日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:松下村塾

奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新 (落合秘史)

新品価格
¥1,944から
(2015/7/4 14:37時点)



赤禰武人・・・長州の奇兵隊第三代総督をつとめた男・・・
「不忠不義の至り」と断罪されて刑死しました。
冤罪だという声もあるにはありましたが・・・長く捨て置かれてきました。

kane
こちらが本人です。

akane


花燃ゆでは、阿部亮平さんが演じてくれています。

こんなに笑っていますが、実は、いわゆる奇兵隊の闇を一人で背負ってくれています。




柱島の島医師・松崎三宅の次男に生まれたといわれています。
15歳の時に妙円寺の僧侶・月性に学び、月性の紹介で浦靱負の郷校である克己堂で学びます。

1856年、15歳の時に短期間でしたが松下村塾で学びました。
その後、長州藩重臣浦家の家老・赤禰雅平の養子となり、陪審ながら武士の身分を手に入れ・・・梅田雲浜の望南塾に入塾します。

安政の大獄で捕縛されるものの、釈放され帰郷。
その後、吉田松陰らに相談し江戸において雲浜の救出を試みるが失敗、藩から謹慎処分を受けています。
1862年4月に謹慎が解かれると、松下村塾メンバーと共に尊王攘夷活動に・・・。
英国公使館焼き討ち、下関戦争に参加、その後、第三代奇兵隊総督となります。

1864年の第一次長州征伐のあと、藩内の幕府に俗論党(椋梨藤太・恭順派)VS正義派(奇兵隊などの主戦論派)の融和を図ろうとしますが、それが二重スパイの疑いをかけられることとなり、いろいろあって高杉らと対立するのでした。
ようやく奇兵隊を残すこととなったのに、高杉晋作またもやの暴走!!

武人は、同志から俗論派のスパイ、裏切り者と疑われ・・・そのせいで脱藩して大坂に逃走!!
その後も、一人で長州藩を何とかしようと頑張りますが、長州藩士に捕縛されて・・・
山口に送られるも、一度も詮議されることなく・・・
「奇兵隊総督当時に、馬関戦争に於いて敵前逃亡した罪」によって斬首され、首級は、出合河原に晒され・・・むごい最期を遂げるのです。

武人の獄衣の背には・・・

「真は誠に偽りに似 偽りは以って真に似たり」

と書かれてありました。

その死に山縣狂介(有朋)が関わっていたという説もあるのですが・・・この花燃ゆではどう描かれるのでしょうか??
もしかして描かれない???

奇兵隊は、上下の関係のないフラットな集団みたいな感じがします。
が・・・本当はそんなことは全くなく・・・
変な言い方になりますが、武士という”くくり”のない集団。。。
粛清に粛清を重ねた新選組の方が、当時の荒くれ者を管理するのには当たり前な感じがします。

もしかすると、闇の部分はこの赤禰武人が全部持って行ったのかもしれません。。。


奇兵隊150年 奔走する幕末最強集団はこちら

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像 (集英社新書)

新品価格
¥821から
(2015/7/4 14:37時点)

吉田松陰と高杉晋作の志 (ベスト新書)

新品価格
¥864から
(2015/7/4 14:39時点)


「志」が人と時代を動かす! 吉田松陰の人間山脈 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥961から
(2015/5/29 21:17時点)


松下村塾メンバーの中で・・・高杉晋作・久坂玄瑞・吉田稔麿と共に「松下村塾の四天王」といわれる男、入江九一です。


kuiti















要潤さんが演じてくれています。
が・・・この「よ」の写真を出して良かったのか・・・??

だって九一は・・・寡黙で・・・「誠に才知これあり、忠義の志厚く感心のもの」と松陰から高く評価された男だったから。。。こんなおちゃらけていいの・・・??

萩藩の足軽・入江家の長男として萩で生まれた九一は・・・13歳で藩の下役に就きます。
松下村塾に足を突っ込んだのは、21歳の時。。。弟の和作(野村靖)も松陰の門下生でした。

松陰が獄に投じられると、松陰の指示を受けて弟一緒に奔走します。
が、松陰の”老中・間部詮勝暗殺計画”の実行隊として・・・藩に投獄されてしまいました。

kuiti3













松陰死後も獄にとらわれ続けますが、玄瑞の指導で勉学に励みます。
釈放されたあと・・・玄瑞のもと、村塾メンバーの中心となっていきます。
その後、藩から尊王攘夷の志を賞賛され、士分の待遇へ昇格。姓も許されます。

その年、晋作の「奇兵隊」創設に加わり、参謀となり、その後も国事に奔走し・・・
1864(元治元)年、萩藩の復権を目指した「禁門の変(蛤御門の変)」では上京藩士の幹部として活動、参謀を務めましたが、戦の中で重傷を負い、公家の鷹司邸で自刃。満27歳でした。

kuiti2
志士として・・・その後の活動が期待されていたのに、志半ばで無念の死を遂げた志士のひとりです。

これから中心メンバーとして目立ってくるのかしら??
でないと、玄瑞と一緒に死んじゃうから・・・出番が・・・!!


