日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:長篠の戦い

甲州名物 ほうとう純生 みそ付き(2~3人前)半生麺 レシピ&味噌つき お取り寄せマップ【2個毎ネコポス利用可】

価格:565円
(2017/12/21 17:22時点)
感想(14件)



戦国最強・武田信玄の不思議をめぐる甲府の城下町です。
人口・190,456人、面積212.47㎢、特産はブドウ・イチゴ・ワイン。
山梨県甲府市は、四方を2000m級の山に囲まれた甲府盆地にあります。
その中央に武田神社が・・・その昔、ここに信玄の本拠地があり、ここから家臣たちと共に大きく甲府の町を発展させました。
その後、豊臣秀吉によって、新たに甲府城が建てられました。
しかし、庶民にとって、甲府はやはり信玄の町です。
そんな民に愛された信玄の町にはどんな不思議があるのでしょうか?

武田通り・・・武田信玄公にあやかってつけられています。
甲府市は、信玄公・・・武田家の町です。

疾きこと風の如く
徐かなること林の如く
侵掠すること火の如く
動かざること山の如し

ご存じ信玄の代名詞、”風林火山”の旗印の内容は・・・
戦における兵たちの心得を旗に記したといわれています。

風林火山は、孫氏の兵法を引用したものです。
孫氏とは、紀元前500年頃・・・中国春秋時代の思想家・孫武の作とされる兵法書です。
信玄は、そこに書かれていた戦に対する心得を徹底的に学んだといわれています。

武田神社は、1919年に創建されています。
武田信玄が御祭神として祀られています。
戦において、連戦連勝の信玄にあやかって、勝負事のご利益があるとされています。
武田神社に隠された謎とは・・・??
ここは、武田信玄の館でした。
難攻不落の信玄屋敷です。
甲府駅から北に二キロ・・・町全体を見守るように鎮座する武田神社。
戦国時代、この時代には、信玄が本拠地として活動した武田氏館がありました。
現在も、堀や土塁、古井戸などの信玄時代の遺構がそのまま残されています。
信玄はこの地に城を建てず、生涯屋敷住まいでした。

どうして戦上手の信玄が、平屋の屋敷に住んでいたのでしょうか?
館の周りは、三方を山に囲まれ両側には左に相川、東に藤川が流れていました。
つまり、南側以外は、天然の要害で、敵が容易に侵入できないようになっていました。
武田氏館を攻めるためには、南側だけしかありません。
その南側も橋もなく、堀で囲まれて入り口は東側にありました。
正面を塞ぎ、東側へ敵を迂回させるようにしたのです。
しかもその手前には、家臣たちの屋敷があるために、容易に近づくことができません。
万一東側・追手門にたどり着いても、門の前に三日月堀と土塁があり、その内側に味方が忍び、弓や投石で狙い撃ちできるようになっていました。
この防壁は、丸馬出とよばれ武田氏考案の鉄壁の防御システムです。
安心して外へ攻めていけたのです。

信玄が残したといわれる言葉があります。

人は城
  人は石垣
     人は堀
 情けは味方
    仇は敵なり

当時、戦国大名たちは、己の権力を見せつけるために、巨大な天守や石垣を作りました。
しかし、信玄は、堅牢な城を造ることより、町の整備にお金と労力をかけたといわれています。
400年以上たった今も、その姿を残す”信玄堤”。
川の氾濫を防ぎ、広大な新田開発に大いに役立ちました。
信玄は、家臣や民との信頼関係を築くことができれば、城などなくても強固な国づくりができると考えていたのです。

戦国最強といわれた武田騎馬隊。
最大で5万人以上いたといわれる中で、最も優れた武将24人を武田二十四将といいます。
信玄の右腕ともいわれた軍師・山本勘助を始め、武勇に優れたものが集まり、彼らの手によって、武田最強伝説が作られたのです。

最近、武田の騎馬隊にある疑問が出てきました。
それは、大きな馬に乗ってかっこよかったのではないのでは??
ポニーに乗っていたようです。
颯爽と戦場を駆け抜け、百戦錬磨といわれた武田騎馬隊がポニー集団??
今でこそ馬といえばサラブレッド・・・彼らが日本に伝わったのは明治時代です。
信玄の時代にサラブレッドは存在しません。
当時の馬は、長野の木曽馬などが一般的でした。
この木曽馬、ポニーと呼ばれることもあり、サラブレッドに比べて小柄で足も短くスピードも出ません。
そして平成元年7月・・・武田氏館から一頭の馬の骨が発見されました。
馬でありながら人のように埋葬されていたことから、武田家の中でも重要人物・・・大将クラスの馬の可能性があるといわれています。
125センチとかなり小柄で、この小柄な馬が、武田騎馬隊の馬の可能性を秘めているのです。

1575年長篠の戦いでは、信長と家康の連合軍が、当時最も恐れられていた武田の騎馬隊と激突!!
3日前、家康は武田軍を警戒して家臣に命じます。

「武田の騎馬隊がまっしぐらに突入してくるので、柵など念入りに作るように。」by家康

「関東衆(武田軍)は馬の扱いがうまい。」by信長

騎馬専用の防護柵を築いて警戒したといいます。
果たしてポニーの武田騎馬隊は、信長&家康が警戒するほど強かったのでしょうか?
孫氏の兵法は、「戦わずして勝つ!!」です。
「百戦百勝は、善の善なる者に非ざるなり」・・・つまり、百戦百勝は、最善に見えるが、勝った方も被害が出るため、戦わずに敵を屈するのが最善ということなのです。

