2007年04月13日

Mai.K Diary3周年に寄せて5

c8b3668a.BMP
 みなさん,そして麻衣さんこんにちは。

 いよいよ今日は,「倉木麻衣のMai.K Diary」が開設されて3周年の記念すべき日ですね。

 年月が過ぎ,行く人が来て,来る人がいて,目の前にあるものはどんどんと変わっていきましたが,この,大きな大きなシンボルだけはいまだ私たちに優しく微笑みかけてくれています。

 この3年間,どうしようもなくつらいこともありました。くじけてしまいそうな苦しい日々もありました。しかし,麻衣さんと,このブログを通じて知り合った皆さんがいたからこそ,そんな試練を乗り越えてくることができました。

 今,改めて,麻衣さんと皆さんに感謝の言葉を伝えたいと思います。

 ありがとうございました!

 この良き日にひとつ麻衣さんの思い出を書かせてもらいます。

 「2004年6月4日に「あのひと」がしてくれたこと」

と言う文章です。

 これは,おそらく「第1回出待ち」ではないかと思われる夜の貴重なドキュメンタリーです。

 かつては,“麻衣さんや関係者に迷惑がかかってはいけない”と,問い合わせてくださった方だけにご連絡していた文章なんですが,いまや出待ちはイベント化し,もはや隠す意味もなくなりました。

 そこで,本邦初公開,初めて?の出待ちの夜のことを報告させてください。

 この3年の感謝の気持ちをこめて!


---------------------------------------------

 「**をもっと」を応援してくださる皆さん。いつもいつも本当にありがとうございます。

 これから少しだけ,あの夜起こった奇跡について書かせて下さい。

 ただ,このことが広く知れ渡ると,今後あのひとが困ってしまうことにもなると思い,このような形での発表とさせていただきました。検索にもかからないようあのひとの名前は一切書きません。ここでは胸いっぱいの愛を込めて「あのひと」と呼ばせてもらいます。

 6/4のライブは前日にもましてすばらしいものでした。アンコールでは,客席からの暖かい声援に声を詰まらせ,もう少しで涙が・・・,という瞬間もありました。ステージと客席がひとつになった本当に最高のライブでした。そんなことがあったからでしょうか,そのあと信じられないような奇跡が...。

 今夜の素晴らしい,本当に素晴らしいライブが終わったあと,私は名古屋の友人の誘いで「出待ち」をすることにしました。というのも,前日「出待ち」をした人たちから聞いた情報では,2時間近くも駐車場出口で待ったファンのために,あのひとはわざわざ車から降りてきて数人の人たちと握手を交わし,その後も車の窓を開けてずっとずっと手を振ってくれていたそうなのです。
だから今日も車窓から手でも振ってくれれば最高だろうと思って。

 そして我々は駐車場出口へ。そこにはすでに10人ほどの待ち客がいました。

 誘導された枠の中で待つこと約15分,待ち客の数も20人を越えた頃。突然,駐車場の方から数人の黒服の男たちがこちらへ向かってきました。一体何事か?

「あのひとは出てこないからもうお帰りください。」

っていうんだろうなぁ・・・。ちぇっ残念・・・。しかしそう思った瞬間,次の言葉を聞いて私は自分の耳を疑いました。
責任者らしき人がやさしくこう言うのです。

「あのひとはこれから食事等でまだ1時間以上出てこれません。しかし,そんなに持っていただくのは大変申し訳ないので,せっかく来てくれた皆さんにご挨拶がしたいと言っています。2列に並んでこれからこちらへおいでください。」

 えー,それって「駐車場招待」\(◎o◎)/!

 写真は絶対撮らないように。携帯電話は出さないようにという注意を受け,期待に胸を膨らませて駐車場で整列をして待つこと約10分,私は3列目。

 エクスペリエンスが次々タクシーで帰っていく。ジェフリーはおどけてタクシーの中から声をかけてくれて,自分の携帯で我々の写真を撮っていた。

 そして,そして・・・,ついにそのときがやって来た。

 あのひとだ!小さい小さいあの顔で,あのひとがやって来た。

 あのひとだ。あのひとが目の前にいる。

 そしていつもの笑顔で我々に語り掛けた。

「今日はどうもありがとうございました。」

 あとはもうよく覚えていない。脳味噌がグチュグチュになっちゃった!

