日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

カテゴリ: 英雄たちの選択

工作員・西郷隆盛 謀略の幕末維新史 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2018/9/17 07:55時点)



慶応2年1月京都・・・
風雲急を告げる京都で、時代を大きく動かす密約が結ばれました。
薩長同盟です。

交渉に当たったのは、薩摩藩が小松帯刀・西郷隆盛、長州藩が木戸孝允、そして交渉成立に深くかかわったとされるのが坂本龍馬です。
薩長同盟により、薩摩と長州を中心に倒幕運動が加速し、明治維新へと繋がっていきます。
犬猿の仲だった薩摩と長州がどうして同盟を結ぶことになったのでしょうか?

1853年ペリー来航、開国を要求します。
これをきっかけに攘夷の機運が全国で高まります。
外様大名の雄・薩摩藩は、朝廷、幕府、諸藩が一致して富国強兵を図り、国力を整えての緩やかな攘夷を主張。
これに対し、外様で力を持っていた長州藩は、即時の攘夷決行を主張・・・一部の公家を巻き込みながら、過激になり幕府を悩ませていました。
そんな中、1863年8月18日、会津藩、薩摩藩を中心とした幕府軍が、長州藩と急進派の公家らを京都から追放します(八月十八日の政変)。

しかし、長州藩も黙っておらず、翌年、京都での復権をはかり3人の家老が軍勢を率いて上洛し、御所にせまります。
そして、蛤御門付近で会津藩・桑名藩と激突(禁門の変・蛤御門の変)。
長州藩は、一進一退の戦いを繰り広げるも、京都に常駐していた薩摩藩の西郷隆盛の舞台が幕府側につくと形勢は不利に・・・!!
長州藩は、京の町に火を放ち、逃げていきました。
その際、御所を背にした幕府軍に発砲したとして、長州藩は朝敵となってしまったのです。
そんな長州藩に対し薩摩藩に望んだのは、厳しい処分と早期の長州征討。
中でも、禁門の変の際に参戦していた西郷は、急進派の中心的人物でした。
西郷は、盟友・大久保利通にこんな手紙を送っています。
”長州藩には兵力をもって迫り。東国あたりへ国替えを命じるべきである”と。
厳しい処分を考えていました。

朝敵となってしまった長州藩は、薩摩藩や会津藩に対して敵愾心を燃やし、”薩賊会奸”と呼びました。
そして、憎しみを忘れないようにとその四文字を下駄に書いたといいます。

satuma

















禁門の変から5日・・・幕府は西国諸藩に長州を攻撃するように命じました。
第一次長州征討です。
しかし、厳しい処分を望んでいた薩摩藩が、”長州には寛大な処分を望む”と、その態度を軟化させます。
わずか数日で・・・??
それは、薩摩藩の当時の最高権力者・島津久光の意向によるものでした。
久光は、京都の参与会議に参加、新しい国づくりに参加していました。
しかし、薩摩藩の力が強くなることを警戒した一橋慶喜と対立!!
慶喜の暴言に寄って、参与会議は瓦解してしまいました。

それ以後、政治の主導権は、政治に取り入った一橋慶喜が会津と桑名による一会桑政権となっていきます。
国元に戻った久光は、薩摩藩単独での富国強兵に舵を切ります。
そうなると、藩の支出が増える長州征討などもってのほか・・・
戦を避けたいという久光の意向が、薩摩の方向転換の大きな要因でした。
さらに、久光が慶喜と対立したことで、薩摩藩が危険視されるようになっていきます。

長州藩が滅ぼされてしまったら、次のターゲットは薩摩になるのではないか??という意見が、薩摩藩内部から出て来ます。
しかし、禁門の変で長州と直接戦った西郷は、厳しい処分にこだわっていました。
これを、小松帯刀が説得!!
西郷はようやく態度を改め、久光の意向に従い、手腕を発揮していきます。

大阪城で長州征討の軍議が開かれた際には・・・
薩摩藩の代表として参謀役となった西郷は、征長総督・徳川慶勝(尾張藩主)に対してこう進言します。

「今、長州藩の中は内部分裂を起こしています。
 これを利用し、長州人をもって長州人を征するのが良いかと・・・!!」by西郷

当時、長州藩は穏健派と強硬派に分かれていました。
西郷は、穏健派に実権を握らせれば戦わずに済むのではないか?と考えたのです。
しかし、征討軍は15万の軍勢で長州藩の国境に迫っていました。

「このままでは長州藩が潰される・・・
 そうなれば、次は薩摩が危ない・・・!!
 何としても総攻撃を回避せねば・・・!!」by西郷

西郷は、長州藩と関係の深い岩国藩を通じ、至急教順の姿勢を見せるように要請。
交渉が成立するように、禁門の変で捕らえていた捕虜10人を長州藩に返しました。
そして、自ら長州に乗り込み、強硬派とも交渉します。
こうした西郷の奔走により、長州藩が禁門の変に関わった三家老の首を差し出すなど、幕府に恭順の意を示したことで、総攻撃は回避!!
西郷は間一髪のところで、薩摩藩を戦に巻き込むことなく終息に向かわせたのです。

1865年5月、幕府は再び抵抗の姿勢を見せ始めていた長州藩に圧力をかけようと、14代将軍家茂自ら軍勢を率いて江戸を出発!!
これを知った西郷は怒りをあらわにします。
そして、家老の小松帯刀に嘆きます。

「将軍の江戸出発は、自ら禍を迎えるようなもので、幕府の威厳を示すどころではありません。
 これによって、天下は動乱となり、徳川氏の衰運はまさにこの時より始まるでしょう。」by西郷

薩摩藩は、この時、西国雄藩連合を作り、幕府の2度目の長州征討を阻止しようと考えていました。
これを実現するためには、長州藩の協力が必要で・・・両藩の和解が急務でした。
そして、この和解実現の立役者となったのが、土佐脱藩浪士・坂本龍馬でした。
この時、龍馬は薩摩藩の庇護のもとにありました。
龍馬が勝海舟の元にいた神戸海軍塾が1865年に閉鎖、行き場を失くした龍馬を交流のあった薩摩藩・小松帯刀に預けたのです。
小松は、近代的な海運教育を受けていた龍馬は使えるとし、庇護下に置いていたのです。
そして、龍馬が長州藩士たちとも進行があったので、薩長和解の道を任せることにしたのです。

知人を通じて下関に入った龍馬は、長州藩の中心的人物・木戸孝允との会談に持ち込みます。
しかし、相手は薩摩への深い恨みを抱える人物・・・いかにして説得するか??