これこそ、信玄が生涯実践しようとしていた「戦わずして勝つ」なのです。
諜報活動、調略を重んじ、「武田軍団は強い、騎馬軍団も強い!!」と、イメージ戦略していたのです。
それはもちろん本当の強さがあってのこと。
信玄の生涯戦績は。72戦3敗です。
それだけの強さがありながら、戦わないようにしていたのは、戦いによる被害の大きさを知っていたからなのかもしれません。


北杜市には・・・味噌なめ地蔵があります。
全身味噌まみれです。
お地蔵さんに味噌を塗る部分は、自分の身体の悪い部分です。
武田信玄が信濃の国で初陣(海ノ口城の戦い)を飾った信玄が、帰り道に光り輝く地蔵菩薩を見つけ、持ち帰ったものです。
っしかし、正覚寺の前で、急にお地蔵さんが動かなくなり、仕方なくこの場所において行ったとされています。
背中には信玄が括りつけて持ち帰った二筋の縄の跡が残っています。
どうしてお地蔵さんに味噌を塗るようになったのか??
味噌は、塩分のきいた保存食で腐らない=悪くならない=これ以上悪くならなように塗っているのです。
その理由には諸説あり、コメの不作が関係しているといいます。
甲府は、山に囲まれた盆地で、味噌の原料となる米の栽培が難しかったといいます。
貴重な味噌を塗ってご利益を願ったのです。
信玄は400年後、この地蔵が味噌まみれになっているとは思いもよらなかったでしょう。

山梨には甲斐九筋があり、領地拡大を図り軍用道路として当時の武田軍にとって重要な道でした。
街道筋には狼煙が置かれました。
戦国時代は、馬での伝達が主でしたが、山で道が入り組んでいた甲州では、狼煙を重宝しました。
信玄ほど、狼煙をたくさん置いた人はいないといわれています。
記録によれば、4,5キロ置きに狼煙が置かれました。

狼煙は”狼の煙”と書きます。
それは、狼煙は、古来中国で連絡手段として生まれました。
狼の糞を燃やしたところから、狼煙といわれるようになりました。
情報を確実に伝達するためには、煙が風に流されないことが重要でした。
そのために、強い火力で、濃い煙を出すことが重要でした。
肉食動物である狼には、たんぱく質が豊富に含まれ、草木だけで燃やすより高温となり、蒸気機関車のように真っ直ぐな煙が上がったといわれています。
どのくらいの速さで届けられたのでしょうか??
新幹線と狼煙とどちらが早いのか??実験した過去があります。
新尾道駅から新大阪駅までの全長250km・・・新幹線と僅か10分ほどの差だったといわれています。


信玄が死ぬと跡を継いだのは勝頼です。
2年後には武田家の行く末を左右する長篠の戦いへ・・・
大量のてっぽうを用いた織田・徳川軍に武田軍は完敗!!
二十四将の多くはこの戦いで命を落とし、武田家を滅亡させた戦といわれています。
武田家にとって、歴史的な敗戦となった長篠の戦い・・・
二十四将の中で、四天王のひとりとして活躍した内藤修理亮は、勝頼を安全に逃がすために戦場に残る選択をします。
その時、勝頼に頼みごとをします。
形見の旗を家族に・・・!!
無事に甲斐国に戻った勝頼は、自ら内藤家に足を運び、内藤の旗を家族に渡し、気にかけたといいます。

山梨県内では、ほうとうを食べられる店がたくさんあり、家庭料理で花嫁修業の一つといわれています。
ほうとうのルーツは、武田信玄です。
ほうとうは、小麦粉を平たく練って作られています。
即席に造ることができるので、陣中の非常食でした。
戦場に運ぶ兵糧には限りがあり、携帯性や保存性が重視されていました。
ほうとうは、味噌と小麦粉さえあれば、どこでも作ることができるので信玄が広めたといわれています。
信玄が自ら刀で細く切ったことから「伝家の宝刀」=ほうとうとなったといわれています。
戦場でしっかりとした食事ができるかどうかは、戦いを左右する大事なことでした。

天目山栖雲寺は、信玄の先祖が眠っている寺です。
信玄の祖先にあたる武田信満が眠る栖雲寺には、信玄ゆかりの貴重な品がたくさんあります。
経に軍配を持っている武田信玄・・・川中島の戦いは伝説として受け継がれていますが、その時、謙信の刀を受けたのも軍配だったといわれています。
どうして右手に軍配なのか??
相撲で使われる軍配ですが、元々は、戦において武将が軍を采配する道具のことです。
多くの武将の中でもひときわ軍配のイメージが強い信玄。
この栖雲寺にはたくさんのお宝が眠っていますが・・・その中に、信玄が使っていたといわれる本物の軍配があります。
普通は木や紙でつくられますが、鉄製の軍配で、鍛冶屋に武器として作らせた一点物です。
信玄が本当に鉄製の軍配を使っていたなら、伝説の川中島の一騎打ちで謙信の刀を軍配で受け止めたのも頷けます。
軍配には傷が入っており・・・謙信と交えたときの刀傷かも知れません。
信玄は38歳の時に、戦国大名でありながら出家の道を歩みます。
その時、晴信から信玄に改名。
さらに、恵林寺住職の快川紹喜を招きます。
そこで、信玄の人生を変えてしまう出来事が!!
ある日信玄は和尚がどれほどの人物なのかお経を読んでいる時に刀を突き付けます。
和尚はびくともせずに、
「一国の主たる者、そうやすやすと刀を抜いてはいけません。
 刀を抜かないということが、家臣を信頼している証で、采配をしっかりしておけばそれでよいのです。」と進言を諭しました。
己をたいそう恥じた信玄は、以来刀を抜くことなく、軍配を持つようになったのです。

