日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:お金

世界のしくみがよくわかる!ニュースを読む技術 [ 池上彰 ]

価格:1,404円
(2015/1/5 08:35時点)
感想(9件)




ヨーロッパを一つにしようという大きな理想の下で進められてきたヨーロッパ統合・EUへの道。。。
いま、大きな岐路に立たされています。

どうしてEU=欧州連合は作られることになったのでしょうか?
一番最初の目的は・・・??
国境のない世界・・・戦争のない世界を作ろうとしたのです。
この大理想で始まったのです。

1914年第1次世界大戦があり、ヨーロッパは主戦場となりました。
毒ガスがどんどん使われ・・・悲惨な事態となりました。
第1次世界大戦後、二度と戦争が起きないようにしよう・・・しかし、またもや第2次世界大戦が起こり、ヨーロッパは焼け野原となってしまいました。

もう・・・二度と戦争は止めよう・・・ということで、”ヨーロッパを一つの国に”しようとしたのです。
そんな理想のもとに、各国がそれぞれの利害を超えて一つになるという動きが始まりました。

きっかけはドイツとフランスの関係。。。
二国が仲が悪く・・・その原因は、アルザス・ロレーヌ地方でした。
フランス語圏とドイツ語圏が入り乱れているこの辺り、豊富な石炭も出ます。
石炭・鉄鋼業が盛んで・・・武器・戦車を作ることができます。
ここを押さえることができれば、よーろっぱで一番強い国になれる・・・!!
と、ドイツとフランスが争っていたのです。

第2次世界大戦後、ドイツは西と東に分割され、戦争で経済が弱くなってしまいました。
どうにかして、アルザス・ロレーヌ地方で再び石炭を採り、鉄鋼業を盛んにして経済を立て直したい!!
それに反対するフランス。

これを見ていた周りの国々は・・・??
西ドイツが勝手なことをしないように周辺国で管理する仕組みを作ろう!!
となり、1951年石炭と鉄鋼を共同管理する「ECSC 欧州石炭鉄鋼共同体」ができます。
ECSC=フランス・西ドイツ・イタリア・ベルギー・オランダ・ルクセンブルク

もう一つの共同体がEuratom=欧州原子力共同体です。
原子力発電所を作る・・・そのために、一緒になって原子力の研究をしようというものでした。
原子力発電所をコスト安で、安全なものを作るために・・・。

この加盟国がどんどん増えていき・・・EUとなるのです。

これらを統合し、EEC=欧州経済共同体ができます。
関税を少しでも減らすために。。。
自国の産業を守るのではなく、ヨーロッパ全体の経済を効率化するために。。。
経済だけでなく・・・いろいろ統一しよう・・・
と、EC=欧州共同体となります。
ひとつの国のようになるために・・・。

そして・・・一挙にヨーロッパの国々がまとまって一つの国に向かって進もう!!と生まれたのが、EU=欧州連合です。
加盟国は・・・ベルギー・ドイツ・デンマーク・フランス・イギリス・ルクセンブルク・ギリシア・オランダ・アイルランド・イタリア・スペイン・ポルトガルです。

EUEUは、12か国が参加して始まりました。

12・・・ダースは、完成された数というイメージがあります。

そして、ヨーロッパ連合に参加している国は、自国の旗と共に、EUの旗も掲げています。

いろいろな国が参加して・・・加盟国は28か国となりました。

スイスはEUに入らず、永世中立国(連盟・同盟には参加しない国)となっています。
国連にも参加していませんでしたが、今は、国連には入っています。

ヨーロッパには、シェンゲン協定があります。
これは、欧州各国間を入国審査なし、パスポートチェックなしで移動できるというものですが・・・
EUの中にも、シェンゲン協定に入っていない国もあります。
が・・・スイスはシェンゲン協定には入っています。

国境をなくす・・・理想の実現に向かっているのです。
が・・・問題も起きてきています。

2010年アラブの春が起きて・・・
チュニジア・リビア・・・などから多くの難民が地中海を渡ってやって来ました。
転覆、火事・・・いろいろありで亡くなった人も多い中、とりあえず・・・イタリアまでやってきた人たち。
難民を受け入れてきたヨーロッパは、これを認めます。