鹿児島にいる西郷が、上洛途中に下関に立ち寄るらしい・・・
木戸との面会を希望しているらしい・・・。
西郷を木戸との会談に連れてきてしまえば、和解できる・・・
そう考えた龍馬は、同じ土佐脱藩浪士・中岡慎太郎に西郷を下関に連れてくるように頼みます。
龍馬は木戸と共に西郷の到着を待ちます。
しかし・・・戻ってきたのは中岡だけでした。
西郷は、下関に寄ることなく、京都に向かってしまったのです。

この時点で、西郷は木戸と会う気はなかったのです。
当時の京都は、第二次長州征討でもめていたので、一刻も早く京都に戻らなくてはならない状況だったのです。
そして、島津久光に何の断りもなく木戸と会うこともできませんでした。
糠喜びをさせてしまったと、龍馬と中岡は謝りますが、木戸の怒りは収まらず・・・

「薩摩藩が信用できるというならば、長州藩のために名義を貸してくれますか?」by木戸

この頃、長州藩は、武器の輸入が禁止されていました。
なので、外国製の銃などを手に入れることができませんでした。
幕府軍との戦いに、軍備増強したい木戸は、薩摩藩に名義を借りることで武器調達しようと考えたのです。
龍馬はすぐにこれを薩摩側に連絡し、なんとか長州と和解したい小松・西郷は許可しました。
こうして、長州藩は4000丁の最新式の銃と蒸気船を手に入れたのです。

9月・・・西郷は再び龍馬を長州に向かわせています。
今度は、薩摩藩が二度目の長州征討を阻止しようとしていることを連絡し、信頼を構築し、距離を縮めようとしたのです。
この時、大いに役立ったのが、西郷が持たせた大久保の書簡でした。
そこには・・・
「義のない勅命は勅命にあらず」と書かれていました。
つまり、いかに朝廷の命令であろうとも、天下万民が認めなければ誰も支持することはないという・・・断固長州征討に反対するというものでした。

薩摩藩に対する長州藩の信頼が回復していきます。
薩長同盟の機運が高まってきていました。

徳川慶喜が権勢をふるう幕府と対立関係にあった薩摩は、長州藩が潰れれば次は自分たちに矛先が・・・!!と、警戒。
それを避けるためには、長州征討を何としても阻止しなければなりませんでした。
一方、長州藩は、軍備を増強し、幕府の二度目の長州征討に備えますが、出来れば長州単独で幕府に対抗するのは避けたいと思っていました。
そんな中、1865年12月・・・木戸孝允のもとを一人の男が訪れます。
後の総理大臣となる黒田清隆です。
まだ20代半ばの薩摩藩下級藩士でした。
黒田は木戸に対し
「京都にいる西郷が会いたがっているので、ぜひあってほしい。」と。
しかし、これは黒田の作り話でした。

彼なりの切羽詰まった思いが、こんな行動に出たのです。
薩長同盟最大の功労者は黒田だったのかもしれません。
懐疑的な木戸に対し・・・
「すでに西郷の心は、長州と一つとなっています。」
長州も味方が欲しい・・・黒田と共に京都に向かう木戸。
すべて黒田の独断であったために、小松、西郷らは木戸の上洛に戸惑います。
しかし、せっかくの機会なので・・・そのまま会談を行うことに・・・。
場所については諸説ありますが・・・
その一つは現在の同志社大学の敷地内にある薩摩藩邸。
そして、近年有力視されているのが、御花畑屋敷・・・小松帯刀が近衛家から借り受けていた屋敷です。
1800坪もあり、薩摩藩の迎賓館のような役割をしていました。

1866年1月18日、ついに薩摩と長州の会談が始まりました。
徳川家茂が、第二次長州征討に向け、大坂城に入ります。
一方幕府は、長州藩に対し、新たな処分を行おうとしていました。
そんな中の薩長同盟の交渉開始でした。
話し合いの席についたのは、薩摩藩側は西郷隆盛、小松帯刀、大久保利通、島津伊勢、桂久武、吉井友実、奈良原繁。
対して長州藩は、木戸孝允一人でした。
階段の口火を切ったのは、西郷でした。

「幕府が近く下す長州への処分案を今は忍んで受け入れてたもんせ。」by西郷

これは、長州藩主の蟄居、10万石削減などでした。
幕府内での秘密事項でしたが、西郷は手に入れていたのです。
薩摩は長州と共に幕府と戦ってくれると期待していた木戸は、幕府側についたともとれる西郷のこの言葉に驚きます。
そして・・・
「三家老の首を差し出したことで、長州藩の処分はついている。
 更なる処分など、納得できません。」by木戸

双方が押し黙ってしまい、開始早々交渉は決裂!!

西郷が木戸に処分受け入れを求めたのでしょうか?
この時、西郷には・・・一旦、幕府が下した処分を受けさせておいて、事態を収束させる自信がありました。
長州側が、幕府の処分を受け入れなければ戦争になる!!それを避けようとしたのです。
薩長の会談が物別れに終わった2日後の1月20日、薩摩藩の有志がによって長州に戻ることになった木戸の送別会が行われることとなりました。
するとそこに、坂本龍馬がやってきました。
話し合いの結果を知らない龍馬は木戸に・・・
「会談の方はどうなりましたかのう??」
「なんも、きまっちゃおらん・・・!!」by木戸
これを聞いた龍馬は、西郷や小松のところに行き、もう一度話し合うように説得します。
これによって、再び話し合いが持たれることとなりました。

一度は決裂した交渉・・・知恵を絞ったのは西郷でした。
木戸に沿うような条件を出します。
その内容が、唯一記録として残っているのが木戸の書簡です。
そこにはこうありました。

幕府と長州の戦いが始まれば、薩摩藩は2000ほどの兵を国元から上洛させ、幕府に圧力をかける。
戦が発生して、長州側が勝利を収めそうな勢いになった時は、薩摩藩は長州藩の復権を朝廷に働きかける。

その中身は、薩摩がいかにして長州藩の復権に尽力するかというものばかり・・・。
中でも注目すべき一文は・・・

一橋・会津・桑名の三者が今までのように朝廷を擁し、薩摩藩の周旋尽力の道を遮った際には、決戦もやむ終えない。

これらの内容に木戸も納得し、1月21日薩長同盟成立!!

この同盟は、木戸の書簡に記された”決戦”の文字から、薩長両藩が手を組み、幕府を倒そうとする軍事同盟だとされてきました。
しかし、この”決戦”は、対幕府ではない・・・??
薩長同盟の真相とは・・・??

西郷が念頭に置いていたのは、あくまで一橋・会津・桑名との戦いであって、武力討幕は全く想定していませんでした。
おまけに、実際に戦闘が想定されるのは京都で軍事力を持つ会津だけ・・・。
戦いが起きても、藩同士での戦いであって、”決戦”という言葉には、長州と共に幕府と戦うという意味はないのです。
つまり、薩長同盟は、倒幕のための軍事同盟ではありませんでした。

木戸の書簡以外に、薩摩側の記録はなく・・・
同盟というほどの物ではなく、薩摩藩幹部と長州藩・木戸との会談の覚書だったのです。
この時の西郷たちの目的は・・・
この会談はあくまでも長州を味方につなぎ止めておくための物で、薩摩側のリップサービスでした。
この時点で薩摩側は、第二次長州征討が実行される可能性は低いと想定していたため、木戸に伝えた内容は履行されないとみていました。

薩摩藩にとって記録に残すほどの物ではなくても、四面楚歌にあった長州の木戸にとっては重要なものでした。
その証拠に、薩摩藩が長州藩に有利な内容を提示してきたこの内容を「皇国之大事件」とし、木戸はその言葉を書簡の中に何度も書いています。
そして木戸は龍馬に、この書簡の裏書を書くように強く求めます。
交渉の内容を知る人を増やすために・・・長州藩にとって、龍馬は薩摩藩士のひとりのように認識されていたからです。
証明してくれる人材として適任でした。
そして裏書として朱色でこう書きました。