武田信玄と徳川家康が変えてしまった日本の伝統文化とは??
それは「門松」です。
門松を飾る習慣は、平安時代からで、家内安全や豊作をもたらす神様が訪れる目印として松を飾ったものです。
武田流門松は、竹を削ぎ切りではなく、寸胴に切ってあります。
寸胴型門松が日本のスタンダードでした。
しかし、戦を機に新しい門松が誕生しました。
1572年三方が原の戦いで、浜松城で待ち構えていた徳川家康と上洛の途上にあった信玄との戦いで、信玄が家康を手玉に取った戦いとしても知られています。
武田軍に完膚なきまでに叩かれた家康・・・家康は無様な姿を一生忘れないようにしかみ像を書かせたことで有名です。
そんな家康に勝った信玄から手紙が・・・その手紙の内容は??

松枯れて 竹類なき 明日かな

松は松平のことで、竹は武田のことです。
松平は終わって、武田の将来は類まれなく良くなる明日である。
これを怒った家康は、返歌を送ります。

松枯れで 武田首なき あしたかな

子供じみたようにもなりますが・・・家康の返歌は、ひらがなにするとすべて同じ字で書かれています。
濁点だけで全く違う意味になります。
そして、武田の首を斬ってしまえ!!ということで、削ぎ切りの門松を送ったといわれています。
これをきっかけに、江戸幕府以降、削ぎの門松が主流になりました。

甲斐・善光寺・・・長野の善光寺と深いかかわりがります。
創建664年国宝・信州善光寺。江戸時代は、伊勢神宮と並んで、庶民の観光スポットNo,1で、一生に一度は善光寺参りといわれるほどでした。
6世紀半ばごろ、百済から持ち込まれた日本最古の阿弥陀如来像が安置されています。
そんな信州善光寺と同じ名を持つ甲斐善光寺・・・甲斐善光寺は、武田信玄が長野の善光寺を移した時からあります。
お寺には川中島の陣太鼓があります。
川中島の戦いの舞台となった川中島から信州善光寺は近く、戦いによって消失してしまう可能性がありました。
消失を恐れて、こちらに移したともいわれています。
信玄は、信州善光寺の全てを持ってきたのは、親切心だけではなく・・・
信州善光寺にある日本最古の如来像・・・それを手にすることは権力を手にすることになる。
以後、信長→家康→秀吉の手から、善光寺に戻されたといいます。
手にした彼らは、大きな権力を手に入れていきます。

山梨県甲府には、人と人とのつながりを大切にする信玄の想いが息づいていました。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

【早期予約特典ポイント10倍(12/22まで)】【予約制12/28出荷】【8食セット】「忍野の生そば」(500g×2袋)生そば、生麺、年越しそば、富士山山梨県忍野村から直送【送料無料】【クール便配送】【12/28出荷】

価格:2,280円
(2017/12/21 17:23時点)
感想(0件)

大粒シャインマスカット 2房 山梨県笛吹産 最高級品 お取り寄せフルーツ 御中元 JAふえふき

価格:10,584円
(2017/12/21 17:24時点)
感想(0件)

赤備えの鬼武者 井伊直政

新品価格
¥1,944から
(2017/11/24 17:52時点)



今回は、やっと歴史の表舞台が出てきます。
長篠の戦いです!!

前回、材木の手配の仕事を願い出た万千代でしたが・・・丸太の調達は近藤殿がすることとなり、万千代は浜松城で留守居役となりました。
そう・・・歴史の表舞台、長篠の戦いには行けないのですよ・・・??
だから、ドラマの方でもほとんど書かれず・・・??

井伊の材木を携えて、長篠へ向かった徳川軍!!
留守居の者たちは、武具・兵糧の更なる用意をすることに・・・!!

皆が無事に戻ることを願うおとわ。

その頃・・・万千代は草履棚を作り直していました。

naotora6













「丸太で失ったものを、留守居で取り戻す!!」by万千代

その頃家康は・・・長篠城の近くの設楽原に布陣!!

信康は信長に会見・・・信長の目論見は・・・??
そこへやってきたのは家康!!

織田の策とは・・・??
鉄砲を用いたいとの事!!
徳川がいまだ武田に勝てないのは、武田と同じやり方で戦おうとするから・・・
と、信長の勧めでした。
助っ人の織田に勝手に決められて、徳川の面目丸つぶれ・・・と、怒る家臣たちも。
しかし、今大事なのは、長篠を武田から救うこと!!
と、本多忠勝がみんなをまとめます。

そんなピリピリな中、万千代は草履棚を製作中!!
他の小姓に頼まれて・・・いじめのような・・・槍の手入れをすることに。
怒りながらも、武具の手入れを始めた万千代と万福。

「押し付けたことを後悔させてやるわっ!!」by万千代

槍の手入れを完璧にする万千代。
日の本一の留守居を目指しています。

そんな中、戦しつらえが始まった長篠・・・

naotora5












彼らもいますよ??
なんか、材木が足りないみたい・・・
この材木は自分達が伐り出した・・・と、足らない材木を伐りに行きたいと申し出ます。
柵を立てるために、伐り出しに向かいます。

naotora4















信康と家康は、久しぶりの碁。
とっても聡明な信康です。

信長の命による大規模な普請が完成!!
それを受け、酒井忠次率いる別動隊が武田勝頼を背後から攻撃!!
織田、徳川の大軍が待ち受ける設楽原に突撃をかける武田勝頼!!

