日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

カテゴリ: 追跡者 ザ・プロファイラー

西郷隆盛 天が愛した男 [ 童門 冬二 ]

価格:589円
(2018/1/17 10:59時点)
感想(0件)


敬天愛人・・・天を敬い人を愛する・・・この言葉を座右の銘とした一人の男がいます。
明治維新の立役者・西郷隆盛です。
西郷は名声を求めたり、私利私欲に走ることなく人々に尽くした人物として知られています。
しかし、実際の西郷にはかけ離れた一面がありました。
大河ドラマ「西郷どん」の主人公です。
明治維新の英雄・・・西郷隆盛。
戊辰戦争では、明治新政府軍を率いて戦いを勝利に導き、明治維新の中心人物として廃藩置県、地租改正、学制の整備を行い、近代日本の基礎を築きました。
勝海舟は、西郷をこう評しています。

「西郷に及ぶことのできないのは、その大胆識と大誠意とにある」by勝海舟

誰よりも肝が据わっていて、誠実な人物と評しているのです。

「国政を担うということは、天の道を行うことである
 いささかでも、私心を挟んではならない」by西郷隆盛

しかし、一方で、理想とは異なる一面も・・・
15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を行ったにもかかわらず、あくまで武力による討伐を決行!!
そして、徳川打倒のために、味方に罪を着せて見殺しにしたことも・・・!!
目標実現のためには、手段を選ばない、無慈悲な革命家の一面があったのです。

東京・・・上野公園にある西郷隆盛像・・・浴衣姿で犬を散歩させています。
西郷の死から20年ほど後に作られたものです。
しかし、この像を目の前にした西郷の妻・糸は、「主人はこんな人ではなかった」といったと言います。
数ある肖像画の中で、本人と確認されているものは殆どありません。
暗殺防止のために、自分の姿を書かせなかったからだともいわれています。

takamori
本人ではないかと言われている肖像画が、近年大分県で発見されました。
風貌さえ謎に満ちた西郷隆盛・・・そんな西郷が座右の銘としたのが「敬天愛人」でした。

どうしてこの言葉を座右の銘としたのでしょうか?

明治維新から40年ほど前の1827年、西郷隆盛は薩摩藩の貧しい下級藩士のもとに生まれました。
7人兄弟の長男で、幼いころから文武両道に励みました。
しかし、12歳の時、喧嘩に巻き込まれた友達を助けようとして、右腕を斬られ・・・刀を握れなくなってしまいます。
以後、学問に専念することとなった西郷。
1844年、17歳で藩の仕事に就きます。
郡方書役助・・・年貢の取り立てでした。
そこで目にしたのは、重い年貢に苦しむ農民たちでした。
西郷は、貧しい人々に自分の給料を分け与えます。
そして、自らの身分をわきまえず、年貢の軽減を訴える書状を上層部に送りつけたのです。
これに目を止めたのが、薩摩藩第11代藩主・島津斉彬でした。
斉彬は集成館事業を実施、製鐵、造船分野でいち早く西洋を取り入れた人物です。
そして、薩摩藩の富国強兵に成功、名君とよばれました。
斉彬は西郷を大抜擢し、秘書である庭方役にします。
若い西郷は、評判の良い人物ではなく、物事を率直に言う・・・生意気な角が立つ奴・・・
ただ、あの男を使いこなせるのは自分(斉彬)しかいない・・・!!

1853年、26歳の時に黒船来航。
徳川幕府は対応に追われます。
幕府からの呼び出しで、江戸に向かう斉彬に西郷も同行します。
江戸での暮らしで、各藩の実力者たちと親交を深め、交渉人としての腕を磨きます。
斉彬は西郷をこう評しました。
「真に役立つものは、西郷吉之助という者なり。
 我が家の貴重な宝でござる。」by斉彬
それから5年・・・斉彬が病で急死・・・。
西郷は主君と仰ぐ斉彬の後を追い、殉死する覚悟をします。
思いとどまらせたのは、親交のあった清水寺の僧侶・月照でした。
「お志を継いでこそ、斉彬さまはお喜びになるのでは?」by月照
しかし、1858年、31歳の時に、斉彬と対立していた井伊直弼の安政の大獄で、月照の命が狙われることに・・・!!
西郷は月照を連れ、薩摩に逃れることに・・・!!
しかし、幕府の追及の手は、月照をかばう西郷にも・・・!!
逃げきれないと、二人は真冬の海に身を投げました。
月照を殺して自分だけ生き残る・・・そういうことのできない繊細さが西郷にはありました。
結局、月照は絶命、西郷は一命をとりとめたものの・・・心中は複雑でした。

「私は、土に埋まる死者の骨のようなもので、耐え忍ぶことができないことを耐え忍んでおります。」by西郷隆盛

薩摩藩は、幕府から追われる西郷を奄美大島に匿うことに・・・!!
1858年、31歳の時でした。
西郷は、島の娘・愛加那と結婚、2人の子供も生まれます。
ところがその後、桜田門外の変で井伊直弼が暗殺され、幕府の権威が失墜!!
これを受け、1861年34歳で薩摩藩に呼び戻されます。
島から出ることのできなかった妻と子は、置いていくことしかできませんでした。
島津斉彬の死後、薩摩藩の実権は弟・久光の手にありました。
しかし、西郷は、久光を器ではないと考えていました。
そして・・・
「公は地ゴロで不用意」by西郷隆盛
と言いハチました。
地ゴロは、薩摩の言葉で田舎者のことです。
結局、命令を無視し、独自に動こうとした西郷は、久光の怒りを買い沖永良部島に流刑となります。
そして・・・野ざらしの牢に閉じ込められました。
本当なら、切腹を申し付けたかったものの、藩士たちが騒ぐので・・・
吹きっ晒しの島で・・・「死んで来い」という形にしたのです。
この島で2年を過ごした西郷は、禅を学び自分自身を見つめ直す中で・・・
天を敬い人を愛する・・・「敬天愛人」に達するのです。

敬天愛人の思想にたどり着いた西郷隆盛・・・
ところが、その理想とはかけ離れた行動に!!
周囲の反対を押し切り、徳川勢を徹底的に武力で攻めます。
西郷は何を考えていたのでしょうか?
西郷が沖永良部島に監禁されている間に・・・時代は大きく動いていました。
薩摩藩と長州藩は、それぞれ諸外国との戦いに敗れたことで、方針を転換!!
鎖国から開国へと大きく舵を取りました。
そして、旧態依然とした幕府には国を任せられないとして・・・討幕へ!!
1864年、37歳で、釈放され「討幕」を目指します。
薩摩藩のリーダー的存在となっていきます。
1866年、39歳で土佐出身の木戸孝允と坂本龍馬の仲立ちで薩長同盟を結びます。
1867年、40歳で、討幕の大義名分を得るために、朝廷に働きかけ「討幕の密勅」を得ます。
これによって、朝廷の命令によって幕府を倒すことになります。
しかし、この密勅を手にしたその日、予期せぬことが・・・
15代将軍・徳川慶喜が、大政奉還によって政権を返上。
倒そうとしていた幕府が無くなってしまいました。
これを知った西郷は・・・
「慶喜公は思いのほか策士でごわした。」といったと言います。
慶喜が生きている限り、徳川家の広大な領地、権力、軍事力、経済力はそのままになってしまう・・・。
西郷は、「慶喜を殺さなければ新しい時代は来ない」と、決意していました。

西郷は意外な行動に・・・
配下の相楽総三に江戸で争乱を起こすように命じます。
相楽は、放火や略奪、殺人を行います。
血を見なければ、大きな前進にならない・・・というのが西郷の考え方でした。
相楽たちは騒乱を起こしては、江戸の薩摩藩邸に逃げ込みます。
遂に徳川方は、薩摩藩邸を焼き討ちに・・・!!
西郷は、笑みを浮かべました・・・

「これで、開戦の口実ができもした!!」by西郷隆盛

1868年新政府軍と旧幕府軍との間で戊辰戦争が始まります。
最初の戦いは、1月・・・鳥羽伏見の戦いです。
一進一退の攻防の中・・・新政府軍に錦の御旗が・・・!!
これを見た徳川慶喜は、自分が朝敵となったことを知り、戦意を喪失!!
江戸に逃れ、謹慎してしまいました。
鳥羽伏見の戦いに勝利した新政府軍は江戸へ!!
西郷は、その先鋒を相楽総三に任せます。
相楽は、行く先々で年貢を半分にするという年貢半減を触れ回ります。
民衆の支持を得るために!!
しかし、新政府は方針を転換!!
年貢半減をする余裕などどこにもなかったのです。
結局、新政府は、相楽らに偽官軍の汚名を着せ、処刑!!
相楽の死を知った妻は、あとを追って自殺しました。
相楽は西郷の言いつけを守って、気持ちを忖度して実績をあげた・・・なのに、謀反人、偽官軍として首を晒されたのです。
西郷の本質は軍人です。軍人である以上、謀略も行うし、戦いもします。

1868年3月14日、勝海舟と会談。
勝と面識があった西郷は、その見識に惚れこんでいました。そして、江戸城は無血開城!!

