日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:豊臣秀次

<戦国時代>悲運の傀儡関白 豊臣秀次の御放埓【電子書籍】[ 大野信長 ]

価格:103円
(2017/6/5 13:32時点)
感想(0件)



1595年7月15日、驚くべき大事件が・・・
高野山青巌寺の一室・柳の間で、豊臣秀吉の甥で政権No,2だった関白・豊臣秀次が切腹したのです。
「秀次事件」・・・通説では、秀吉に跡継ぎが生れたので、秀次はお払い箱となって高野山へ追放され、間もなく切腹したということになっています。
しかし・・・新事実が・・・??

1568年、織田信長が上洛を果たし、天下統一への足掛かりを掴んだその塗ぢに・・・尾張国大高村で秀次は生まれました。
幼い頃の名は治兵衛・・・両親は、苗字を持たない農民でしたが、やがて運命は一変・・・。
母親の弟が信長の草履番から異例の出世を遂げ、後に天下人となる豊臣秀吉でした。
一生、秀吉に翻弄される生活となります。

1571年、信長に、浅井長政との戦いの最高責任者を任せられた秀吉は、浅井家の重臣・宮部継潤を寝返らせるため裏工作に奔走!!
この時利用したのが、甥の秀次だったのです。
当時秀次はまだ4歳・・・子供のいなかった秀吉は、この甥を宮部家に養子として差し出したのです。
それは、宮部を裏切らないという証建ての人質でした。
この裏工作は成功し、宮部は織田に寝返り、浅井滅亡の引き金に・・・
秀吉は、秀次を実家に戻し・・・またもや三好に養子に・・・。
秀吉は、四国で勢力を拡大する長宗我部に対抗すべく、阿波の有力大名・三好家に接近。。。
秀次を三好康長の養子に出したのです。

さらに・・・本能寺の変で信長が死んだ後・・・清須会議でも秀次を利用。
「池田の娘をもらえ!!」と、池田恒興の娘と結婚・・・池田を味方につけたのです。
こうして秀吉は、清須会議で主導権を握り、天下統一に向けて大きな一歩を踏み出したのです。

1584年、秀吉は徳川家康と、小牧長久手の戦いで激突!!
この時、秀次は秀吉の恐ろしさを身をもって知ることに・・・
17歳になっていた秀次・・・秀吉の甥であるため、経験不足のまま一軍の大将に担がれ、合戦に臨んでいました。
羽柴秀吉軍10万VS徳川家康軍3万!!
ところが、戦は一進一退の膠着状態に・・・
そこで秀次は、池田恒興らとともに、1万6000の兵を率いて出陣!!
家康の領国・三河に向かいます。
しかし、家康に察知され、挟み撃ちに・・・激戦の末、義父・池田恒興をはじめ名だたる武将が討死・・・死者2500人・・・。
秀次大失態!!
秀吉は激しく怒り、敗北の責任をとる書状を秀次に送りつけます。

「わが甥であることを鼻にかけ、傲慢である!!
 一時は秀次を殺そうと思った
 今後行いを改めないようであれば、首を切る」

再び同じ失態を演じたら、秀吉は自分を見限るに違いない・・・!!
秀次は・・・それ以後、武功を治めるために、獅子奮迅の働きをします。
1585年四国攻めでは副将を勤め、1587年九州攻めでは京を守り、1590年小田原攻めでは豊臣軍の先鋒として出陣し、秀吉の信頼を得ていきます。
そして・・・秀吉の養子のひとりとなったのです。

秀吉の問題は・・・実の子がいなかった事・・・
そんな秀吉に吉報が・・・
1589年側室・茶々が、鶴松を出産。
秀吉、54歳の時でした。
秀吉の喜びようは尋常ではなかったものの・・・
1591年3歳で鶴松が夭折・・・。
だれに豊臣家を継がせる・・・??
秀吉の養子は7人・・・うち、血縁関係のある者は3人・・・
秀勝は、朝鮮出兵の際に病死。
秀俊は、のちに小早川家に養子。
残った血縁関係のある養子は秀次のみ・・・
秀吉は、24歳の秀次に関白の座を譲ります。
豊臣家の後継者は秀次だと、天下の宣言したのです。
とはいっても、関白・秀次は名ばかりで、太閤となった秀吉が、実質的最高権力者でした。
1593年8月3日、茶々が再び男子を出産しました。
後の豊臣秀頼です。
57歳の秀吉は秀頼を溺愛し、この子に豊臣家を継がせたい・・・というのが望みとなりました。
しかし、秀頼を後継者とするためには、秀次に譲ってしまった関白の座を取り戻さなければならない・・・
この子が大きくなって自分がいなくなった時、秀次はそれを許すのだろうか・・・??
この頃秀吉は、秀次に約束します。
「日本を5つに割り、そのうち4つをお主に与える・・・」
秀次は、秀吉が秀頼を後継者にしようと思っていることを悟ってしまいます。
自分は豊臣政権にとって何なのか・・・??
秀頼の誕生によって、秀次の運命は再び大きく変わることに・・・。

滋賀県近江八幡市を本拠としたのは、秀次18歳の時でした。
近江の5郡を任され、43万石の領主となった秀次は、琵琶湖の東岸に城を築きます。
八幡山城です。
原野だった土地を、安土や近隣から人を集め、一から城下町を作りました。
秀次の建設プランは画期的。
今もその道幅は変わらず、碁盤の目になっています。
城下町は、敵が容易に攻め込めないよう、道を複雑に作るのが常識でしたが、近江八幡は住民が生活しやすいように碁盤の目に作られたのです。
縦12筋、横4筋の整然とした街並みで、商人、職人たちは無償で住居を貸与され、楽市楽座の特権も与えられました。
軍事より経済を優先した秀次・・・。
その結果、近江商人が生まれ、町が発展していきます。
秀次は城を守るための堀にも別の機能を持たせます。
八幡堀は東西は琵琶湖に通じており、水路・運河としての役割をし、近江商人たちの物資の運搬に非情に役立ち、近江商人たちが発展していきます。
”琵琶湖を通る船は、八幡堀を通らなければならない”と定めたことで、町はさらに賑わいます。
秀次は、ひたすら領民のためのインフラ整備に努めます。
背割という下水溝も作らせ、生活排水を八幡堀に流れるようにします。
飲料水などの上水は、良質な水が湧く遠くの水源から地中に埋めた竹の管で引き入れました。
当時としては前進なシステムです。
”開町の祖”秀次なのです。
戦が終わったら国がどうあるべきか・・・その理想郷を作ろうとしていたのかもしれません。

その矢先に秀頼が生まれました。
頑張れば頑張るほど、秀吉にとって疎まれる秀次・・・。
1595年7月3日、秀次の住まいだった聚楽第に、突然石田三成ら3人の奉行がやってきます。
秀次に謀反の疑いがあり、取り調べに来たというのです。