信長の立てた策は、絶大な戦果を挙げ、長篠は織田・徳川軍の大勝利に終わりました。

織田信長に呼び出された直之と六左!!
暗がりの中にいるのは恐れ多き殿・信長!!
「面をあげよ」そう言った信長は、血のような赤いワインを飲んでいました。
キンチョーの二人・・・


その頃、武具をたくさん・・・1か月も作っていた万千代&万福!!
長篠は大勝利で、遠江の武田の城まで攻めるから武具がたくさんいるという!!
兵糧と武具を届けよ!!との事で、喜ぶ万千代ですが・・・。

「お持ちしました!!
 かようなこともあろうかと、昼夜を徹し!!」と、あの万千代たちをいじめていた小姓が自分が作ったの如く振る舞う始末!!
手柄を取られてしまいました。

「おやめなされ、行っても無駄にございます。
 あれは酒井の一門!!
 立場が悪うなるだけにございます!!」byノブ

「向こうが徳川での権勢を誇る家の子を強みとしてくるなら、こちらは今川の国衆の、しかも潰れた家の子であることを強みとしてはいかがですか?」byノブ

「潰れた家の子の強み??」by万千代

「はい・・・あれは、潰れた家の子にしかできぬ。
 さすがは潰れた家の子!!
 いや、あっぱれ!!そういわせるのです。」byノブ
 
ノブは・・・流石は裏切り者と言わせる働きをするつもりだ・・・恥知らずだ・・・と言われるような働きをいつかすると言う。

「あ・・・しかし、井伊の殿様がまさにしておられることではないですか?
 潰れた家を利用するというのは。」by万福

今は無理かもしれないけれど、必ず意味がある・・・殿を信じてその時を待て!!
というノブ!!
殿は信じて良いお方だと・・・!!


戦いで亡くなった近藤の者たちはいないと安堵するおとわ。
なんと、直之と六左が信長から褒美をいただいたとか!!
それは、城一つにも値する茶碗!!

その茶碗を寺に寄進をするという。。。

naotora3















戦で亡くなった者たちを偲んで読経を始めるおとわ。

しばらくして・・・家康たちが浜松に戻ってきました。
どんちゃん騒ぎのお城!!
そんな中でも、万千代、万福、ノブは働いていました。

榊原様に殿の寝所に呼ばれてしまった万千代。
どうして寝所・・・??
もしかして・・・そういうこと・・・??

あたらしい褌を締めて戦闘準備完了!!

とっても可愛い勝負服の万千代です。

naotora1














??呑気にお菓子を食べるとのですが・・・??
「かような契りは結んだことはございませぬ故・・・」by万千代

「何の契りじゃ??」by家康

と、キンチョーしていたのに、笑い飛ばされてしまいました

「あの・・・槍弓を整えたのは、そなたと万福か。
 いつもよりずいぶんと細かく手入れされておった故・・・
 弓や槍は磨き込まれ、矢は寸分の狂いもなく真っすぐに・・・。
 新しくあつらえたのかと言うものもおった。
 
 小五郎がやったと言うておったが、以前はさようではなかった故、新しく入った者がやったのではないかと思うてな。

 草履棚も様変わりしておったし。。。
 そなたの事じゃ。 日の本一の留守居と言われたら、日の本一の留守居を本気でやろうと思うたのではないのか?」by家康

「誰も・・・気付いてなど下さらぬと・・・
 取り乱し、失礼いたしました。」by万千代

そう・・・家康はすべてをわかっていたのでした。

「いっそ、まこと、色小姓としてしまうという手もあるか。
 万千代!!
 ここはひとつ、まことそういうことにしてしまわぬか??」

naotora2














そんな万千代を可愛いと思ってしまったのかしら・・・??

そうね、色小姓・・・そういう説もあるぐらい、家康は直政を可愛がったといわれています。
だって、三河武士でもないのに徳川四天王だもんね

この時、直政は15歳です。
草履番をしていたのか??それは多分していないでしょうけど・・・
15歳の直政がどうやって活躍し、家康の目に留まるのか??
それは、15歳では、武功ではなかなか難しいんじゃなかったかと思います。

とにかく、直政の子供の頃の境遇は、家康の子供の頃に似ています。
家康は子供の頃、ず~っと人質生活でした。
今川にやられ、織田にとられ、嫁は今川の息がかかった女性で・・・
そして、直政も・・・子供の頃は、親元を離れ、寺での生活を余儀なくされていました。
強い大名に惑わされながら生きて来た弱小な家・・・自分の非力さを痛感する時期が長かったと思います。
そんな二人の似た境遇が、家康が直政を可愛がり、直政はご恩に報いるために命を懸ける!!そんな関係になっていったんじゃないかな??って思います。

いい感じ。
やっぱり大河ドラマは男性じゃないとね!!って思っちゃいます

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

誉れの赤 (講談社文庫)

新品価格
¥929から
(2017/11/24 17:53時点)

井伊軍志 ― 井伊直政と赤甲軍団 ―

新品価格
¥47,667から
(2017/11/24 17:53時点)

井伊直政 (中世武士選書39)

新品価格
¥2,700から
(2017/11/21 10:06時点)



今回も草履番の回です
なんと、日の本一の草履番となったので、小姓にあげてもらったのだそう。
って・・・前回、松下源太郎が出てきていたんだけれども、彼は回収しないのかしら・・・??