「いよいよ談判になると、西郷は俺の言うことを一々信用してくれ、その間に一点の疑念も挟まなかった。」by勝海舟

「いろいろ難しい議論もありましょうが、私が一身にかけて御引き受けします。」by西郷隆盛

「西郷のこの一言で、江戸百万の生霊も、その生命と財産とを保つことができ、また、徳川氏もその滅亡を免れたのだ。」by勝海舟

その後、会津若松城の戦い、五稜郭の戦いを経て戊辰戦争は終結・・・。
旧幕府軍勢力は一掃されました。
戊辰戦争に勝利したのち、1869年、42歳で薩摩に戻ります。
明治新政府に加わることなく・・・。

「新政府の発足に、どれだけ功績があったとしても、職務をこなす能力のない人に役職を褒美として与えるのは最もよくない。
 役職は、ふさわしい人材に授け、功績があったものには金でもって報いるべき。」by西郷隆盛

そんな西郷の想いとは裏腹に、明治新政府は腐敗を極めました。
薩摩、長州の出身者で占められ、中には権力を振りかざす者も・・・!!
更には、薩摩と長州の間で派閥争いが・・・
人々の間では「江戸時代の方がましだった。」という声も聞かれるように・・・。

そして、重税に苦しむ人々が、一斉に一揆をおこしました。
この危機を乗り越えるために、新政府は人望のある西郷を頼ります。
世間の人から「生きるカリスマ」と思われていた西郷・・・
政府に不満を持つ人も、「西郷さんが決めているのだから・・・」と、納得する重しの役割を求めたのです。

1871年、44歳の時、実情を知った西郷は明治新政府に参加。

「新しい時代の始まりにあるにもかかわらず、立派な家に住み、綺麗な服を着て、美しい女性をそばに置き、財産を殖やすことばかり考えているなら、明治維新という功績を成し遂げることはできない。」by西郷隆盛

西郷自身も、与えられた広すぎる屋敷を書生たちの寄宿舎にするなど、質素な生活をしました。

明治新政府の最大の課題は、中央集権体制を確立することでした。
そのためには、廃藩置県を行い、諸大名から人民と土地と奪うことが必要でした。
しかし、一歩間違えば、諸大名の反発を招き、またもや内乱になりかねない・・・。
西郷は、薩摩出身で幼いころからの盟友・大久保利通や長州の木戸孝允らと対策を協議!!
薩長を中心とした軍を組織し、反対勢力には武力行使で脅すことにしました。

「もし、暴動などが起これば、おいが全て鎮圧しもす。
 貴殿らは、御懸念なくやって下され。」by西郷隆盛

結局、反乱が起こることなく、西郷らは廃藩置県という一大改革を成功させたのです。

1871年、44歳の時に、大久保利通、木戸孝允らは、岩倉使節団として西洋の視察に出発!!
留守を預かることになった西郷・・・
「已む終えない場合を除いて、なるべく新規の改正を差し控える」と、約束させられていました。
ところが西郷は、次々と改革に乗り出します。
農民の土地所有を認めた地租改正、武士でなくても兵役に就くことを認めた徴兵令、全国に小学校を・・・と学制の発布、さらに太陽暦の採用、人身売買の禁止など、いずれも日本の近代化を推し進めるものでした。
西郷にはもう一つ取り組むべき課題がありました。
朝鮮との国交回復です。
江戸時代には交流があったものの、日本は西欧列強に屈服する形で開国したため、朝鮮との国交を断絶していました。
そして、国交回復交渉が進まない中・・・武力で屈服させようという征韓論が台頭してきました。
西郷は、武力止む無しとする板垣退助をたしなめていました。
「それは、早急にすぎもす。
 兵隊などを派遣すれば、朝鮮は日本が侵略してきたと考え、要らぬ危惧を与える恐れがありもす。」by西郷隆盛
リスクも覚悟で、朝鮮に交渉に赴くことになった西郷・・・
「立派な使節にはなれないかもしれませんが、”死ぬ”くらいのことは出来ると思います。」by西郷隆盛
しかし、この方針が決まった直後に、1873年に岩倉使節団が帰国。

「西郷が朝鮮に行けば殺され、戦争になるかもしれない。
 現在の政府の状態で、外国と戦争をする余力はないので、朝鮮への使節派遣は延期するのが妥当である。」

岩倉使節団の面々が反対したのは、西郷が功績を挙げるのを阻止するため??とも言われています。
留守政府との約束では、「勝手なことはしない」「進んだことはしない」となっていました。
約束違反??
おまけに、思った以上に良い政策をし、成功していることが主導権争いで弱点になる可能性がありました。

1873年、朝鮮訪問を断念し、46歳で明治新政府を去ります。

西郷の目指していた明治維新派、道義・モラルを重視した理想主義でした。
大久保ら政府首脳は、世界の現実を見据えたうえでの合理主義だったのです。

西郷が行った主な改革・近代化は・・・
廃藩置県・地租改正・学制(小学校の設置)・太陽暦の採用・徴兵令・裁判所の設置・農民の職業選択の自由・神社仏閣の女人禁制の廃止などでした。

明治新政府を去った西郷は、妻・イトと子供達と一緒に静かに余生を過ごすつもりでした。
しかし・・・!!
西郷が鹿児島に戻った翌年・・・
1874年47歳の時に、一緒に明治新政府を去った江藤新平が佐賀の乱をおこします。
明治維新によって行き場所を失った不平士族たちに後押しされたものでした。
反乱は鎮圧されたものの・・・不平士族たちへの対応が大きな課題となって浮かび上がってきました。
西郷は・・・「私学校」を設立!!
不平士族の受け皿にするとともに、欧米列強の脅威に備えるというものでした。
「若い氏族を国難に際しての兵士とすること」
2年後・・・九州を中心に、相次いで不平士族の反乱が起きます。
秋月の乱(福岡)・萩の乱(山口)・神風連の乱(熊本)・・・
こうした中、新政府は西郷の動きに警戒を強めていきます。
私学校に不平士族が次々と集まって、130もの分校ができていたからです。
この西郷の行動は・・・
「西郷が不平士族を集めて何か企んでいるのでは?」と、思われても仕方のない事でした。
1877年、50歳の時、政府は鹿児島出身の警察官を密偵として送り込みます。
不審に思った私学校の生徒たちは、次々に密偵を捕縛!!
西郷暗殺計画まであることを知ります。
そして、鹿児島にある陸軍の火薬庫から大量の武器弾薬を移送計画を突き止めます。
私学校の生徒たちは、その陸軍の火薬庫を襲撃!!
しかし、それを知った西郷は、「ちょ・・・しもた!!なつうこつを・・・!!」といったと言います。

実際に、火薬庫にあった武器は、旧式の銃と弾薬のみでした。
さらに、磯(地区の倉庫)の弾薬は、全て水に付けられていました。
私学校の生徒たちは、政府がしかけたわなにかかったのです。
西郷は、生徒たちを緊急招集!!
しかし、生徒たちは「挙兵すべきだ!!」と、訴えました。

「おいの体はおはんらに差し上げもす」by西郷隆盛

西南戦争が始まりました。
しかし、この時、西郷は不可解な行動に出ます。
海路や陸路で老境を目指すのではなく、熊本城を攻めたのです。
熊本城は、加藤清正が建てた難攻不落の城です。
しかも、西郷軍1万に対し、政府軍は3万7000!!勝ち目はありませんでした。
西郷としては、本意な戦争ではありませんでした。
勝った後、国を二分する形となるような戦争を起こしてしまったことに責任を感じ、最終的には自分が死ぬことで決着をつけようとしたのです。
結局、西郷軍は熊本城を攻略することが出来ずに鹿児島に帰り、城山に立て籠ります。
9月24日・・・西郷は山を下り、最後の総攻撃を決行!!
しかし、腹と股に銃弾を帯び・・・

「もう・・・ここらでよか・・・
 解釈を御頼みもす!!」by西郷隆盛

享年50歳でした。

西南戦争のあと、西郷には逆賊の汚名が着せられました。
しかし、西郷の人柄を愛した明治天皇の意網によって、1889年「大日本帝国憲法」発布に伴う恩赦で汚名を雪ぐことになりました。
そして、あの西郷隆盛像の建立が始まりました。
敬天愛人を座右の銘とし、明治を切り開いた西郷・・・

「”事”には上手下手が
 ”物”にはできる できないがあり
 そのことに心を動かされる人もいる
 しかし人は ”道”を行うものである
 ”道”を実践するのに上手下手はなく できない人もいない
 だからひたすら”道”を行い ”道”を楽しむのだ」by西郷隆盛

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

西郷隆盛と幕末維新の騒乱 完全保存版 (歴史人別冊 BEST MOOK SERIES 63)

価格:779円
(2018/1/17 10:59時点)
感想(0件)

文藝春秋12月臨時増刊号 西郷隆盛を知る【電子書籍】

価格:850円
(2018/1/17 11:00時点)
感想(0件)

はじめて読む人のローマ史1200年(祥伝社新書)

新品価格
¥907から
(2018/1/12 18:16時点)



暴君・・・ローマ皇帝第五代皇帝ネロ・・・その実像は??
16歳で皇帝に即位し、当時ローマ皇帝史上、最も若い皇帝でした。
若くて有能な皇帝で、即位最初の5年間は黄金の五年間と称賛されることとなります。
そんなネロを一変させたのは・・・??

数多くの古代遺跡が残るローマ・・・
この地下に、ネロが建設した地下宮殿の一部・・・ドムス・アウレア・・・黄金宮殿が残っています。
内部は、黄金、宝石、真珠などで飾られていたといいます。
天井から香水や花弁が舞い落ちる仕掛けがあったとか・・・。
そして、広大な敷地の入り口には、自由の女神に匹敵する巨大なネロの銅像が立っていました。

北はイギリス、南はエジプト・・・広大な領土を支配していたローマ帝国の第五代皇帝ネロは、暴君として知られています。
しかし、僅か16歳で即位した直後、「黄金の5年間」と言われる専制を行っています。
どうして若くしてそんなことができたのでしょうか?
ネロは、西暦37年に、ローマから20キロほど離れた港町・アンツィオで生まれました。
初代皇帝アウグストゥスの末裔でしたが、皇位継承順からして皇帝になる立場ではありませんでした。
そんなネロが皇帝の地位に就くことになったのは・・・母・アグリッピナの計略によるものでした。
アグリッピナは、当時の三代皇帝・カリグラの妹で・・・彼女は、いずれ自分が権力を握りたいという野心を持っていました。
ネロを利用することで・・・!!