 あのひとがわずか1メートルのところへいて語りかけてくれたんだ。

 時間にしてわずか3分ほど。でも,永遠の時間・・・。

 ああもう死んでもいい。あのひとがそこにいるんだ。かわいい,美しい,すてき,最高,beautiful,wonderful,brilliant!!!

 この世のものとは思えないような美しさ。

 疲れているだろうに,笑顔を絶やさずに,ずっとニコニコ笑って・・・。

 まっすぐに,やさしい,しかし意志の強そうな視線で我々をじっと見つめて・・・。

 なんども「ありがとう」って言ってくれる。

 ありがとうって言うのは私たちの方なのに・・・。今思い出しても涙が出て来そうになるあのひとの心のやさしさ・・・。

 着丈の短いブラウスの裾からきれいなおなかや背中がチラチラ見える。

 やがて去っていくあのひとの背中に何度も叫んでいた。

 ありがとう。ありがとう。

 まだまだ言葉か足りません。でも今までの人生で最高の瞬間でした。

 ありがとうあのひと。

 一生あなたについて行きます。

 残りの人生,あのひとに全部あげちゃっていいかな?


明日へ架ける橋



倉木麻衣のMai.K Diary:倉木麻衣です! - livedoor Blog(ブログ)


♪両手でバランスとりながら〜♪♪:4月13日〜♪ - livedoor Blog(ブログ)


kobacrowの終身名誉アイドル♪:「Mai.K Diary」 本日開設三周年〜♪ - livedoor Blog(ブログ)


Mai Time...:祝☆3周年 - livedoor Blog(ブログ)




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chabu/50305107
この記事へのトラックバック
 麻衣ちゃん、最近はあまり音沙汰もなく、さびしいけど、本日は、「倉木麻衣のMai.K Diary」が開設記念日ですよー 麻衣ちゃん、おめでとう 3周年・・・3年ということは、自分がファンになってからしばらく経ってからのことです  これからもずっと応援してるので、この...
明日への誓い〜♪【それいけ、キャスパー!!】at 2007年04月13日 14:55
さて 本日、4月13日で… 麻衣さんの公式Blog 「倉木麻衣のMai.K Diary」 はめでたく3周年を迎えられましたね☆ 麻衣さん おめでとうございま〜す いや〜…3周年…あっという間ですね〜(^^; ライブを支えるバンドメンバーの写真や紹介… 麻衣さんの...
祝☆3周年【Mai Time...】at 2007年04月13日 23:13
この記事へのコメント
あぁ・・・いい思い出があっていいですね。
僕には、人を羨まない性能が備わっているはずなのですが、あの人の事となると、その機能・・・壊れます(笑)
そのときのちゃぶーさんの表情が目に浮かびます。あくまでも、想像上の産物としてですけど。(笑)    あのひとは、なにからなにまでもが・・・・・
美しすぎますね・・・
こまったちゃんです(沈)
不思議だ ありえん(笑)
Posted by K K at 2007年04月13日 05:50
ふふふ、まるでラブレターですな(^o^;)

先輩ブロガーの方々!最後の方でこっそりとTBしようと思ってましたが、あまり数が多くないようなので先に書いてしまいますぞ。
o(^-^)o
Posted by しげ at 2007年04月13日 06:45
涙は、このような瞬の為にあるのかなぁ
Posted by ガキオヤジ at 2007年04月13日 08:27
何だか同窓会のようなコメント集団になっていますね。
だけど理屈無しに良い話です。
まるで自分が体験したような気がしてきます。
もっとも、それが麻衣さんの魅力なんでしょうね。
Posted by かつぼうじい at 2007年04月13日 21:05
貴重なお話を伺う事が出来ました。感謝です♪
今や3・4桁ほどのファンが参加する一つの「イベント」として
確立してしまった感じがありますが…キッカケとなったのは
麻衣さんのファンを想う気持ちだと再認識できました(^^)

アオも、初めて出待ちに参加した時は…卒倒ものでした(笑
P.S トラバ有難うございます
Posted by アオ at 2007年04月13日 23:12
このエピソードって、2年ぐらい前にちゃぶーさんが間違えて僕宛のメールアドレスに送ってしまったものですよね・・・。(当時は違う名前でちゃぶーさんとやりとりしてました。何だったか忘れてしまいましたが)なんか、どっかで見たことあると思ったら(笑)。
Posted by マスターズ at 2007年04月13日 23:36