新しい者を指南してくれ・・・そう頼まれてやってきたのはこの人。

naotora3













本多正信でした。
う~ん、イメージが・・・違う。。。

「ノブ」と呼んでいいらしい。
このノブ、もちろん出来る男です。
この人も百戦錬磨の男です。

代わって井伊家・・・
松下は、直久を養子にもらうそう。
近藤殿もどうすればいいのか・・・
そして、六左の再就職先を探さなければ!!

人柄も良くて畑仕事ができると言っても、近藤としては不必要!!と言われてしまいました。
が・・・
「馬の世話がお上手にございますよ。」by高瀬
と、鶴の一声のようで再就職先が決まりました。
高瀬のことが好きなのか??近藤殿??!!


そして・・・ノブを教育しようとする直政ですが・・・
そこへ本多忠勝登場!!なんだか怒っていますが・・・
ず~っと徳川に仕えていた忠勝・・・
しかし、正信は・・・三河一向一揆で家康に刃を向け、他国へ逃げていました。
そんな本多一族の身内の恥なのです。
ちなみに家康は、裏切り者のこの本多正信を重用していきます。
何と言っても、諸国を歩いてきた生きた情報を大切にしていたのです。

家臣の行動から、武田が攻めて来るのでは??と、感じたノブ。
流石、これを家康は欲しかったのでしょう。
武田勝頼が三河・遠江へ進軍を開始!!
その勢いで徳川方を圧勝し、長篠城を包囲するに至ります。
浜松と岡崎が分断されてしまう!!
武田を叩けと言っている織田!!

その頃六左は・・・

naotora













窓際に追いやられていました。
いっそ武家を辞める??というおとわでしたが・・・
柄にもなく六左は武功をあげてみたいという。
戦に向いていないが故の憧れだと・・・。
そんな六左は等身大でとってもいい感じ
ほんと、この人数の少ない「おんな城主直虎」で、いい役者さんです。

その頃、草履番として上達したノブは、どんな順番で出てくるのか?ピタリと当てます。
洞察力が鋭いようです。
そこから情報を得ていくノブ。
近いうちに木が必要だということ!!
丸太を3000本用意するように織田に仰せつかったというのです。

naotora4












そこで、井伊が丸太を用意することを申し付けてくれるように願い出る万千代。

万千代の望みは「初陣!!」。

ということで、材木の調達を言いつかります。
おとわに書状を書くも、井伊の所領は今では近藤のもの。。。
どうする??

方久が家康のもとへやってきました。
薬や綿布、刺繍などをしているという・・・もちろん本題は・・・??
おとわからの手紙が・・・。
そこには、井伊谷に材木を・・・という話でしたが、そこはすでに近藤殿のもの。
物事の筋道を通して、万千代を甘やかすことなく、近藤殿にお役を命じ直してほしいと書かれていました。

そして近藤殿にお沙汰が・・・!!
10日のうちに丸太を500戦場に届けよ!!と。
そこで力を発揮するのは・・・もちろん、奥山六左衛門でした

naotora2















違った形だけれどもこれも武功・・・材木を調達し、そして徳川は長篠へ・・・!!

naotora5















ということで、草履番の事ばかりだったらどうしよう・・・って思っていたけれど、今回は、各々がいい味を出していましたね。
実は私、結構六左が好きなんですよ。
気は優しくて力持ちタイプです
ほろっとしちゃったわ・・・

で・・・本多正信も!!
草履番かどうかは知らないけれど、彼もまた一筋縄ではいかない曲者です。
そして・・・やっとわめいているだけのおとわさまから変身してくれたのかもしれませんが・・・
おとわの母としての厳しい態度です

期待していなかっただけに、とっても面白い回でした
きっとそれは、単純明快だからでしょう。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

主君 井伊の赤鬼・直政伝

新品価格
¥1,674から
(2017/11/21 10:06時点)

赤鬼 直政―徳川四天王 井伊直政の生涯

新品価格
¥11,632から
(2017/11/21 10:07時点)

再検証長篠の戦い

新品価格
¥1,944から
(2015/11/6 03:52時点)



1575年5月21日・・・その後の戦国時代を左右する戦いがありました。
織田信長・羽柴秀吉・徳川家康・・・三人の天下人VS武田勝頼の長篠の戦いです。
結果は、織田・徳川連合軍の勝利に終わりましたが、勝敗を分けた一つには、ある下級武士の激走がありました。

愛知県新城市にある設楽原・・・今から440年前、長篠の戦いがありました。
3000丁もの鉄砲を有する織田・徳川軍が、当時最強と謳われた武田の最強騎馬軍団を破った戦い・・・最新の戦法で勝ったとされています。
が・・・長篠の戦いとはどんな戦いだったのでしょうか??

当時、甲斐国を中心に強大な勢力を誇っていた武田家・・・。
これに脅威を感じていた織田と徳川は同盟を結んでいました。
勝頼は、信玄の死後・・・1575年4月・・・満を持して三河を攻めます。
このとき、勝頼には勝算がありました。
信長が石山本願寺を攻めるために大阪に進軍する!!との情報を手に入れていました。
それなら・・・三河に援軍を送ることはできないだろう!!と、岡崎城に狙いを定めます。
場内に裏切り者を作り、うちから崩そうとしましたが、情報が洩れて失敗!!