と、もっと目立ってもいいキャラクターの入江九一なのです。
ドラマでは、まだ・・・いえいえ、全く存在感なしなんですけど・・・。
なので、今後、どんなふうにお話に絡んでくるのか気になりますね。


楽しみにして待ちましょう。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

吉田松陰門下生の遺文―襖の下から幕末志士の手紙が出た

中古価格
¥1,290から
(2015/5/29 21:18時点)

松下村塾の人びと―近世私塾の人間形成

新品価格
¥7,020から
(2015/5/29 21:19時点)

吉田稔麿 松陰の志を継いだ男 (角川選書)

新品価格
¥1,836から
(2015/5/27 05:44時点)



吉田稔麿・・・普通の人にはあんまり馴染みはないかもしれませんが・・・
新選組好きにはたまらない宿敵です。

tosimaro

この人も、とがったイメージがありますが・・・
「花燃ゆ」ではかわいい瀬戸康史くんが演じてくれています。

個人的には(↓)こちらの狂気な稔麿さんのイメージが強いのですが、ま、こちらはマンガ・アニメですから・・・。


tosimaro2















実際には瀬戸君の方がホントなのかもしれません。

名は栄太郎⇒23歳の時に稔麿と改名しました。
高杉晋作、久坂玄瑞、そして吉田稔麿を称して松陰門下の三秀(入江九一を入れて松下村塾 四天王)と呼ばれています。


吉田稔麿は、萩藩松本村新道に足軽・吉田清内の嫡子として生まれました。
安政3年11月、松陰主宰の松下村塾で最初の塾生である増野徳民に連れられ、松下村塾の門を叩き、門下生となります。
なので、松下村塾初期メンバーの一人です。

松陰は・・・特に親愛の情を示した稔麿には「無逸」という字(あざな)を付け、同じく「無」がつく字を付けられた増野徳民、松浦松洞と共に「三無生」とも言われています。
無駄口を利かず、謹直重厚な人物でした。

松陰は稔麿を「足下の質は非常なり」「才気鋭敏にして陰頑なり」「久坂玄瑞の才能は自由自在で妨げるものは何もない。高杉晋作は陽頑、つまり頑固さが表に出るが、稔麿の陰頑というのは、心に秘めた強い意志を持っている。それは人により安易に動かされるものではない」と高く評価したといいます。

ドラマでもそうでしたが・・・松陰に下獄の命が下されると、家族・親族一門を守るために師の元を離れました。松陰が江戸送りになるときも、合わせる顔がないと・・・隣家の塀の穴から見送ったとの逸話が残されています。

松陰死後も、暫く志士としての活動を控えていたものの、脱藩、京で行なわれた松陰の慰霊祭にも参加するようになります。

文久3年(1863年)6月、高杉晋作の創設した奇兵隊に参加。
7月には「屠勇隊」を創設。
8月の朝陽丸事件(幕府の軍艦を襲撃)では始末を任され、烏帽子・直垂姿で船に乗り込み、説得に成功します。

彼の名前が轟くのは・・・元治元年(1864年)6月5日の池田屋事件。
池田屋の会合には稔麿も出席していましたが、一度屯所に戻るために席を外します。
 しばらくして戻ると新撰組が池田屋の周辺を取り囲んでいて・・・吉田は奮闘の末、討ち死にするのでした。

 最近の説では、長州藩邸に戻っていた吉田が脱出者から異変を聞き、池田屋に向かおうとするも加賀藩邸前で会津藩兵多数に遭遇し討ち死にした、とも・・・
池田屋で襲撃を受け、事態を長州藩邸に知らせに走ったが門は開けられる事無く、門前で自刃したという話もあります。
稔麿の最期については諸説ありますが、それだけ魅力的な人物だったのでしょう。

ドラマとしては、今はあんまり出番はないですが・・・また帰ってきますよ。
お楽しみに。。。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