秀次の噂・・・
鹿狩りに名を借りて山に入り、反秀吉一派と謀反のための話し合いを持った。
戦に備え、大将用の武具を用意していた。
身に覚えのない秀次は、誓詞を認めます。
”神仏に誓って自分は無実である
 謀反の疑いは、根も葉もないこと。”
取り調べから2日後・・・
伏見城にいた秀吉は、直接話がしたいと、秀次に登城を命じます。
秀次は、無実を訴えようと伏見城に登城・・・!!
そこで思わぬ事態が・・・!!
伏見城についても中に入ることさえ叶わず・・・。
秀吉は、秀次を呼んでおきながら、弁解を聞いてしまうと許してしまう・・・??と、面会しなかったのか・・・??
ここで二人が話し合っていれば、歴史は変わっていたのかもしれません。

秀吉は弁明の機会を与えないばかりか、追い打ちをかけます。
秀吉に拒絶され、高野山へと言われてしまいました。
7月8日、言いつけに従って、紀州の高野山へ・・・!!
7月10日、従者らと共に高野山へ到着。
ところが急転直下、7月15日、福島正則らが秀次の元を訪れ、三成ら五奉行の連書による秀吉の命を届けに来たのです。
「秀次に切腹を命じる!!」
切腹に追い込まれた秀次は、高野山・青巌寺・柳の間で、28年の短い生涯を閉じたのでした。

しかし、近年新しい説が・・・??
秀吉に対する復讐説です。
謀反の疑いをかけられた秀次は伏見城を訪れますが、秀吉に面会を拒まれ高野山行きを命じられますが・・・
自らの意志での可能性もあります。
どの資料にも、「追放」という言葉がありません。
あくまで秀次の意志による出奔・・・??
当時の高野山は、入ってしまえば俗世間からの死・・・政治の世界からは引退すると意思表示だったのでは・・・??
謀反の気持ちはない!!とのアピールだったのでは・・・??
運命の7月15日、高野山の秀次のもとに、福島正則がやってきますが・・・
その手紙の一人の名前が間違っており、もう一人は伏見にいなかったので署名できない者も・・・。
手紙の信憑性に欠けるのです。
事件当時の資料によると、秀次が切腹する3日前に書かれた文書には・・・
”秀次を高野山に住まわす”=禁固刑と、書かれています。
勝手に高野山に行ってしまった秀次を、秀吉は禁固刑にしたのでは・・・??
秀吉の命令は切腹ではなかった・・・??

また、切腹の場所は・・・青巌寺は、秀吉が生母・大政所のために創建した菩提寺。。。
秀吉にとって特別な場所でした。
ここで秀次が切腹・・・秀吉が母の菩提寺を血で汚す命令をしたのか・・・??
ではどうして秀次は切腹したのでしょうか??
秀次は早く許してほしいが、いつまで・・・??
自分の無実を証明するためには切腹しかない・・・??
秀次は無実を訴えるために切腹した??

真言宗の高僧・木喰応其の書によると・・・
「関白殿、十五日の四つ時に切腹
 無実だからこのようなことになった」
と書かれています。

さらに秀次の切腹にはもっと深い意味が・・・??
積年の秀吉に対する感情の爆発・・・??
幼いころから秀吉の重圧、ストレスの中で生きてきていました。
それが最終的に命を懸けた切腹を選ばせた理由なのでは・・・??

幼い秀頼の後見になれる自分が死ねば、秀頼は困るのでは・・・??
そんな反抗・・・復讐があったのかもしれません。

豊臣政権の不信感につながりかねないこの事件・・・
そこで秀吉はその懸念を拭い去るために・・・秀次は大悪人だったとすることにします。
高野山に葬られていた秀次を掘り起こし、謀反人として京の三条河原でさらし首に・・・!!
””院の御所 手向けのための かりなれば 
            これをせっしゃう かんぱくといふ”
という落首が・・・!!
正親町上皇の喪中にもかかわらず、関白は狩りをして殺生を行った・・・
その関白はもちろん秀次のこと。
秀吉の思惑通り、さらし首になった秀次は悪人のイメージが・・・!!
「摂政関白」となったのです。
そして切腹から半年後の8月2日、前代未聞の事態が・・・
聚楽第で生活していた秀次の妻子たちが市中引き回しの上、三条河原に集められました。
その数三十数人・・・
正室・一の台をはじめ・・・年齢も様々・・・少女から乳飲み子まで・・・
秀次の首を拝ませると、次々と殺していきました。

あまりの無慈悲な光景に、見物人は皆涙し、役人たちも目頭を押さえたとか・・・
遺体は無造作に穴にほうり込まれました。
穴を埋めるとそこには塚が築かれ、秀次の首を納めた石櫃が置かれました。
都の人は、やがてそこを「摂政塚」と呼ぶようになるのです。

どうして罪のない妻子まで・・・??
秀次の切腹は、豊臣政権にとって想定外の出来事でした。
これをそのままにしておくと、無実の訴えを豊臣政権が認めたことになってしまう・・・。
秀次の無実を信じる者たちが生き残っていると、復讐の大義名分ができてしまう・・・。
秀吉の死後、秀頼が対象になってしまう・・・。
また、聚楽第を破壊、堀を埋め、高く積み上げられた石垣を壊し・・・徹底的に壊したので、現在聚楽第の遺構は残っていません。

秀次に近い人々や物が消え去った・・・やっと秀次事件が終わったのです。
その3年後、秀吉は62歳でその生涯を閉じました。
秀頼は僅か6歳でした。
その後、徳川家康が台頭し、政権トップの不在が関ケ原の戦いを招きました。
もし、秀次が生きていれば・・・家康は天下をとれたのでしょうか?
豊臣家滅亡のカウントダウンは、秀次の自害から始まっていたのかもしれません。




↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

関白秀次の切腹

新品価格
¥1,080から
(2017/6/5 13:33時点)

落日の豊臣政権: 秀吉の憂鬱、不穏な京都 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,836から
(2017/6/5 13:34時点)

落日の豊臣政権: 秀吉の憂鬱、不穏な京都 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,836から
(2016/9/8 14:10時点)



関白・秀次の死の後、秀吉は伏見に政治の拠点を移す。
大名たちも伏見に移り、心機一転を図ったが、
それはさらなる異変の前兆でもあった。



maru













真田信繁は、秀吉の肝いりで大谷吉継の娘・春を性質に迎えました。
これで、大谷吉継とのパイプが繋がったわけで・・・
当時の婚姻とはこんなもの。
武家の場合、家と家を繋ぐものが多かったのです。
お兄ちゃん(信幸)もそうですしね。
でも、この場合、秀吉の肝いりということで、秀吉に忠義を尽くさなければならなくなりました。
なので、秀吉側もお世話をするのもお仕事なのです。

maru2












で・・・息子たちは聞きたいことが・・・
母・薫の出自です。
菊亭晴季卿の娘だと聞かされていましたが・・・??
父によると、娘ではなく侍女だったのです・・・!!

