日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

カテゴリ: ビーバップ・ハイヒール

忍者文芸研究読本

新品価格
¥1,944から
(2018/6/28 15:35時点)



忍者の歴史はいまから600年前の南北朝時代。
激しい争いの中、情報収集・潜入活動などの技術が発達し、「忍び」という職業として成立しました。
以降、徳川家康、武田信玄、毛利元就・・・忍びを使わない武将はいませんでした。

しかし、本当の忍者は、私たちの想像とはかけ離れています。
戦闘のプロのイメージが強いですが・・・戦いません。
今でいうスパイのような存在で、敵と対峙することよりも、生きて情報を持ち帰るのが任務でした。
戦うのは最後の手段だったのです。

さらに手裏剣はウソ・・・十字型の手裏剣は欠点だらけです。
鉄製なので重すぎる・・・軽快な動きを必要とされる忍者には不向き!!
さらに、鉄は高価なものなので、勿体ない!!投げるのを躊躇。


kunai


普段携帯していたのはクナイ!!

穴を掘る、壁を上る際の足場、武器!!
汎用性があり、武器として携帯するには最適でした。



忍者の真実其の一
忍者は黒装束を着なかった
忍者と言えば、黒装束に身を包み、華麗に潜入!!というイメージが強いですが・・・
敵地で隠密行動するのに・・・忍者とわかる黒装束は目立ちすぎる!!
どうして忍者と言えば黒装束というイメージがついたのか・・・??
それは、歌舞伎!!
江戸時代、観客が一目で忍者と認識できるように衣装を黒装束にしたのが始まりです。
その名残から、忍者=黒装束というイメージがついたのです。
では、本当の忍者は・・・??
状況によって使い分けていました。
潜入先の住民や、風景になじむように変装していたのです。
町人から情報を聞き出すときは、町人・商人・お坊さん・山伏・・・。
潜入先の方言を話せるように訓練していました。

城や屋敷の中を覗きたいときには虚無僧・・・顔を見られることなく、偵察に適していました。
城や屋敷に潜入する時は、放下師、猿楽師に・・・大名に気に入られれば、屋敷に呼んでもらえ、重要な情報を集めることができました。
これらは、七方田とよばれ、忍者の基本の変装術でした。

忍者の真実其の二
忍者は将棋が強かった。
当時の庶民の娯楽は将棋でした。
知らない土地の人と仲良くなるためには、最高のコミュニケーションツールでした。
忍者は誰とでも相手ができるように、人並み以上の腕前を持っていたといいます。

忍者の真実其の三
そして・・・将棋には勝ってはいけません。
相手のことを操り、秘密を聞き出すうえで重要なことは・・・うつけ者を演じることでした。
かしこく振る舞うと、相手は気分を害して口を閉ざしてしまう・・・。
相手を気持ちよくさせることが大切なので、将棋でわざと負けることも多かったといいます。
情報を聞き出すために、忍者はプライドを捨てていたのです。

忍者の真実其の四
潜入には穴を掘る。
鍵縄を使って城や屋敷に潜入することは、見張りに見つかる危険性があります。
なので、潜入のためには、穴を掘ってトンネルを通す・・・完成までに数か月かかることもありました。
また、壁が木造ならば、塩水を吹きかけ少しづつ木を腐らせ穴をあけていました。

忍者の真実其の五
忍術は科学だ。
実在の忍者は、超能力を使えたわkではありません。
忍術とは科学の応用なのです。
忍者は、今でも専門家しか知らないような科学的知識を豊富に持っていました。
夜の山奥で道に迷ったら・・・方角を知るために、火を起こし・・・縫い針を使って方位磁石をつくりました。
熱残留磁化という仕組みで、縫い針と水だけで方角を特定していました。

火の扱いにもなれており、忍び松明は雨にぬれても消えにくい特殊な松明でした。
独自に火薬を調合します。それに利用するのは・・・糞尿と灰汁を煮込み、冷却して火薬(硝石)を作り出していました。