「息子をローマ帝国の皇帝にする!!」byアグリッピナ

そして、カリグラが暗殺されクラウディウスが第4代皇帝に着くと、アグリッピナは行動を起こします。
叔父と姪との関係でありながら結婚したのです。
さらにネロが15歳にあると、クラウディウスの娘・オクタビアと結婚させ関係を一層強化していきます。
一方、ネロが皇帝として恥ずかしくないよう、知識や教養を身に付けさせます。
家庭教師は当代随一のセネカ!!
特に力を入れさせたのは演説!!
自分のやりたいことをネロを通じてさせるための布石でした。
しかし・・・ネロには歌手になるという夢がありました。
母の前ではそれを口にすることどありませんでしたが・・・。
母・アグリっピアは権力を好む女性で、カリスマ性がありました。
そんな彼女の望みに反することなど、ネロにはできなかったのです。

そして、西暦54年・・・ネロ16歳の時に・・・。
アグリッピナが夫・クラウディウスを毒殺!!
ネロはそれまでで最年少の皇帝となりました。

まずネロは、元老院での演説に臨みます。
元老院は、かつて共和制の時代は国の最高機関でしたが、帝政の時代に入ってからは力を失いつつありました。
ネロは・・・「元老院は古来の権限を保持すべきである。」と、元老院を味方にする発言をします。
原稿を書いたのはセネカでした。

「私は統治権を行使するにあたり、立派な助言者と手本を持っている。
 まだ、若年のため、誰にも憎悪を抱いたことはないし、侮辱を受けたことはない。
 したがって、復讐など思い立ったことはない。」byネロ

そしてネロは、セネカに助けられながら、黄金の五年間を実現していきます。
歴代皇帝が戦争による領地拡大を目指したのに対し、ネロは内政を優先し、市民生活の充実に力を入れました。
政治理念は「寛容」でした。

「いっそのこと、全ての間接税を廃止したらどうだろう。
 それこそ、人類に与えられる最もすばらしい賜物ではあるまいか。」byネロ

しかし、元老院は税収が減りすぎるため反対!!
ネロは約束通り、元老院を尊重!!
それでも、生活必需品の小麦税を撤廃。

同じ時期に・・・寛容とは全く逆の行動もとっています。
義理の弟・母・妻を相次いで殺しています。
どうして家族を次々と殺したのでしょうか?
ネロが皇帝になると、母・アグリッピナはしばしば政治に口を挟むようになります。
当時女人規制だった元老院に顔を出します。
皇帝の顔を刻印する通貨は・・・母と向き合う顔にされてしまいました。
ネロは徐々に母への不満を募らせていきます。

「大ローマ帝国に君臨している元首にあまりにも似つかわしくない・・・」byネロ

ストレスを解消する為に夜な夜な遊び歩くようになり、羽目を外しやりたい放題・・・
盗みを働き誰かれ構わず殴りかかります。

西暦54年、17歳の時に母と決裂する!!
ネロは政略結婚した妻を愛していませんでした。
17歳の時、その妻オクタビアの侍女であり元奴隷のアクテと恋に落ちます。
初恋でした。

「オクタビアと離婚し、アクテを妃に迎え入れよう」byネロ

アグリッピナは激怒!!

「私を侮辱しているの?
 お前なんかより義弟が皇帝になるべきだわ!!」byアグリッピナ

アグリッピナは、クラウディウスの息子でネロの義弟・ブリタニクスをネロの代わりに皇帝にすると言い放ったのです。
アグリッピナの言葉をきっかけに、二人の関係は緊迫したものとなりました。
クラウディウスがアグリッピナに暗殺されたことをネロは知っていたからです。
母親に殺されるかもしれない・・・身の危険を感じたネロは・・・
西暦55年、17歳の時に義弟・ブリタニクスを毒殺!!
顔面蒼白のアグリッピナ・・・ネロはこの機を逃さず母を宮廷から追放!!
西暦58年、21歳の時にネロは、親友の妻・ポッパエアに恋をします。
ネロは親友を地方に左遷!!
ポッパエアを恋人にしました。
しかし、権力欲の強いポッパエアは制裁になることを望みます。
とはいえ・・・ネロの母は妻との離婚を認めない・・・。
ポッパエアはネロを焚きつけます。

「あなたは、人の命令に縛られて統治権はおろか自由まで奪われているではありませんか。
 もし、そうでなかったら、なぜ私との結婚を延ばしているのでしょう。」byポッパエア

ネロは「母はどこにいようが重荷になる・・・」

西暦59年、21歳の時に母を海沿いの別荘に招待・・・
和解するふりをして手厚くもてなし・・・その帰り道母を特別に用意した特別な船に乗せます。
沖合に出たとき・・・計画通り船は沈没・・・。
ところが、水泳が得意だったアグリッピナは岸にたどり着いてしまいました。
驚いたネロは、兵士たちを送り込みます。
死を覚悟したアグリッピナは・・・

「ここを突け!! 
 ここからネロが生まれたんだから!!」byアグリッピナ

報告を受けたネロは、
「今日という日こそ、余に統治権が与えられたのだ。」byネロ

その後ネロは、妻・オクタビアと離婚、ポッパエアと結婚します。
そして、オクタビアに不倫の罪を着せて殺害したのでした。

母・アグリッピナから解放されたネロは、恩師・セネカも引退させ、思いのままに政治を動かすようになります。
黄金の五年間は終わりを告げますが、ネロはローマ市民から愛されます。
それは、パンとサーカスに力を入れたからです。
当時のローマ市民は・・・「快楽は最高の宝!!」・・・広大な領土からもたらされる富で、享楽な日々を過ごしていました。
食べ物の無償配給、娯楽の提供・・・パンとサーカスことが、市民の支持をえる切り札でした。
とりわけネロが力を入れたのがサーカス!!
戦車競走の出走回数を激増!!
剣闘士試合はほとんど殺し合いのような過激なものに!!
元老院議員の陸上競技会の実施。
人々を大いに喜ばせます。
さらにギリシャの祭典・オリンピア協議会を手本とし、「ネロ祭」を開催。
当時ギリシャはローマの支配下にあったもののネロは、芸術や文化の先進地域として強いあこがれを抱いていました。
この祭典でネロは、本来の運動競技以外にも音楽、詩の朗読も種目に加えます。
そして、子供のころからの夢であった歌手としての成功を実現しようとします。
声量をあげるために、鉄板を胸で支えることを日課に・・・!!
発生に有害だとされる食物は口にしない。
喉を傷めないように兵士への命令は文書で・・・!!

西暦64年、26歳の時にネロは念願の歌手デビューを果たすのです。
皇帝の歌に劇場は超満員!!
ネロの舞台は芝居がかっていて、自分では教養溢れるものだと思っていました。
その姿をあらゆる階級の人々に見せることで、自分がこれまでにない最高のローマ皇帝であることを示したかったのです。
しかし、その歌声は大したものではなく・・・。
とはいえ、周囲の人間はネロのプライドを傷つけるわけにはいかない・・・
警備兵が拍手を指示!!退屈そうな客は処罰されました。
自信を持ったネロは、次々と舞台に立ち、朝から晩まで歌い続けることも・・・!!
途中退場が許されないので、その場で出産する人までいたといいます。
そんな実情を知らないネロは・・・「芸は身を助ける!!」と、思っていました。

即位から10年余り・・・市民から絶大な支持を得ていたネロ・・・
しかし、突然暴君という名を残すようになります。

破滅のきっかけとなったのは・・・
西暦64年、26歳の時のローマの大火でした。
町の一角から上がった炎は、強風にあおられ瞬く間にローマの中心部に広がります。
この時、別荘にいたネロは急いでローマにもどり、消火と被災者救済に・・・!!

「今すぐ宮殿の庭を開放して、民衆を非難させろ!!」byネロ

火災は、6日後にようやく鎮火・・・
街の大部分が焼け野原となってしまいました。
ネロはローマの街の再建に当たり・・・憧れのギリシャ風の美しい街にしようとします。
その中心には・・ドムス・アウレア・・・黄金宮殿を・・・!!
入り口には、高さ30mを越えるネロの銅像が!!
東京ドーム15個分とも50個分ともいわれる敷地は、市民にも開放されていました。
しかし、市民の反応は・・・??
「ネロが火をつけさせた!!」
大火に喘ぎ、生活に困窮する市民たちの間で、この宮殿を作るためにネロが放火させたという噂が・・・!!
遂には、ローマが燃えるのも見ながら竪琴をひきながら歌を歌っていたという噂まで・・・!!
驚いたネロは、必死で噂を消そうとします。
そして、放火犯に仕立て上げられたのは・・・まだ新興宗教に過ぎなかったキリスト教信者でした。
ネロは、彼らを処刑し、それを見世物とします。
迫害さるキリスト教信者たち・・・ネロを強く非難します。
ネロは、最初にキリスト教徒を迫害した皇帝として、記憶されることとなるのでした。
このことが、後世における暴君という評価を決定づけるものとなってしまったのです。

市民から愛されることで国を統治しようとしてきたネロ・・・
その歯車が回らなくなっていきます。
西暦65年、27歳の時にネロ暗殺の陰謀が発覚!!
企てたのは、元老院議員を含むローマの有力者たちでした。

「ありとあらゆる破廉恥で汚されたネロを救うには、もはや殺す以外に手はない!!」

疑心暗鬼に陥ったネロは、少しでも陰謀に関わったと思われる者たちを処刑していきます。
かつての恩師・セネカさえも自殺に追い込みます。
苛立ちを深める中・・・妻・ポッパエアから帰宅が遅いとなじられます。
するとネロは、怒りに任せて妊娠中の妻の腹をけり・・・ポッパエアを殺してしまいました。

もう、抑えのきかなくなっていたネロは、現実から逃れようとギリシャに旅立ちました。
ここでネロは、政治にかかわることなく歌手として過ごします。

「ただ・・・ギリシャ人だけが、音楽を聴く耳を持っている。
 私にふさわしく、私の努力に値するのはギリシャ人だけだ。」byネロ

ネロは次々と競技会に参加!!