”表に記されているのは、私が同席した時に話し合われていた内容に相違ありません
 二月五日 坂本龍馬” と。

龍馬に裏書をしてもらうことで、木戸は交渉の成果を確かなものとして長州に持ち帰ったのです。

薩長同盟締結からわずか2日後・・・1866年1月23日寺田屋にて・・・。
坂本龍馬は会談の成功を祝い、長州藩と関わりの深い長府藩士・三吉慎蔵と祝杯を挙げていました。
するとそこへ、幕府の役人が襲撃してきました。
龍馬は持っていた銃で応戦するも、刀で切りつけられ両手を負傷!!
命からがら近くの薩摩藩邸に逃げ込みます。
世に言う寺田屋事件です。

2017年この時の様子が書かれたものが、鳥取藩の記録が発見されました。
そこには・・・

坂本龍馬というものが泊まっていた寺田屋に、薩摩と長州が密談していたことを記した手紙があった。
それによれば、長州が挙兵した際は、薩摩藩が京都の幕府軍を追い払うという密約があるらしい。

龍馬が寺田屋に置き忘れた手紙が・・・薩長同盟の内容が僅か数日のうちに、幕府に漏れていたのです。

一説によると、龍馬はわざと書簡を置き忘れ幕府にリーク、薩摩藩の方針を幕府に知らせることでこの同盟が破棄されることのないよう薩摩の退路を断ったのでは??というのです。

果たして真相は如何に・・・??

寺田屋事件の後、龍馬が家族に送った手紙には・・・
”寺田屋で襲われたことは、幕府に長州藩と薩摩藩の関係を知らせることができてかえって幸いだった”と。
龍馬は、長州と薩摩の温度差・・・この同盟についての考え方の違いについて解ってたはず・・・。
薩長同盟・・・幕府の知るところになった瞬間、歴史は大きく動き出すのです。

同盟締結から5か月後の1866年6月・・・第二次長州征討!!
幕府は10万の軍勢で迫ります。
単独で迎え撃つ長州軍は、3500の兵でしたが奮戦します。
この時、兵士たちが手にしていたのは薩摩藩の名義を借りて手に入れた最新式の銃でした。
二度目の長州征討はないという思惑が外れた薩摩藩でしたが、木戸との約束を守り、征討軍の参加を拒否!!
西郷も早期終戦に向けて尽力します。
長州藩は戦いを優位に進め追討軍を撃破!!
この後、薩長の倒幕の勢いは大きなうねりとなり、江戸幕府は終焉へと向かうこととなるのです。
薩長同盟の成立からわずか2年足らずのことでした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

明治維新とは何だったのか: 薩長抗争史から「史実」を読み直す

新品価格
¥1,620から
(2018/9/17 07:55時点)

薩長史観の正体

新品価格
¥1,620から
(2018/9/17 07:55時点)

日本海海戦の真実 (読みなおす日本史)

新品価格
¥2,376から
(2018/8/21 06:19時点)



今回は、昭和の選択です。

牙を剝き、人々に襲い掛かる自然災害。
災害を予測し、注意を促す天気予報は、私たちの生活に欠かせないものです。
天気予報の育ての親は、岡田武松。
明治から大正・昭和にかけて、日本の気象事業の礎を築いた科学者です。
武松は、台風という言葉の名付け親で、梅雨の原因を解明。
富士山測候所の建設も行いました。
日露戦争では、日本海海戦の気象予報官として活躍。
見事予想を的中させ、歴史的勝利に貢献しました。
武松は、中央気象台のTOPとして紛争しました。
そんな武松に時代の荒波が・・・太平洋戦争です。

近代日本の天気予報は、どこで始まったのでしょうか?
その舞台は、皇居・・・ここにかつて中央気象台はありました。
江戸城の天守を支えていた石垣には、気象台のシンボル・・・大きな風速計が回っていました。
中央気象台は明治8年に発足しています。
お雇い外国人の指導の下、気温、気圧、雨量の計測など地道な作業が行われていました。

1884年天気予報開始。
全国22カ所の観測を元に、街の交番などに張り出されました。
しかし、的中率は低く・・・マスコミの非難の的となります。
そんな中央気象台に1899年就職した岡田武松。
東京帝大で、気象学を学び、日本の気象事業の発展を志していました。

武松が生まれたのは、千葉県我孫子市布佐。
台風や大雨によって度々氾濫した利根川・・・
武松は、自然の猛威に翻弄される人々を目に焼き付けていました。
気象台に入った武松は、正確な観測を徹底、技師たちの再教育を徹底します。
気象の法則性を・・・分析し、測候所を増やすことを提案します。

武松は、勤め始めてわずか5年・・・1904年には中央気象台の予報課長となります。
そして、その直後、重責を担うこととなるのです。
日露戦争の天気予報です。
1905年、日本海軍は世界最強のロシア・バルチック艦隊を迎え討つ準備を進めていました。
決戦の地は対馬海峡!!
その天気予報を、武松が任されたのです。
しかし、問題が・・・日本の気象は、西から東へ移り変わります。
予報するには、西の観測データが不十分でした。
そこで気象台は、朝鮮半島と大陸沿岸に測候所を増設、技師たちを派遣し、観測網を一気に拡大します。
ロシアに負ければ日本の未来はない・・・
善戦からのデータに集中する武松。
5月26日未明、バルチック艦隊が出現!!
明日には戦いが始まる!!
天気は・・・??
戦いの前日、対馬沖は低気圧に覆われ、雨が降っていました。
集められた観測データから低気圧を予想します。

”天気晴朗ナレドモ 波高カルベシ”

低気圧は去り、強風と高波の中、天候は回復すると予想しました。
翌日・・・予報は見事的中!!
連合艦隊は、大本営に向け決意の電報を送ります。

”敵艦見ユトノ警報ニ接シ 
 連合艦隊ハ直チニ出動
 コレヲ撃滅セントス
 本日は天気晴朗ナレドモ波高シ”

この知らせは、日本軍の戦意を大いに上げました。
波が高く、船が揺れる闘いは、砲撃の技術が勝る日本にとって有利!!
バルチック艦隊を撃滅させる大勝利へと繋がりました。
気象観測にかける武松の努力を証明した戦い・・・。
この勝利をきっかけに、気象台への信頼は一気に高まりました。

自分達の予報を国民に役立てたい!!
武松は新しい取り組みを始めます。
それが海難事故でした。
政府は予算不足を理由に計画に反対するであろう読み、

「建設費はこちらで用意します。
 施設の運営費だけ承認してください。」

と、海運業で成功した船成金から寄付金を獲得。
建設費用を自前で用意して政府の許可を得ます。
こうして誕生したのが、1920年海洋気象台です。
天気予報は、3000km離れたパラオまで届きました。
船乗りたちの心の支えになります。

1923年中央気象台長に就任。
予報の伝え方に心を砕くようになります。
天気図を新聞社に提供し、ラジオにも情報を提供します。
より正確に、より分かりやすく・・・人々の支持を集めていきます。
それを支えたものこそ、武松の薫陶を受けた職員たちによって365日、休むことなく行われた観測でした。

「気象人たるもの いかなる天変地災があろうと、観測を放棄してはならない。
 たった一度の観測の誤りが、将来の大きな過ちにつながるのである。」by武松

気象事業の更なる発展を目指した武松・・・
課題は山積みで・・・その一つが、台風でした。
いつどこで発生し、どうどう接近するのか??
正確な予測ができません。
東北の冷害・・・やませ襲来の予測長期予報の確立!!
地球規模で起こる気象現象の解明には、他の国との連携が欠かせません。
武松は、海外の気象台や学者たちと情報を頻繁に交換し、自ら国際会議にも参加。
国際協力体制を築きます。