忍者の真実其の六
忍者はサバイバルの達人。
時に山中に身を隠すことの多かった忍者は、サバイバル術にも長けていて、自生する植物の種類を見極め、飢えをしのいでいました。
兵糧丸というもち米や砂糖を練って作った高カロリーの非常食も持っていました。
それだけでなく、梅干しと砂糖を元に作った非常食・水渇丸で・・・酸味と唾液を分泌させ、のどの渇きを癒したといいます。

忍者の真実其の七
くのいちは存在しなかった。
女性がいたという書物は残っていません。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

武器で読む八犬伝 (新典社新書21)

新品価格
¥1,080から
(2018/6/28 15:33時点)

忍者の誕生

新品価格
¥3,888から
(2018/6/28 15:33時点)

「日本の伝統」の正体 [ 藤井青銅 ]

価格:1,620円
(2018/3/16 07:12時点)
感想(0件)



古くからの「当たり前」に隠された意外な真実とは・・・??

私たちの暮らしに溶け込んでいる礼儀や作法、習慣・・・古くから日本に続く伝統・・・。
「初詣」は、日本ならではの伝統です。
関東なら明治神宮、関西なら伏見稲荷大社が例年のTOPを走り続けています。
毎年同じ神社にお参りします。
わざわざ混む正月に・・・??
初詣のルーツは「恵方詣り」です。
室町時代には行われていましたが・・・
恵方詣りとは、正月に縁起のいい恵方にあるお寺や神社を参拝することでした。
恵方には4つの方角があり、毎年異なっていました。
どの神社も、恵方に当たるのは4年に一度、それに合わせて参拝者も行く神社を変えていました。
しかし、明治30年頃・・・ある男の思惑がこの伝統を覆します。
男の名は、立川勇次郎です。
彼は、鉄道事業に参入しようとしました。

「庶民にとって、汽車に乗ることは憧れとなっている・・・彼らを取り込もう!!」

明治5年に初めて鉄道が開業。
人々の注目を集めていました。
「そうだ!!恵方詣りと汽車を結び付けよう!!」

明治32年、川崎駅~川崎大師間、2キロの路線を開通します。
明治37年には品川まで延長。
川崎大師に遠方からの客も増え、参拝客が激増します。
恵方詣りをする人が激増したのです。
ところが・・・
「恵方詣りでは、4年に一度しか集客できない!!」
そこで・・・
「そうだ!!
 いっそのこと、初詣を!!」
初詣なら、恵方に関係なく参拝できます。
新しいシステムでした。
これが大当たりして、川崎大師には毎年多くの人が参るようになりました。
同じように、他の電鉄会社も「初詣」を打ち出し、沿線の神社を宣伝します。
いつしか、恵方詣りという伝統は消え、電鉄会社による「初詣」が新しい伝統となったのです。

平安神宮に隠された京都の意地

明治の初め、突然都が東京になってしまった・・・。
天皇陛下も東京へ・・・。
宮中御用達の老舗が次々と東京に拠点を移し、人口は激減!!経済は停滞!!

「このままやったら、京都も奈良みたいになってしまう・・・」
「大きな神宮を作って、この京都がほんまの都やっちゅうのを見せつけたりまひょ。」

明治28年平安遷都千百年記念祭が行われます。
この時、そのシンボルとして平安神宮を造ることになりました。
しかし、莫大なお金が要る・・・
国を頼らず、建築費をすべて寄付で捻出します。
平安神宮には、京都人の意地と底力が隠されているのです。


正座に隠された恐ろしい仕掛け

古来正座は、神仏を拝むときなど神聖な儀式のときに作法として行われていました。
平安時代の装束は、下半身は大きくゆっくりと作られています。
これは、正座ではなく、あぐらを組むことを前提に作られています。
日常の礼儀としては、あぐらが正式だったのです。

江戸時代初期、参勤交代が制定されました。
江戸城内の作法として正座を強要されることとなります。
将軍と対面する時、彼らに正座させることで、将軍を神格化し、忠誠心を植え付けたのです。
これが、新しい礼儀として拡散し、庶民へと普及したのです。