あらゆる競技会に、ネロが出場できるように日程の調整が行われました。
もちろん、そのすべてで優勝しました。
ローマ皇帝を勝たせないわけにはいかなかったのです。
それでもネロは、審査が公平だと信じて、結果発表を不安げに待っていました。
優勝を告げられると満面の笑みで喜んだといいます。
結局ネロは、1年4か月ギリシャに滞在しました。
そして、様々な大会で優勝した1808個の月桂冠をもって帰国し、市民から熱狂的に歓迎されます。

しかし・・・国を空けている間に危機が迫っていました。
フランスやスペインにあたる地域から反乱が・・・!!
この事態に対し、ネロが元老院で行った演説は、議員たちを唖然とさせます。

「私は丸腰で反乱軍の前に現れて、ひたすら涙を流してやる。
 こうして、ならず者どもに、自分のやったことを後悔させたら翌朝は、楽しく祝勝歌を歌うのだ!!
 そうだ、今のうちに、その歌を作っておかなくては・・・!!」byネロ

さらにネロは、最後の砦だった市民の信頼も失ってしまいます。
各地で反乱がおきる中、ローマでは食糧不足に陥っていました。
そんな中、到着した船に歓声をあげます。
しかし・・・積まれていたのは、競技場のための砂だったのです。
怒りはネロに向けられます。
パンとサーカス・・・どちらが重要か、ネロは見誤ったのです。
遂に、元老院はネロの処刑を決議!!
逃亡するネロについてきたのは、僅か3人でした。
最早、自決する以外にない・・・??
しかし、ネロは
「誰か先に手本を示してくれ・・・
 ああ・・・世間は何と惜しい芸術家を失うことか・・・
 さあ・・・奮起せよ!!」byネロ

ネロ・・・西暦68年6月9日ネロ死去・・・30歳。

キリスト教徒を最初に迫害した皇帝であったが為に暴君と呼ばれたネロ・・・。
しかし近年、その人物像は見直されつつあります。
2010年には、生誕の地アンツィオに銅像が建てられました。
そこにはネロの治世を評価する言葉が刻まれています。

「その治世において、帝国は平和かつ栄光に輝き、偉大な改革を成し遂げた」

ネロの死後40年もたたないうちに、黄金宮殿は火災で焼失しました。
しかし、16世紀にその一部が発見され、ルネサンス文化に影響を与えます。
ルネサンスを代表する芸術家ラファエロは、黄金宮殿の装飾模様に感銘を受けます。
そして、ローマ教皇が暮らすバチカン宮殿にその模様を取り入れたのです。
ネロが信じ続けた芸術は、思いもよらないところで今も息づいています。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

【新品】名作映画 歴史を創った偉人たち DVD10枚組 マリー・アントワネットの生涯 女王エリザベス ヘンリー八世の私生活 メアリー・オブ・スコットランド ヘンリィ五世 キング・オブ・キングス ジュリアス・シーザー クレオパトラ 暴君ネロ ジャンヌ・ダーク

価格:1,750円
(2018/1/12 18:14時点)
感想(0件)

プリニウス 1巻 (バンチコミックス)

茶湯一会集/閑夜茶話 (岩波文庫) [ 井伊直弼 ]

価格:972円
(2017/12/12 22:50時点)
感想(3件)



一期一会を始めて書物に記したのは、徳川幕府の大老・井伊直弼。
幕末の混乱期に、多くの人間を死に追いやった男です。

大老という地位に上り詰め、安政の大獄で多くの命を奪った男・・・
そこには、冷酷な独裁者なイメージが付きまといます。
しかし、日本を救った人物??
もし、直弼が開国を決断しなければ、西欧列強に占領されていたかもしれない・・・??

冷酷な独裁者か?先見の明のある英傑か??

彦根城のすぐそばに、邸があり、そこで井伊直弼は青年時代を過ごしました。
その屋敷は「埋木舎」とよばれ、自らを埋もれ木と表し、世に出ることなく朽ち果てるという意味を込めたものです。
どうして直弼は自らを埋もれ木に例えたのでしょうか?
井伊直弼は、1815年彦根藩第11代藩主・直中の子として生まれます。
井伊家・・・彦根藩の初代は直政で、直虎の養子とされています。
直政は、徳川四天王として活躍し、その功績として彦根藩を任されました。
そして、幕府において代々重要な役職を担うこととなります。
そんな名門でも、直弼は14男。
将来、彦根藩主の見込みはありませんでした。
それでも、城内にある御殿で何不自由なく暮らします。
1831年、17歳の時に父が亡くなります。
すると境遇が一転・・・末っ子の弟とふたり場外の屋敷に移されて質素な生活に・・・。
井伊家では、世継ぎ以外は他家の養子になるとされ、僅かなあてがい扶持しかもらえなかったのです。
そんな直弼に・・・1834年、20歳の時に養子縁組の話が舞い込みます。
しかし、待っていたのは厳しい現実で・・・養子になったのは弟でした。
直弼は、ただ一人「埋木舎」に取り残されることとなりました。
7万石の世継ぎとなった弟・・・直弼は300俵のあてがい扶持で生活し続けるしかありませんでした。
そんな直弼が、自らの決意を語ったものがあります。

”世を厭うにもあらず
  望み願ふこともあらず
    ただうもれ木の籠り居て
       なすべき業をなさまし”

なすべき業・・・それは、幅広い分野に・・・
武芸では居合の新派を創立。
焼き物を手掛け、能や狂言においても自ら作品を作ります。
そして、最も力を入れたのが茶の湯でした。
技や姿かたちを重視する風潮が強い中、禅に通じた直弼は内なる心を重視・・・一期一会の言葉を残します。
埋もれ木のような生活を送りながら、柳の木に安らぎを求めます。
和歌の題材にしたり、自分の雅号を”柳王舎”と名乗りました。
大元の幹さえしっかりしていれば、柳葉は時流に流されても原点さえ失わなければ・・・

直弼のもとに一人の女性が現れます。
村上たか・・・直弼より6歳年上で、京都・祗園の芸子でした。
直弼がたかに送ったラブレターも発見されています。

 名もたかき
   今宵の月は 
      みちながら

 君しをらねば
   事かけて見ゆ

孤独の時代の直弼にとっては、本当に大事な花だったのです。
17歳で始まった埋木舎での生活は、その後15年続きました。
井伊直弼32歳の時大きな転機が・・・
藩主・直亮の後継者となっていた11男が病気で亡くなりました。
すでに、他の者たちは養子に出されていたので、一人残った直弼が彦根藩の世継ぎとなったのです。
あてがい扶持300俵から彦根藩30万石の世継ぎとなったのです。
大出世でした。
ついに苦労が報われた直弼・・・
「此度の昇進は尋常なことではない。
 実に不思議なことだ。」
世継ぎとなった直弼は彦根藩を代表し、江戸で暮らすことに・・・
ところが、相変らずの貧乏暮らし・・・
藩主である兄・直亮に良く思われていなかったのです。
徳川家第11代将軍家斉の法事の際には、着る者がなく仮病で欠席!!
それでも直弼は、物事の筋を通す人間として、幕府内で評価をあげていきます。

この頃、後の直弼の決断に大きな影響を与える出来事が・・・
外国艦船が増加したことを受けて、彦根藩は、三浦半島の沿岸警備を担当!!
しかし、その実態に直弼は衝撃を受けます。
天下泰平が250年間続く中、武士たちの士気は下がり、警備体制はお粗末なものとなっていました。
しかし、世継ぎという立場の直弼にはどうすることもできませんでした。
世継ぎとなって4年・・・36歳の時に兄が亡くなります。
直弼は、13代藩主に!!
その直弼を支えたのは、家臣の儒学者・中川禄郎でした。
中川の教えを元に、家臣や人々の声に耳を傾けていきます。
”いのちの限り、家中・領内の者どもを大切にする
 私は士民を頼り、士民は私を頼る
 上と下が水と魚のように一体となり、歴代藩主の栄名を汚さないようにしたい”

直弼はいくつかの前例に基づいて前藩主の残したお金を人々に分け与えます。
その金額、15万両!!それは、彦根藩の1年間の収入に当たりました。
自ら領内をくまなく視察。
生活困窮者には食べ物を与え、病気の者には同行の医者の診察を受けさせました。
この直弼に感動したのが・・・後に直弼の命で処刑されることとなる吉田松陰です。

彦根藩主となって3年・・・39歳の時、井伊直弼は思いもよらない出来事・・・黒船来航!!
日本に開国を求めるアメリカ!!
この時、直弼は開国止む無し!!という方針を打ち出します。
どうして・・・??
黒船が現れたのは、彦根藩が警備を担当していた三浦半島でした。
その軍事力のすさまじさは、直弼にも伝えられます。
開国を迫るアメリカにどう対処するのか・・・??
家臣たちに意見を求めます。
その多くが開国に反対する中・・・開国に賛成したのは、儒学者でもあった中川禄郎でした。
儒学者として蘭学者と交流のあった中川は、世界情勢にも精通していました。
沿岸警備のお粗末さを痛感していた直弼は、中川の話を聞いて今戦っても勝ち目はないと心を決めました。

「しばらくは戦争を避け、貿易を行うべきである。
 勇威を海外に振るうことができるようになれば、内外共に充実し、かえって皇国安泰になるはずである。」

現状では軍事力、国力共に圧倒的に負けている・・・
一旦開国し、海外から知識・技術を取り入れ、富国強兵する必要がある
海外と対等な関係になること・・・それから海外へ雄飛する!!