そう・・・こんな片田舎に来てくれる公家などいなかったのです。
って、これは、この二人の兄弟にはかなりショック!!
当時は今以上に、母の位がモノを言いました。
きっと菊亭晴季卿の孫!!っていうプライドがあったと思うんです。
母の位が低いと子に出されましたからね・・・。
なので、すごくショックなはずです。

maru3













母・薫に挨拶する春・・・
そんなことは知らずに自分が菊亭晴季卿の娘だと自己紹介する薫・・・
その薫を受けて・・・

「晴季卿は流罪、親類縁者に至るまで、ことごとく罰せられたと聞きました。
 よくぞ御無事で・・・!!」by春

「早く嫁に出されたのが良かった様じゃな。」by薫

これは何のことかというと・・・前に、関白・秀次の妻の父が菊亭晴季卿だという話が出ました。
実は、菊亭晴季卿は、秀吉の関白就任に尽力した男です。
で・・・もっと勢力の拡大を図り・・・秀次に娘を娶らせていたのです。
つまり・・・秀次に嫁いでいた晴季卿の娘も斬首されているのです。
そう思うと・・・公家の女子供まで・・・となると、やっぱり無残かも・・・??
でも・・・侍女も殺されてるからさあ・・・
「早く嫁に出されたのが良かった様じゃな。」by薫
は、当たっているのでしょう。


その頃秀吉は・・・

maru4













老いとは恐ろしい・・・
おねしょをしちゃったようです。
そんなこんなも三成&信繁で処理です。

maru5













お髭が無くなっていることに気付く信繁・・・
先月から付け髭にしたそうです。

ま、もともと薄いんですけどね、秀吉。

「殿下が心配です。
 近頃同じことを何度も言われる。」by信繁

「昔からだ。
 お怒りになると、ご自分を制することが出来なくなる。
 それも今に始まったことではない。
 私はお主よりずっと長く、殿下にお仕えしている。
 変わりようは誰よりもわかっておる。」by三成

しかし・・・三成の顔は冴えない・・・。

「拾が元服するまでは、関白は置かぬと決めた。
 それまでは、お前たち奉行衆が相談の上、政を行え。」by秀吉。

maru7













その頃・・・おねは秀吉の大好きな生煎餅を作っていました。
元気のない秀吉&きりも元気づけてくれるようですよ。

その頃・・・信幸に、昌幸パパが遊郭に行っているのが発覚!!
そこへ大工の吉蔵を探してきりがやってきました。
何を取りに・・・??

maru10













これをガラシャ様に・・・!!

で・・・ついでに薫に会いに来たきり・・・
普請場に昌幸パパがいなかったことを話しちゃいました。

そうそう、こんなところに・・・

maru12













そして・・・昼間から太夫と遊ぶ殿を見たくない・・・昔の殿はどこに行かれた・・・と、嘆く出浦昌相。。。

その頃太閤殿下は家康に・・・。

「わしは政の仕組みを考え直す時が来たと思っておる」と、相談。

三成には拾が元服するまで関白は置かぬ・・・それまではお前たち奉行衆が相談の上、政を行え・・・と言っていたのに・・・

「わしが隠居した後も、拾が元服するまで関白は置かぬつもりだ。
 政は徳川殿を要とした大名たちの合議で進めていって欲しい。」by秀吉。

maru8













???な、三成です!!
言ってたことと違うじゃないの・・・!!??

「かしこまりました。」by家康

「拾のこれからは、徳川殿、そなたにかかっておる!!
 どうか、頼みますぞ!!」by秀吉

何かが違う・・・??


その頃、きりはガラシャの元へ・・・

maru11













吉蔵の作ったクロスをもって・・・。

真田では・・・詰問される昌幸パパ!!

maru13












父上が仕事もせずに、女のところに行っていたのではないのか・・・!?
逃げ出す出浦昌相・・・。

もちろん、普請なんかしてない昌幸パパ・・・伏見城が平城だったことに初めて気が付いた模様。

maru14












やっと立ち上がりますよ!!
難攻不落の城を造るために・・・!!

そして・・・秀吉は・・・家康を呼び出し・・・
またもや徳川を中心とした大名の合議で行ってほしいという。
これで二回目・・・。

自分の意見に満足している秀吉。
同じことを二度も言われてびっくりする家康。
そして・・・苦虫をかみつぶしたような三成・・・。


どうして2回も言われたのか・・・??
急かされたのか・・・??と、不審に思う家康に、はぐらかす三成。。。

殿下が危うい事を、誰にも悟られてはならない・・・!!
殿下から目を離さないように・・・。
吉継にそう命令される信繁。。。
そんな吉継も、体調が思わしくないよう・・・。

伏見城・・・昌幸の作ったジオラマが完成しました。
完ぺきに・・・見事な守り!!
完ぺきな城を造りたくなったと思う昌幸。。。
生き生きと・・・しかし、考え方が変わってきたようです。
そして、子供のできた信幸。。。しかも二人!!
生き方・・・そして世代が変わりつつあるようです。


またもや徳川殿を呼べという秀吉・・・
政は徳川を中心とした合議で・・・と言い出しました。
三成は・・・そのことは既に徳川も了承済みだと秀吉に報告します。

殿下がすでに命じたこと・・・しかし、その前に、三成ら奉行衆で行えと言ったことも・・・!!

頭が真っ白になってしまった秀吉・・・自分の老いをまざまざと見せつけられてしまいました。。。
慰める信繁。。。


「捨が元服するまでは生きていたいんじゃ。。。
 ただ、生きているだけではいかん!!
 捨がわしのようになりたいと思う、そんな父親であらねばならん!!
 死にとうない・・・死にとうない・・・!!」

maru15













何もないところから、何もかも手に入れてきた秀吉・・・やっぱり最後に行きつくところは不老長寿・・・!!
老いには勝てないのか・・・!!

老いてきたと心配する三成に・・・
「あなたたちが何もかも押しつけとるからでにゃあですか!!」byおね
一喝されてしまいました。
そうですね・・・この豊臣子飼いがしっかりしていればねえ・・・
ほんと、秀長・・・秀次・・・次々とな亡くなっちゃって、っていうか、秀長は病気だから仕方ないけど、秀次はどうにかできたんじゃないかと悔やまれます。。。

元気が出るように、拾との接触を増やそうという三成ですが・・・
茶々に拒否られてしまいました。。。

「拾に太閤殿下の置いた姿を見せたくないのです。
 拾にとって、思い出の中の父親は、権威に満ちた天下人でなければならないのです。
 老いさらばえた、惨めな菅田など見せたくありません。」by茶々

「お気持ちはごもっともながら、殿下の御心をお察しくださ・・・。」by信繁

「察したうえで申しておるのです・・・!!」by茶々

ああ・・・厳しいですね・・・
やはり、このお方も高貴な姫なのでしょう。。。そう、織田の誇りを、浅井の誇りを受け継いでいる女なのです。


近い将来・・・この世はどうなっていくのでしょう・・・??
弟に問いかける兄・信幸。。。
豊臣の世は続くのか・・・??