池田屋事変始末記 吉田稔麿の最期 (新人物文庫)

「志」が人と時代を動かす! 吉田松陰の人間山脈 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥961から
(2015/5/27 05:45時点)

会津藩VS長州藩 (ワニ文庫)

新品価格
¥741から
(2015/5/9 10:07時点)



GWを挟んで久しぶりの「花燃ゆ」更新です。
お話は前半のクライマックス・・・いよいよ松陰が江戸に送致となります。。。

hana4

















玄瑞が萩に帰ってきました。
ホッとしたものの、寅次郎の一件で文は気が動転していて・・・
書物を探し出しました。

「兄上を元の姿に戻す本が、このどっかに・・・きっとあるはずです!!
 旦那様となら、きっと見つかります!!」

違和感大有りの発言・・・
手元にある本を読んであの頭になったのですよ・・・たぶん。。。
戻ったばかりの玄瑞は、優しく一緒に探してくれます。
ここも違和感・・・。
現代風な対等夫婦に書かれているようなところが、違和感なのかなあ。。。
当時の夫は、こんなに優しかったんだろうか・・・
それとも、文の気がきつかったのかしら・・・

”吉田寅次郎御吟味の筋、これあり!!”

江戸からの召喚状が、長井雅樂によってもたらされました。
小田村伊之助も、周布政之助も、高杉晋作も・・・みんないろいろ頭をよぎります。
寅次郎の命・・・藩の行方・・・

兄・梅太郎によってこの事は、寅次郎の耳にも入りました。
どちらかというと・・・寅次郎は清々しいような気持に見えます。
「江戸送りの段、謹んで承りました。
 ありがとうあんした。」
 ひとつだけお願いがあるんですが・・・」
自分の肖像画を描いて欲しいという寅次郎。

まるでお別れのようじゃね・・・
と、杉家の女たちはまたもやお目出度い。。。

叔父上や父上は・・・その意味が解っているようで・・・
じたばたする文・・・寅兄の方が見苦しいという文。。。
そうか・・・??

ここら辺の脚本が、浅はか・・・??

「われらは・・・われらを生きねばならん・・・ 
 たとえ・・・寅次郎を亡くしたとしても・・・」by百合之助

そうだよね・・・その意見の方がまっとうなんだと思う。
当時の武士の世界では、理不尽な死に方をした人なんてたくさんいたと思うのです。
寅次郎のように、老中暗殺なんかを考えているなんて・・・本人はもとより、藩もお取り潰しなんじゃないの・・・??って思うのです。
文一人がどうすることもできないし、その”じたばた”よりも、”いさぎいい”のが武士なんじゃないのかな・・・??

そして・・・あの肖像画が描かれるのでした。

syouin
野山獄では・・・心も決まったのか、江戸で幕府の者たちを前に、自分の意見を・・・思うところの全てを言えることの喜びに打ち震えている寅次郎・・・。

草莽崛起・・・思う存分主張できる・・・!!

家族のもとへ一度返してほしいと伊之助のもとに頼みに行く梅太郎と文・・・
でも、許してはもらえず・・・
でも、主人公・文と、野山獄の番・福川犀之助のおかげで帰ってきました。


文目線で書かれていますが・・・この事については、長州藩もほんと、心配だったようです。
だって、江戸に行って寅次郎が何を主張するのか・・・ドキドキ・・・そこが心配だったからです。
最悪の場合は・・・藩のお取り潰し・・・
長州藩としては、このままひっそり野山獄につないでおくのが一番いいと思っていたかもしれませんね。

兄・寅次郎を迎えに来たのは、兄を憎んでいた寿でした。

「旦那様の言いつけでございます。
 杉家には、すでに知らせが行っております。
 皆、首を長うして待っております。

 兄上の妹であることが嫌でした。
 兄上を誇りに思えと迫る父上も母上も叔父上も文も・・・何もかも大嫌いでした!!