その数は多く・・・
「難民は豊かなヨーロッパを目指している」
「イタリアにはどうせいつかないのでは??」
と、どんどんイタリアが受け入れたのです。

アフリカの難民はもちろんイタリアにはとどまらず、フランスを目指します。
大勢の難民がフランスに流れ込みます。
当時、フランス政府は、イタリアとフランスの間に入国審査所を作って、難民を入れないようにしたほどでした。

ヨーロッパは、国によって社会制度が全く違います。
デンマーク・フィンランド・スウェーデンなどは、社会制度が充実しています。
お金がないならば、社会制度が充実しているので、働かなくても自国にいた頃よりも、はるかにたくさんのお金をもらうことができます。おまけに、医療費・教育費は無料です。

アフリカの人たちにしてみれば、天国のような国でした。
難民が、デンマーク・フィンランド・スウェーデンにコミュニティを形成していきます。
アラビア語でイスラム教徒・・・突然そんな人がやってきて社会保障を要求します。
北欧の人々が税金で維持してきた社会保障制度にただ乗りをするのか??と、反発が起きます。

国境線をなくして一つの国にしようという理想のもとに、EUができました。
しかし、どんどん他国の難民が来て、それを受け入れるのかどうか??大きな問題となっています。

東西冷戦が終わって・・・
社会主義の国がEUに入ってくるようになりました。
経済が停滞し、貧しい国の人々です。
豊かな生活を求めて、フランスやドイツにやって来ます。

つまり、EU加盟国からの移民と、アフリカからの難民を受け入れざるを得ない状況下で、それに反感・不満・反発が非常に高くなってきているのです。

それが今のEUなのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

【送料無料】 池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言 / 池上彰 イケガミアキラ 【単行本】

価格:1,512円
(2015/1/5 08:35時点)
感想(1件)

世界一ニュースがわかる本(オバマ政権と金融危機編) [ 池上彰 ]

価格:1,028円
(2015/1/5 08:36時点)
感想(5件)

池上彰の「世界が変わる!」 [ 池上彰 ]

価格:1,296円
(2014/12/30 07:51時点)
感想(4件)



ユーロは共通通貨です。
お金はそれぞれの国独自のモノですが・・・。
いくつもの国が同じ通貨を使おうとしたのです。

2011年~13年にかけて、大変なユーロ危機がありました。
ユーロの価値が落ちてしまったのです。
ユーロに変わる世界の信用できる国のお金・・・世界中の投資家が円を買いました。
それによって激しい円高となり=日本経済が落ち込む結果となりました。
ユーロ危機になると日本経済が大打撃を受ける・・・。

EU諸国は、海外からモノを輸入する力が失われ・・・中国から欧州向けの輸出が減りました。
中国は日本からモノを買って加工して欧州に売っていたので・・・日本から中国への輸出も減ってしまったのです。

東南アジア各国も欧州に大量の品物を輸出しています。
アジア諸国も日本から部品などを輸入してそれを欧州に売っています。
結果的に、日本はアジアへの輸出も減ったのです。
ユーロ危機の結果・・・日本経済も大打撃を受けたのです。

このユーロ危機は、ギリシャから始まりました。
2009年10月、ギリシャで政権交代がありました。
その結果、”国家財政の粉飾決算”が明るみに・・・。
国家レベルで赤字を隠していたのです。

ギリシャの財政赤字はどのくらいの比率かというと・・・
GDPの4%・・・と発表していたものが、実際は、13%近くであることが解ったのです。
その後・・・EUとして調べた結果・・・13.6%であることが解りました。
格付け会社がランクを下げていきます。