いったん開国するしかないという顔助の考え・・・しかし、他の大名の賛成を取り付けるのは困難で・・・
特に強硬反対していたのは前水戸藩主・徳川斉昭、幕府の海防参与を務めていました。

「外国と戦うことを決意の上 
 武士はもちろん、農民・町人にも覚悟を求め、日本の心力を一つにすべきである!!」by斉昭

水戸藩といえば徳川御三家の一つで、大きな影響力を持つ斉昭は敵に回すと恐ろしい存在でした。

「考えていたよりも難しい事態となり、この先どうなるか心配である。
 水戸殿に睨まれているので、どんな災難が待ち受けているかわかったものではない。」by直弼

結論だ出ないまま・・・1856年、直弼42歳の時にアメリカ総領事、タウンゼント・ハリスが開国を迫ってやってきました。
そこには、欧米列強の植民地争いがありました。
イギリス・フランスが清との戦争に勝利したことによって、アジアでの拠点確保をしたいアメリカが焦りを感じていたのです。
開国止む無しと考える大名が増えてくる中、徳川斉昭らは反対!!
井伊直弼は、開国を説得する為に孝明天皇の勅許を求めます。
勅許は得られると思われましたが、天皇からの返事は・・・

「御三家以下 諸大名で再度衆議した上で、改めて言上するように。」by孝明天皇

戦えともいわない、協約調印をしろともいわない朝廷・・・。
事態が緊迫する中、大老に就任する直弼。

「国家の危機につき、粉骨砕身の覚悟で忠勤に励めとのこと ありがたく思う。」

大老になったとはいえ、独断で物事を進めようとはせず、反対派を説得します。
しかし、斉昭は・・・
「万一、外国の圧力に押され、鎖国を辞めるというのであっては、朝廷・徳川家に対して忠義を尽くしたとは言い難く、国の行く末に関わる重大ごとである。」by斉昭

そんな中、ハリスがこれ以上待てないと忠告してきました。
苦渋の決断をする直弼!!
「なるべく引き延ばし・・・その節は致し方なし!!」by直弼
結局、勅許も得られないまま、反対派も説得できないまま・・・1858年、44歳の時に日米修好通商条約成立!!

「もし外国と戦って敗北し、侵略されることになれば、これ以上の国辱はない。
 しかしながら、勅許を待たずして条約を結ぶという重罪は、甘んじて自分一人で受ける決意である。」by直弼

ところが近年、この言葉が改ざんされていたことがわかりました。
今までの「公用方秘録」は、明治になってから根本的に改ざんされたもので、井伊家にとって都合の悪いことが書いてある唯一残された資料です。
条約締結の夜に側近としたやり取りには直弼が本音を漏らしていました。
「諸大名の意見をまとめずに調印したとなると、天皇の逆鱗にふれることになります」by側近
「いかにもそこには考えが及ばなかった・・・無念の至り・・・。
 このうえは、大老を辞職するより致し方なし。」by直弼

日本画鎖国している間に、世界では産業革命→蒸気船→軍事力の強大化
イギリスは強大なインドを軍事力と科学力で植民地にしてしまいました。
インドで栽培したアヘンを中国に売りつけ、アヘン戦争!!抗議してきた中国を戦力で叩き潰します。
戦争の結果、香港がイギリスに割譲。
その尻馬に乗ったのがフランスで、アロー戦争!!
その頃日本では、北方にロシアが・・・
そしてアメリカは・・・アメリカにとっては、太平洋を渡ってアジアの入り口となる日本に開国し、貿易の基地にしたかったのです。

日米修好通商条約締結から3か月・・・
井伊直弼は安政の大獄に乗り出します。
この大弾圧は、後に自らの死を招きます。
どうして安政の大獄を行ったのでしょうか?
開国問題で揺れている頃・・・徳川斉昭と別の問題でも対立していました。
将軍継嗣問題です。
時の将軍第13代徳川家定には子供がいませんでした。
そこで後継者として直弼が推したのが家定と近い紀州藩・徳川慶福でした。
一方斉昭は、自分の息子で一橋の養子となっていた一橋慶喜を。。。次の将軍に据えようと画策していたのです。
この争いに勝つために・・・一橋派の役人を徹底的に左遷!!
優秀な開国の交渉担当者すら左遷!!
結局、この争いは、直弼が大老に就任したことで決着!!
将軍継嗣は紀州藩の徳川慶福でした。
今や、直弼の政治は盤石になったと思われましたが・・・
その基盤を揺るがす一通の書状が・・・”戊午の密勅”です。
記したのは天皇・・・直弼が独断でアメリカと条約を結んだことを非難するものでした。

「幕府の独断で条約調印を行ったことは、軽率な取り計らいである。
 これからは、御三家を始め、諸大名で衆議して事態に当たるように。」by孝明天皇

直弼が衝撃を受けたのは・・・内容もさることながら、これが対立する水戸藩に先に送られたことでした。
幕藩体制の下では、朝廷の意向は幕府が受け止め各藩に伝発する決まりでした。
それが破られるのは、前代未聞のことでした。
このままでは幕府の権威が・・・!!と恐れる直弼。

「天皇の威光をかさに着て、水戸が権威をつけようと企てるのを許せば、国家の争乱を招くことになる。」by直弼

1858年9月3日、直弼は、戊午の密勅を出すように天皇に働きかけた人物を徹底的に弾圧することに・・・!!
憎むべき悪人たちを厳重に取り調べし、悪だくみを明らかにした暁には、天皇を思うままに操る役人を取り除けるはずである。
安政の大獄が始まりました。
関係者を探し出すにあたり、京都で暗躍した女性が・・・かつての恋人・村山たかでした。
直弼が藩主になってから別れていたものの、影で直弼を支えていました。
その後、安政の大獄における弾圧の対象は、密勅の関係者以外にも拡大。
かつて、直弼を称賛した吉田松陰も犠牲に・・・
この弾圧によって直弼は、赤鬼と呼ばれるようになりました。

こうした直弼の行動に水戸藩の武士たちは激怒!!
その時、徳川斉昭が思わぬ行動に・・・怒る藩士たちを抑え込みます。
水戸藩士たちは、藩外でも活動を始めていて、斉昭も止める方法が無くなってきていました。
これ以上、過激な行動を起こすな!!
この意見に不満を抱いた者たちは、水戸藩を脱藩!!
江戸へと向かいます。
例年なら桜の咲き始める頃・・・江戸では季節外れの雪に覆われていました。
そして・・・桜田門外の変!!
桜田門から江戸城に入ろうとしていた直弼は、水戸脱藩浪士たちに襲われます。
1860年3月3日・・・井伊直弼死去・・・享年46歳でした。

この日、直弼の元には、命の危険を知らせる手紙が投げ込まれていました。
しかし、それを誰にも告げず、警備を増やすこともありませんでした。

「従士の数は、幕府の定めるところであって、大老自らこれを破っては他の大名に示しがつかない。
 人にはそれぞれ天命があり、刺客が余を倒そうとすれば、たとえいかほど用心しても隙は生まれるだろう。」by直弼

季節外れの雪の中・・・桜田門外で46年の生涯を閉じた井伊直弼。
死の前日に詠んだ歌は・・・

咲きかけし
  たけき心の 花ふさは
ちりてぞいとど 香の匂ひぬる

道半ばではあるが、国のための必死な思いは、いつの日か人々につたわるであろう 

桜田門外の変によって、幕府の権威は大きく失墜しました。
薩摩、長州を中心とした討幕が加速します。
将軍・徳川慶喜は、大政奉還によって政治の実権を朝廷に返還。
260年にわたって井伊家が支え続けてきた徳川幕府の時代は終わりました。
そして、井伊直弼は明治新政府から悪人のレッテルをはられることとなります。
しかし、明治時代の終わりには、直弼を再評価する動きも・・・
直弼の決断によって開港した横浜。
その開港50年を記念して直弼の銅像が建てられました。
日本の行く末を案じ続けた直弼・・・その後の日本の歩みをどう見ているのでしょうか?


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

【新品】幕末Rock カンバッジ 井伊直弼生誕祭ver イベント限定 13種類セット

価格:11,000円
(2017/12/12 22:50時点)
感想(0件)

埋木舎と井伊直弼

価格:1,296円
(2017/12/12 22:51時点)
感想(0件)

「ヴァージン(?)クイーン」エリザベス1世の生涯: 煮ても焼いても食えない「女・家康] (ヨーロッパ史を図太くしぶとく生き抜いた王たちの物語)

新品価格
¥1,145から
(2017/11/28 17:09時点)



歴史上、世界最大の帝国はモンゴル帝国・・・??
しかし、20世紀初頭そのモンゴル帝国を上回り、地球上の陸地の1/4近くを支配した国がありました。
大英帝国です。
その大英帝国の礎を築いた女性は・・・エリザベス1世。
1558年25歳で即位したのち、半世紀近く君臨!!
ヨーロッパの弱小国に過ぎなかったイギリスを、繁栄へと導きます。

現在、女王エリザベス2世を頂点とするイギリス王室。
国民に近く、開放的な雰囲気が多くの人に愛されています。
こうした王室に対する信頼の基礎を築いたのがエリザベス1世です。
当時、弱小国だったイギリスを大国へと導いていったエリザベス1世。
即位するまでの人生は、苦難の連続でした。
死を覚悟するほどの・・・!!