 ・・・小田村に嫁がせてくれたんは、兄上でした。」by寿

お・・・良いですね、このシーン。。。寿。。。
自分の子供を兄・寅次郎に見せ・・・ここで別れるという。。。
いつも思っていたのですが、この寿の感情が普通だと思うのです。
きかん坊な兄・・・どむならな兄なんですから。。。

杉家に帰ってきた寅次郎・・・
家族との何気ない時を過ごす寅次郎がそこにはいました。

hana3













「長崎から帰った時も、脱藩してこっそり萩に戻った時も、こうして流してあげましたね。
 ・・・
 今度はどねえな話を聞かせてくれるんだろうねえ・・・
 江戸で流行の芝居の話やろうか。。。
 粋じゃという火消の話・・・そうそう、女子の話もそろそろ聞きたいもんじゃねえ・・・
 聞かせてくれますね。。。」

「・・・・・・・・・・・・はい・・・必ず・・・必ずお聞かせいたします。
 それまでどうぞ・・・末永く達者で。。。」

本当は、涙、涙のお別れ感動シーンなんですけどね。。。
なんで泣けないんだろうか・・・滝さんのせいなんだろうか。。。

でもって・・・
hana2













「お話があります。。。」と、寅次郎を逃がそうとする文。。。
そうなることで、杉家や福川殿、ひいては徳川幕府に対する長州藩の立場・・・何にも考えていない文なんです。
これは・・・ちょっとねえ・・・
今風過ぎるというか・・・
当時は個人というよりも、もっと主君や家を大事にしたと思うんですよね・・・。
私が少女漫画が嫌いなのは、タイタニックみたいに、自分や恋人が助かる為に全てを正当化しているようなところなんです・・・。
どちらかというとこの時代、少年漫画のように大義名分のために戦って・・・
女性はそれに従っていたと思うのですが・・・私が男尊女卑過ぎるんだろうか・・・。

で・・・けっこう蚊帳の外だった玄瑞も、最後のお別れをするのでした。
そして・・・塾生が寅次郎を囲んでの講義が始まるのでした。

不安だ・・・寅次郎がいなくなって・・・どうやってこの作品の芯が・・・ぐだぐだになっちゃいそう

野山獄へ戻って・・・高須久子との別れ・・・
私は私でいられるじゃろうか・・・
ここが弱い寅次郎なので、一番人間らしかったかもしれません。

高須久子の事は同志??とも言われています。
なので、心を許せる人だったのかもしれませんね。

1858年5月25日・・・寅次郎が萩を立つ日は雨となりました。
    
寅次郎が移送中の画像と共に・・・??楽しくお食事中の杉家が・・・
早くね??と思いつつ・・・そうだ・・・あの杉家の違和感はここだったんだ・・・と確信しました。
そう・・・だれも泣かないし、取り乱さない・・・”せわあない”とニコニコ精神がおかしいんだ・・・!!

普通、息子が江戸送致なんかになったら、顔で笑っていても苦しんでもがいている風がもっと書かれてもいいのに・・・。
いつも笑っている仮面家族っぽいところだったんだ・・・。


「帰らじと
   思ひさだめし旅なれば
     ひとしほぬるる 涙松かな」by吉田松陰

そして・・・いよいよ井伊と対決です!!

ほんと・・・寅次郎が死んじゃったらどうなるんだろう・・・このドラマ。。。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

幕末・明治時代(日本史) ブログランキングへ

日本を超一流国にする長州変革のDNA (双葉新書)

新品価格
¥896から
(2015/5/9 10:07時点)

高杉晋作と長州藩―維新の大業を成した時代の寵児を超ビジュアルに解説 (双葉社スーパームック CG日本史シリーズ 19)

新品価格
¥1,008から
(2015/5/9 10:08時点)

吉田松陰――久坂玄瑞が祭り上げた「英雄」 (朝日新書)

新品価格
¥778から
(2015/4/6 08:37時点)



幕末の思想家・吉田松陰。
松陰が主宰した松下村塾には、日本を切り開いた人材がたくさん集まっていましたが・・・
その中でも、松陰が後継者として期待をかけ、天下の英才とまで言わしめたのが久坂玄瑞です。

kusaka

諸外国を武力で打ち払おうという攘夷運動・・・若き志士たちを牽引する久坂・・・が、関わったのが、京の街の2/3を焼き尽くし、幕末動乱の火蓋を切った禁門の変です。
御所に向かって発砲する・・・この大事件の裏には、久坂の大きな決断がありました。


萩・・・1840年久坂玄瑞は、藩医の三男として生まれました。
15歳で両親や兄弟を相次いで亡くし・・・天涯孤独の身となりました。
家督を継いで医者の道に進むことに・・・
その頃の日本は、西欧列強から開国を迫られ・・・鎖国が終わろうとしていたのです。
このままでは列強に屈して・・・植民地化となってしまうのでは・・・??