そうして・・・真田兄弟はどうする・・・??

信幸は・・・わからないと言いながらも・・・
「俺は徳川の婿だ。
 もし世が乱れて、その時徳川につくことが真田を利するならば・・・
 俺は迷うことなく徳川につく!!

 源次郎・・・お前はいささか豊臣家に深入りしすぎたようだ。
 お前は真田家のために太閤殿下のおそばにいるのだぞ。
 それを忘れるな・・・!!」by信幸

「かしこまりました。」by信繁

「もう一度尋ねる・・・殿下のお具合はどうだ。。。?」by信幸

「何も変わったところは義ざいません。」by信繁

ああ・・・二人の兄弟の決定的な瞬間です。。。
お互いがお互いに・・・袂を分かってしまった瞬間でした。


文禄5年6月27日。
京、大坂、堺一帯に原因不明の灰が降った・・・
人々は天変地異の前触れではないかと恐れた。
そして・・・

maru16












閏7月13日未明・・・
マグニチュード8ともいわれる大地震が伏見を襲った。

余震の続く中・・・昌幸が真っ先に向かったのは伏見城でした。

この地震によって完成間近の伏見城は天守が倒壊・・・位置から造り直しとなった。


ということで・・・天変地異が・・・自然もわかっているんですね・・・。
政権の終焉を・・・!!


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

清須会議

新品価格
¥400から
(2016/9/8 14:10時点)


<豊臣秀吉と石田三成>「奉行派」の真の実力 (歴史群像デジタルアーカイブス)






関白秀次の切腹

新品価格
¥1,080から
(2016/9/1 15:08時点)



拾の誕生によって、関白秀次は居場所を失う。
追いつめられた秀次は、関白の座を放棄するという前代未聞の行動に出た。

受難・・・誰の受難・・・??もちろん、秀次の受難でしょう。。。

何もかもが嫌になって・・・すべてを放り出してしまった秀次・・・。
きりに説得されるも、どうしても太閤に弁明できない秀次・・・。

その頃、聚楽第では上を下への大騒ぎ!!
って、もちろん、秀次がとんずらしたことは内密に、信繁たち中での大騒ぎ!!
伏見の大谷吉継の耳に入れるため、出発するという信繁。。。


maru1












その頃、昌幸パパと信幸は、太閤に命じられてた城普請!!
弟のお情けで官位をもらったと・・・官位を返上したい信幸ですが・・・。
それよりなんか考えでもあるのか、自分が任された城普請を信幸にさっさと預けてどっか行っちゃいました。
何を想う・・・??信幸パパ!!

大谷吉継の元へやってきた信繁・・・
朝鮮から帰ってきて・・・吉継は調子が悪いという・・・。

「心当たりがある。。。」と、大坂へ行く信繁・・・聚楽第に行く吉継。
どうにもこうにも人騒がせな秀次さんです。

で、どっかに行ったって・・・吉野太夫のところでした。
その頃・・・

maru2













真田の家風には慣れたか??とか、人と話すときは相手の目を見なさい!!みたいな話をしています。
ただ・・・この時代、目を見るのは無礼だったと思うのですが・・・
そんなことは全く気にならない大河です。

その頃大坂城では・・・??
秀次君、見~付けた!!と、信繁に見つけられてしまいました。

maru3













「殿下~そこにいるのはわかっていますよ。」by茶々。
って、この殿下はこちら。

maru4













「関白殿下!!」by大蔵卿局

「聚楽第には戻れぬ!!」と、駄々をこねる秀次。。。

maru5












そして・・・京にある真田屋敷に来てしまった秀次・・・。

なんとここで、母が公家の出であることを言ってしまう信幸。
「菊亭様でございましたよね・・・菊亭晴季卿・・・」by稲
なんと、菊亭様は、秀次の妻の郷らしい・・・
妻の姉・・・??と不思議がる秀次に、
「別の菊亭かと存じます。もうこの話は・・・」by薫

なんと、この大河では、嘘をついていた設定になってましたね。
実際は、よくわからないというのが本当なんです。

そんな一言多かった稲に・・・

maru6












「無礼ではございませんか??」とこうが詰め寄ります。
そして、徳川への文を破り捨ててしまいました。
「真田の内情を伝えるのがあなた様のお役目なら、それを押し止めるのがわたくしの役目・・・!!」byこう
「おこう・・・そなた、旦那様の前の奥方だったそうですね。
 わたくしが知らぬと思ったか・・・!!」by稲
「そうであろうがなかろうが、わたくしは、真田家をお守りするだけにございます!!」byこう

おお!!こう、かっこいいですね。稲もかっこいいです。
この戦国時代、実家に嫁ぎ先の内情を伝えるのは当たり前のことでした。
その点、こうはいとこ同士だったから、そんなことはなくお気楽夫婦でいられたでしょうけど、それはそれで領地拡大なんかにはトンと無縁になってしまうし、なかなか難しいものがあります。
それに、稲は一応家康の養女ですから、こんなふうにこうがずかずかやってくることはできません。
茶々の大蔵卿局的な人に阻まれていたはずです。

表向きは流行り病とした秀次・・・。

maru7













秀次の娘・たかは何もかも知っているかのような賢い娘・・・。
信繁にマリア様を託すのでした。

太閤殿下に呼ばれた信繁・・・どうする??
「お主だけが頼りじゃ・・・」by秀次

maru8











呂宗助左衛門の話で盛り上がり中!!
話は秀次・・・ではなくって、嫁とりの話でした。
大谷吉継の娘・春!!
なんでも、秀吉は信繁を傍に置いておきたいのだという・・・。
どうする・・・??

そして・・・三成にばれていた秀次のとんずら・・・。
これもどうする・・・??

maru11












ついにばれてしまった・・・!!
分不相応の仕事をさせるのは可哀想だというのは北政所。
それでも、豊臣で残っているのは秀次だけ!!という秀吉にそれを自らの口で伝えてほしいと願い出る信繁。

しかし・・・高野山へ逃げてしまいました・・・!!

