日々徒然~歴史とニュース?社会科な時間~

大好きな歴史やニュースを紹介できたらいいなあ。 って、思っています。

タグ:龍雲丸

井伊直政 逆境から這い上がった勇将 (PHP文庫) [ 高野澄 ]

価格:907円
(2017/11/2 15:56時点)
感想(0件)



去年は盛り上がったなあ・・・真田丸!!
一応、見るだけは見ている直虎です。
直虎も、花燃ゆも・・・私が文句を言うと、旦那さんは「仕方ないやんか・・・それが史実なんやから・・・」って言います。
ああ・・・大河なんだから、というか、何も資料の残っていない直虎なんだから、いいお話を盛り込んでほしかったんですけどね

強大な武田相手に戦おうとする近藤殿に対し、兵である民を逃散させることで戦うことをやめさせようとした直虎。

naotora











それに同意した近藤殿は城を焼いちゃったよ・・・。
戦わずに城を焼く・・・武士として嫌だったろうなあ・・・。
怒って、村ごと焼きはらった信玄!!
すべて直虎・・・あんたのせいだよ。。。

隠れ里に来たみんな、これからどうする??

南渓和尚が信玄に会っています。
武田が来ると聞いて、逃散させたのは我等井伊で、近藤に敵対しているためにやったみたいなことを言って・・・
いよいよ近藤殿との関係がややこしさMax。。。民百姓も、誰も近藤殿が治めることを心良しとせず・・・われらがとってかわりたい・・・と言い出しました。

大体からして井伊谷三人衆なんだから、助けてくれるんじゃないの??
政次をいい者にしたから、話しがごっちゃになって、理解不能状態になってきたような気がする・・・。
すべては政次をいい者にしたからかも

近藤と井伊が反目しているように見せかけて、武田には井伊が治めているように見せかけて、徳川には井伊を追い払ったと言えという直虎。
了解した近藤殿ですが・・・それでいいのか??
おかしくね??

やっぱり、政次は悪者で良かったんだよ・・・。
そうすれば、みんなで取り返しためでたし、めでたしだったのに・・・。
何のための井伊谷三人衆なんだか、みんないつの間にか・・・粗雑な扱いじゃん。

高瀬がまたもや近藤殿に薬を盛ろうとし・・・武田の間者であることがバレちゃいましたが・・・。
間者だったのに、直親の子であるのは本当で、借金のためにそうせざるを得なかったという。
近藤殿を殺せば、武田にいいだけではなく、井伊の物になるのでは??という高瀬。。。
怒ってひっぱたく直虎ですが・・・。
井伊を再興しようとは思わん・・・ただの娘として生きよ・・・って
??これで終わり??
高瀬・・・暗殺しなきゃ、殺されるんじゃないの??

どちらにしても、なんだかんだとあやふやで・・・。
そう思うと、直親も、政次も立ち位置がグレイというか、何もかもあやふやというか・・・
白黒決めなくても、この時は味方、この時は敵!!と、はっきりと書いてくれればモヤモヤしないのにね・・・。

でもって、里に戻れるとなった民百姓たち。。。

naotora2












残念ながら焼かれてしもうたがの・・・

何で帰れるのかも、今一つわからん。

おまけに、焼き払われたから焼き畑農業出来るって喜んでる始末。。。

村を作りはじめ、勇んで村を造り始める直虎ですが・・・
そう、もうこの地は井伊の物ではない・・・!!

一生懸命村を作り直そうとしている直虎・・・龍雲丸と一緒に堺に行くことは忘れてしまっていたらしい。。。
復興を見ずして、行っていいのか??悩む直虎ですが・・・

naotora3












結局、堺行は龍雲丸に振られた形で、終わるのでした。
ああ・・・よくあるパターンです。しらける・・・。
女主人公の場合、男の方が忖度してくれて身を引いてくれるっていうご都合主義的な感じ。。。

ちなみにいつも言ってますが、私は「タイタニック」で泣けなかった女なんですが、女主人公が彼(ディカプリオ)が自分の命を捧げて助けてくれたから力強く生きなければ!!って都合よく取り過ぎているから。。。
それは、この副題のもとになる「風と共に去りぬ」も・・・。
「風と共に去りぬ」という題名は、南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」事を意味しているんですが・・・。
我儘放題に生き抜くスカーレットに、私の大好きなレットが疲れ果てて去っていくという・・・。
男を踏み台にしてタラの地で強く生き抜くスカーレットなんですが。。。
嫌われてもそれぐらい・・・やるならそれぐらい悪者でやってくれてもいいんですよ??直虎!!
やっぱり日本的というか、主人公は善で、そのためにみんな忖度しあうという・・・。
そう、それが日本なのね。

信玄の死によって、井伊谷は再び徳川領に・・・で・・・直政登場!!
何でこっちに来たんだか・・・よくわからないのに元気に登場!!

naotora4












そこには直親の面影が・・・!!