次に家康が入城していた吉田城に狙いを定めます。
勝頼は、場外での野戦を望んでいましたが、家康に籠城されてしまいました。
戦が長期化すること・・・兵力の浪費を恐れ、これも断念!!

そこで、兵を向けたのが、長篠城でした。
城主は、武田側から寝返った奥平信昌が務めていました。
長篠城を守るのは500でしたが、天然の要害で、なかなか攻め入るスキがありません。
5月1日、1万5000の武田軍は長篠城を包囲・・・城攻めは、攻め入るほうにはリスクが高く、孫子の「兵法」にも、城兵の5倍の兵力が必要だと書かれています。

勝頼は、20倍もの兵をそろえて圧倒的!!
で、長篠城攻略に臨みます。
長篠城を見下ろす医王子山に陣取り、援軍を阻止するべく付城も築き、この付城を拠点にし竹束、大楯でじりじりと攻め寄せていきます。
5月13日、長篠城の一部・瓢丸を占拠し、井楼を作り、城内に攻め入ろうとします。
しかし、城から放たれた大鉄砲で井楼は大破、完成を阻止されてしまいます。

そこで・・・兵糧蔵がある二の丸に目をつけます。
しかし、長篠城の必死の抵抗は2週間に及び、その間、城の兵士たちは、陣太鼓で鼓舞していたといわれています。
5月14日、武田軍の猛攻に耐えきれず、二の丸・弾正曲輪を放棄し、本丸を残すのみ・・・と、追い詰められてしまいました。
最後の望みは後詰・・・織田・徳川の援軍でしたが・・・
周囲との連絡を絶たれた長篠城では、後詰が来るのか来ないのかわかりません。。。
その時一人の下級武士が使者に・・・奥平家につかえていた鳥居強右衛門です。
指名は長篠城から50㎞離れた岡崎城へ行き、後詰が来るかどうか確かめること・・・。

5月14日深夜・・・強右衛門は闇に紛れて下水口から長篠城を脱出!!
川を泳いで下り・・・険しい山を敵に見つからないように、西へ・・・西へ・・・半日経って岡崎城へ!!
そこには、家康だけではなく、信長もいました。
石山本願寺との戦いを終え、家康の要請に応じて入城していたのです。
強右衛門が状況を報告すると・・・長篠城への出陣を快諾してくれました。
しばらくの休息を勧められた強右衛門でしたが・・・
この朗報を一刻も早く知らせるために、岡崎城を来た道へと引き返していきました。
再び50㎞・・・長篠城の近くに来たものの・・・長篠城は包囲され、近づくことができません。
周囲をうかがっていると・・・武田軍の兵士につかまってしまいました。

織田徳川軍が長篠にやってくることを知った勝頼・・・
武田家の家臣となり、援軍は来ないとウソの情報を流すように命じられます。
従わざるを得ない強右衛門・・・自分のための城が落ちる・・・??

「あと3日・・・城を持ちこたえろ!!」by強右衛門

勝頼は激怒し、長篠城から見えるところに強右衛門を磔にし、処刑させたといいます。
このことで長篠城の士気は上がり、援軍が来るまで持ちこたえられました。

5月15日、信長と家康は岡崎城を出て長篠城に向かいます。
そして長篠城の手前・・・設楽原に陣地を築きます。
設楽原に陣取ったのは・・・この先は、一騎打ちの節所と呼ばれる細い道になっていて、武田軍に狙い撃ちされることは明らか・・・
そして、3万8000という兵力の差を見せつけて、退却させようとしていたのかもしれません。

着々と戦の準備をする信長・家康軍・・・逆茂木や土塁を築き、武田の最強騎馬軍団に対抗するために、馬房柵を作ります。

これは3000ともいわれる鉄砲隊を生かすためだともいわれています。
馬房柵の横木に鉄砲の先を置いて撃つ!!、心理的安心・・・で安定できます。
布陣にも信長は周到!!鉄壁の布陣で挑みます。

医王子山に本陣を構えた勝頼は・・・
3万8000もの軍に対しどうするのか??軍議が開かれていました。
①一時撤退
②長篠城攻略の続行
③決戦
どうする??

「設楽原に討って出て決戦に挑む!!」by勝頼

どうして無謀ともいえる決戦を選んだのでしょうか??

それは勝頼の出自に関係があるようで・・・
勝頼は諏訪四郎勝頼と呼ばれ、諏訪氏の当主として育てられてきていました。
もともと正当な跡継ぎではなかったのです。
微妙な立場の自分が正当な後継者を重臣たち、諸大名たちに知らせるために討って出たようです。


5月20日・・・勝頼は長篠城包囲のメンバーを残し、1万2000で設楽原へ・・・連吾川を挟んで織田・徳川軍と対峙!!
5月21日午前6時過ぎ・・・けたたましく武田軍が馬房柵に突撃!!
織田・徳川軍は、戦いを有利に進めるために・・・長篠城を囲む武田の付城を攻撃!!
これによって2時間後には長篠城の包囲網を撃破!!
退路を断たれた武田軍は、前に向かって突進!!
これを待ち構えていたのが鉄砲・三段撃ちでした。
三段撃ち・・・連射のできない火縄銃・・・弾込めのロスを少なくするためと言われていますが・・・。
三段とは・・・三列ではなく三つの鉄砲部隊の意味かもともいわれています。
波状攻撃を見せる武田軍でしたが、馬房柵を越えることはできませんでした。
多くの死者がでた武田軍・・・優勢に立つ徳川軍・・・戦は6時間以上に及びました。
使者が増えていく現状に、撤退を決心する勝頼。

武田軍は本当に三段撃ちに負けたのでしょうか??