高野山・・・青厳寺・・・そこにいた秀次。。。

「生まれ変われるなら・・・もう二度と叔父上の甥にはなりたくない・・・」by秀次

maru13












「従五位下であったかな・・・お主の位・・・何やら不服だとか・・・
よもや返上したりはせぬな。
あれは、私が関白として行った数少ない事の一つだ・・・。」by秀次

そう信幸に語る秀次。。。
もう気持ちは決まっているかのような優しい顔をしていました。
もともとこんな優しい性格なんでしょうね。

「高野山には、わしの命令で蟄居したことにしよう。
 謀反の疑いありと・・・一月ほど謹慎させてから、疑いが晴れたことにして連れ戻す。
 すぐに使いを高野山へ出し、あいつにそう伝えよ・・・!!」by秀吉

秀吉も辛そうです。
それを面白がる徳川の人々・・・!!

死者が来る前日・・・大坂へは行かないという秀次。
もう・・・豊臣の家に私の居場所はない・・・
使者は追い返してくれという秀次にできないという信繁。
大きく頷く秀次は何を想う・・・??

謹慎すれば許してくれる・・・そう使者となってきたのは福島正則でした。
しかし・・・

maru12












目をかけていたのに自害したことに、怒り狂う秀吉!!
「人の情けを踏みにじりおって!!」by秀吉

「悪いのはあいつじゃ・・・!!
 わしが怒らせたらどんなに恐ろしいか、孫七郎に見せてやる・・・!!
 秀次は、謀反が発覚してわしの命で腹を切ったことにする。
 首は三条河原に曝せ!!
 それから妻と子供はことごとく殺せ・・・!!
 謀反人の身内じゃ!!当然であろう!!」by秀吉

躊躇する三成・・・

「なんだ、その顔は・・・!!
 お前にできないのなら、わしが直々にやるまでだ!!
 いつものわしと思うな!!」

秀吉の怒りはすさまじかった。
三条河原に曝された秀次の首の前で、その子供、妻、側室、侍女に至るまで30人以上が処刑された。

ちなみに史実は・・・幼い子どもから侍女まで39人、京の三条河原に曝された秀次の首の前で斬り殺され、「畜生塚」と呼ぶ穴に投げ捨てられた。といわれています。
 


ここまでしなければならなかったのか・・・??

家臣たちにも動揺が走ります。

そんな中・・・からくり部屋を発見する信繁。。。
そこにいたのは・・・??

maru16













秀次の娘・たかでした。
どうやったら助けることが出来る・・・??

秀次を想い泣く秀吉・・・
そんな秀吉に、吉継の娘・春との婚儀を進めてくれるように願い出ます。
そして・・・妻にしようと心に決めていた女子がいる・・・と、告白します。
その女子を側室としたいと・・・それが、”たか”でした。

怒るものの・・・結局は許してくれる秀吉・・・
もし、男子が生まれた場合は仏門へ・・・という命とともに。。。

実際に、秀次の娘の一人が、信繁の妻となって子を産みます。
このたかがモデルとなっているのは確かでしょう。
でもそうすると、年齢が・・・??

が・・・このドラマでは・・・呂宗助左衛門に預け、ルソンへ・・・!!

そして秀吉には死の影が・・・!!


秀次の死に関しては、色々な説があって・・・
秀次が本当に殺生関白だったから・・・とか、
耄碌した秀吉によって・・・とか、
秀吉の痴呆によって・・・とか、
秀頼のために・・・とか、
そして自刃・・・とか・・・

色々言われています。

今回は、この自刃を取ったわけですが、秀吉による一族皆殺し・・・
これは本当にひどかったのか・・・??
よく考えてみました。
例えば有名ですが、家康は信長の命令で、長男・信康&築山殿を自刃させています。
血のつながった親子でさえ殺される・・・
これまた信康に非があったのかもしれませんが・・・でも、そんな時代です。

秀次に謀反・・・としてしまえば、一族皆殺しとなるでしょう。
ただ、恐ろしい位に秀吉に親族のいなかったことが、悲劇に拍車をかけていますね。
家康なんかは16人子供がいるので、それこそ信康がいたことすら忘れてしまいそうです。
可哀想ですが・・・。


なので、やっぱり親族が少なかったこと・・・
秀頼ひとりにすべてがかかってしまったことが豊臣の悲劇だと思うんです。
そして・・・その悲劇は、秀頼が大事な大事な秀吉によって・・・目が摘まれていってしまった・・・。
異様な悲劇に仕上がってしまいます。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

豊臣家の人々 (中公文庫)

新品価格
¥946から
(2016/9/1 15:09時点)

敗者烈伝

新品価格
¥1,728から
(2016/9/1 15:09時点)

戦国BASARA 真田幸村伝 公式コンプリートガイド 究極秘伝之書

新品価格
¥2,160から
(2016/8/25 21:32時点)



すんごく時間があいてしまいましたが・・・
私のブログではまだ第27回です。

太閤秀吉と茶々の間に、再び男子が誕生した。
秀吉は喜びを隠せない。
一方で、関白となった豊臣秀次は、次第に孤立していく。

1593年8月・・・
秀吉と茶々の間に再び男子が誕生しました。
秀吉が引退したことによって、信繁は関白・秀次付きとなるように言い渡されます。

そして秀次は・・・太閤がどんな考えなのか・・・ちょっと心配なようで・・・
自分が秀吉の子(拾)が大きくなるまでのつなぎであることぐらい承知しているということを、太閤殿下にわかってほしいと、信繁に相談しています。

maru












そんな心配性な秀次に、秀吉は・・・??

「お前に一つ相談がある。
 年が明けたら、わしは日の本を五つに分けようと思っておる。
 そのうちの四つをお前にやるから、一つだけ拾にやってくれんか・・・??」by秀吉

「太閤殿下。。。」by秀次

「九州でいい。
 九州だけでいいから、拾にな、頼む。」by秀吉

「・・・関白になれば、一つと言わず、全て拾様のものです。」by秀次

「違うだ!!
 そんな先の話ではなく・・・!!
 拾がわしの言葉をわかるようになったら、”ここはお前に国だ”と言ってやりたいのだわ!!」
 頭の隅にでも留め置いてくれ・・・!!」by秀吉

・・・違う意味で頭の片隅に残っちゃいましたよ、秀次・・・。



「なぜ九州を先にくれと言ってきた・・・??
 私が将来、拾様を攻め滅ぼすことのないように、先手を打たれたのだ・・・!!
 違うか・・・??源次郎!!」by秀次

「だとしても、それでよいではないですか。
 そもそも殿下には、拾様を滅ぼすおつもりなどないのですから。」by信繁

「そうではないのだ・・・!!
 叔父上がそう思われたことが、一大事なのだ・・・!!」by秀次

秀次に疑念が・・・渦巻いているのでした。


そんな気持ちをこのドラマの秀吉はよくわかっているようで・・・
秀次の1歳の娘と拾の縁談をしようと目論みます。
そうすれば、秀次も安心するだろうと・・・。

すぐにでも関白に知らせてやれ・・・!!
と、知った秀次は、どうしてこんな大事なことを、自分抜きでことも簡単に進めるのか・・・??
そこに違和感を抱いていました。

「どうしていいのかわからなくなった・・・!!」

maru3













殿下の好きな能を習ったら・・・??
と勧める豊臣秀俊。

maru4













秀秋が小早川家に養子に行くと聞いた秀次は・・・またも混乱・・・

「始まったぞ・・・厄介払いが・・・!!」by秀次
「私はこれで豊臣の人間ではなくなります。」by秀秋
「次は私の番だ・・・」by秀次

うろたえる二人に宇喜多秀家は・・・

「一言だけ申し上げておきまする。
 それがしも、血こそつながっておらぬが太閤殿下を父と仰ぐ者の一人。
 たとえ地獄へ行けと言われても、それが殿下の命であるなら喜んで参る・・・!!