久坂は・・・

「わが胸の中にあるのは、病人をなおす処方ではない。。。
 天下を治療する処方である。」

17歳の時に、松陰の噂を耳にします。
国禁を犯し黒船に乗り込もうとした松陰の考え方は・・・
西欧列強に立ち向かうためにはまず、敵の事を知るべきだ!!という革新的なものでした。
松陰に共感した久坂は・・・松陰に手紙を書きます。
しかし・・・異人を斬るべし!!と、書かれた久坂の手紙に、松陰は反対をします。

「アメリカの使節を斬るのは、和親条約締結前だったら良しとされる
 だが、今となっては遅いも遅い、考えが浅いとはこの事である。」by松陰

屈辱的な返信でした。

翌年・・・松下村塾を始めた松陰・・・18歳の久坂も門下生となります。
塾は、武士や町人など・・・身分にかかわらず、松陰と議論を繰り広げました。
しかし・・・この恵まれた環境は・・・1年ほどしか持ちませんでした。

1858年幕府は天皇の勅を得ずに、5か国と不平等条約を結びます。
激怒した松陰は、幕府重臣の暗殺を計画します。
この事が発覚し・・・1859年10月27日松陰処刑されてしまいました。
享年29歳でした。
この死の間際・・・門弟たちに教えを残していました。
「草莽崛起」です。
草莽たちがこの国を変える・・・身分を越えて一つになること・・・それが松陰の理想の国家像でした。
久坂は、草莽として教えを実行する・・・!!と、逆賊となった松陰の墓に名前を刻んでいます。


kusaka3

















松陰の死から半年・・・久坂は行動に移します。
21歳で江戸に遊学。
それ以外にも、全国からの攘夷派の志士たちと会合を持っていきます。
松陰を政治運動のシンボルとしていきます。
外国と対等に渡り合うためにはどうしたらいいのか・・・??
長州藩だけではなく、日本国として対抗しなければ・・・!!
藩を越えるという考え方は、それまでにないものでした。
政治的な手腕に長けていた久坂・・・坂本龍馬も感化されています。

江戸で草莽の志士たちを増やした久坂は、1862年4月に政治の中心地・京都へ・・・。
目指すは朝廷へ・・・!!
目をつけたのは、攘夷派の公家・三条実美。
幕府に対して開国の方針を撤回し、攘夷の決行を促す建白書を書かせようとしたのです。
久坂が築いてきたネットワークは・・・長州藩・薩摩藩・土佐藩・・・。
三藩合同の請願書を提出し、説得に成功します。

2か月後・・・幕府に対して攘夷の決行を促す建白書が出されます。
朝廷の権威の前に幕府は・・・翌年5月10日に攘夷を決行すると宣言します。
攘夷決行の期日・・・長州藩は、関門海峡で外国船を砲撃!!
全国に先駆けて攘夷を決行します。

当時の政局は・・・朝廷の公家、幕府、雄藩(長州・薩摩などの外様大名)の3つがありました。
久坂たちが扇動し、日本は攘夷に傾いてきていました。
ところが・・・長州藩を危険視する声も・・・その急先鋒が、時の帝・孝明天皇でした。
孝明天皇は、この急進的な攘夷が、諸外国との戦争を巻き起こすのではないか??と、心配していたのです。
会津藩、長州を快く思っていない薩摩藩、公家たちを巻き込んで、長州追い落としの策を練り始めます。
1863年8月18日・・・八月十八日の政変・・・。
会津と薩摩の連合軍が、御所から長州藩を追い出します。
一夜にして政治の中心から排除されてしまった無念・・・
久坂は妻への手紙に綴っています。

「去十八日のこと、いかにも口惜しきはわるものども数千人
 きんりさまをとりまきそのうえ御国(長州藩)にてもちまもり候へし御門をも外の人に御預けになる
 いかにもいかにも ざんねん」

一刻も早く攘夷を推し進めたい久坂は、帝に嘆願しようと試みます。
しかし・・・朝廷や幕府に願出でても、帝への嘆願が受け入れられることはありませんでした。
久坂は高杉に対し・・・

「死力を以って尽くす心づもりだ」と手紙に書いて・・・。

久坂は、武力による政治交渉を行おうとします。

1864年6月・・・兵を引き連れて京都へ向かいます。
御所の周り・・・嵯峨勢、山崎勢、伏見勢・・・三方に分かれて・・・京都に残っていた兵も含めて2000・・・。
ここに、本体が合流する予定でした。
一方京都の守りは、一橋家、会津藩、桑名藩連合軍2500・・・勢力は拮抗していました。
一触即発の中、久坂は必死に御所への交渉を行います。
朝廷、幕府の会議は紛糾し・・・しかし、孝明天皇は、厳しい態度を貫きます。
長州を入京させないように幕府に指示したのです。