国際協力のために武松が開発に取り組んだのが、現在も続く上空の気象観測です。
小型センサーを風船につけて高度1万メートル近くの気温や気圧、湿度などを計測し、電波で地上に届ける仕組みです。
そのデータは、世界各国で共有される予定でした。
この観測が長期にわたってできれば、地球規模で起こる気象現象の解明に期待できました。
武松の仕事・・・それは、国境を越えて、各国と協力し、地球、人類全体を見つめることを必要とされました。

しかし・・・時代は・・・。
1931年満州事変。
1933年日本は国際連盟脱退。
第1次世界大戦後の軍縮条約を破棄し、軍備拡充の道へと進み始めました。
そんな中、軍部が重視したのが気象技術でした。
航空機という新しい兵器が出現し、作戦遂行のため、上空の観測データが欠かせませんでした。
第1次世界大戦で登場し、日本でも開発が進んでいた毒ガス兵器・・・ガスを効果的に拡散するためには、気象学が必須でした。
こうして気象学は、軍事分野と密接な関係となっていきます。

そして・・・1937年日中戦争。
日本軍が宣戦を拡大する一方、中国は拠点を内陸の重慶に移し徹底抗戦!!
戦いは泥沼化していきます。
1938年陸軍は、陸軍気象部創設。
しかし、人材が不足していたことから、武松らに人材派遣を要求します。
手塩に育てた人材を、やすやすと手放すわけにはいかない・・・
武松は、希望するのもに限るとします。

戦争の出口が見えない中・・・軍部は中央気象台を陸軍省の管轄下に置こうとします。
設備も、人材も・・・!!
湯治気象台の観測網は、北は満州、南はパラオまで広がっていました。
こうしたインフラや観測技師たちを、軍は利用しようとしたのです。
しかし、武松はこれを突っぱねます。
当時、中央気象台は、文部省に所属していました。
気象は、衛生、土木、農業、航海など、様々な分野の利益のためにあり、軍部に独占させるものではありませんでした。
武松の遺品から手帳が発見されています。
そこには・・・虫のいい・・・軍部への不満が書かれていました。
測候事業の危機・・・苦悩する武松・・・。

忠君愛国は、軍人だけではない。
我々だって、国のため尽くしている。
必要な資料や予報は、軍はもとより各省に提供している。
いま、移管する必要など見当たらない。

武松は、協力できるところは協力したものの、軍の組織となることだけは、頑なに拒み続けました。
抵抗をつづける武松に、陸軍の圧力は日に日に高まります。
命の危険が迫る中、武松の戦いは続いていました。
武松は、あくまで気象台の独立にこだわり続け、陸軍の要請を断り続けていました。
しかし、昭和14年、軍用資源秘密保護法が公布。
外国への情報漏洩を避けるためにできたこの法律、気象に関する情報も秘密とされました。
陸海軍大臣の一存によって、気象情報の取扱いが制限されるようになり・・・気象台は、国家有事の際には、軍の下に置かれることとなったのです。
昭和16年7月30日、岡田武松は中央気象台を退職・・・68歳でした。
その年・・・1941年12月8日太平洋戦争開戦!!
真珠湾への飛行ルートは、軍部が中央気象台に分析を依頼したといいます。
同じ開戦の日、気象台に指令が届きます。
それは、天気予報などを外部などに発表することを禁止する気象報道管制の実施を命じるものでした。
その日を境に、全ての気象情報は極秘となり、観測は続けられたものの外に出すことは固く禁じられました。

国民に伝えられない天気予報が、悲劇につながります。
1942年8月27日周防灘台風では、死者行方不明者、1000名を超える甚大な被害となりました。
被害にあった人の殆どは、台風が来ることも知りませんでした。

そして・・・日本は戦争に負けました。
1週間後、焼け野原となった東京に嬉しい知らせが・・・
それは、禁じられていたラジオ天気予報の復活でした。
天気予報の声が、人々に平和が戻ったことを実感させました。
予報の早期復活には理由がありました。
中央気象台は文部省から運輸省に移管されたものの、最後まで軍部の傘下には入っていなかったのです。
気象台では戦時中も武松の教えが語られていました。

”自然は単純でありながら、複雑でもある
 ゆえにかえって正確なものだ
 熱心に観測していれば、自然の法則がいかに高く険しいものであり、人間がいかに浅はかであるかを知ることになるだろう”

気象台を退職したのち、故郷の安孫子に戻った武松・・・しかし、気象学への情熱が衰えることはありませんでした。
自ら設立に尽力した養成所で教壇に立ち続けます。
気象学の基礎となる物理学から観測機器の扱い方、気象人の心得まで、多岐にわたりました。
養成所は、気象大学校と名を変え、今も気象学を志す若者が集います。
大学校は原則全寮制で、共同生活を送りながら専門知識を学びます。

寮の名は「智明寮」・・・名付け親は武松です。

「青年に最も禁物は自己陶酔である
 老子の言葉に
 ”他人を知るものは智なり
 自分を知るものは明なり”とある
 この”智”と”明”が大切だ
 これさえ心得ておれば、自己陶酔に陥ることもあるまい」 

確かな目を持った人材を育てることが、気象事業の未来につながる・・・そう武松は語っています。

国民の暮らしと共にある気象事業・・・その発展と普及に力を尽くした岡田武松は、1936年9月2日、83年の生涯を閉じたのでした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 DVD BOX (新価格)

新品価格
¥9,235から
(2018/8/21 06:20時点)

太平洋戦争 全10巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

新品価格
¥19,800から
(2018/8/21 06:20時点)

兵隊になった沢村栄治 戦時下職業野球連盟の偽装工作 (ちくま新書) [ 山際康之 ]

価格:950円
(2018/8/18 20:48時点)
感想(0件)



各地の大会を勝ち抜いた球児たちが一堂に会する真夏の甲子園球場。
全国高等学校野球選手権大会は、今年で100回目を迎えました。
長い歴史の中で、数多くのヒーローと感動のドラマを生んできた甲子園・・・
今から85年前、このマウンドの現れた伝説の投手・沢村栄治。
剛速球は、見るものを驚嘆させました。
記録に残された凄まじい投球・・・
しかし、沢村が活躍した時代、日本は戦争への道を突き進んでいました。
プロに転じた沢村は三度も徴集され、戦地と球場を行き来しました。
その野球への情熱は、時代とどう格闘したのでしょうか?

日本プロ野球の草分けとなり、戦火の中で27年の短い生涯を閉じた沢村栄治。
時代に翻弄された名投手の悲劇とは・・・??