本当の主人公のやっとこさの登場ですか・・・??
井伊直政は、三河武士・譜代でもないのに徳川四天王となった有能な男です。
知れば知るほどこの男が主役ではダメだったのか??

あ・・・男、女、男、女・・・と、主役が交互でないとダメだからか!!
そう思うと、勿体ない・・・どうやってのし上がったのか??魅力的な直政です。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

家康を支えた三河武士本田忠勝・井伊直政 花実兼備の勇将/直虎と直政の時代 [ 市橋章男 ]

価格:1,199円
(2017/11/2 15:56時点)
感想(0件)

赤備えの鬼武者 井伊直政【電子書籍】[ 近衛龍春 ]

価格:1,944円
(2017/11/2 15:57時点)
感想(0件)

もし「孫子」が織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の戦いを見たら、軍師として誰に仕えるか10分で読めるシリーズ



直虎は、井伊家の再興を諦め、井伊家の人々はそれぞれの道を歩み始めた。
一方、遠江を手に入れた徳川は、今川氏真と勝手に和睦したため、武田の怒りを買うこととなってしもうた。
元亀三年、秋・・・。
井伊谷は近藤の下、のどかな日々が続いておった。
直之や高瀬は近藤に仕え、祐椿尼は龍潭寺に身を寄せ、方久は薬の行商を始めておった。

お終い!!な回です。

あやめの刺繍に惚れ込んで・・・

naotora












求婚する方久。

龍雲丸は炭を焼き・・・おとわ(直虎)と、夫婦のよう・・・。
幸せなひとときを過ごしていました。

本当に・・・??龍雲丸・・・??女性の影・・・??

naotora2













恋文か・・・??
と思ってケンカが始まりました。
が・・・その手紙は中村屋からのものでした。
中村屋が堺にいる・・・龍雲丸に堺に来ないか??と、お誘いの手紙だったのです。

一緒に来ないか??という龍雲丸。

と、キンチョー感全くなし!!と思っていたら、高瀬のところへやってきたのは・・・。
やはり高瀬は武田の間者・・・??
しくじれば命はない・・・!!

久し振りにおとわに会いにやってきた母上・・・。

naotora3












「母には野望があるのです。
 そなたの孫を抱くことです。
 母は、孫が抱きたいのです!!」by祐椿尼

と、いい年をして頭を手放してはダメだと言い出す母です。
一緒に堺に行くことを勧めます。

ま、こうでも言わないと幸せにはなれないというところからきてるんでしょうけどね・・・。
いくら還俗したとはいえ、もと尼僧なんですよ・・・??
実際は、寺で尼として過ごしていたんだろうなあ・・・この時期。。。
尼として暮らしながら、実は策を練っている・・・そんな直虎を見たかったんですけどね・・・。
男が切れないわ・・・

龍雲丸と一緒に行くと言い出した直虎。。。
もう、どうでもいいわ・・・こんな大河・・・。
といわせるには十分なシチュエーションです。
ああ・・・柳楽優弥勿体ない・・・!!

そんな中、武田が遠江の徳川領に攻め入ってきました。
さらに・・・織田も武田に一杯食わされた・・・!!

丸裸の徳川!!
って、丸裸ってことが全く伝わってこないわ・・・。
ロマンスする時間はあるのに、なんで説明してくれないかなあ・・・戦国時代を!!

naotora4













これからどうするのか??
みんなで一緒に考えます。
でも、雲行きを見ているだけらしいわ・・・
ま、井伊が無くなったんだから、仕方ないか・・・。

徳川を助けるべく、佐久間信盛参上!!
戦うしかなくなってしまった徳川!!

って・・・ここら辺の説明ほとんどなし!!
歴史を知らない人は、全くわからないでしょう。

naotora5












で・・・ここで気付くのか・・・??
三方が原の戦いと・・・!!

それで・・・井伊はどうする・・・??

逃散です!!

そのことで、直虎に怒ってやってきたのは近藤康用。
武田に組することをさそう南渓和尚。
村ごと逃げたのに・・・そこに高瀬の姿無し!!

その頃、武田は井伊谷の目前に迫っていました。

逃げなかった高瀬。。。

naotora6












近藤殿に薬を・・・。

武田が襲ってきたと、椀を口にせずに出る近藤殿・・・。
薬を盛った高瀬もちょっとホッとしている模様・・・。
情に絆される・・・??