 殿下のお言葉に一喜一憂する方々の心が解らん!!
 それがしは、殿下のために生き、殿下のために死に、殿下のために舞うのみ・・・!!」by秀家

そうね・・・
血が繋がっていないからいいのかもしれませんね・・・??
血が繋がっていればこその恐怖なのよね・・・きっと。

吉野・・・吉水院にて・・・秀次の能が行われようとしていました。
が・・・秀次弟・秀保が高熱を出して・・・急遽ピンチヒッターとなる信繁。

能を見て・・・なんだか不機嫌になっていく秀吉・・・。
 
「孫七郎!!お前、何をやっておるのだっ!!
 関白は、他にやるべき事がいくらでもあるだろう!!」by秀吉

「申し訳ございません。」by秀次

「そういう事をしておるから、公家衆共になめられるのだ!!
 わしはこんなものを見せられるために、お前を関白にしたのではないわ!!
 それから源次郎、下手くそっ・・・!!」by秀吉

急病で倒れてしまった秀保も、みんなんみんな太閤殿下に怒られちゃいました。

秀次・・・何を想う・・・??
優しく諭す北政所・・・もっと、自信をもって・・・秀吉は期待していると励ましますが・・・??

そして信繁には・・・

「お前もこちらに来てだいぶ経つ・・・
 そろそろ官位を授けてやろうと思うのだがどうだ・・・??

 従五位下ではどうだ??」by秀吉

maru5













ありがたく頂戴せよ・・・と、みんな言ってくれますが・・・。

「太閤殿下、身に余る誉れでございます。
 しかし、誠に勝手ながら、この話、お受けいたしかねます。
 
 私には、一つ違いの兄がおります。
 父・安房守の命をひたすら守り、これまで真田のために尽くしてまいりました。
 兄を差し置いて、位をいただくことはできませぬ。」by信繁

上機嫌だった秀吉・・・兄にも同じくらいを与えよと・・・??
お前は父に似て油断がならぬと怒り出しました。

策士策に溺れると・・・!!

「お待ちください・・・!!
 太閤殿下は何か思い違いをされているようでございます。
 官位を与えるのは関白の務め・・・
 誰にいついかなる位を授けるか、これ全て、関白がいたすべき事!!
 源次郎に官位を与えるかどうかは、私が決めることです・・・!!」by秀次

と、太閤殿下に言い放ちました!!
良く言った・・・??

そうして、秀次は、信繁に従五位下を授け、兄を知らないので、よく知らべて支障がなければ兄にも従五位下を与えようと約束する秀次なのですが・・・
秀吉的にはどうでしょう???

「よくぞ申した!!」

しっかりしたな!!それでこそ関白じゃ!!と、にっこりの秀吉!!
秀次の成長が嬉しかったようです。

maru6












文禄3年11月2日
京の聚楽第において、信幸・信繁兄弟は、そろって叙任された。
真田信幸は、この日より従五位下伊豆守に、また信繁は従五位下左衛門佐となった。。。

maru8















「源次郎・・・私はこの聚楽第を新しくしようと思っている。
 これからは、明や朝鮮の施設がやってくることも多くなる。
 それゆえ、万事すこぶる豪勢にしようと思っている。
 奴らが腰を抜かすほどにな。
 私はやるぞ・・・!!」by秀次

やる気満々の自信に満ちた秀次がそこにはいました。

が・・・兄にも位をもらった経緯を、秀吉にばらされてしまいました。
事実を知って気分が悪くなってしまったのでしょうか??信幸・・・??

maru7












そして・・・昌幸に来てもらったもう一つの理由は・・・??

伏見城の普請に加わってほしいとのことでした。
ま、朝鮮出兵は、近くの(九州)のものから出兵し、真田はほとんどしんがりでした。
で、出兵せずに終わっています。
この時点で・・・朝鮮出兵によっての報奨は見込めません・・・ってことは、加藤清正たちはただ働きのようなもので、釣り合いを取るためにも伏見城の普請は妥当ではないか??と思われます。

ま、徳川家康も、朝鮮出兵をしなかったからこその地力を蓄えておけたのですから・・・。
妥当ですよ・・・昌幸パパ。。。


叙任の件で納得できない兄・信幸・・・。

情けでもらった位であるならば、出来ることなら返上したいという信幸に・・・
もらえるものは病気以外もらっておけという父・・・

ドラマの最初の頃からそうでしたが・・・何もかも、自分の知らないところで進んでいくことに我慢がならなかったのでしょうね・・・信幸。。。

伏見城・・・その見取り図を見て・・・そこで政を行うことを知ってしまった信繁・・・。

その見取り図を見てしまった秀次・・・。

「ここに”謁見の間”とある。”評定の間”もある・・・
 伏見の城は、叔父上の隠居所ではなかったのか・・・!!

 太閤殿下は、伏見城で政を成されようというのか!!
 私はもう、要らぬという事か・・・!!」by秀次

そう・・・あちこちに不信の種が・・・芽を吹きだそうとしていました。

その不信、不安は、秀次の心の弱さが元だ・・・!!という秀吉。。。
そう、そうなんですが・・・大きな大きな叔父上の前に、キョドッた人生を送ってきていた秀次には、できない相談なんじゃ・・・。

さらに追い打ちが・・・
長らく病床にあった弟・大和中納言秀保が、17という若さで他界する・・・

この葬儀は、隠密に済まされます。。。
豊臣のものの参列も禁止とされてしまいました。
なかったことにしてしまいたい・・・!!
それは、お拾が3歳になる・・・つまり、鶴松が亡くなったのと同じ年齢なのです。
それだけで・・・不吉なことを遠ざけたかった秀吉。。。

「あいつの罪は2つ!!