1533年、エリザベスは、イギリス国王ヘンリー8世の娘として生まれました。
しかし・・・ヘンリーには、王妃・キャサリンがいて、王位継承者はその娘のメアリーでした。
男の子がほしいヘンリーは、キャサリンと離婚し、若いアン・ブーリンと結婚します。
そして、生まれたエリザベスは、王位継承者となりました。
ところが、あくまで男の子が欲しいヘンリー8世の矛先はアン・ブーリンに・・・!!
1536年、エリザベスが2歳の時に、アン・ブーリンは浮気の罪をかぶせられ、ヘンリーの手で生きては出られないロンドン塔に幽閉されてしまいました。
そして処刑されたのです。

その後、ヘンリーは新しい妃を娶り、待望の男の子・エドワードが生れます。
誰からも祝福されるエドワード・・・王位継承権を失ってしまったエリザベス。

「昨日まで、エリザベス王女と呼んでくれていたのに、どうして今日は、エリザベス様なの??」byエリザベス

暮らしぶりも変わり、着る物にも不自由するほど・・・
背丈に合うドレスすらありませんでした。

1543年、9歳の時に、父ヘンリーが迎えた妻・キャサリン・パー。
彼女は、メアリー、エリザベス、エドワードを分け隔てなく愛しました。
そして、ヘンリーを説得し、メアリーとエリザベスの王位継承権を復活させます。
エリザベスは、キャサリンと暮らす中、高い教養を身に着けていきます。
フランス語、ラテン語など8か国語をマスター。
趣味は、歴史の本を3時間読むこと。
また、宮廷作法も完璧!!
年からは考えられないほどの威厳と上品さを持っていました。

しかし・・・そんなエリザベスの人生にまたもや暗雲が・・・
1547年、14歳の時に父・ヘンリー8世が死去。
弟・エドワードが即位するも僅か7年で亡くなってしまいます。
まもなく王位についたのは、17歳年上の姉・メアリー。
メアリーは、エリザベスを憎んでいました。

「エリザベスが王位をつぐなんて、私の良心が許さない!!」byメアリー

メアリーとエリザベスは、父親の愛情を競い合っていました。
もともとメアリーは、父に深く愛されていました。
しかし、エリザベスが生れたことで、メアリーは王位継承権を失い、父親の愛情も奪われてしまったのです。
さらに、対立を決定的にしたのが宗教で・・・
メアリーはカトリックをエリザベスはカトリックを進行していました。
王位についたメアリーは、カトリックの国スペインのフェリペ王子と婚約。
すると、これを不満とプロテスタントの信者が反乱を起こしました。
この反乱は鎮圧されたものの、エリザベスが関与していたのではないか??と疑いが・・・。
エリザベスは、メアリーに手紙を送ります。

「身を低くして、陛下にお願い申し上げます。
 しかるべき証拠がない限り、罰しないとの約束が、本当であることを今こそお示しください。
 無実であるがゆえに、陛下のやさしさにおすがりせずにはいられません。」byエリザベス

余白には、誰かが手を入れないように斜線をし・・・
「陛下の最も忠実な僕、これまでもこれからも」

しかし、エリザベスは、かつて母、アン・ブーリンが幽閉されたロンドン塔に幽閉されます。
幽閉から2か月、二十歳のエリザベスは死を覚悟します。
一方、メアリーは、プロテスタント信者の弾圧を強めていきます。
300人近く、生きたまま火あぶりに・・・。
人々からは、ブラッディー・メアリーと恐れられました。
結局、エリザベスは、反乱に加わったという証拠もなく釈放。

投獄された部屋の窓ガラスには・・・
「私に大きな疑いがかけられているが、何も証拠を引き出せない。」囚人エリザベス

ロンドン塔への幽閉から2年、1558年、エリザベスは25歳に。
姉メアリーが亡くなります。
王位を継ぐことになったエリザベス・・・初めての議会で宣言します。
「私はイギリスと結婚し、夫を持つ身となりました。
 イギリス国民の全てが私の子供であり、親族なのです。
 私が死んだら、墓にこう刻んでください。
 ”” 処女として生き、処女として亡くなった””と。」

どうして生涯独身だったのでしょうか?
エリザベスが即位した土岐、イギリスは数々の難題に直面していました。
①カトリックとプロテスタントの対立。
姉・メアリーのプロテスタント弾圧で、事態は深刻化していました。
そこでエリザベスは、それぞれの極端な部分を排除したイギリス国教会のもとで、両者の共存を図ります。
中間を目指し、出来るだけ多くの人が礼拝できるようにしました。
②国家財政の深刻化。
スペイン王子と結婚したメアリーは、スペインとフランスの戦争に巻き込まれていました。
その結果、大陸における唯一の拠点だったカレーを失い、巨額の戦費で財政難に陥っていました。
エリザベスは、自ら会計をチェックします。
③失墜した王の信頼を取り戻すべく、国民と交流。
パレードの際には、一人一人に優しく話しかけ、家を訪ねて語り合うこともありました。
いつしか、女王の手に触れれば病が治るという伝説が生まれました。

その一方で、側近たちからの評判はあまりよくありませんでした。
エリザベスは、ハンサムな男が好きでした。
顔がよければ出世も早いと囁かれていました。
また、お世辞も好みます。
更に、側近たちを困らせたのが、優柔不断です。
”すぐに、そのうち、明日と言っている間に、日に日に時間だけが過ぎていく・・・”
なかなか決断を下せない上、決めたものを覆すこともありました。
パレードルート、引越日、政策決定・・・あらゆることが、朝令暮改でした。
それでも議会で・・・
「みなさんの振る舞いを見ていると、自分たちだけが国の繁栄を考えているとお思いのようです。
 しかしながら、私がこの国をいかに統治してきたか、よく思い起こしてください。
 私は、あなた方の女王なのです。」byエリザベス

強気のエリザベスには、悩める問題が・・・イギリスを味方にしようとする・・・フランス、スペインをはじめ、各国から求婚されます。
側近たちも、跡継ぎが必要だと訴えます。
しかし、エリザベスは、曖昧な態度を取り続けます。
エリザベスは、結婚の可能性を残すことで、諸外国との友好関係を維持することにしました。
もし、特定の国との関係が強まれば、対立する国々から敵視される恐れがありました。
エリザベスが結婚しなかった背景にはある男の存在が・・・
幼なじみのロバート・ダドリーです。
美男子で背が高く、剣の腕前も一流。
エリザベスは、だどりーを身辺警備の筆頭において常に傍に置きました。
そして、人目をはばかることなく、ダンスや乗馬を楽しみました。

「女王は昼でも夜でもダドリー卿の部屋を訪ねているという噂です。
 女王の寵愛を勝ち得たダドリーは卿は、宮廷を牛耳っています。」

「彼に愛情を抱いていることを否定はしません。
 でも、結婚を決意しているわけではありません。」byエリザベス

ダドリーには妻がいました。
そんな妻が謎の死を遂げます。
人々は、ダドリーが女王と結婚したいが為に妻を殺した・・・と!!
結局、二人が結婚することはありませんでしたが、その信頼は一生続きました。

「女性は、結婚しなければ生きていけないと言われます。
 でも、私はダドリーの妻が死んでも結婚しておりませんわ。」byエリザベス

大国スペインとフランスの狭間で生き残りを図るエリザベス・・・
その前に一人の女性が・・・悲劇の女王、メアリー・スチュアートです。
親戚同士でしたが、処刑を命じます。
どうしてメアリー・スチュアートを処刑したのでしょうか?
1542年、メアリーは生後6日で当時独立国だったスコットランドの王位を継承。
15歳の時に、フランス王太子と結婚し、フランスに渡ります。
しかし、夫が亡くなったので、18歳でスコットランドに戻ります。
エリザベスが28歳の時・・・帰国したメアリーは、スペインから縁談が・・・ふたたびフランスからも縁談が・・・。
エリザベスは危機感を感じていました。
プロテスタントの勢力が多いイギリスにたしい、スコットランドはカトリックの信者が多く残っていました。
カトリック教徒が多いフランスやスペインとの関係が強まると、イギリスは挟みうち。。。脅威に・・・!!
阻止する為に、エリザベスはイギリスからも縁談を持ち掛けます。
その相手候補として選んだのが・・・なんと、ダドリーでした。
しかし、それは苦渋の決断でした。
エリザベスの策略は実らず、結局1565年、スコットランド貴族ダーンリー伯爵と結婚。
ところがメアリーと夫の関係はあっという間に冷え込んで・・・2年目に夫が殺害されました。
メアリーは、夫殺しの疑いをかけられて孤島に幽閉。
この時エリザベスは、メアリーを捕まえたスコットランド貴族たちにこう言いました。

「神の定めで女王となったメアリーを捕らえ、力づくで罪を認めさせるなど、許されることではありません。」

選ばれた君主としての地位は尊敬されるべきだと考えていたのです。
その後、メアリーは支持者の力を得て脱走に成功します。
イギリスに亡命!!
エリザベスはこれを受け入れました。

1570年、エリザベス36歳の時・・・
カトリック教会のTOP、ローマ教皇がエリザベスを破門に・・・!!
エリザベスの暗殺を奨励しました。

「神に奉仕する清き心をもって、エリザベスを葬り去る者は、悪行を犯すのではなく、善行を積むこととなろう。」

これを受け、カトリック信者がエリザベスの命を狙い始めます。
そして、次々と暗殺未遂事件が起こる中・・・メアリー干与の疑いが・・・。
メアリーは、スコットランド王室の人間でありながら、イギリス王室と血縁関係があり、王位継承権がありました。
エリザベスが死ねば・・・カトリック信者のメアリーがイギリス女王になる可能性があったのです。
1586年、エリザベス53歳の時に決定的なバビントン陰謀事件が・・・
メアリー・スチュアートの元小姓・バビントンらによる暗殺未遂事件です。
この陰謀は、事前に察知され未遂に終わったものの、メアリー自身が陰謀に加わった・・・具タオ的な指示を出していたことがわかります。
議会はメアリーの処刑を要求!!
しかし、エリザベスはサインを拒否!!

