたこともあるので、ちょっとだけ気合いも入っているところ。
期待に添えるよう、1万5千字、全力でいかせていただきます!
・・・長いけど、読んでねw
Posted by cha73 at 2009年02月11日 02:47
5
chaさんからおすすめいただいたのでw
拝見させていただきました。

感想ですが、ただの一つに塗りつぶされてしまいました。
「chaさん、もうすんごい嬉しいだろうなぁ」です。

変な感想ですみません……
ですが、chaさんが以前から少年Pを推しておられたことや、
もちろん、本エントリの記述からも、
本作を拝見することで、chaさんの喜びを実感できるのです。
だって、ねぇ。こんなの見せられたら……嬉しいですよねぇ。

chaさんの本文、私自身に類するような記憶もあり、
(「私大絶賛なのに、作者自身によってダメ出し」とかw)
また、私には真似できないことへの、うらやましさもあり、
(お二人の深く熱い交流に、横からコメント書くのは、
 場違い感があふれてしまいますw)
そういうのを全部ひっくるめて、
同好の士として喜びを共有できることが、私にはとても嬉しいです。

それでは、お二人が今後ともご活躍されることを期待しましてw
Posted by グレゴール at 2009年02月11日 03:36
5
こんにちは、wanohanaです。
少年Pの新作を見た瞬間から、cha73さんの記事が読みたい!と思っていました。愛情と情熱がこもった素晴らしい作品に、それを全力で受け止める熱い記事。最高です!ありがとうございました!
少年P自らのリクエストによる長文記事も非常に楽しみです。
Posted by wanohana at 2009年02月11日 10:38
まいど! 気付いたら昼でしたw なんだこの挨拶はw

>>グレゴールさん
もうすんごい嬉しいです!
言葉になんないものを無理矢理言葉にしてる感が
たぶん伝わっているのではないかとw
グレゴールさんはすごくその言葉になんない部分が
わかってくれてるんじゃないかなー。
なんだろね、スラムダンクの客席で花道を応援してる
元不良のキャラ、みたいな感じなんだろうかw
コートにもベンチにもいないけど、という。そんないい役じゃないかw


>>wanohanaさん
実は作品を見て、少年Pのブログに行って、そのあと
もう誰か記事書いてたりしないかなと思ってググったら
wanohanaさんのブログでもう書かれていて!
それで読んでコメントを、と思ったところで
いかん、自分で記事書く前にコメントできん! と、
せっせとこれを書いたんですよ。
いやー、ホントお見それしました! そしてありがとう!
文字量限界記事ですが、すっごい長いよ!
20選の時は動画アドレスとか画面に出ない文字があったけど
今回はほぼ無いですからw
もうちょいで出来上がるから、できたらみてね。
って気楽に言える長さじゃないですホントw
Posted by cha73 at 2009年02月11日 12:59
ご褒美いただいたので見たよ!
ガツンと来たよ!

全く貴方って人は「熱血」という言葉が似合うなあ。
松岡も裸足で逃げ出すよ!その熱さの前には!

15000字、今からwktkして待ってますよ!
Posted by wingeddeath at 2009年02月11日 19:31
コメントしたいけどでも私ごときが・・・、と一日迷って、結局来てしまいました。
この作品には、「感動」の二文字以外は出てきません。真がそこにいて、歌っているということが全て。とてもストレートに伝わってきますし、自分自身も感じました。
見終わったと同時に、満杯だったマイリストの枠をひとつあけて、この作品をお迎えしましたとも。(実は未プレミアなのです・・・)
cha73さんの記事を読んでその熱さにまた感動、少年Pのコメントを読んで更に感動。Pと視聴者の素晴らしい交流に私も胸が熱くなりました。

今後も、お二人のご活躍を応援していきます。
cha73さんの熱い熱い記事も楽しみにしてますね。
Posted by 文月 at 2009年02月11日 23:08
少年Pの作品拝見しました。
chaさんの言われたとおりですね。真が歌っていると当然のように思わされる演出。
少年Pの言われていた「普通」を感じました。歌っている事の存在感が強かった。
chaさんがスクリーンショットに選んだ3枚目のポーズで引っぱる部分は素晴らしすぎる。
あのゆっくりした動きがその重さというか重厚間を持ってますね。

そしてchaさんの記事にも感動した。
紹介記事であり生々しさ(もちろんいい意味で)の伝わる最高の感想文ですね。
自分がめちゃくちゃ感動してもうどうにも言葉に出来ない時にこそ感想を書きたいと
思う自分にとってはchaさんの思いの強さがひしひしと感じるこのエントリを見て
同じく嬉しい。1文字1文字に力が篭ってるって分かります。
もう1回作品を見て、ああこれがchaさんの心を揺さぶったのかと思うとまた違った味わいがありますね。
wingeddeathさんの言うとおり、chaさんの熱さは修造をも越える。
1万5千字、楽しみに待ってます。
Posted by arakawa77 at 2009年02月11日 23:14
5

あぁもう・・・少年Pとchaさんは、沢山あるPと見る専の関係の、一つの到達点だなぁと。
少年Pのここの書き込み見て思いました。

他の方が書き込んでいる事に同意です。めちゃめちゃ熱い。
むしろ熱いって一言でまとめるのが失礼に感じるほどの情熱を感じます。
また3月の終わりあたりに飲み行きましょうw(唐突)

