2009年06月02日

じっくり語り語られてみようNo.23

 RDGさん主催のイベントじっくり語り語られてみよう第三期 への参加記事です。
辛口の記述もあるかと思いますが、
ご了承のうえで読んでいただけるとありがたいです。


今回の作品はコチラ。museP作

聖地ですよ! 聖地!

musePのお題はこんな感じ。
基本的には自由に語って頂いてOKですが、
可能であれば
「エフェクトや 765comm@ndに極力頼らないこの作品、
どこに魅力を感じましたか? 
物足りないのはどこですか?」
「あなたの考える“この作品に登場する春香”のPってどんなヤツ?」
この2点が含まれていると嬉しいです。



=と、いうわけでいってみよ!=

 この作品の魅力は、春香そのもの。
…ってまあほとんどの語り手さんが書くでしょうね。
自分もそう思う。極端な言いぐさかもしれないけど、
アイドルの本当の魅力を引き出すにはむしろエフェクトは邪魔な気がする。
誰もね、エフェクトを見てアイドルを好きになったりはしないんだ。

 この動画を見て真っ先にシンクロがどうのとか、
エフェクトがどうのとか言い出すとしたら、
ちょっと見方がおかしいと言わざるを得ない。

その前にはるるんかわええ! だろ。

むしろ春香がかわいい、以外のことは何もわからなかった、が正解だ。
それをほじくって解読するのは野暮ってもんだろう。

 まあ、だからこそmusePはそれをあえてリクエストしてきたと。
だからしょうがなく、しょうがなくだぞ!
しょうがなく何でこの春香がかわいいのか、
理屈こねこねコンパイルしてみよう。

 まずタイトル出しのところで春香がお料理衣装になっている。
曲名は「10th anniversary」だから、一瞬で「あ、春香は嫁かー」とw
かと思いきや、ちょっと違うんだな。

あなたに内緒で 今日を記念日に決めちゃいました

 何の!? ええ、これから一生記念日となり続ける特別な日に、ですね。
そんな大切な日をこんな風に茶目っ気たっぷりに春香が切り出せるということ。
もうこれだけでこの作品は99%出来上がっていると言ってもいい。

 蛇足と承知で書いておくと、春香と別れて10年が過ぎ、ある日春香は
「今日は記念日にしますよプロデューサーさん!」
と言ってきたわけだ。
 何の記念日か言わずに乾杯し、春香はあの日の言葉をもう一度、
いや、上手く言えそうにないので一曲歌うわけです。
さて、何を歌う?


サビの前のとこが特にいいよね
きゅんときてほろり泣ける


さあ何だ? 何の曲だ?
真っ先に思いついたのがコレだった。

 サビ前がほろり泣ける?
ああ、信じられないくらいにね。
この作品の、春香が言葉にできず歌に託した10年分の想いを乗せてみなよ。

だけど今は運転中 横顔を見つめていよう

ごめんねほんとはもう少し一緒にいたかったんだ

もうすぐでさよならだね 今日ねすごくね
むちゃくちゃ楽しかった ありがとダーリン


この歌って、こうして聴くと
愛する人の胸に飛び込めなかった彼女に
とても似合ってしまう歌だと思いませんか。
さらに、後半のサビには、

ずっと ずっと ずっと ずっと ずっと ずっと 側にいて

とあるんですが、「もうすぐでさよならだね」なのに
「ずっと側にいて」という歌詞があるということは、
この曲のとってもとっても……という愛情を全弾発射するようなリリックは
ダーリンに対して「言えてない」んです。秘めた想いなんですよ。


それをね、10年過ぎてね、

今日は記念日にしますよと言ってね、

プロデューサーにね、

書いてて泣けてきた! チクショー


 失礼、妄想でしたw わっほいわっほい!
まー皆さん的にはまっすぐでも何でもいいですよ。春香は歌うわけです。
それでこの10年がどんな10年だったかが鮮やかすぎるほどに伝わってくる。
今度は絶対に大丈夫だと春香は確信しているということが。
見る側はそれだけの日々を積み重ねてきたことがわかるんですね。

123456789&10Yearsと、次々と姿の変わる春香は、
きっと1人で歩いてきた日々の姿だ。
でも彼女はちゃんと見守られていることをわかっていたし、
辿り着くべき未来を信じ続けられたのだろう。


 夫婦はだんだん似てくるという。
これはPとアイドルにも当てはまる。
自分が春香とPの別れについて自分なりの結論としていることは、
「本当のトップアイドルとなる夢は、Pと春香が二人で見た夢だ」
ということ。
それは1年の活動で成し終えたものではなく、
ドームのまだずっと先まで続いているものだ。
春香が笑顔で去ることができたのは、
Pと春香の夢がまだずっと先まで続いていることを彼女もPも理解し、
信じることができたからだと。
…他の選択肢がない言い訳にはならんけど。

 だがこれだけは言える。10年の間、Pと春香は同じ夢を目指し、
同じゴールに辿り着くことができた。
そして彼女と彼は気付いたら似た者同士になっていたはずだ。

 おっさんに言わせりゃ、側にいなくても支えられるんだよ。
耐えられず側にいてくれる人に溺れるのも人間だけど、
それを乗り越えられるのが天海春香と、
彼女と結ばれるに相応しい者だと思うんだな。

 だから、この作品に登場するPは春香とよく似た奴でFA。
彼女とずっと同じ気持ちで10年を駆け抜けることができた者だ。
 そうじゃなけりゃこんな風に
春香が何の恐れも疑いもなく記念日を決める、なんてできないね。


=まとめ的な悪あがき=

 あれ? ちょっとあっさり風味? かも。
30%ぐらいは別の曲のこと書いてるしw
でもね、春香が歌う歌をイメージすることは、
この作品を見る上でとても大事だと思うな。
これがスッと思いつくか、否か。ふふ、試されてますぜ、皆の衆w