ギリシャの国債を誰も買ってくれない・・・
年利が30%超の金利をつけないと売りに出せなくなりました。
ギリシャの財政破たんとなってしまいました。
ギリシャの信用はがた落ち・・・
ユーロを使っている他の国が「ギリシャを救済しよう」ということになります。
ヨーロッパの中で経済力があるのはドイツ・フランス・・・
が、お金を出して、ギリシャの国債をみんなが買える仕組みを作りました。
金利が下がって・・・ギリシャが借金をできるようになりました。
ギリシャでは・・・年金制度が手厚く、60歳まで働かなくても辞めた時の満額もらえていました。。。
ギリシャは国家公務員の数が多く・・・年金を治めるのが嫌な国。。。
大勢の人が脱税をしていました。

ドイツやフランスが指示し・・・年金を大幅に削減しようとします。
激しい反対運動が起きました。
これがヨーロッパの”北と南”の対立に発展していきます。
次々と南部の国が経済危機に陥る中・・・北部が何故助けないといけないのか??
南北対立が激しくなっていくのです。

PIGS・・・P(ポルトガル)・I(アイルランド)・G(ギリシャ)・S(スペイン)が財政状態が悪かったのです。
現在はPIIGSとなり・・・イタリアが入りました。
南ヨーロッパ・ラテン系の国々で、財政状態が非常に不安定となったのです。

民族性・・・文化・・・いろいろ違います。
ヨーロッパは、北の方・・・寒い方に行けばいくほどまじめで良く働く国なのです。

ギリシャには経済支援を行うことになり、スペインの支援も終わりました。
が・・・スペインの失業率は26.7%。
若者に関しては、5割失業している?という状態が続いています。

ヨーロッパを一つの国にしようという大きな理想のもとで進められてきたEUへの道が岐路に立たされています。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎 [ 池上彰 ]

価格:699円
(2014/12/30 07:53時点)
感想(5件)

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本-【電子書籍】

価格:556円
(2014/12/30 07:53時点)
感想(1件)

ここがポイント!! 池上彰解説塾 1

新品価格
¥1,080から
(2014/12/7 20:08時点)



宗教によって経済活動・構造が違います。
これからの経済活動をする上で、宗教についての理解が欠かせなくなってきました。

イスラム教徒・・・というと、過激派が頭に浮かびます。
2001年9月11日アメリカ同時多発テロの時、ニューヨークの富の象徴であり、アメリカのシンボルである世界貿易センタービルに飛行機をぶつけました。
3000人以上の人が亡くなり、その中には、日本人24人も含まれています。

首謀者はオサマ・ビン・ラディン。
反米テロ組織「アルカイダ」を設立し、アフガニスタンに潜伏していた人物です。
これをきっかけに、アメリカはビン・ラディンを攻撃しようとし・・・
匿っていたアフガニスタン・タリバン政権を攻撃します。
当時の大統領はブッシュ大統領。
アフガニスタン側が客人を引き渡すことはできないと断ると・・・
「テロリストをかくまう者もまたテロリスト」として、アフガニスタンを攻撃しました。
2014年になる今も、アフガニスタンでは内戦状態が続いています。
タリバン政権は崩壊しましたが、タリバンが反政府ゲリラとして今も攻撃を続けているのです。


この時に、ヨーロッパ各地に投入されていたオイル・マネーの流れが変わります。
9.11以降、アメリカはビン・ラディン一族に対する経済制裁をし・・・アメリカにある資産も凍結しました。
イスラム世界において、テロリストではなくてもアメリカで資金を運用していた場合、自分の国とアメリカの関係が悪くなった場合、「自分の資産がアメリカで凍結されてしまうのでは?」という危機感を持つ人が出てきて・・・
オイル・マネーをアメリカに預けるのではなく、自分達で運用しようということになったのです。
イスラムの覚醒・・・
「自分達はイスラム教徒なんだ」という自覚を持つ人たちが増えてきました。

”イスラム回帰”が活発になっていきます。
急激に保守化が進んでいきます。

コーランには・・・
”アッラーは商売をお許しになった
 だが、利息取りは禁じたもうた”
とあります。

コーランの中には、神様が人間たちに、いろいろ守るべきことを書いてくれているのですが・・・
その中のひとつにこの一節があります。
つまり・・・金融業・銀行の仕事をしてはいけないということなのです。
そこで・・・”利息をとらない銀行”・・・「イスラム銀行」を作ったのです。
しかし、銀行として利息を取らないのは商売が成り立ちません。