三重県南東部の伊勢市・・・
大正6年、沢村栄治はここで八百屋を営む家に7人兄弟の長男として生まれました。
幼いころから体が弱かったものの、負けず嫌いは終生治りませんでした。
小学4年生で野球を始め、市の大会で優勝するまでになりました。

昭和5年、創立間もない京都商業学校(現・京都学園高等学校)に入学します。
野球部のエースとしてチームを初めて春の甲子園・全国選抜中等学校野球大会へと導きました。
惜しくも準々決勝で敗れるも、その剛速球、そして懸河のドロップと言われた落差の大きいカーブは、全国の野球ファンの注目を浴びます。

沢村の噂を聞いた慶応義塾大学の監督は、京都まで足を運び、この投球を一目見てほれ込みました。
そして、将来を見据えて熱心に指導します。
沢村も監督の熱意に打たれ、慶応への進学を決めたといいます。
当時、日本の野球界で最高峰とされていたのは、神宮球場で開催される東京六大学リーグで、中でも早慶戦はラジオで中継され、全国的な人気を誇っていました。
早慶戦は、球児たちの憧れの舞台でした。
慶応の投手として、神宮のマウンドに立つことを約束された沢村・・・その野球人生は順風満帆に見えました。

昭和9年秋、日本中を熱狂させるイベントが・・・
ベーブ・ルースをはじめとするアメリカ選抜がやってきました。
招へいしたのは読売新聞社でした。
大リーグ選抜チームと全日本を日本各地で試合させ、新聞の販売部数増加を目論んでいました。
しかし、この興行には大きな壁が・・・。
前日本軍の主力とされた学生は、学業が本分であって、プロ選手との試合は慎むべきと批判の声が・・・!!
これに応えて文部省は、六大学を始め学生野球の選手は、プロ選手と対戦することを禁じます。
NO,1の評価をされていた沢村・・・
この剛腕を全日本参加させるために読売は、思い切った行動に出ます。
沢村に京都商業を中退させ、学生の身分を捨てるように誘ったのです。
全日本の名に相応しいものに・・・!!
沢村獲得のために、京都商業を説得する読売・・・多額の報酬を準備しました。
それは、大学の初任給をはるかに上回るものでした。
思ってもみなかった誘いに、17歳の沢村の心は揺れます。
大リーグ選抜と戦いたい・・・!!
自分のピッチングがどこまで通用するのか・・・??
7人兄弟の家計の足しにするためにも・・・??
大リーグ選抜と戦う・・・??

しかし、憧れの六大学野球ができなくなる・・・!!
学校を中退するわけにはいかない・・・??
今まで必死に練習してきたのは、神宮のマウンドに立つためではなかったか・・・??

悩んだ末に、全日本入りを選びます。
11月、日米戦が始まると、ベーブ・ルースたちは本領を発揮!!
東京、箱館、富山・・・各地の人々は本場のベースボールに熱中します。
全日本軍は全力で立ち向かうものの・・・相手は現役の大リーガー・・・連戦連敗でした。
そして迎えた第10戦・・・先発した沢村は、本領を発揮!!
速球とドロップがさえわたり、ベーブ・ルースを含む四者連続三振など9奪三振でした。
失点は、ゲーリックのソロホームラン1点のみでした。

敗れたとはいえ、大リーグを追いつめた沢村は、一躍ヒーローに・・・!!
2年後の昭和11年、沢村たちを中心に職業野球球団が結成されました。
後の東京巨人軍です。
大阪タイガース、名古屋金鯱軍、名古屋軍、東京セネタース、大東京軍、阪急軍の7チームによる職業野球リーグが発足しました。
沢村は、1年目から大活躍!!
職業野球の公式戦初となるノーヒットノーランを達成!!
19歳にして野球界をけん引する投手となりました。
そして、シリーズは、沢村の三連戦三連投の活躍で、巨人軍が職業野球の初代王者となりました。
翌年にも沢村はノーヒットノーランを達成!!
最優秀選手賞にも輝きます。

昭和12年7月7日盧溝橋事件!!
日中両軍が衝突し、日本は中国との戦争に突入しました。
兵力増強のために20歳以上の健康な男子は、大学生などの特例を残し、次々と徴兵されていきました。
頑健な体を持つ職業野球の選手は、即戦力となりました。
8月には徴兵された選手から初めての戦死者が出ます。
各球団は、選手たちを兵隊にとられないように抜け道を使います。
それは、彼らを名目だけ大学に籍を置き、徴兵を延期させるというものでした。
しかし、全日本軍に入るために中学校を中退していた沢村に、大学に入る資格はりませんでした。
17歳での選択が、沢村にとって大きな障壁となってしまったのです。
20歳になった沢村は徴兵検査を受け、昭和13年、故郷三重県の歩兵連隊に入営します。
スター沢村の様子は、顔写真入りで報道されました。
「手りゅう弾が投げてみたい」
大陸に送られた後も、手りゅう弾投げ競争で活躍する沢村が報道されました。
それはまるで、戦意高揚の広告塔のようでした。

最前線に送られた沢村は、熾烈な戦いで仲間を失います。
「戦友の屍を焼くときに 青い焔の昇るのを見て 俺は涙がボロボロ流れて仕方がなかった
 悲しいなんて気持ちじゃない しかし、涙がどうしても止まらない」
沢村自身も、左腕を銃弾が貫通するという大けがを負います。
生死を彷徨いながら、一心に自分を見つめます。
「戦争の跡ほど静かなものはない
 人間の死ではない
 宇宙の死というものが ひしひしと襲いよせたのかと感ぜられる
 こんな静寂という者が、人間の世界にあろうか?
 俺は生きている・・・
 嗚呼生きてる・・・」
中国各地を転戦し、沢村は昭和15年4月に復員します。
2年以上に及ぶ軍隊生活でした。
巨人軍に戻った沢村は、気力体力共に復調します。
4試合目の登板では、徴兵前の球速は戻らないまでも、カーブを使って3度目のノーヒットノーランを達成します。
一方、戦争の長期化に備えて、国内では様々な規制が・・・総力戦体制です。
暮らしの隅々まで徹底されていきます。
国民的娯楽となった職業野球にもその手が・・・!!
陸軍は、職業野球連盟に対し、戦意高揚への協力を要請します。
日中戦争の開戦以降・・・アメリカとの関係が悪化する中で、野球が敵国のスポーツとみられかねませんでした。
軍に逆らえば、職業野球の存続もままならない・・・
英語が多い球団名や、野球用語を日本語に置き換えることを決断します。

昭和16年12月、太平洋戦争勃発!!
遂にアメリカとの戦争が・・・!!
沢村は、開戦直前に二度目の徴兵され、フィリピンに渡り、南方の島々を転戦します。
マニラでは民間人が惨殺されているのを目撃し、ショックを受けます。
過酷な戦場での生活は、沢村から野球選手の才能を奪っていきます。
昭和18年1月・・・激戦を潜り抜けて2度目の復員を果たします。
巨人軍に主将として復帰するも、もはや剛速球の面影はありませんでした。
筋肉の柔軟性も、下半身のバネも失いながら、投球ホームを変えながら投げ続けます。

「白いボールを握った時の嬉しさ・・・
 この嬉しさは、死線を乗り越えてきた者だけにしか味わえない」

しかし、沢村が本来の投球を取り戻せないままシーズンが終わります。
昭和18年7月6日、阪神戦のマウンドに上がった沢村は、初回から四連続フォアボールを与えます。
その後も立ち直れず、3回5失点で降板・・・敗戦投手となりました。
この年の成績は、0勝3敗・・・防御率10.64という惨憺たるものでした。
球界を代表する沢村の選手生命は危機を迎えていました。