長州藩が布陣を布いてから3週間・・・この間に、幕府は諸藩に援軍を求め・・・2万人以上・・・。
幕府は盤石の体制となったのです。
7月16日・・・長州軍が撤退しなければ征討するという情報がもたらされます。
長州軍は・・・幹部20人ほどが集まって・・・男山・石清水八幡宮で最後の軍議を開きます。
久坂・・・どうする??
強硬する??
しかし、相手の兵力は10倍・・・
慎重策に出る??
この時、毛利定広が援軍8000を率いてきていました。
毛利家の血筋が上京する・・・この事は大きな意味がありました。
毛利家は、平安時代平城天皇の息子を源にしていました。
忠義も篤かったので、諸藩とは別格だったのです。
定広の到着を待つ??
しかし、援軍の到着はあと10日はかかる・・・。
幕府の攻撃は明日・・・??

どうする、久坂??

久坂が選んだ慎重策は・・・朝敵にならないように幕府の命令を受け入れる・・・??
しかし、来島又兵衛が反対します。
「若殿が来る前に、目の前の敵を排除する!!」by又兵衛
涙を流してそれを止めようとする久坂。

しかし、来島は全く聞く耳を持ちませんでした。
そして・・・最年長の真木和泉が・・・来島の主張を推したのです。
強硬策をとることになってしまった長州軍・・・

7月18日・・・。
出陣の準備が始まりました。
覚悟を決めた久坂・・・
7月19日未明・・・禁門の変・・・御所に向けて進軍しだしました。
ことろが・・・三方の兵の連携がとれておらず伏見勢は撃破され・・・。
嵯峨勢は・・・来島又兵衛が進軍・・・蛤御門まで攻め入ります。
そこを守っていたのは会津軍・・・。
鬼気迫る勢いで戦う来島軍でしたが・・・会津に援軍が!!西郷隆盛率いる薩摩軍でした。
来島は、薩摩の銃弾に撃ち抜かれて戦死。
隊長を失った軍は、勇敢に戦うも・・・結局は総崩れとなってしまいました。
残るは・・・久坂率いる山崎勢。。。
長州の配色が濃くなった頃到着・・・。
その近くには、攘夷派の鷹司家の屋敷がありました。
久坂は駈け入ります。天皇への直訴を願う久坂。。。
しかし、巻き添えを恐れる鷹司にその声は届かなかったのです。
幕府軍に囲まれた鷹司家には大砲が撃ち込まれ・・・火の手が上がってしまいました。
屋敷からあがった火の手は、北風に煽られて燃え広がります。
京の町の2/3を焼き尽くしてしまいました。

もはやこれまで!!

鷹司家で・・・責任を負って自害する久坂がそこにはいました。

この禁門の変で・・・大きく歴史が変わっていきます。
この失敗は、長州藩を存亡の危機へと追い込みます。

1864年8月・・・久坂が行った攘夷の報復として・・・四国艦隊が下関を砲撃。。。
長州藩は大敗を喫し、異国の力を思い知らされることとなります。
翌月には、朝敵となった長州藩に対し、幕府に長州征討の命が下ります。
進軍してきた幕府軍に対し、全面降伏するほか、術はありませんでした。

ここに・・・久坂が推し進めてきた攘夷運動は終止符を打つこととなるのです。

しかし、松陰⇒久坂へと受け継がれてきた「草莽崛起」の志は消えず・・・
久坂と松下村塾の双璧と謳われた高杉晋作によって奇兵隊が結成され実践していくのです。
高杉たちは、自分達を打ち負かした諸外国から武器を買い、富国強兵をすすめます。
そして・・・坂本龍馬を仲立ちとして薩長同盟を結ぶこととなるのです。
新しい日本を作るためには、古い幕藩体制を潰すしかない!!
最新鋭の武器で幕府軍を撃破していく長州藩。
討幕への道を切り開いていきます。

明治になって初めて国家を持つようになる日本。。。
そのスタート地点は禁門の変だったのです。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

高杉晋作と久坂玄瑞

新品価格
¥1,728から
(2015/4/6 08:38時点)

吉田松陰 「人を動かす天才」の言葉: 志を立てることから、すべては始まる (知的生きかた文庫)

新品価格
¥637から
(2015/4/6 08:38時点)

このページのトップヘ