しかし、信玄が存命中から鉄砲の配備には熱心で、軽視していたわけではありません。
そして、その性能にも差はありませんでした。

勝敗を分けた理由は・・・??
鉄砲の鉛・弾・火薬だったようです。
山深い甲斐では、物資の調達には慢性的に悩まされていたようです。
その物資の差・・・弾も尽き・・・火薬も尽き・・・敵に飛び込んでいくしかなかったのです。


戦国時代は、その戦場での戦いで褒美や恩賞が決められました。
選考基準の一番は・・・一番槍・・・武田家では場中の高名が評価されました。

合戦中の矢玉が飛び交うところ・・・今回では馬房柵のところで戦うこと・・・

勇猛果敢さが必要とされ、価値があるとされたのです。

前に、前に!!退却することなく突進していきます。

兵力の消耗が半端なく・・・撤退を余儀なくされたのです。
そしてこの戦いでは、多くの重臣たちを奪われました。

この戦から7年後・・・織田・徳川軍に挑み・・・破れ・・・武田家は滅亡してしまうのです。
天下は・・・信長、家康の手に・・・!!

勇猛果敢に戦って亡くなった武田軍は、丁重に葬られ今も語り継がれています。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

検証 長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,944から
(2015/11/6 03:52時点)


<ペーパークラフトジオラマ> 戦国の合戦 長篠の戦い

新品価格
¥1,080から
(2015/11/6 03:53時点)





長篠合戦と武田勝頼 (敗者の日本史)

新品価格
¥2,808から
(2014/9/26 17:13時点)



1575年5月、戦国の世を決める一大決戦が行われました。
織田・徳川連合軍VS武田軍・・・長篠の戦いです。

nagasino3










屏風絵の題材ともなったこの戦い。。。
柵を築き戦う織田・徳川軍に対し、最新鋭の兵器にどうすることもできない武田軍。
この武田軍を率いていたのは戦国最強の武田信玄の息子・勝頼でした。

武田家を大大名にのし上げたカリスマ信玄に対し、勝てる見込みのない戦いに挑み武田家を破滅させたと思われている勝頼。
長篠の戦いは本当に無謀な戦いだったのでしょうか?
合戦図屏風の下絵にはその真実が書かれていました。

hukou
山梨県恵林寺に残されている掛け軸に、”鎧不動尊像”の掛け軸が残されています。
当時信仰されていた不動明王に信玄を重ねたものです。
家臣たちに神仏のように崇められた信玄。。。
信玄がここまで尊敬を集めていた理由は???
武田家の所領は、信玄一代でおよそ7倍となりました。
その過程で独立心旺盛な家臣がたくさんできましたが、その家臣を優れたリーダーシップで統率し、武田家を戦国屈指の大名へと押し上げたのです。

1573年信玄が亡くなると、家督を継いだのは四男・勝頼でした。
この時、28歳。。。
家臣団を統率する課題に直面します。
信玄と共に、国の拡大に貢献してきた重臣たちは、自分達が信玄と共に国を大きくしてきたという自負がありました。
若い当主に対して諌めたり押さえたり・・・勝頼自身の意見が通らないことが多かったのです。
その原因は、勝頼が家督を継いだ経緯にありました。
武田家は、長男・義信が継ぐ予定でした。
四男の勝頼は、諏訪家に・・・諏訪勝頼だったのです。
その後、長男・義信は謀反の疑いをかけられ廃嫡。
他の兄たちも早くに死去したために、勝頼が継ぐことになったのです。
諏訪家の人間が武田の家督を継ぐのは・・・争いなき家督の簒奪である。。。という考えを持っている家臣たちもいたようで。。。
勝頼と折り合いが悪く、勝頼に反対意見を述べる人も多かったのです。

勝頼が重臣のひとりに出した起請文には・・・


katuyori
”努々心中に粗略あるべからず候
 勝頼存知のため、異見申され候はば、具に聞き届くべく候”

と書かれています。
このように、起請文によって重臣たちとの関係を改善しようとしていました。

さらに勝頼は、軍事的行動に出て求心力を高めようとします。
最大の課題は父・信玄以来の宿敵を打倒することでした。
西へと領土を拡大しようとしていた信玄・・・その敵は、織田信長・徳川家康でした。
父の悲願を勝頼が受け継ぎます。


信玄の死後翌年の1574年東美濃に侵攻。
勝利を重ね、18もの城や砦を攻略します。
さらに遠江にも侵攻、難攻不落の高天神城を落とすことに成功します。
勝頼率いる武田軍は連戦連勝だったのです。

信長が信玄に宛てた手紙には・・・
”四郎は若輩に候といえども信玄の掟を守り、油断の儀無く候”
と書かれています。

信長は、勝頼を怖れていました。
勝頼は、信玄同様、信長の大きな脅威となったのです。

1575年4月・・・信玄の三回忌法要を済ませると、軍事行動を起こしました。
家康の本拠地・三河に1万5000の兵を率いて侵攻します。
5月1日・・・長篠城に到着!!城を取り囲み、周りの山に砦を築きました。
長篠城は要衝・・・この城を抑えれば、家康の浜松城と岡崎城を分断し、大打撃を与えることができる!!