昭和18年秋・・・戦局が悪化する中、ついに大学生たちも戦場に送られることになりました。
学徒出陣です。
抜け道がなくなった野球連盟は、次の手を打ちます。
勤労報国隊を結成し、選手たちを工場で徴用工として働かせる策でした。
招集を免れさせるために産業戦士に仕立てたのです。
沢村も地元関西に、ライバルらと飛行機工場などで汗を流して来シーズンの再起を喫していました。
ところが年が明けても巨人軍のキャンプ・インの連絡が来ません。
業を煮やした沢村は、東京の球団事務所に・・・!!
そこで待っていたのは、戦力外通告でした。
突然の解雇に憤る沢村!!
この時、沢村には複数の球団から誘いがあったといいます。
しかし、職業野球からの愛着から決断できずにいました。
そんな中・・・3年前に結婚していた妻との間に子供が生まれました。
女の子は美緒と名付けられました。
しかし、幸せはつかの間・・・
美緒の誕生からわずか3か月後、3回目の召集令状が・・・!!
沢村は普段通り、「おい、行ってくるわ」と家を出たと言います。
昭和19年11月・・・沢村の入営を同じくして、職業野球は活動の休止を声明しました。
それからまもなっく、沢村は激戦続くフィリピン・レイテ島の輸送船に乗り込みました。

12月2日未明・・・その船が屋久島西およそ150キロに差し掛かった時、アメリカの潜水艦の魚雷攻撃で撃沈されました。
生存者はいませんでした。
甲子園のヒーローにして、職業野球の幕開けを図った沢村栄治は27年の生涯を閉じたのでした。

巨人軍は、沢村を解雇したもののこの14番を日本球界初の永久欠番として今に伝えています。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

新品価格
¥1,620から
(2018/8/18 20:49時点)

洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光

新品価格
¥1,620から
(2018/8/18 20:49時点)

啓発録 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ12)

新品価格
¥1,512から
(2018/7/23 20:55時点)



西郷は、後にこう言っています。

「才能や学識、人間の器、左内にわれの及ぶところは一つもない」と。

日本を震撼させた安政の大獄・・・左内は捕らえられ、僅か26歳で刑場に散りました。
どうして幕府は、左内に死を命じたのだろうか?
1834年、福井藩の藩医の家に生まれた左内・・・その人となりを表す資料が残っています。
「啓発録」・・・左内が数え15歳の時に書いたもので、人生の目標を定めた書です。
幼心を捨て、気を振るい、志を立て、勉学に励み、交友を選ぶ・・・
左内は、この5つを自らに課すことで、武士として生きる道を目指しました。
文末には・・・
「私は医者の家に生まれ、家を継がなければならない
 志を果たせぬ事が、悔しくてならぬ」
と、書かれています。
身もだえするような焦り・・・
背景には、西洋諸国の脅威がありました。
1840年に勃発したアヘン戦争、隣国清がイギリスに敗れ、植民地化されていました。
この危機から日本を守らねばならない!!
そのため、左内が選んだのが蘭学でした。
1849年、16歳で適塾に入門します。
福沢諭吉らを輩出した蘭学の名門です。
西洋の医学書を原書で読んで、最新の知識に触れた左内の結論は、日本は西洋に学ばなければならない・・・というものでした。

後に左内は、こう記しています。
貿易を始めることは、国家の大なる利益、品物だけでなく、知恵の交易も肝要である。
それは、西洋の政治思想や軍事産業など、あらゆることを学ぶという決意でした。

1853年、ペリーが来航し、開国を要求します。
圧倒的な軍事力を前に、幕府は和親条約締結に踏み切ります。
この危機に動き始めたのが、左内の主君・松平慶永(春嶽)です。
越前藩の記録によると・・・一橋慶喜公は、不世出の御英明・・・このお方を将軍の後継にすれば、天下憂えるに足らず!!
時の将軍・家定は、病弱で暗愚とのうわさが絶えない・・・その跡継ぎに当時17歳、御三家水戸斉昭の子で、栄明に高い一橋慶喜を将軍に据えようというのです。
そこには、大名たちの政治参加の意思が隠されていました。
これまでは、10万石クラスの譜代大名だけ幕政に携わることができました。
しかし、御三家、親藩、外様の大藩には、一早く国際情勢を知り、西洋の最新技術導入に着手している藩もありました。
名君慶喜の元、挙国一致体制を作るのが、慶永の狙いでした。
水戸斉昭、島津斉彬など、一橋派の賛同を得て、政治工作に乗り出しました。
慶永の意をくむ懐刀として、左内に白羽の矢が立ちました。

1855年、武士に取り立てられ、江戸行きを命じられます。
江戸での活動は・・・薩摩の西郷と緊密に連携しながら、政治工作に臨みます。
この時の出会いは、西郷にとっても終生忘れることはなかったといいます。

左内独自の政治構想は・・・
列強が争う時代にあって、日本が単独で生き残ることはとてもできない・・・。
ロシアとの同盟を結ぶべきである。
と、当時の国際情勢を冷静に分析し、日本の生き残りの道を提示した左内・・・
国内体制の変革は・・・??
将軍継嗣を確立し、慶永公、斉昭公、斉彬公を国内事務宰相とする。
そして、天下に名だたる知識人は、陪審や浪人に関わらず、幕府で採用する。
今や日本国中を一家と見なければならない
主君をはるかに凌駕する改革案・・・左内はこれを西郷に明かしたのではないか??

空前絶後、他には見られない体系的な改革で、大名の家来や庶民まで動員し、日本最上の人材を幕府に集中し、西洋の危機を凌ごうとしたのです。

左内が帰宅したのち、西郷は周りにこう漏らしました。
「今日の談論、余甚だ敗せり」

しかし、事はそう容易くは運びませんでした。
幕閣の中心である南紀派が慶喜擁立に一斉に反発しました。
彼等が推すのは、紀州慶福・・・。
年齢こそ幼いものの、慶喜と以上に将軍との血統が近く、継承権が上なのは、誰もが認めるところでした。

老中・堀田正睦は・・・
「継嗣は将軍の御意志に従うべきではあるが、強いて言えば紀州慶福さまかと思う。」
幕閣への工作が難航する中、一橋派が頼ろうとしたのが大奥でした。
薩摩から迎えた将軍正室・篤姫を通じ、将軍を引き込もうという作戦です。
左内は、慶喜の側近から集めたエピソードを小冊子にまとめ、西郷経由で大奥に配っています。
慶喜がいかに文武に優れ、開明的な人物であるかをアピールしたのです。

結果は・・・??
息子の地位を脅かす慶喜擁立に、将軍・家定の実母本寿院が難色を示したことで、工作は遅々として進みません。
左内は、追いつめられていきます。

突破口は、思わぬところから・・・??
継嗣問題と並んで政治的課題となっていた通商条約問題。
1857年10月、老中首座・堀田正睦は、アメリカとの条約締結に向けて交渉を進めていました。
ところが、これに待ったをかけたのが京の朝廷でした。
時の孝明天皇が、自らの代で鎖国の国是を変えることはまかりならんと、頑なに主張したのです。
1858年1月、条約勅許をえるために、堀田は京へ・・・
この機をとらえて、慶永は左内に命令を下します。

京へ向かい、朝廷への工作を行うように・・・!!