万歳に隠された明治政府の思惑

本来日本では正式な儀式では無言で行います。
しかし明治22年、大日本帝国憲法発布に併せ、明治天皇が観兵式に臨むことに・・・。
すると、啓礼だけでは物足りない・・・
外国のように歓喜の声を上げては??ということで、
「万歳、万歳、万々歳!!」ということになりました。
万歳とは、古くから長寿や末永い繁栄を意味していました。
明治天皇に向かって、初めて万歳三唱を行うこととなりましたが・・・
その大きな声に馬が驚いて立ち止まってしまいました。
なので、2回目の万歳は小声、万々歳は言えずに終わってしまいました。
以後、「万々歳」は省略され、「万歳だけ三唱」となったのです。


あぶらとり紙に隠された意外なルーツ

古くから舞妓や芸子が活躍する京都・・・
彼女たちの必需品の一つがあぶらとり紙です。
京都の伝統のお土産物と思われがちですが・・・
しかし、そこには意外なルーツが・・・。

大正から昭和にかけて、映画全盛期で、数多くの映画撮影が行われてきました。
しかし、フィルムの感度が悪い当時は、役者が大量のライトを浴びていました。
顔に油が浮いてしまう・・・。
そこで、テカリを何とかする為に、化粧品卸業・國枝茂夫が考えます。
試行錯誤の末に・・・和紙・・・金箔の裏打ち紙に目をつけます。
この紙は、顔の油をとってくれる上に、化粧が落ちません。
撮影所や舞台で重宝されていきます。
そして・・・「手帳型にしたら使いやすくなるかも??」
大正10年頃、手帳型に加工し、販売します。
たちまち映画関係者、舞妓・芸妓の間でも評判になります。

伝統には、様々な人々の思惑が隠されているのです。


海外の伝統にも不思議なルーツが・・・。

世界最大の領土のあるロシア・・・古くから音楽やバレエが盛んで舞台芸術の国といわれています。
マトリョーシカ・・・伝統的な入れ子人形として世界に知れ渡っています。
その誕生のきっかけは、19世紀後半。
ロシアの鉄道王を夫に持つマモントフ夫人には、悩みがありました。

「一体何を出店したらいいのかしら・・・??」

数年後に開かれるパリ万国博覧会・・・出店するロシアならではの民芸品を決めかねていました。
当時、ロシアでは急速に産業が進歩、しかし、イギリスやフランスから遅れているために、ロシアの文化をアピールする必要がありました。
そんな中、日本との友好を図るために来日し、箱根へ・・・。
その時入った土産物店で見つけました。

「この人形を、ロシア風にアレンジして頂戴。」

帰国し、お抱えの木工職人に言いました。
依頼を受けた木工職人は、試行錯誤の末・・・マトリョーシカを作ったのです。

ロシアの民芸品として出展されたマトリョーシカは、評判を呼び、銅賞を獲得し、ロシアの名産品として世界中に知られるようになったのです。
そのモデルとなったのが・・・入れ子の七福神人形だったのです。


世界屈指のリゾート地ハワイで・・・。
1885年サトウキビ畑の開拓で、日本人が移住。
約15年の間に、22万人が移住しました。
しかし、「3年で400万円稼げる」と、移民募集をしましたが、そかし、実態は人身売買に近く、賃金ももらえず着る者にも困る始末でした。
それでも勤勉で節約家の日本人・・・。
移住者のひとりでシャツの仕立て職人・宮本長太郎は・・・着物として用をなさなくなったものをシャツに仕立て直しました。
アロハシャツは、宮本が考案したもので、派手なデザインはもともと着物の柄だったのです。
これが口コミで広まり、1904年アロハ専門の店をオープン。
彼は、アロハシャツとして和柄のシャツを仕立てたのです。
観光客はもちろん、現地のハワイアンも購入。
アロハシャツは、ハワイの正装として認知されていきます。
世界中から愛され続けているアロハシャツは、日本人がルーツだったのです。

