2009年07月24日

卓球Pがロックで酔っぱらいがフェスった

あのね、記事ってのは書かなきゃならん時っつーのがあるんよ。

これ! 見てよ!

卓球P作


 ニコマスロックフェス09開催ですよ。
でもって、ミッシェルガンエレファントのギタリスト、
アベフトシが亡くなっていきなりですよ。

 自分、そこまでファンじゃないんです。
でもこの巡り合わせにまずガン! とぶん殴られてね。
最初に動画を見たとき、自分には語れねえタイプの作品だと感じた。
難しいっていうか、音をどう拾って映像にしてるかっていうのが
普段シンクロなんて気にしないで見てる自分にはわかんねえなと。

 でも、ずっと見てるとこう思えてきたんだ。
これって、綺麗につくるもんなのかって。逆じゃないのかと。
そりゃね、カッコよく作んなきゃいけないだろう。
でもカッコよけりゃあとは何だっていいじゃねえか。そういう作品だと思う。
だっておめえ、ロックってそういうもんだろうと。

 カメラワーク。ガンガンぶん回す。足しか映ってねえって? 関係ねえ!
ユニット構成。借り物Pでもないのにぐちゃぐちゃに入り混じる。文句あるか?
シンクロ。シラネ。たぶん合ってる。んなことよりてめー、ギター聴けよ!
カット。アホかっちゅうぐらい切って貼る。こんなに切って貼った動画あるか?
でもどのカットも自信あんだよ! ガン見してから何か言いなよ。

 要約するとこんな動画かな。
落ち着きがないとか、美しくないっていう感想を持つ人もいるだろう。
だけどもさ、アイドルがロックで観客にアドレナリンをダダ漏れさせるには
どうすんの? っていった場合、これって最適解のひとつなんじゃないか。

 クソッタレの音楽には、アイドルという存在は綺麗すぎるんだ。
だからぶった切る。瞬間の美しさはあっていい。
でもそれがお行儀よく並んでいてはダメだ。
気持ち悪いほど狂った並びになっていないと気持ちよくない。
かみ砕いて言うと、「○○かわいい」って言われたら負けなんだよ。
その時点でアイドルの動画になってしまう。ロックの動画にならない。

 たぶん、ニコマスがロックをやる上での最大の壁がそこなんだ。
アイドルをどんだけ汚な気持ちいいものにできるか。
もちろん綺麗なロックがあってもいいんだけど、
極上のロックってそうじゃないじゃん?
最高にダメなエクスタシーとでも言えばいいんかな。
そうであって欲しいと思うのが自分だけなら謝る。ゴメン!

 ああ、悲しいくらいに安っぽい言葉しか出てこないや。
ピリッとしまった言葉でこの作品を語れたら、
と思ったんだけど無理だな。もう酒呑んで酔ってるしなw
わかったよ、言えばいいんだろ。


好きだよコレ!









まったく、酒呑んで書くとロクなことになんないな。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cha73/906519
この記事へのコメント
ありがとう。
Posted by 卓球 at 2009年07月25日 04:02
>>卓球P

酔った勢いでホントごめんね。
でもその、1人でも見てくれる人が増えたらいいなと思って。
けっこうな数の人に見てもらえてよかった。
うまく語れてないけど、すげえもんだって伝わってるといいな。
Posted by cha73 at 2009年07月25日 06:37

コメントする

名前
URL
 
  絵文字