武田は2万!!
どうする??

「それでもまだ、戦われますか・・・!!??」by直虎

naotora7















カッコいいんですけどね・・・コウちゃん。
勝ち目のない戦いをするより、逃げることを選ぶように説得!!
納得したものの、城に火を放つ近藤殿!!

火を放った城の中には高瀬が・・・
助け出す龍雲丸と直虎!!

「うむ!!」って言うな~~~!!
自然な「うむ。」を、氏真に教えてもらってほしいわ。。。

「武田が来たりて火を放つ」って、火を放ったの近藤殿じゃん!!

無理くり副題にすんのやめてほしいわ、ほんま!!
↑の文章なら、火を放つのは武田じゃなければならないんじゃないの・・・??

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

武田信玄 全4巻セット (文春文庫)

中古価格
¥429から
(2017/10/31 15:15時点)

武田信玄 [DVD]

中古価格
¥10,650から
(2017/10/31 15:16時点)

井伊直虎 一冊でわかる大河ドラマ・ヒロインのすべて (歴史REAL)

価格:972円
(2017/10/17 22:46時点)
感想(0件)



「和尚様!!
 気賀が・・・気賀が、徳川に襲われました!!」by方久

そうでした。

naotora














まさに・・・地獄絵図とはこのことです。

「我が・・・気賀に城など建てるから・・・」by直虎

生きているものを探す龍潭寺のみんな・・・。

見なれた・・・直虎が龍雲丸にあげた水筒が・・・
そこには見慣れた顔・・・瀕死の重傷を負った龍雲丸でした。

「頭、しっかりしろ!!頭!!」by直虎

龍雲丸を寺に連れて帰る直虎たち。。。

直虎の手厚い看病の結果・・・

naotora2













生き返る龍雲丸。

「徳川様は、まずは船で気賀の民を逃がしてから、大沢の兵を攻め落とすと言うておられたのですが、さようなことはなさらず、城に乗り込み・・・。
 
 大沢を下らせるには、見せしめがいると言うておられました。」by方久

徳川の苛烈なやり口は、ただならぬ恐怖を与え、浜名の雄・大沢元胤はとうとう徳川の軍門に下ったのじゃった・・・と、梅雀さんのナレーションでした。

徳川の悪者を一身に背負っている酒井忠次ですが・・・
どうでもいいお話を挟むことよりも、ほんと資料のない直虎なんだから、そこら辺のことをもっと細かく書いてほしかったような気もします。
それとも、あくまでも家康をいい者に作り上げるために、汚い、悪い部分はあえてドラマ化しないのかしら??
って思ってしまいます。
実際、例えば、大坂の石山本願寺や堺の商人、紀州の雑賀衆・根来衆etc.・・・
大名の領地であって領地でないないところはたくさんありました。
気賀も商人の町、武士に刃向かって当然だったと思うし、戦ったかもしれません。
この時代の人は、民であっても黙ってやられるような輩はいないんじゃないかな??って思います。
きっと、気賀も自立心の強い商人の町だったからこそ、見せしめにしなければならなかったと思うんですが・・・
どうでしょう??
そうなると、家康がどうしても凄惨なまでの仕打ちをしなければならなかったという大義名分が出来ると思うんですけどね??
信長なら比叡山焼き討ちも、石山本願寺攻めも、凄惨なほど伝えているのにね??

あくまでもいい者なのね、家康!!??

そして意識の戻った龍雲丸。
どうも、直虎の流れるような教であの世から戻ってきたらしい・・・。

その頃掛川城下では常慶が徳川からの和睦の話を持ってきていました。


近藤の屋敷に負傷者の治療に向かう直虎はじめ龍潭寺のお坊さんたち。。。

「近藤の者など、一人残らずのたれ死ねば良いのじゃ!!」と、坊さんにあるまじきことを言っていた直虎も向かうことに・・・。

鈴木重時といい、近藤康用といい、本来ならば井伊谷三人衆なんでしょう??
なんだこの扱い・・・
小野政次をいい者にしたからこの三人を悪者に仕立て上げないといけないかったのかしらねえ??
井伊谷三人衆という割には、井伊のために何もしてくれていない人たちとして書かれています。
もっと、一致団結しないのかなあ??
ここら辺も、史実を検索しないでドラマだけ見ている旦那は全く理解できていない・・・。
戦国時代が大好きな旦那ですが、「何が近藤殿??」みたいな感じで見ています。
そうなんですよね??全く人間関係がわかりません。


戦に嫌気がさしたと氏真に告白する家康。
戦好きではなく、せねばならないように追い込まれるという家康。。。
ああ・・・やっぱりこのドラマの家康はいい者なのね??