左内に託されたのは、堀田を支援して、条約勅許を実現することでした。
幕府の抱える課題を解決すれば、継嗣問題も有利に運ぶことができるのでは??というのが、慶永の考えでした。
2月、公家・三条実万を訪問します。
この時、左内が藩に送った密書によると・・・

「朝廷のお考えは、攘夷か通商許容かをお聞きしたところ、実万公は呆然のご様子で、今しばらく様子を見てから・・・と、おっしゃるのみだった。」

三条は左内にこう訴えた・・・
「もし、御三家や、一門に英傑がいれば、その人を頼むしかない。」
左内にとって絶好の機会でした。
そこで、おいおいと、一橋公のことを申し上げたところ、実万公は、手を打って「その人を得た」と、お喜びであった。
条約問題ははぐらかされたものの、一橋継嗣に期待できることを聞きだします。

一方、幕府の条約勅許の交渉は難航していました。
2月23日に下された勅答は・・・
「御三家以下、諸大名の意見を聞いて、もう一度持ってくるように。」

堀田は止む無く京に留まって交渉を続けます。
左内も、今後の対策を迫られることとなります。

継嗣問題に方向転換??
順調に見えた継嗣問題も・・・
南紀派の巨頭・井伊直弼が、腹心・長野主膳を京に向かわせ、工作を展開し、関白・九条尚忠を慶福支持へと動かすことに成功していました。
そして、左内自身にも葛藤が・・・
朝廷に取り入るのは、南北朝のような混乱をもたらす・・・??

条約勅許工作を継続??
継嗣問題は、幕府内だけで決めればいいのでは・・・??
朝廷が関わると、朝廷の存在が大きくなりすぎる・・・!!
下手をすると、派閥争いで内乱になるかも・・・??

どうする??左内!!

1858年3月下旬・・・京に一通の書簡が届きました。
差出人は松平慶永、宛先人は天皇に次ぐ実力者・鷹司政通の側近でした。
「英明の一橋卿を差し置いて、他の人が将軍になるようであれば、皇国の為にもなりませぬ。
 殿下のご尽力を賜わりますよう。」

左内は、九条関白の政敵・鷹司への工作に・・・継嗣問題に方向転換しました。
効果は絶大!!
左内は、国元にこう送っています。
「将軍継嗣の一件は、年長、英傑、人望の者と定まった」と。
事実上、慶喜を名指しするものでした。

しかし、思わぬ落とし穴が待ち受けていました。
3月24日、朝廷から下された勅答は・・・
「継嗣が決定し、政務を助けられることとなれば、おにぎやかにてよろしい」
南紀派の巻き返しが功を奏し、九条関白が独断で、「年長、英傑、人望」の三条件を消し去ったのです。

そして、条約問題も壁にぶち当たり・・・
堀田の度重なる説得にもかかわらず、朝廷は条約を頑なに拒否!!
アメリカが武力に出るようならば、戦も辞さない!!と・・・条約勅許を得られなかったのです。

左内の日本を一家とする政治改革構想はついえたかに見えました。
しかし、左内はまだあきらめてはいませんでした。
京を引き上げる寸前の1858年3月24日、一人の人物とあっています。
日米和親条約締結に当たった幕府のエリー外交・ト海防掛・岩瀬忠震です。
岩瀬はこう持ち掛けます。

「ご主君・慶永公が宰相となり、将軍継嗣一橋公を補佐する体制を作る。
 事態を打開するにはそれしかない。」

堀田老中、岩瀬をはじめとする幕府の条約推進派は、条約勅許が難しくなった段階で、一気に一橋派に舵を切る・・・慶喜は積極的明国論で、慶喜継嗣に合わせて通商条約問題を一気に解決しようと思っていました・
岩瀬だけではなく、老中首座の堀田正睦も加わった一橋派。
これに対し、南紀派も反撃に出ます。
井伊直弼が大老に就任。
6月に入ると、将軍家定の「継嗣は慶福」との内意を受け、朝廷に使者を派遣。
これに朝廷からの承認が下りればすべては決着する・・・一橋派は、絶体絶命の窮地に陥ります。
予期せぬ好機が到来・・・
1858年6月17日、ハリスがぐぐん間で江戸湾に現れ、通商条約を強行に迫ります。

この時、交渉に当たった岩瀬は、勅許もないのに調印は出来ないという井伊の主張を押し切って調印を強行!!
これこそが、左内たちの最後の望みの逆転の秘策でした。
朝廷に調印を連絡しなければならない・・・しかも、それは違勅。
朝廷、孝明天皇に対し、説明する人がいかなければならない・・・!!
慶永を派遣したらどうか・・・??
その時に、将軍継嗣の話もしてもらって、もう1回内勅降下を図ろうとしたのです。

条約調印前日の6月18日、岩瀬は左内と慶永にハリスとの交渉を逐一奉じ、後は頼むとばかりにこう記します。
「回天の一事、何とぞご精力下さい。」
しかし、6月23日堀田正睦、老中を罷免!!
すべての計画が狂ってしまいます。

おりしも朝廷から祝い状が届き、慶福継嗣が正式に発表されます。
慶永は、井伊に抗議する為に江戸城に押しかけるものの、もはや決定が覆ることはありませんでした。
左内が未来を託した政治改革の夢は、ここに潰えたのです。

敗北の代償はあまりにも大きく、1858年7月5日、松平慶永隠居謹慎処分に。
左内は責任を痛感し、死を決意!!
そんな左内を思いとどまらせたのは、主君・慶永からの命令書でした。

「愕然のあまり性急に死を選ぶようなことがあれば、我を見捨てることと同じである。」

左内は、京に向け政治工作の中止を命じ、自らも一切の政治活動から身を引きます。
しかし・・・時代の激流は押しとどめることは出来ず・・・井伊は強権を発動!!
度重なる政治介入で幕政に混乱をもたらしたとして、公家、攘夷派の志士を処罰!!
世にいう安政の大獄です。
左内も、前年の朝廷工作の咎で捕縛!!
1859年10月7日、橋本左内・・・斬首・・・刑死・・・享年26歳でした。
誰もが予想しない重い処罰・・・そこには、左内の思想と行動力に対する井伊の恐れがありました。

あまりにも早すぎる死・・・しかし、左内の志は、新たな時代へと受け継がれていきます。
1868年、太政官布告「政体」・・・この中に、興味深い一節があります。

「藩士、庶人といえども、二等官に至るを得る」

身分にかかわらず、有能な人物を官僚に登用することで、対外的な危機に立ち向かう・・・左内がかつて記した構想が、10年の時を経て受け継がれていました。
時代を先駆け、時代と真っ向から格闘した橋本左内・・・
その想いは、その後も人々の心の中に生き続けたのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

橋本左内、平成日本を啓発す―稚心を去れ!

新品価格
¥1,512から
(2018/7/23 20:56時点)

靖献遺言 (せいけんいげん)

新品価格
¥1,944から
(2018/7/23 20:57時点)

軍神の血脈 楠木正成秘伝 (講談社文庫)



大楠公として歴史に名を残す英雄・楠木正成。
1331年8月、150年にわたった武家政権鎌倉幕府と後醍醐天皇との対立が表面化します。
我が子への皇位継承を望む後醍醐天皇・・・それを阻む幕府に不満を募らせていました。
天皇へ政の実権を取り戻すことを望んでいたのです。
これに、河内の土豪・楠木正成が呼応します。
武力と財力を備えた有力者だった正成。
権威を振りかざし、権益を独占している鎌倉幕府に憤りを感じていました。
後醍醐天皇の元に馳せ参じ・・・
「天下を改めるには、武略と知謀の二つでございます。」
河内国に戻った正成は、500の手勢で赤坂城で蜂起!!
幕府は30万ともいう兵で赤坂城を攻撃します。
大木や岩、熱湯で撃退する正成。
兵糧攻めに転じる幕府軍に対し、城に火を放ち、夜に紛れて赤坂城を脱出自害したように見せかけます。
幕府軍は、正成たちが自害したと思い込みます。
しかし、敗れた後醍醐天皇は隠岐に流され、正成も行方不明・・・。