そこで生まれたのが”イスラム金融”です。
預金者と銀行が一緒になって企業を買収したことにするのです。
会社を買い取るというビジネスで、ビジネスを発展させます。
そして・・・その企業のもうけを銀行と預金者で分配する。。。
物の売買という形を取ることによって結果的にお金を貸すという形になります。
これは実体を伴うので、バブルを引き起こしにくいのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

社会・経済 ブログランキングへ

にほんブログ村

池上彰が読む「イスラム」世界知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版第4弾

新品価格
¥1,080から
(2014/12/7 20:08時点)

池上彰のそうだったのか! &講義の時間シリーズ2013(既9巻)

新品価格
¥15,120から
(2014/12/7 20:09時点)

ここがポイント!! 池上彰解説塾 1

新品価格
¥1,080から
(2014/11/27 16:25時点)




宗教と経済・・・
それぞれの宗教によって経済が随分違います。

キリスト教と経済の関係とは??

ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」が有名です。
 

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神改訳 [ マックス・ヴェーバー ]

価格:1,080円
(2014/11/27 16:29時点)
感想(4件)



資本主義の精神とは何か?

アメリカ資本主義の父ベンジャミン・フランクリンはどうして一生懸命働いたのか?それは”富の絶対化”であると。
時間は貨幣だということ。お金持ちなのにまだ働くということ。。。
その資本主義の精神は何処から来るのか??
それがマックス・ヴェバーの問題意識でした。

職業としての学問 [ マックス・ヴェーバー ]

価格:453円
(2014/11/27 16:30時点)
感想(5件)



ドイツで経済的に成功した人を調べると・・・共通した特徴がありました。
キリスト教は、もともと東方正教とカトリックに分かれ・・・宗教改革によってカトリックに対するプロテスタントが生まれました。

ヨーロッパではカトリックとプロテスタントとなるわけですが・・・経済的に成功しているのはプロテスタント・・・その中でも”カルバン派”の人たちでした。

どうして・・・??
そこに資本主義の精神と宗教的倫理があるのでは・・・??
厳格なプロテスタント”カルバン派”の考え方が、資本主義の精神を形作るうえで重要な役割を果たしていることに気付いたのです。

”カルバン派”は神様は絶対的な力を持つと考えます。
神は世界を造り、やがて世界を壊す力を持っている・・・。
その神によって造られた人間は、天国に行くか地獄に行くか・・・すべて最初から決められているという考え方です。

キリスト教(ゴッド)、ユダヤ教(ヤハウェ)、イスラム教(アッラー)・・・言語が違うだけで、神はすべて・・・同じです。
どちらも考え方としては・・・
人間は、死んでも世界の終りが来るまで地下で待つ・・・
やがて世界の終りが来ると、死者たちは蘇えり、ひとりひとり神様の前に引き出され、最後の審判を受け、天国か地獄に行く・・・。
生きている間に善行をすれば天国に・・・
悪いことをしていれば地獄に・・・
ですが、カルバン派は違うのです。
そして・・・心の救いを求め・・・
「自分が天国に行ける」という確証を得るために、一生懸命働いて・・・成功すれば、天国に行けるメンバーに入っているのだろう・・・と思うのでした。

神さまから与えられた仕事を天職と思い、その仕事に打ち込むようになったのでは?と、ヴェーバーは考えたのでした。


ユーロ危機の時、経済的に危機に陥った国々を、PIIGS・・・
P・・・ポーランド
I・・・・アイルランド
I・・・・イタリア
G・・・ギリシャ(ギリシャ正教)
S・・・スペイン
これには宗教的な共通点・・・カトリックの国・・・プロテスタントではありませんでした。
やっぱり、ヨーロッパでは、プロテスタントの方が経済的に発展している??