「タカに追われ、私の足元に逃げ込んできた小鳥を殺すことなどできるでしょうか」

エリザベスは、女王を処刑するのは絶対に間違っていると考えていました。
もし、実行すれば・・・自分自身の女王という権威も失われかねないと危惧していたのです。
しかし、側近たちの圧力は凄まじく・・・亡命してきたメアリーを保護して20年・・・
エリザベスはついにサインを・・・苦渋の決断でした。
1587年、メアリー・スチュアートは断頭台へ・・・
メアリーは最後まで女王としての威厳を失うことはありませんでした。

エリザベス55歳の時、未曽有の危機に直面します。
世界最強のスペイン無敵艦隊との対決です。
当時スペインは、アメリカ大陸をはじめ、世界に植民地を持つ大国で、”太陽の沈まぬ国”と言われていました。
その関係は、エリザベスが即位してから悪化の一途を辿っていました。
原因の一つが海賊・・・この頃、世界各地の植民地から貴金属を本国に運ぶスペインの船を、イギリスの海賊が襲うようになっていました。
エリザベスは、海賊の行動を国として公認。その戦利品の一部を国家財政の再建に使いました。
なかでも頼りにしていた海賊が、フランシス・ドレイク。
エリザベスは、この男を貴族に取り立てるほどでした。
スペインは、エリザベスを暗殺し、メアリー・スチュアートを擁立する陰謀を画策し続けていました。
しかし、メアリーが処刑されたために、翌年、実力行使に出ることに・・・

1588年、無敵艦隊出撃!!
130隻もの船団がスペインを出発します。
迎え討つイギリスは半分以下の55隻。
勝ち目はないと思われていました。
スペイン軍の上陸を阻むために、陸軍を集結!!
しかし、強大なスペインを前に、兵士たちの士気が上がりません。
そこへ・・・現れたのはエリザベス!!

「私がここに来たのは、みなさんと生死を共にするためです。
 私は、か弱い女性にすぎませんが、王の心と勇気を持っています。
 我が国の教会を踏みにじる者を、許すことはできません。」

兵士たちは涙を流し、戦意を奮い立たせました。
迫りくる無敵艦隊・・・戦いの行方をエリザベスは一人の男に託していました。
その男は・・・あの海賊ドレイク!!彼を副司令官に抜擢したのです。
アルマダの海戦が始まりました。
しかし、圧倒的な戦力の差は埋まらずイギリスは劣勢に・・・
ドレイクが岸城阿世の一手を・・・!!
味方の船に火をかけて突っ込ませます。大混乱の無敵艦隊・・・スペインは、多くの船を失い、敗走することになるのでした。
大国スペインに勝ったエリザベスは、小国イギリスが大英帝国へと発展する足掛かりを築いていきます。

1600年、67歳の時には東インド会社設立。
後の植民地支配の第一歩を踏み出します。
首都ロンドンも急成長し、娯楽にシェークスピアが登場します。
一方、戦費の負担、凶作で国内の経済は悪化。
対応を迫られたエリザベスは、貴族の商売独占を禁止し、経済の自由化を図ります。
病気や貧困で苦しみ人々のために救貧法も制定します。

晩年のスピーチでは・・・

「そんな高価な宝石より、私が一番大切に思う宝石は、「みなさんの愛」です。
 私ほど、国のことを思い。みなさんのために命をも投げ出す女王がこの席に座ったことはないし、これからもないでしょう。」

この演説から2年・・・1603年3月24日、エリザベスは息を引き取ります。
69歳でした。

死後、寝室から一通の手紙が見つかります。
送り主は、15年以上前に亡くなっていたロバート・ダドリーでした。

”何にもまして私が祈るのは、陛下が健やかに長生きされることです。
 身を低くして、陛下のおみ足に接吻いたします。”

エリザベスは、手紙にこう書き添えています。

「彼からの最後の手紙」と。

エリザベスは亡くなる直前に、以外な人物を次の国王に指名していました。
メアリー・スチュアートの息子でスコットランド国王となっていたジェームズです。
このジェームズの即位がきっかけとなり、イギリスとスコットランドは1707年に統合。
そして、両国の国旗が現在のイギリス国旗の元となるのです。

エリザベスは、歴代の多くの国王が眠るウエストミンスター寺院に葬られました。
その向かいには、メアリー・スチュアートの墓が・・・!!
数奇な運命を経て、二人はともに、イギリスの歩みを見つめ続けています。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

本当は怖い世界史: いつの世も人間は変わらない (王様文庫)

新品価格
¥680から
(2017/11/28 17:10時点)

図説 エリザベス一世 (ふくろうの本/世界の歴史)

新品価格
¥1,944から
(2017/11/28 17:10時点)

【置物・美術品】オーギュスト・ロダン『考える人』ブロンズ像■新品★

価格:47,520円
(2017/11/16 05:27時点)
感想(0件)



没後100年を迎えるオーギュスト・ロダン。
近代彫刻の父とよばれ、日本の彫刻家にも多大な影響を与えたロダン。
彫刻に生命を吹き込み、人間の内面までも表現したと評されます。

「もっとも偉大な美は、命の奥底から生まれてくる」

しかし、成功を手に入れるまでの人生は、苦難の連続でした。
受検に三度失敗、美術展での酷評、他の彫刻家の下での下働き生活・・・。

「私は、貧乏がもたらすありとあらゆる苦労を味わった。」

どうすれば認められるのか??
ロダンは常識外れの作品に挑み、その作品が物議を醸したことで、知名度をあげます。
名声を勝ち得たロダンは、24歳年下の弟子、カミーユ・クローデルを恋人にし、官能的な作品を生み出していきます。

「女は男の命、活力、そして王冠である。」

ロダンの代名詞「考える人」。
最高傑作ともよばれる「カレーの市民」。
ロダンが生涯挑み続けた大作「地獄の門」。
いずれも、その後の美術界に大きな影響を与えました。
ロダンは、若い頃から腕前は確かでした。
しかし、世に出ることができず、貧乏生活を強いられます。
その理由は・・・
1840年、ロダンはパリで誕生!!
父親は警察で働く事務員で、生活は厳しかった。
勉強が苦手で、読み書きすら満足にできなかったロダンの楽しみは、絵を描くことでした。
図書館に入り浸っては、本の挿絵を模写し、いつしか芸術家を目指すようになります。
1854年、14歳で美術専門学校に入学。
デッサンで学年一の成績を修めるまでに・・・!!
しかし、極度の近視のために、ちょっと離れると対象がはっきりと見えないのです。
たまたま入った部屋は、彫刻を学ぶ部屋でした。
目が悪くても、自分の作りたいものを作れる喜びを知ります。
彫刻家こそが、自分の進む道だと感じました。

「私は初めて粘土に触れた。
 天にも昇るような心地でした。」

1857年、17歳でフランス国立美術学校を受験!!
しかし、不合格!!
結局3年連続で落ちてしまいました。
美術学校が基準としていたものに入らなかったのです。
美術学校の基準は、ギリシャ・ローマの彫刻の模倣でした。
求められていたのは、伝統や品位が感じられる優美な彫刻でした。
ロダンのそれは、そうではなかったのです。
周りも期待していたし、自分もそう感じていたので、その絶望は大きいものでした。
不運は続きます。
父親が退職し、家計を支えることとなります。
そして、当時、人気を博していた彫刻家の助手として働き始めます。
しかし、与えられたのは、建物を飾る彫刻など、物まねにすぎませんでした。

「当時、私が作ったものは、一つも私の興味をひかなかった。」

ロダンは、自分ならではの物を・・・と、なけなしの金でアトリエを借り、時間を見つけては政策に没頭します。
ボロボロの馬小屋で・・・凍った彫刻が割れてしまうこともありました。
ある日ロダンは仕事先で出会った女性にモデルを頼みます。
ローズ・ブ―レ・・・生涯を共にする農村出身の娘でした。

「都会的な女性の優美さはなかったが、農家の娘特有の屈強な肉体をしている。
 そこが美しい。」

二人の間には子供が産まれます。
ロダンは、貧乏から脱出する為に、必死に製作します。
そして、25歳の時、政府が主催する美術展・サロンに応募しました。
その作品は意外なものでした。
当時、彫刻の題材は、神々や英雄・・・しかし、ロダンの作品は、「鼻のつぶれた男」
アトリエで清掃係として働く年老いた男をモデルにしました。

「彼の頭部は美しかった。
 形という点では、彼は美しい人間だった。
 芸術においては、個性的なものだけが美しい。」

しかし、ロダンが感じた美が認められることはありませんでした。
貧しい生活を送るロダンに新たな試練が・・・
1870年、30歳の時に普仏戦争が勃発!!
ロダンは仕事を失い、妻と幼い子を残し単身ベルギーへ出稼ぎに・・・!!
下請けの仕事にありついたものの、仕送りもできないでいました。
止む無く雇い主に内緒で胸像を造り売り出そうとしました。
しかし、これが発覚!!解雇されてしまいました。
30歳を越えていたロダン・・・異国の地で途方に暮れてしまいました。

ロダンは30代後半から40代前半で自らのスタイルを確立します。
こだわったのは、”男の裸”!!