 魅力は、そうだなあ。10年という時間を感じさせてくれること。
このうえなく春香を幸せにしてあげられるPがここにいること。
他に足りないものなんてあるのかな?
メガネ……は、無くていいよねこれはw
無理矢理ひねり出すなら、
作者コメの10に0を2個ほど足して、作者の寿命が足りないとか……
お後がよろしくないようでw



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cha73/853514
この記事へのコメント
3
早いよ!長いよ!熱いよ!はるるん可愛いよ!!
そうか、「あの曲」かぁ。なるほどなるほど。
Posted by wanohana at 2009年06月02日 16:26
>>wanohanaさん
まいど! まさかの一番乗りですよ。初ですw
早かったのはたぶん、自分の春香に対する意識と
この作品がとても近かったからじゃないかなー。
「あの曲」はまっすぐさんより先に、一瞬で出てきたよ。
こういう時のヒラメキって、だいたい当たってるもんだったりw
我ながらすごく気に入っているというか、この曲が好きになった。
ヒ●●エの歌手デビュー当時はバカにしてたんだけどなぁ。
人生ってふしぎ!
Posted by cha73 at 2009年06月02日 19:35
ども、こんにちは。作者です。

早速良い記事をありがとうございます。今朝出社前に読ませて頂いたんですが、作者という立場以前に、なんだか一春香ファンとしてほっこりしてしまいました。

細かい返答記事は語り記事締め切り後にブログにアップさせて頂きますので、しばらくお待ち下さいませ。
Posted by muse at 2009年06月02日 21:44
>>museP
お早いご来場ありがとうございます。
どーも自分の刀には刃がついてなかったようで、スミマセンw

皆さんの語りも楽しみですね!
Posted by cha73 at 2009年06月03日 02:40
いやはや情熱の文章です。
火傷してしまう位に、アーチーチーアーチーでございました。
実に素晴らしい内容で。

>その前にはるるんかわええ! だろ。
>むしろ春香がかわいい、以外のことは何もわからなかった、が正解だ。

激しく同意でございます。
春香の「目ヂカラ」をとことんまで引き出して、
ギュッと固めたらこの動画になった。
と言う感じがいたしますですね。
Posted by tenten at 2009年06月03日 23:05
>>tentenさん
ようこそ!
目ヂカラ、そう目ヂカラですね。
視線を感じる作品はいい!
それが演技ではなく自然に見えることが
春香作品ではとても重要な気がしますね。
何にでも染まってしまうだけに。
dbdbP、どーですかね? なんて振ってみたりw
Posted by cha73 at 2009年06月04日 01:13
直接記事に関係無いコメントで失礼します。
(でもはるるんがカワイイ作品は正義。)

はじめまして、そしてお久しぶりです。
2月の記事「見る専cha73がニコマス好きな理由。1万6千字の旅」にて見る専Mとして書き込んだ者です。
ニコマス視聴者最後の一人の座は渡さないぜ!ってヤツです。

あの記事に影響されたにしてはあまりに遅すぎる反応ですが、ニコマス感想ブログを立ち上げてしまいましたのでご報告に上がりました。
今更ですが、好きな作品について思う存分好きだと語れる場があるっていいものですね。

きっかけを与えて下さって有り難うございます。
ブログにリンクを張らせて頂きましたので、合わせてご報告させて頂きます。
Posted by LEM at 2009年06月07日 17:50
>>LEMさん
おおう! あの時の! ライバル来たッw
ご丁寧にリンクのご報告までありがとうございます。
どんな作品を語るのか楽しみに急行しますよ!

自由に書けること意外にも、いろいろ便利なこともあるので、
必死に更新しないまでもスペース持っておくといいですよね。
卓球Pの上半期20選も告知されましたし、GOGO!
Posted by cha73 at 2009年06月08日 00:09
>>LEMさん
業務連絡業務連絡!
LEMさんのブログにコメを残そうとすると
数字認証で弾かれてしまいます。
何回やってもダメなのですが、なんででしょうかね?
ご確認願います! (実はコメできないの2回目です)
Posted by cha73 at 2009年06月08日 00:33
ライバルとして認識頂けるとは嬉しいものですw
感想を書こうとしても、文章力というか語彙力不足を痛感して、ただひたすら作品が好きだと語るだけの内容になってしまっていますが(汗)

ブログの方、お手数をお掛けしてスミマセン。
若干修正を加えてみましたが、いかがでしょうか?
Posted by LEM at 2009年06月08日 02:42
>>LEMさん
okでした。今後ともヨロシク!
Posted by cha73 at 2009年06月08日 21:41
こちらにコメントするのは久し振りですねw

読みました。
やっぱり熱いですね!たまんなく素敵な熱さでもって春香に対する想いが伝わってきました。
歌の部分は、実は思いもしませんでした!
いやだって、むしろ曲を聴く春香とPの姿を思い浮かべるのに必死だったもので。
そうか、その曲かーっ!と悔しい思いが……w


>LEMさん
また新しい感想ブログさんが!と思いきやあの時の方ですかー。
自分も同じ記事にてこうしていられるので、なんだか親近感がわいてきますw
またブログの方にお邪魔しますが、よろしくです!
Posted by wasabimoe at 2009年06月11日 02:38
>>wasabimoeさん

最近活発でなによりですw
少しずつブログ持ちの方が増えてきて、良い感じですね。
しかしこの春香はやばいねえ。惚れ、おっと真が来たようだ。

そこで見てる君! そう君だよ! ほう、何といい(ry
ちょっと、ブログやってみなさいw

Posted by cha73 at 2009年06月11日 23:12

コメントする

名前
URL
 
  絵文字