海外の伝統にも知られざる歴史と思惑が隠されているのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

1時間でパッとわかるなるほど現代世界史 資本主義VS共産主義、何があった!? (静山社文庫) [ 藤井青銅 ]

価格:699円
(2018/3/16 07:13時点)
感想(0件)

【中古】 アラサーの平成ちゃん、日本史を学ぶ コミックエッセイ 日本人だから知りたい! /もぐら(著者),藤井青銅(著者) 【中古】afb

価格:548円
(2018/3/16 07:13時点)
感想(0件)

スワロフスキー観覧車マルチカラーswarovski1343

新品価格
¥9,936から
(2014/6/2 05:49時点)



 観覧車には、関西人の愛と涙と情熱が詰まっていました。

ナニワの男たちが燃えた!!
世界一の観覧車バトルとは??

1893年シカゴ万博で、世界初の大型観覧車「フェリスホイール」。
設計したのは、橋の設計士ジョージ・フェリスでした。
この計画は4年前のパリ万博で登場したエッフェル塔に対し、自国の技術力を示そうとアメリカが計画したものでした。
多くの人がこの観覧車に心奪われました。
以来、巨大観覧車は自国の技術力・経済力を示す”鏡”となり、各国が争うように設計します。
イギリスの「クレイドン・ホイール」、ウィーンの「リーゼンラート」・・・
そして、1900年フランスがパリに作ったのが、高さ100mの観覧車「グラン・ルー」でした。
この記録は抜くことは不可能と言われ、100年近く記録は破られませんでした。


時は流れ・・・1980年代大阪・・・。
グラン・ルーの記録に挑もうとする人たちが現れました。
泉陽工業株式会社です。
世界一高い観覧車を作ろう!!

社長は屋上遊園地のアルバイトを経験後、遊園施設メーカーを起業した人でした。

「揺れを解消しなければ、巨大観覧車は無理だ・・・」

当時の観覧車のほとんどは、ギア駆動でした。
ギアのかみ合わせによる”揺れ”が・・・
駆動部分での小さな”揺れ”が、頂上では何倍にも大きくなるのです。
これが、グラン・ルー以来、それ以上の観覧車が出来ない原因・・・壁だったのです。

タイヤを使った駆動方法を考え出します。
この考えを基に作られたのが、1981年の神戸ポートピア博覧会のジャイアント・ホイール(63.5m)なのです。
現存する世界最大の観覧車として注目を浴びます。

それよりも大きいものを・・・!!
そこに強敵が立ちはだかります。
大阪に本社を構える「サノヤス・ヒシノ明昌(現/サノヤス・ライド)」。
明治にできた造船のスペシャリストが乗りだしたのです。
大型タンカーの”揺れ”に対する船舶工学を
応用して、巨大観覧車に挑んでいたのです。

どちらが先に100mを超える観覧車を作るのでしょうか???

1989年アジア太平洋博覧会に、105mの観覧車ができました。
グラン・ルーの記録を90年ぶりに更新したのは???
サノヤスでした。

先を越されてしまった・・・!!

しかし、1週間後に開催された横浜博覧会に・・・
コスモクロック21を出展・・・105mでした。

ここから大阪の会社による”世界一の観覧車バトル”がヒートアップしていきます。

1992年びわ湖タワーにサノヤスが「イーゴス108」世界記録更新です。
1997年泉陽が天保山大観覧車を作ります。112.5mでした。

ここに来て・・・サノヤスが技術革新を起こします。
1998年HEP FIVEに世界初の”ビル一体型”を完成させます。
これを基に、1999年パレットタウン大観覧車・・・115mです。

しかし、これまでの観覧車は直径が100mの物ばかり・・・。
泉陽は、直径100m以上の物を試行錯誤していきます。

東京・葛西臨海公園の中の一角で・・・
しかし、イギリスにとんでもない観覧車が出現します。
1999年ロンドンアイ完成。高さは135m・・・

世界に大きく水をあけられます。
おまけに、2001年建築基準法が改正され・・・
60mを超える建築物には大臣の許可が必要となります。
日数と予算がかかるうえ・・・簡単には許可が下りない・・・!!