 この年に死んだこと!!
 そして将来拾のために、力を尽くさねばならんのに、それが出来なくなったことじゃ!!」by秀吉

「だからと言って・・・秀保を攻めては、あの子が浮かばれません」by北政所

「その名を二度と口にするな!! 縁起でもない!!」by秀吉

異常なほどに数少ない肉親たちが・・・次々と亡くなっていきます。
そして・・・この冷たい仕打ちが、秀次を戦慄させたのです。

「叔父上にとって・・・われらは要らぬ者なのだ・・・。
 あの方は、われらが邪魔なのだ・・・!!」by秀次

秀次の不安は頂点に達し・・・逃げ出してしまいました。


ということで、今回はその副題の通り”不信”でした。
ま、この時代、戦国武将の名前にも”信”や”義”なんて文字がたくさん使われています。
それこそ、人を信じたい、義を信じたい・・・っていう心がそんな名前にしたんだと思います。
反対に言うと、それだけ人を信じられなかったという事・・・そんな時代だったのです。

なので、裏切り裏切られ・・・”不信”だらけの時代だったんだとも思うのでした。 



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり (ご当地戦国武将・旅行ガイドブック)

新品価格
¥1,200から
(2016/8/25 21:32時点)

真田十勇士2 決起、真田幸村

新品価格
¥1,512から
(2016/8/25 21:33時点)

関白秀次の切腹

新品価格
¥1,080から
(2016/7/18 16:17時点)




この回は・・・別れと別れのフラグが立った・・・。
そんな悲しい回となりました。

小田原合戦によって北条家は滅亡した。
伊達政宗も重複し、秀吉に対抗する勢力はいなくなった。
秀吉による天下統一の完成である。


そして、ついにこの日も・・・

天正19年・・・関白秀吉の息子、捨は鶴松と名を改めて三歳となっていた。
秀吉の期待を一身に背負った鶴松であったが・・・

ついに、病気となってしまった鶴松。。。
現代でも子供が病気やけがをすると心配する親・・・この頃ではその心配は尋常ではないでしょうね。。。
特に、なかなか子供の出来なかった秀吉にとっては・・・

maru














maru3













鶴松の病状は非常に良くない・・・
今夜が山場という。。。

「利休殿の祟りではないかと密かに噂する者がおるようで・・・
 利休殿があのような最期を遂げられたので、その怨念が・・・。」by長泰

maru8













??と、回想に入ります。
あ~、ビックリした、利休の切腹見逃したのかと想っちゃった・・・。

そう・・・あの鉛の魚ちゃん印について、前回吉継に詰問されてしまった利休。。。

どちらの武器も用意して、お前は死の商人か~~~!!って。

maru9












秀長にも利休のことを相談しています。
このドラマでは、利休と秀吉が仲良く描かれていますが・・・

「 内々の事は宗易(千利休)に、公儀の事は私に」と言ったのは秀長です。
つまり、どちらかというと・・・
鶴松が生まれるまで・・・ま、危篤の今も??秀長にも秀吉の後を継ぐチャンスがありました。
なので、利休が秀長に取り入っていた・・・もとい仲が良かったという方が正しいかと思います。

ま、それだけ秀長は、実務能力に長けている&みんなからの信頼も厚かったのでしょう。
この爪の垢でも飲んでいたら・・・三成・・・人徳が・・・。

maru10













兄を説く弟・・・
「兄上がいなくなっても、私がいれば鶴松さまをお守りしてなんとかやっていけるでしょう。
 気がかりなのは兄上も私もいなくなった時・・・誰が鶴松さまをお支えしていくか・・・

 力のある大名たちが皆で鶴松さまをお守りしていく・・・これしかありません!!
 今後はくれぐれも、誰か一人に力があ集まるようなことがあってはなりませぬ。

 鶴松さまのため!!
 豊臣家のため!!」by秀長

 ??ちょっと待って!!
そこに秀次を名指しで入れてくれれば死なずに済んだんじゃないの??秀長!!
って思うのは私だけでしょうか??
もうひと押し、もうひと押ししてくれていたらなあ・・・??

 
秀吉を支え続けた秀長・・・1591年
秀吉を残して52歳でこの世を去るのでした。
あ・・・最ものキーマンが死んでしまいました。
この人が死ななければ、利休も死なず、秀次も死なず・・・そうなると秀頼をみんなで支え・・・
もしかしたら大阪が首都になってたかもしれません。
そうすればなあ・・・わが家の近くにディズニーランドがあったかもしれないのに・・・
天皇陛下だって、東京にちょっと出かけているだけですからね・・・??


そうして・・・強大になりつつある利休・・・死の商人である利休の追い落とし作戦が始まるのでした。

maru5












あの有名な大徳寺山門・楼上にある利休の像です。

これをもって追い落とそうと画策する三成と吉継・・・あ・・・反対でした。
吉継と三成・・・。

潔癖な三成が、綺麗ごとだけでは生きていけないことぐらい知っている!!というと・・・

「いや・・・本当に手を汚すとはどういうことか、まだ分かっておらぬ。」by吉継
 
意味深な発言です。
そうしてそう仕向けるように秀吉に進言します。

「利休はおのが姿に似せた木像を作り、それを大徳寺の山門に飾らせました。 
 木像があるのは山門の真上でございます。
 つまり、殿下が山門をくぐるとき、知らぬ間に利休の足の下を通っていたことになりまする。」by三成

maru6












「利休が置かせたのか・・・??」by秀吉

「全てあの者の仕組んだ事。決して許してはなりませぬ。」by吉継

と、利休の堺での蟄居が決まるのでした。

おお!!吉継、いい人だけではないところを発揮!!
いい感じで黒い部分が見えてきました。
家康にも一目置かれる大谷吉継ですからね!!
人間としての深みがばっちり!!にじみ出ていますね。

「おぬしには蟄居半月の後、切腹を申し付ける。
 死者がつくまで堺の屋敷からは出てはならん!!」by吉継

言っちゃいましたね、吉継。。。
吉継に言わせることで、吉継の人間としての深みがばっちり出ているし、三成のやっぱり潔癖感も出ています。
この吉継の三成の泥をかぶろうという精神が、関ケ原で負けるとわかっていても三成に加勢する・・・そこの信頼が伺えます。
そう・・・色々説はありますが、あえて、”負けるとわかっていても三成に加勢する吉継”であってほしいの、私

「・・・という事でしたら・・・。
 引き取らせていただきます。
 世の中を動かす事に使うてこその金や・・・
 無駄にしたら罰が当たりますさかいに・・・。」by利休

maru4













と、鶴松のために出した金子(自分の命の代金でもあるわな・・・)をひっこめるのでした。
ここにきて、茶人・利休よりも、金で何とでもなる利休が確立してしまいました。
茶聖にこんなことして・・・怒られるわよ・・・。 

このことで、落ち込んでいる三成と、本当に祟られるのは(鶴松さまではなく)私の方だ・・・と、淡々という吉継。。。いいコンビです。

「わては・・・商人の街に生まれ、金が人の心を・・・そして、国を動かすことを学びました。
 そして知ったんや・・・。
 戦は儲かりまっせ・・・。
  
 人の心を・・・命を・・・金で操るは業の深~い事や・・・。
 それゆえわては茶を点てる。
 ここまで茶の道を究めることが出来たのも、それだけわての業が深~いゆえ・・・。

 どうぞ利休の業が点てた茶を・・・味おうて下され・・・。by利休

と、茶を勧められた信繁・・・。

利休もわかっていたんですね・・・でも、その道を進んでしまった・・・
これが、命乞いをしなかった理由なんでしょうか・・・??