家康は自力では対抗できないと、信長に援軍を要請!!
5月13日織田軍岐阜城を出陣!!
その数は、武田をはるかにしのぐ3万でした。
鉄砲の数は、1000丁とも3000丁とも言われています。
刻々と迫る織田の軍・・・それは、勝頼にとっては父の悲願、信長と家康を一気に叩く好機ででもあったのです。

5月14日信長の援軍が家康の待つ岡崎城へ到着!!
織田・徳川連合軍は3万8000の兵力になっていました。

ここで連合軍は・・・長篠城の救援には向かわず・・・3キロ離れた設楽原に止まります。
動きを止めて、柵を作り始めました。
自分達にとって戦略的に有利になる場所に布陣して武田軍を牽制し、相手の動きを待ちます。
武田軍の側面からの攻撃のできない場所で、前から戦う!!事のできる地形でした。

勝頼の長篠城攻めは膠着状態・・・城の中には兵が500・・・しかし、奥平貞昌は必死の抵抗を見せて、落城を免れていました。

この状況下で、勝頼の陣で軍議が始まりました。
甲陽軍鑑にると、3つの戦術があったようです。

①撤退・・・領国に撤退
信玄時代からの家臣

②迎撃・・・天然の要害・長篠城を奪って迎え撃つ

③決戦・・・勝頼の家臣

織田・武田が設楽原で動きを止めて2日・・・
5月20日、遂に勝頼は行動を起こしました。
長篠城の包囲に3000の兵を残し、自らは1万2000の兵を率いて設楽原へ移動!!
川を挟んで連合軍に対峙しました。

この時、勝頼の考えていたことは???
「敵は手立てを失い、一段とひっ迫している!!」と、判断していました。
今こそ本意を遂げたい。。。!!

21日・・・夜明けとともに、武田軍の進撃が始まりました。
総攻撃は行わず、敵の出方を見ながら・・・
信長は、勝頼をだまし、はぐらかそうとします。
前線にすべての兵を配置せず、丘陵の奥に隠したのです。

さらに2時間後・・・勝頼は衝撃的な報告を受けます。

「徳川軍、奇襲!!」

nagasino
長篠城を包囲していた砦が奇襲を受けて陥落したというのです。
夜のうちに、酒井忠次が別働隊を率いて行動・・・夜明けとともに仕掛けていたのでした。
背後は絶たれ・・・総攻撃!!
信長・家康の陣へ・・・突撃!!

柵の前後から鉄砲で攻撃する連合軍・・・
柵にたどり着くことさえ出来ない武田軍・・・最強と言われた武田軍が、完膚なきまでに表現された屏風・・・。

しかし、最近注目されているのは、別の絵師によって描かれた屏風の下絵。

ここからは、連合軍による鉄砲の連射にもかかわらず、柵までたどり着き攻め寄せる武田軍!!
柵の中に逃げこむ織田軍・・・!!

弓・鉄砲を打ち破って・・・倍以上の連合軍に勇敢に4時間も猛攻をしたと言われています。
しかし、圧倒的な力に武田軍は力尽きてしまったのです。

勝頼は再起をかけて領国へ撤退するも・・・
今まで支えてくれた重臣たちと数千の兵が、この戦いで命を落としたのです。
連戦連勝をしてきた勝頼・・・はじめて大きな敗北をしたのでした。

織田・徳川連合軍と武田の戦い・・・
信長は戦いののち、各地の大名や家臣に大々的に伝えています。
”即時に切り崩し、数万人討ち果たし候”
”四郎赤裸の体にて一身逃げ入り候”
信長は、勝利を誇張して知らせることで、自らの強大さを強く知らしめようとしたのです。

勝頼は、敗戦をものともせずに、国力回復に力を注いでいました。
家臣たちに兵や武器の準備を命じた軍役書を何度も送っています。
その内容は、鉄砲1丁につき玉薬300・・・など、細部にわたっていました。

勝頼は統率を強化するように努めたのです。
勝頼の努力によって、領地は信玄のときよりも拡大!!
さらに勝頼は、信長との差を埋めようと努力します。
その差とは???

信長が使っていた弾丸のうち13発中4発が、中国・朝鮮・東南アジアなど外国産の鉛を使用していました。
信長が、南蛮貿易によって火薬・鉄砲玉の輸入が可能だったのです。
織田と武田の差は交易力・・・!!
これを解決するために。韮崎市に新府城を築きます。
こちらは甲府城の倍近くあり、釜無川を下れば駿河湾に到達し、交易・商業が可能になるのです。

着々と新たな体制を作ろうとしていた勝頼・・・。
1582年2月、織田軍が武田領内に侵攻!!
これに徳川・北条も呼応し、三方から大軍に攻められる窮地に落ち・・・家臣たちは敵に寝返っていってしまったのです。
勝頼の急激な改革が家臣たちの心を遠ざけていたのです。
武田家終焉の地・・・山梨県天目山!!
わずかな手勢と共に逃げ込んだ勝頼は、自害したとも殺されたとも言われています。
1582年3月11日・・・。
天下にあと一歩及ばなかった勝頼・・・
信長は言ったと言います。

”日本にかくれなき弓取”と。




↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村



戦国時代 ブログランキングへ

検証 長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,944から
(2014/9/26 17:14時点)

このページのトップヘ