実際、法改正以降60m以上の観覧車は建てられていません。

しかし・・・二社ともあきらめず・・・
泉陽は2008年に中国に史上初の湖上大観覧車118mを完成。
サノヤスも、今年メルボルンに遊園地をオープン。南半球最大の118mの観覧車を完成させました。

世界一の戦いは、今も続いているのです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

芸術・人文 ブログランキングへ


オルゴール観覧車 カラー

新品価格
¥4,316から
(2014/6/2 05:49時点)



【2500円以上送料無料】古事記声語りの記(しるし) 王朝公家の封印したかった古事/木村紀子

価格:3,240円
(2014/4/28 15:43時点)
感想(0件)



日本人の祖先は文字を持っていませんでした。
言葉は”声”としてだけ響いていました。
感じが渡来し、日本語の原型が誕生します。
原始の日本語とはどんな言葉だったのでしょうか???

今でもたくさんの言葉が使われています。
古代人の暮らしや精神と共に刻まれているのです。

”タスキ”は、現在では駅伝や選挙に使われていますが・・・
埴輪もタスキをかけています。
この言葉は・・・”タ”と”スキ”に分けられて・・・
”タ”は、手のことで、”たずさえる”や”たむける”等に名残があります。
”スキ”は、水をすくとか、髪をすくとか・・・”すくい通す”という意味で・・・
タスキ=手をすくい通すということになります。

木の皮から出来た布状の物や玉を通したものに手を通す・・・そうすることで神の力を宿すことが出来ると考えられていました。
文字として初めて登場したのは古事記・・・
天照大神の再臨を願い天宇受売命が天の香山の日影を手次(タスキ)にかけて・・・とあります。
タスキは、その行為だったのに、いつのまにか道具を指す言葉に変化したのでした。

駅伝や選挙活動などの勝負事の時にタスキをかける・・・意味を忘れていても、神の力を借りるという考え方は・・・古代からのメッセージとして伝わっているのかも知れません。

奈良時代に書かれた「古事記」や「日本書紀」にある言葉は、それより前から使われていました。
ヤマ・カワ・ウミ・ハナ・キ・クサ・・・幼い子供が知っているような言葉は、原始日本語と呼ばれ、太古からあったと思われています。

イヌ・ネコ・ヒヨコ・・・動物、鳥は、その鳴き声の擬声が名前になっていることが多いのです。
ヒヨコ=ピヨピヨ⇒ピヨコなどです。
わんこ・・・にゃんこ・・・も、その感覚が残っていて、鳴き声を使っているのかも???


"枕"・・・
枕という言葉は・・・”マ”と”クラ”に分かれます。
”マ”=真なるもの・・・真人間・真正直
”クラ”=神座(かむくら)のことです。
つまり、真の神座・・・枕に最上級の敬意を払っていました。
古代の日本人は、「夢」を特別なものと考えていました。
「夢」は、神と交わることのできる”神聖な場所”。
枕は神のお告げを聞くための道具と崇められていたのです。


目は何で”メ”?鼻は何で”ハナ”???
メ・ハナ・クチ・・・体の部位を表す言葉の多くが”原始日本語”です。
”目・鼻・歯・頬”・・・”芽・花・葉・穂”と、植物に・・・古代より日本人に実りを与えてきた”稲”と同じなのです。
葉の下に茎・・・歯の下に歯茎
根も・・・根が優しい・根が正直・息の根を止める・・・心や命など、目に見えない大切なものを”根”といいます。
頬(ホホ)・耳(ミミ)・目(メメ)と、二つあるものは繰り返して言われます。
濃厚生活を送り、稲を大事にしていた日本人だからこその
「自然があってこその人間がある」という思いが込められているのです。

”クツ”も古来からあり・・・
木は、”キ”だけでなく、”ク”や”コ”(木立ち)とも呼ばれていました。
サンダルのことを”つっかけ”(つっかける)と言います。
木で出来たつっかけ=クツなのです。