赤坂城脱出から1年後、正成は突然紀伊で挙兵!!
神出鬼没の戦いで、河内を取り戻した正成は、金剛山の支脈に千早城を新たに築きます。
1333年2月、鎌倉幕府の大軍が、千早城に襲い掛かります。
正成は、幕府軍に油を浴びせ火を放つなど、奇手、奇策で大軍勢を撃退!!
寺社勢力の協力もあり、籠城は100日にも及びます。
後方からの支援を受ける正成は、反対に大軍勢の幕府軍の兵糧を脅かします。
持久戦に持ち込まれた幕府軍の戦意は、下がる一方・・・。
正成奮戦の効果は、各地に波及していきます。
千早城一つ落とせない幕府は恐るるに足らず!!と。

幕府軍の大将・足利尊氏が後醍醐天皇側に寝返ります。
尊氏は六波羅探題を攻め落とし、新田義貞は鎌倉を壊滅!!
ここに、鎌倉幕府150年の歴史は幕を閉じることとなります。

隠岐を脱出した後醍醐天皇は、正成に先導され、京都に凱旋!!
1333年6月後醍醐は念願の建武の新政を開始!!
所領争いなどに、前例を省みない判決をし、破格の人事を次々と断行していきます。
痴ほうの土豪に過ぎなかった正成も、天皇の親衛隊長・・・武者所に任命されます。
異例づくめのスタートを切った天皇中心の政治・・・しかし、それはやがて武家だけではなく朝廷内に大きなわだかまりを作ることとなるのです。

鎌倉幕府の大軍との戦いを耐え抜き、建武の新政の立役者となった楠木正成。
地元の墓地には・・・供養塔・見方塚があります。
楠木軍の戦死者は、村人の墓石に囲まれるように祀られていました。
この墓地にはもう一つ正成が立てた供養塔があります。
幕府軍の戦没者が敵ではなく寄手と呼んでいる寄手塚・・・場所は見方塚より小高いところに大きい墓石で建っています。
戦での死者を敵味方なく弔った楠木正成は、平穏な時代の訪れを願っていたのかもしれません。
しかし、鎌倉幕府討幕からわずか2年・・・旧幕府残党を押さえるために鎌倉に下っていた足利尊氏が後醍醐政権から離反します。
反乱の鎮圧後も、上洛の命令に従わず、鎌倉を動かない尊氏を、後醍醐天皇が討伐しようとしたためでした。
ところが尊氏はこの戦いに勝利し、京都を制圧することになります。

比叡山へのがれた後醍醐天皇の元に、正成ら朝廷軍が集結します。
1336年1月、体勢を立て直した朝廷軍は、朝敵となった尊氏軍に総攻撃を仕掛けます。
正成率いる軍勢は、市街戦でも見事な働きを見せ、5万騎ともいわれる尊氏軍を洛中から駆逐しました。
ここで正成は一計を案じます。
自分がまたもや死んだと偽装して、勝ったはずの朝廷軍があたかも散り散りに逃げているように見せかけたのです。
尊氏は洛中に戻るや、逃げる朝廷軍に追手をかけます。
正成の狙いはそこにありました。
手薄になった洛中の尊氏軍に、総力を挙げて襲いかかったのです。
尊氏軍は、慌てふためき逃亡する者、自害する者、中には出家して僧になってしまうものまでいました。
正成はついに、尊氏を追いつめたのです。

しかし・・・優勢の朝廷軍の中から、逃げる朝敵・尊氏軍に付き従うものがたくさんいたのです。
彼等は、所領の拡大など、討幕の功績による後醍醐天皇の恩賞が十分でないと不満を持っていたのです。
混乱する戦場で、正成は選択を迫られます。
尊氏を討ち取る??それとも追撃をやめる??
楠木正成は、現在の兵庫県芦屋の一角で兵を挙げ、足利尊氏との一戦に臨みます。
尊氏を追いつめた正成・・・このまま決着をつけるのか・・・??

終日激戦を繰り替えし、夜になって何を思ったか正成は引きました。
敢えて追撃しなかったのです。
都に戻った正成は、後醍醐天皇に思い切った策を進言します。

「どうか、尊氏卿を召し替えされて、和睦をしていただきとう存じます。
 戦に敗れた尊氏軍に、朝廷方の輩まで付き従っていきました。
 どうか、帝に徳のない事をお分かりください。
 尊氏たちの反撃を受ければ、防ぐ術はございません。
 武略の道においては、いやしき正成に間違いはございません。
 今すぐご決意下さい!!」by正成

しかし、正成覚悟の進言は、一笑に伏され聞き入れられることはありませんでした。
正成の頭の中には、足利尊氏がいてこその後醍醐天皇の政権は続けられると考えていたようです。
足利尊氏をカリスマ的存在として認識していたのです。
正成は、合理的、実利的に選択する面があったと言えます。

正成の進言から2か月後、九州に落ち延びていた尊氏は大軍勢で京都に進軍!!
戦えば明らかに不利な状況で、正成は懇親の武略を巡らします。
それは、天皇を再度比叡山に・・・そして、京都を空にして尊氏軍を引き込み兵糧のルートを絶って市中殲滅戦を展開するというものでした。
正成らしい弱者の兵法でしたが・・・

「戦いもせずに帝が一年も都から逃れるのは、権威失墜につながる。
 今まで勝利してきたのは、武士の戦略ではなく、帝の運によるものである。
 サッサと出陣せよ!!」by公家

討ち死にせよとの命令か??
菊水の旗印の元、僅か500騎で湊川に向かった正成は、尊氏の大軍を前に激闘を繰り広げます。
1336年5月25日、刀折れ、矢尽きた正成は、弟・正季と誓いました。
七たび生まれ変わっても、朝敵を我が手で滅ぼさん・・・後世、七生滅賊という契りを交わし、楠木正成は自刃しました。

その死からおよそ500年後、楠木正成は黒船来航に始まる幕末の動乱で再び注目を浴びることになります。
長州で松下村塾を開いた吉田松陰・・・吉田松陰は討幕を計画したかどで死罪を命じられます。
松陰が死の間際に弟子たちに宛てた遺書「留魂論」・・・松陰はその巻末に、正成の七生滅賊の誓いを歌に詠み込んだ辞世の句を残しました。

七たびも 生きかえりつつ夷をぞ
         攘はんこころ 吾れ忘れめや

正成を忠君の鏡と崇めた松陰の精神は、桂小五郎・高杉晋作・久坂玄瑞・・・長州藩士たちに受け継がれます。
正成に、長州藩を重ねたのです。
下級武士にとっての理想像が正成でした。
身分が低かろうと、天皇への忠義の志があれば、政治に参加していい!!
自分達は正成のようになりたい!!
当時の志士たちには「正成をする」という言葉が流行っていたようです。

維新達成後も、学校教育を通して、正成の忠君は広く、深く、人々の心に刷り込まれていきます。
正成が自害の時に誓った七生滅賊は、いつしか七生報国に代わり、太平洋戦争末期、沖縄戦での特攻は正成の旗印から撮って菊水作戦と言われました。
間近に迫った敗戦まで、正成の死に際は、戦意高揚に利用されたのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

教科書が教えない楠木正成

新品価格
¥1,620から
(2018/6/23 17:13時点)

兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳)

新品価格
¥1,620から
(2018/6/23 17:13時点)

このページのトップヘ