ベルギーで失業してしまったロダンは、突破口を開こうと友人の工房を借りて自ら仕事を取るようになります。
これが評判を呼び、安定した収入を手に入れることができるようになります。
1875年、35歳の時に、憧れていたルネサンス芸術の国・イタリアを旅することに・・・。
そこで目にしたのは、ミケランジェロの力強い肉体の表現でした。
何百もの人間の裸体が書き込まれた「最後の審判」
身体を極端にひねり、盛り上がる筋肉が強調された「メディチ家礼拝堂」
ロダンは夢中でスケッチしました。

「肉体は命の鏡だ。
 もっとも偉大な美は、命の奥底から生まれてくる。」

イタリア旅行を終えたロダンは、男の裸体像に取り組みます。
何気ない一瞬に注目します。
「人の姿はこんなに美しい」ということを、「自然にあるものはすべて美しい」というところから見つけるのです。
自然派性格・個性を持っているが、人間の体が一番それをもっている。
裸こそ真実だと、だから彫刻に作品化した。

「青銅時代」という作品で、サロンに応募。

しかし、帰ってきたのは非難の嵐でした。

「これはただ、生身の人間から型を取っただけだ。
 こんなものは彫刻ではない。」by評論家

あまりにもリアルな肉体表現が、モデルから型を取ったと疑われたのです。
このスキャンダルは、ロダンの名を世に知らしめることになります。

1877年、37歳でパリに戻ったロダンは、新しい賭けに出ます。

「私にはこれまでよりも、もっと悪賢い頭脳が必要なのだ。」

この時製作した歩く男は、知人から頭がないと指摘されると・・・
「歩くのに頭はいらない。」と言ったものの、頭部と腕を付け加えます。
そして・・・誰もが知る”洗礼者ヨハネ”となるのです。
サロンに応募。
それまで衣をまとった姿で描かれてきたヨハネ。
裸で表現したのは前代未聞でした。
これが評判となり、サロンで入選します。

これにはリベンジの気持ちがあります。
青銅時代がスキャンダルになり、誤解されてしまった・・・
みんなが飛びつきやすいテーマで・・・
ロダンは、純粋に考えるだけではなく、美術界・社会に対して戦略を練っていったのです。

知名度を高めたロダンに時代の追い風が・・・
普仏戦争に敗れたフランスは、帝政から共和政に移行。
新しい政府が、国民の一体感を高めようと英雄や偉人たちの記念像の制作に力を入れ始めました。
1884年、44歳のロダンのもとに、カレー市から記念像の依頼が入りました。
14世紀英仏100年戦争の際に、イギリス軍に攻め込まれたカレーでは、6人の市民が自ら人質に名乗り出ることで街を救っていました。
注文は、そのリーダー格の人物ひとりでした。
ところがロダンは、6人全員の像を造り始めました。
英雄的に描いてほしいというのを無視して、死に直面した人間の内面の苦悩を表現しようとします。
完成したのが「カレーの市民」待ち受ける死に向き合う、6人の男たちの覚悟、諦め、絶望の感情が浮き彫りにされていました。
そして、この作品に命を吹き込むためにこだわったのが裸でした。
まずは、一人一人の裸の像を作成し、衣服をつけていきました。

「肉体ほど、感情を豊かに表すものはない。
 感情は美であり、美こそ真実なのだ。」


ロダンが作っていた彫刻は男性の物でしたが・・・
突然女性や男女の愛をテーマにした作品を作り始めました。
どうして急に作風を変えたのでしょうか??

人気彫刻家となったロダンの元には、芸術を目指す若者たちが集まるようになります。
その中に、19歳の女性が・・・。
女性の名はカミーユ・クローデル。
ブルジョア階級の出で、彫刻の才能に秀でていました。
ロダンは、彼女を助手に抜擢し、親子ほど年の離れた二人は恋に落ちます。
一方ロダンには、席こそ入れていないもののローズの存在が・・・。
友人の一人が忠告します。
「あの給仕をしている不愉快な家政婦をなぜ首にしないんだ?
 もっと若くて元気な女を雇った方がいいぞ」
ロダンは、ローズとの関係を周囲に話していませんでした。
ロダンとローズ、カミーユの奇妙な三角関係が始まりました。
アトリエでのカミーユとの愛欲の日々は、ロダンの彫刻に大きな変化をもたらします。
女性の体のなまめかしさを表した「ダイナス」。
裸の男女が抱き合う「接吻」。

「女は男の命、活力、そして王冠だ。」

作風の変化には、カミーユとの関係がありました。
女性の体は美しいというのは、形の美ですが、女性崇拝についても言葉で残しています。

「女性は素晴らしい、男がもっていない才能を持っている。」と。

ロダンは、才能ある若い人を支援しましたが、その特権的な位置にカミーユが入ることに・・・。
カミーユもロダンとの愛を彫刻に刻んでいきます。
代表作の一つが「ワルツ」
裸の二人が躍るこの作品を見て批評家は・・・

「ワルツを踊るこのカップルは、今すぐにでもベッドに行って愛し合いたいのだ」

カミーユの才能にもほれ込んでいたロダンは、事あるごとに作品への意見をカミーユに求めます。
プライドが高く、気性の激しいカミーユは、師匠のロダンに臆することなく意見しました。
そして次第にロダンを独占したいという思いを募らせていきます。
ロダンに誓約書を書かせるカミーユ

「私はもう、カミーユ以外に弟子はとりません。
 そして、カミーユを私の妻とします。」

それでもロダンは、ローズと別れようとしませんでした。
ローズが献身的に尽くしてくれるからです。
ローズは、石膏像や粘土像が乾燥してひび割れたりしないように、注意深く管理しました。
夜は、いつ帰るかもわからないロダンを待ち続けます。
そして、毎朝のローズとの散歩は、ロダンにとって心穏やかに過ごせる大切なひとときだったのです。

いつまでもローズと別れようとしないロダン。
苛立ちを募らせたカミーユは衝撃的な彫刻を!!
「分別盛り」です。

若い女から男を連れ去る見にくい老女・・・そこにはローズに対する憎しみが・・・そして、ロダンに対する恨みが刻まれていました。
カミーユは身を引くことを決断・・・ロダン54歳、カミーユ30歳でした。
出会ってから11年が経っていました。

ロダンは別れた後も、カミーユを支援し続けます。
金銭的な支援はもとより、彫刻家としての名声を得られるように国や批評家に働き続けます。

「私が深く愛するこの天才的な女性彫刻家のために、どうか、何かをしてあげて欲しいのです。」

しかし、ロダンと別れたカミーユは心を病んでしまいます。
その後、精神病院に入れられ、亡くなるまでの30年間、そこで過ごすことになるのです。

ロダンが生涯をかけて挑み続けたのに未完の作品が、「地獄の門」です。
この作品は、もともとロダンが40歳の時にフランス政府から依頼されたものです。
パリに建設される美術館の正門にされる予定でした。
依頼を受けたロダンがテーマに選んだのが、ダンテの「神曲」です。
その中の、地獄編の光景を門に刻もうというのです。
飢餓に耐え切れず、自分の息子たちを食べる男。
地獄の底に落ちまいと、必死にしがみつく男。
そして、地獄の光景を眺めているのは、神曲の作者ダンテ。
この像は、後に「考える人」となります。
貧しく、挫折を繰り返し・・・辛く、苦しくてもやり抜くんだという自分の人生観に重なった世界でした。

しかし、依頼を受けて8年・・・
1888年、48歳の時に美術館の建設が中止となります。
門の発注が取り消されてしまいました。
しかし、ロダンは、自分の作品として制作を続けます。
丁度この頃、カミーユとの恋愛に夢中になっていました。
すると・・・地獄の門にも男女が描かれることに・・・
裸の男女・・・逃げる女を必死につかもうとする男・・・
「地獄の門」には、ロダンの人生が大きく反映していきます。
地獄の門に取り組む一方で、ある記念像にも取り掛かります。

文豪”バルザック”の像です。
ロダンはいつものように、裸で作るのですが・・・1989年、出来上がったのは全く違ったものでした。
デフォルメされた顔は、いびつな顔をしていました。
そして命を表現されるはずの肉体は、全て布で覆われ、隠されていました。
この像は、酷評されます。
発注元の文芸家協会は、受け取りを拒否。
しかし、ロダンは・・・
「バルザックこそ彫刻の理想形だ。
 人々はその評価をめぐり、大いに議論すればよい」

20世紀の彫刻を切り開いた作品で、抽象的で立体的な造形の先行例だったのです。
1900年、60歳の時にパリで万博が開催。
ロダンはその会場の近くで、過去の作品を集めた個展を開きました。
すると、世界各国からの批評家たちが賞賛の声を上げたのです。

「ロダンの彫刻からは、欲望の叫びが聞こえてくる」
「ロダンの表現力の力強さは、極限まで到達している」

ロダンの名声は世界に・・・ヨーロッパ、アメリカ、日本でも個展を開くこととなります。
ところが・・・地獄の門は、パリ万博の古典の際に、人物像が全て取り払われていました。
背景には、カミーユとの破局があったと考えられています。
その後、ロダンの元には、名声につられた女性が次々と現れます。
中でもロダンを苦しめたのが、ショワズール侯爵夫人です。
夫がいる身でありながら、恋人となり、ロダンの全ての作品を管理するようになります。

ロダンは8年にわたって彼女に振り回されます。

「私はひどく疲れ、途方に暮れた。
 彫刻ほど、上手く人生を形作ることができない。」

1916年、76歳で脳卒中で倒れます。

この年、ロダンは未完成だった地獄の門をはじめ、全ての彫刻をフランス政府に寄贈。
最早、地獄の門を完成させる体力も、気力もなかったのです。
1917年77歳でローズと正式に結婚。
ロダン77歳、ローズ73歳。
しかし、僅か2週間後にローズが死去。
1917年11月17日、9か月後にロダンも波乱の生涯を終えたのです。

ロダンが亡くなった1917年、友人だった学芸員のレオンス・ベネディットが、ロダンの遺志を継いで地獄の門を完成させます。
そして、死後20年ほどたった1939年・・・酷評されたバルザック像が、パリ市内に設置されます。
今では、20世紀彫刻の幕開けを告げた傑作として高く評価されています。
自分の追い求めた理想を求め続けたロダン・・・

「世の中の考えと対立していたとしても、強く感じたことは、臆せず表現せよ。
 1人にとって深く真実であることは、万人にとっても真実なのだ。」byロダン

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

ロダン NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)

新品価格
¥15,194から
(2017/11/16 05:31時点)

ポスター オーギュスト ロダン Eros 限定1000枚 額装品 デコラティブフレーム(ブラック)

新品価格
¥16,308から
(2017/11/16 05:32時点)