難波・・・
古代大和朝廷では”食べ物”を”ケ”と呼んでいました。
これが転じて”ケ”=”クウ”となったのです。
今でも”あさげ””ゆうげ”というのはその名残です。
”食べ物”を違う呼び方でいう人たちもいました。
それは沿岸部にいた”海の民”たち。。。
食べ物のことを”ナ”・・・魚を”ナ”と呼んでいたのです。
そして、たくさん魚のとれる漁場のことを”魚の庭”という意味を込めて”ナニワ”と呼んだのです。
が・・・内陸に暮らす大和朝廷の人々が、真の意味を知らずに漢字をあててしまったので・・・
ナニワ=”魚庭”でなく”難波”となったのです。

”クダモノ””ケダモノ”も原始日本語で、”ダ”=”ノ”なので・・・
クダモノ=木(ク)のモノ
ケダモノ=毛(ケ)のモノ(獣)
になります。


オトメは・・・

古代大和朝廷では、ヲトコ(男)・ヲトメ(女)と呼ばれていました。
西の大国では、ヲグナ・ヲミナと呼ばれていました。
やがて大和朝廷が西を征服し・・・男を殺して女を奪ったのです。
その時、男を意味する”ヲグナ”という言葉も抹殺されました。
この時、”ヲミナ”だけが残り、”オンナ”となったのです。
その後、女という言葉は、自分たちが使っていなかった言葉という特別性から・・・
ヲトメ=処女・未婚の女性・恋愛対象となる女性として使われるようになりました。
つまり、乙女とは、女よりもずっと純粋で大切に扱われるべき存在なのです。


アソブは・・・
”アソ”と”ブ”に分かれます。
”アソ”は、阿蘇山のアソと同義語で・・・浅間山のアサ、有珠山のウスとも同義語です。
これらの山の共通点は、火山です。
”アソ”とは、噴火のような行為のことなのです。
つまり・・・アソブとは、古代人にとって・・・
一種のトランス状態になる・・・阿蘇山の噴火の如く熱くなる行為のことなのです。
岸和田のだんじりや、青森のねぶたみたいな熱狂的な激しい祭りのようなことなのです。


”寄り添う”・・・添うは原始日本語で”ソフ”。
その語源は、古代日本の風習”ソヒ”にあります。
”ソヒ”は、古代の合コン・婚活のようなものです。
特定の日を決めて、村々から男女が寄り、歌を歌って妻や夫を見つけていたのです。
男が女を”誘う(サソフ)”=物事の始まり(早苗・早乙女)
ライバルが現れたら”競う(キソフ)”=キッと睨む
決着がつくまで”争う(アラソフ)”=荒々しい
これらは全て、”ソヒ”から生まれた言葉です。
そして・・・寄り添い、添い遂げるのです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると頑張れます。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

歴史 ブログランキングへ

日本語の奇跡―「アイウエオ」と「いろは」の発明 (新潮新書)

新品価格
¥734から
(2014/4/28 16:15時点)


日本語の深層 ことばの由来、心身のむかし (平凡社新書) (新書) / 木村紀子

価格:821円
(2014/4/28 15:44時点)
感想(0件)

【送料無料】 進化論の時代 ウォーレス=ダーウィン往復書簡 / アルフレッド・ラッセル・ウォレス 【単行本】

価格:7,344円
(2014/4/14 15:59時点)
感想(0件)


地球上のありとあらゆる生物が共通の祖先をもつ・・・
その花安協に応じて進化して生きる・・・
どうしてダーウィンは進化論にたどり着いたのでしょう???