「利休さま・・・一つだけ教えてください。
 何故あのような像をこしらえたのですか?」by信繁


「あれで足・・・すくわれましたな・・・。
 ひとことで言えば・・・宿命や・・・。」by利休

はて・・・宿命って何でしょう??


ところで・・・沼田城主となった信幸・・・。

maru12












その経営に追われていました。
ま、大叔父上は昌幸から任されていた代理であって、信幸が城主となったわけですから信幸が社長という訳です。
なので、信幸の言葉を守らなければなりません。
今回は、堀を広げてしまったことが原因で大目玉食らっています。
お・・・!!仕掛け扉まで作ってるみたいですよ??

おまけに稲は相変わらずのツンツンですが・・・信幸はそれが愛嬌に見えてきたみたい。

「無性に・・・お主の笑った顔がみとうなった・・・。どうか、笑ってみてはもらえぬか??」
コショコショコショ・・・なんだ、仲いいじゃん。

と・・・おこうも沼田にやってきてたんですね。

おばば様に会いに来た松と茂誠・・・
そうか・・・あの匂い袋で何もかも思い出したんだね、松!!

maru13













二人は岩櫃へ行くことになりました。
良かったですね、すんなり変えることが出来ました。
本人の本意でなかったとはいえ、裏切り者の小山田一族ですから・・・。


根茎の件・・・利休殿の祟りと言われているとかいないとか・・・と、茶々の大蔵卿も気がかりです・・・
何で気がかり・・・??

「あの方の死に・・・御自分もいささかかかわっておられましたから。。。」by大蔵卿

なんて意味深な・・・!!


maru7













利休を父親のように慕っていた茶々・・・
なんと、木像を作るように言ったのは茶々だというのです。
そして、注文の時に寸法を間違えたという利休。

置いておくのも何なので、最近たくさん寄進した山門にでも置いたらは・・・??と、案を出したのは茶々でした。
なんと・・・遠回りに・・・利休を殺したのは茶々だったなんて・・・!!

と、新解釈です。


願掛けで水垢離を一緒にしようと、三成を誘う清正。
断られて・・・誘ったのが間違いだった・・・と、一人で願掛けをする清正。
結局・・・やっぱり一緒に水垢離をする三成・・・やっぱりね、この二人も豊臣を想う気持ちは一緒なのよ・・・
なんでああなるかなあ・・・。
いてもたってもいられない感タップリです。。。


お付きの人も大変だろうと差し入れを持ってくる家康と正信。
本心から心配しているのやら、偵察に来たのやら・・・どっちもかも知れませんね。

maru2














「一体、秀吉はいくつ城を作るつもりじゃ・・・」by家康
そう・・・当時は一つで十分な時代・・・
一所懸命という言葉があるように、一つの土地を・・・一つの城を大事に守る時代だったのです。
反対に言えば・・・家康が江戸に転封されたのも、本当に悔しかっただろうなあ・・・って思います。


maru14












でもって・・・いろいろみんな登場・・・!!

maru15












この問題児も・・・

maru16













この人たちも・・・
こうやって見ていると・・・例えば家康なんかはちゃんとしているだけで16人の子供がいます。

maru18












なので、秀吉にちかしい人たちもかなり少なかったようですね・・・。
ここら辺が、やっぱり盤石ではない・・・豊臣政権の崩壊へと進んでいきそうです。。。


maru11













昌幸も・・・家康も・・・鶴松の行く末を案じる・・・というよりは、戦乱の世再びを・・・感じ始めていました。

殿下を支えようと心に誓う秀次・・・しかし、百戦錬磨の家康・昌幸たちが手ぐすね引いて待っているのですが・・・
その敵は心のうちにもありました。


そして・・・鶴松の容体が悪化・・・

「教えてくれ・・・
 鶴松は何のために生を受け、何のために死んでいくんじゃ・・・
 もっともっといい衣を着せ、美味しいものを食べさせ・・・楽しい思いをさせてやるつもりでいた・・・」by秀吉

「殿下・・・よくないことを口にすると、その通りになると申します。
 今は良い事だけを考えましょう。
 鶴松さまは、元服されるとなんという御名になるのですか?」by信繁

「まだ・・・考えておらぬ。。。」by秀吉

「やはり藤吉郎でございますか?」by信繁

「・・・そうするか。。。」by秀吉

「奥方は・・・どうされるのです?」by信繁

「秀次に娘がおる。あれと一緒にさせよう・・・」by秀吉

「よきお考えです。」by信繁

「ゆくゆくは、鶴松は関白となり、そしてこの国を治める・・・!!」by秀吉

「殿下はどうされるのです?」by信繁

「海を渡って・・・明国でも攻め下すか・・・。」by秀吉

優しいですね・・・信繁。。。

天正19年8月5日未明・・・鶴松は2年2か月の短い一生を終えた。。。
枕元ででんでん太鼓を鳴らす殿下・・・
茶々は・・・魂が抜けてしまったかのようにフラフラと歩きだしました。。。

「皆・・・死んでしまう。。。
 私の大切な人たち。。。」by茶々

そんな茶々を抱きしめる北政所・・・。
茶々の涙が堰を切ったようにあふれだしたのでした。。。
やっぱり”おっかあ”なのですね、北政所。。。

maru17













この大河、何がいいって、信繁がいたからって、何ら時代が変わるわけではないこと・・・。

きっとその場所にいないであろう時も、すんなりそこにいるんだけれども、主人公が世の中をひっくり返した感のない所です。
私の思う「そんなバカな!!」ってところがないんですよね。
歴史好きにはたまらない、そうそう、それそれの当たり前の通説を、面白く描いてくれているところがとっても面白いんじゃないかと思うんです。

みんなが行く末を知っている歴史ドラマ・・・その歴史ドラマを奇をてらわずに書くって、すごく難しそう・・・
でも、三谷幸喜は凄い・・・??
とっても面白い真田丸です。



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ


敗者烈伝

新品価格
¥1,728から
(2016/7/18 16:18時点)

落日の豊臣政権: 秀吉の憂鬱、不穏な京都 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,836から
(2016/7/18 16:18時点)