プロテスタントは、ヨーロッパで迫害を受けると・・・
新天地・アメリカ大陸に向ったプロテスタント。
ヨーロッパから移り住んできたプロテスタントたちの作った国がアメリカです。
アメリカでは、プロテスタントの考え方が定着しているのです。

そんなプロテスタントの人たちがアメリカ経済を発展させ・・・
世界一の強大国になったのです。

プロテスタント・・・カルバン派の考え方で、現代の資本主義は発展した。。。
宗教によって、経済の発展の度合いが変わっているのです。

さぼるのではなく、常にこの世で神の栄光を実現するためにひたすら働き続ける・・・。
富を蓄積し、投資し、さらに豊になる・・・。
つまり、”富の絶対化”なのです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

池上彰の社会科教室 (1) (池上彰の社会科教室 1)

新品価格
¥2,160から
(2014/11/27 16:24時点)

そうだったのか! 朝鮮半島 (そうだったのか! シリーズ)

新品価格
¥1,944から
(2014/11/27 16:26時点)

ここがポイント!! 池上彰解説塾 1

新品価格
¥1,080から
(2014/10/28 15:15時点)



リーマンショックとは???

キーワードは、債権の証券化です。

リーマンショックは・・・
2008年にアメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザースが経営破たんしたことに始まります。
もともとリーマンという3人のユダヤ人兄弟がドイツからアメリカに来て会社を興しました。
そして・・・金融業界に乗り出したのです。

2007年にアメリカで住宅バブルが崩壊しました。
ローンの焦げ付きが原因です。
これによって、金融業界に不安が広がり、リーマン・ブラザーズの前にも「ベア・スターンズ」という証券会社が経営破たんしています。

小さな金融機関は、経営状態が悪くなると大手の金融機関がまるごと買収して救済しますが・・・リーマン・ブラザースは大きすぎたので、買収できなかったのです。

あんな大きな証券会社ですら潰れてしまった・・・
他の証券会社、投資会社は???金融機関は???

公的資金を使って救済する???

その公的資金を使うことを政府が否決した結果・・・
翌日からニューヨーク株式市場の大暴落が起こったのです。
奈落の底に落ちる経済・・・
それにびっくりした議員たちは救済法を成立させますが、時すでに遅し・・・
世界中に広まってしまいました。

つまり、リーマン・ブラザーズが潰れたからではなく、潰れた後処理をきちんとできなかったことが世界経済の不安定をもたらしたのです。

1929年ニューヨーク株式市場の株価大暴落のときも、その直前にアメリカでは住宅バブル・住宅ブームがありました。
住宅バブルがはじけたことで株価の大暴落が起きたのですが、この時は、共和党のフーバー大統領で・・・
民間に政府は口出ししない・・・という方針だったので、深刻化していったのです。
フーバー大統領の共和党に対する不満が高まって・・・
そして、民主党のルーズベルトが大統領となり、ニューディール政策が行われたのです。

このリーマン・ショックも、2008年ブッシュ大統領の共和党のもとで深刻化し、アメリカ国民は、共和党ではダメだ・・・民主党でなければ!!ということで、民主党のオバマ大統領が当選したのでした。

次のバブルが2020年の東京オリンピック???

日本の場合は、証券会社と銀行の二つに分かれていますが、アメリカの場合は、証券会社・投資銀行・商業銀行の3つに分かれていて、リーマン・ブラザーズは、このうち投資銀行に当たります。
この投資銀行は、一般の預金者からではなく、金融のプロからお金を集めて運用します。

リーマン・ブラザースがやっていたのが債権の証券化・・・サブプライムローンです。
が・・・
”普通なら借金できないような人にも高い金利でお金を貸します!”という考え方です。
つまり、クレジットカードで払えなかったり、住宅ローンを返せなかった人に対しても高金利で貸そうという仕組みなのです。

マイホームを諦めていた人たちが住宅ローンを借りてマイホームを建て始めました。
需要と供給で、土地の値段が上がり、その土地を担保にすればより多くのお金を借りることができるようになります。・・・
住宅ブームがおきてきました。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。



にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

(042)世界史で読み解く現代ニュース (ポプラ新書)

新品価格
¥842から
(2014/10/28 15:16時点)



池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇

新品価格
¥1,620から
(2014/10/28 15:16時点)










このページのトップヘ