ダーウィンの父は、イギリスで代々続く医者・母はウエッジウッドの創業者の娘でした。
伝統ある裕福な家に育ったダーウィン。
学校も名門校・・・しかし、ダーウィンの楽しみは生物の採集でした。
しかし、厳格な父のもと、エディンバラ大学に入学し、医学の道へ進みます。
が。。。血を見るのが苦手で退学・・・
またもや父の意向でケンブリッジ大学に進学し、神学の道に。。。
開いた阿字観を生物採集に使います。
そんなダーウィンに転機が訪れたのです。

卒業試験に合格した直後、ビーグル号の乗組員に推薦されます。
ビーグル号の仕事は、南米大陸や太平洋の島々の地図を作ることでした。
しかし、優秀だから選ばれたのではなく・・・船長の話し相手としてでした。

1831年ビーグル号出航。チャールズ・ダーウィン22歳の時でした。

測量しながら・・・驚いたのは、搾取される黒人奴隷たちの姿。。。
船長に奴隷制度の不当性を訴えるのですが・・・
当時はそれが当たり前で・・・これによって冷遇されだします。

旅の途中で・・・元恋人の結婚の知らせを受けたダーウィン・・・
よりをもどそうと考えていたダーウィンは傷心。。。
博物学に進むのでした。

訪れる土地で収集していきます。
航海3年目・・・小さな島にたどり着きました。
1835年9月15日・・・それがガラパゴス諸島だったのです。
経由地として立ち寄ったのでしたが・・・
次々と未知なる生物が・・・!!
数週間の滞在で、多くの生物を採集することが出来ました。
まさに種の宝庫で、貝殻は15の新種を発見。

こんな小さな島に、どうしてこれほど多くの特異生物がいるのか???

そして注目した生き物は・・・”マネシツグミ”
同じように見えて、生息する島によって微妙に違うのです。

”神が生物を想像したなら
 なぜ同じ種で違いが生じるのか”

世紀の大発見へ近づこうとしていました。
ここから「進化論」へ・・・!!

そして種の起源へ・・・!!

ガラパゴスで疑問を抱いて・・・帰国から「種の起源」まで23年も空白があります。

1836年、イギリスに帰国したダーウィンは、疑問を突き詰めていきます。
そして結論は・・・
”元々は同じ共通の祖先だった
 世代を重ねるごとに環境に応じ変化した”
というものでした。

しかし・・・この考えは、旧約聖書の”創造説”を否定してしまうのです。

自分の考えは、神を冒涜しているのか・・・!!

30歳でウェッジウッド家でいとこのエマと結婚。
娘も誕生し、幸せな生活を送ります。
ダーウィンは、ビーグル号の旅行記や論文を発表し、生物学で注目を集めるようになっていきます。
しかし、自然選択説・・・進化論は秘密に。。。

突然、娘・アニーが重い熱病にかかります。
献身的な介護もむなしく・・・わずか10歳の生涯でした。

我が子を失った悲しみが、神への不信感となり・・・
さらに後押しする手紙が・・・アルフレッド・ウォレスからでした。
貧しい生活の中22歳で起業したウォレスは、建築の会社を興す傍ら生物の採集に努め・・・東南アジアへの探検をきっかけに、競争と適応によって生まれる進化を研究し・・・
このウォレスの原動力となったのが、ダーウィンの”ビーグル号航海記”だったのです。
”進化”に関する論文を憧れのダーウィンに送ったのでした。

”こんな男がいたのか・・・!!”

ダーウィンは、ノートを1冊の論文にまとめ上げていきます。
1859年11月22日出版の「種の起源」・・・生物の進化に迫った世界初の著作です。
悲しみと焦り・・・それが23年の沈黙を破ったのでした。

「ダーウィン 神に挑んだオタク」はこちら

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

芸術・人文 ブログランキングへ

眠れなくなる進化論の話 ダーウィン、ドーキンズから現代進化学まで全部みせます 知りたい!サイエンス / ハインツ・ホライス 【単行本】

価格:1,706円
(2014/4/14 15:59時点)
感想(0件)

【1000円以上送料無料】ダーウィンが信じた道 進化論に隠されたメッセージ/エイドリアン・デズモンド/ジェイムズ・ムーア/矢野真千子

価格:3,348円
(2014/4/14 15:59時点)
感想(0件)

このページのトップヘ