それにしても少年Pのこの作品は素晴らしい・・・
この空気はあずささんしか出せないと思ってた。でも出せるんだね。
Posted by ショコラ at 2009年02月11日 23:56
>>春さん
ついに修造さんと比べられるとはw
あの人にはかなわないよとてもじゃないけどwww

まああれだ、春さんはとっくの昔にバカ仲間リストに入ってるから!
1万5千字はお経を読む罰ゲームみたいなものとして覚悟セヨ。

>>文月さん
hahaha! 読んじゃいましたね? 最後に書きましたよ?
「ここまで読んだバカを仲間にしてやるんだ!」
はい! バカ仲間リスト入り決定!w 今後ともヨロシク!
マイリストは500でもたりなかったし、やりくり大変ですよね。
そのために自分はプレミア入り

ニコマスwikiにヒット作を掲載してマイリスをあける

このブログもどきを作ってマイリスの代用に作品を格納

という道を歩み、今はマイリス枠が拡大されうっはうは! ですw
プレミア無理ー! という場合はタダでブログ作るのも手かな。
何か祭があった時にも使えますしね。
ちょいめんどいけど役にも立つよ!

>>arakawa77主任
主任も作品紹介のテンション高いよねw
なんかうおおおおおお! って叫んでるだけの記事とかあったしw
ホント、何でもいいから外に爆発する熱を出したい、って時がある。
今は自分もココでそれができるんだけど、それもこれも
多数の見る専ブロガーさんのおかげ。
前例がなけりゃこんなのできなかったですもん。
真似にもなってないけどw
見る側の熱に反応して「じゃあちょっと見てみようか」って
誰かが感じてくれたら、うれしいですよね。1人でも、1匹でもw
Posted by cha73 at 2009年02月11日 23:57
>>ショコラさん
ほぼ同着だったのねw

自分でも「こんな関係ってあり得るんだなあ」と
謎というか見たこと無いですねえ。
少年Pのブログでのコメントでのやりとりでも
ちょこっとあったんですけど、
2人とも「めんどくさい」性格みたいでw
ものぐさってことじゃなくて、
「ここが納得できないと進めないんだよ!」みたいな。
頑固なんですねw
そこ以外は正反対なんじゃないかって感じですけど。
少年Pはすごく丁寧で腰の低い方で、
自分はエセ修造ですからw

これでリアル友人でした、とかだったらなるほど、ですけど
残念ながら住んでる地方からして違うw
とりあえず1万5千字書いたら「様」は卒業してもらうっとw
Posted by cha73 at 2009年02月12日 03:13
5
こちらにコメントするのは初めてですね

少年Pのブログでお二人のやり取りを眺めてますと
たまに羨ましく思う時がありますw
自分は眺めているだけだったりするわけですががが


今までの製作された作品を見返してみると
真の弱の部分を上手に表現できるPさんなのかなと
自分は少年Pをそんな風に見てたりします

心に何か残るものを作ってくれる少年Pは
本当に大切なPさんの1人です
Posted by medic at 2009年02月12日 03:41
>>medicさん
生主! 生主! ようこそw
ちゃんと見てくれている人がいるのはすごく嬉しいことです。
自分も見てる側ですけどw

 視点がミニマムになる是非というのもあるんですが、
自分としてはダンスであったり、表情であったり、
演出であったり、それらで何を表現するのか、
ということにすごく注目していまして。
音楽や絵画でもそうですが、
決して明るい、楽しい、だけではないと思うんです。表現て。
それとは違うものもあっていい。
蒼い鳥や9:02PMなんてまさにそうですよね。

 少年Pは弱さと対決できるPさんです。
再生数やマイリストが広さを測るモノサシならば、
深さを測るモノサシがほしい。
システムにならないものだから、しょうがないんですけどねw

Posted by cha73 at 2009年02月12日 05:26
少年Pです。
コメントがうまく入らないのですが…。
Posted by 少年P at 2009年02月14日 14:31
どもども

再生数やマイリストが広さを測るモノサシならば、
深さを測るモノサシがほしい。

このコメントにホイホイされてまた来ちゃいましたw

動画のデータでは図れないほどの衝撃を受ける作品ってありますよね
いい年したおっさんがぼろぼろ泣いちゃったりするんですw
そんな素敵な作品が沢山ニコマスには存在してて
だから夢中になっちゃうのですよね
Posted by medic at 2009年02月15日 09:19
>>medicさん

変な話、最近は映画やゲームをやってても
そうそう涙腺に刺激を受けないんですが、
ニコマスはワサビか唐辛子のように効くんですよねw
理由はわからないんだけども、
間違いなく今一番心に刺激を与えるもの、です。
目なんてものは干からびたドライアイよりも
少し潤ってるぐらいが丁度良い。花粉対策にもなるよ(嘘)!
Posted by cha73 at 2009年02月16日 19:04
どういう意図でお書きになったかは知りませんが、勝手に自分の名前を出されるのは不愉快極まりません。
そもそも私の作品なんて見てもいないでしょう?
あなたにとって、私は要らない存在ですから、口にも出して欲しくないです。
前々から言おうと思ってましたが。
Posted by もにょわにょP at 2010年08月14日 01:28
訂正をいたしました。
大変ご迷惑をお掛けいたしました。
Posted by cha73 at 2010年08月17日 06:11

コメントする

名前
URL
 
  絵文字