「・・・大名は・・・蹴鞠で雌雄を決すればいいと思うのじゃ。
 よいと思わぬか?
 もめ事があれば、戦の代わりに蹴鞠で勝負を決するのじゃ。
 さすれば、人も死なぬ、馬も死なぬ、兵糧も要らぬ・・・人も銭もかからん・・・
 
naotora3












 ところが・・・それでも戦になる。
 蹴鞠の上手いものをめぐり、奪い合いが起こり、それが引き金となり、また同じことが起こる・・・
 和睦は有難いぞ!!
 三河守殿!!」by氏真

と、頭を下げる氏真がそこにはいました。

おお・・・やっぱり、カッコいいですね、氏真!!
この蹴鞠のくだりはほんと、その通りだなあ・・・って思います。
きっと平和な時代に蹴鞠や和歌を楽しんでたかったんだろうなあ・・・無理をしていたんだろうなあ・・・と、バカではない、哲学的な氏真は、この戦国時代を本当に悩み、悔やんだ事でしょう。

ちなみに・・・井伊の隠れ里では政次のマネなんかをして遊んでいるらしい・・・
「なんと・・・但馬は生きておったのか・・・」by直虎
ということで、「蘇りし者たち」に行きつくのでしょうが・・・なんとも直虎の涙が浅い・・・

坊主となった方久・・・
戦道具を売るのではなく、薬を売って儲けるのだそうです。
ああ・・・気賀の城主代理をしていたのに、何の反省もなく、巨万の富に突っ走る方久です。
なら。。。頭を丸める必要はなかったんじゃないの??って思うんですよね。
頭を丸めるなら、自分の城代としての器のなさで亡くなった気賀の人たちの事を思ってほしいし、ただ儲けるなら頭を丸める必要はなかったんじゃないか??って思う私です。

龍雲丸は、仲間のことを想い・・・生き残ってしまったことを悔い・・・
それは私も同じだと慰める直虎・・・。

と・・・なんだかな~な、シーンの後、

「北条へ戻るのですか?」by春

「ん・・・徳川様がそれが良いと・・・ん??」by氏真

naotora4












「何やら、妙に晴れ晴れとしたお顔をしておられるので・・・」by春

「叱られるかもしれぬが、肩が軽うなった・・・。
 桶狭間から十年、わしは身の丈に合わぬ鎧をつけられておったような気がするのじゃ。
 これからは、わしのやり方でも舵が取れるような気がするのじゃ。
 ハハハ・・・!!」by氏真


そして、家康が掛川城に入り、遠江全域は徳川の支配するところとなったのです。

「入れたのう・・・入れてしまったのう・・・」by家康

そして・・・遠江をとられたことに怒り狂う信玄!!

ということで、なんだかかっこよくなってきているなあ・・・って思っていたら、すんごく良かった氏真です。
言葉の一言が凄く重い。。。
だからこそ、戦国の世を、武士を捨てることで、しぶとく生き残ることができたんでしょうね



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

井伊直虎 女領主・山の民・悪党【電子書籍】[ 夏目琢史 ]

価格:756円
(2017/10/17 22:47時点)
感想(0件)

女城主・井伊直虎と徳川四天王 (Mediaboy mook)

価格:680円
(2017/10/17 22:47時点)
感想(0件)

大河ドラマ 武田信玄 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚セット

価格:19,440円
(2017/9/7 17:41時点)
感想(1件)



副題「女たちの挽歌」・・・って、誰のための挽歌なんでしょうね??
もちろん時間軸を止めているあの方です

武田信玄は、今川を戦に引きずり出すべく嫡男・義信を自刃に追い込みました。
一方、今川は、武田の天敵・上杉と結ぶことで、戦に持ち込ませないように持ち込もうとします。

戦そのものを避けることはできないか・・・??
ということで、家康に書状を送ります。

naotora

















どうする・・・家康・・・??

いきなり・・・寿桂尼さまが死んじゃいました。

naotora5















前回のお仕事で、全ての力を使い果たしちゃったんでしょうね・・・女大名様、ご苦労様でした

これでまた一つ、この作品の重みが無くなってしまった・・・。
この重みは、武田信玄が継いでくれるのかなあ・・・??


そして・・・時代が動き出すのでした。

駿府はもう終わり・・・??
武田が攻めて来る・・・??
戦が始まってしまうのか・・・??

そこへ常慶登場!!

naotora3

















家康の返事を持ってきました。
徳川には、武田からも話が来ていました。

大井川から西を徳川が、東を武田が・・・という条件を出してきたのです。
武田はこの時、織田と組んでいました。
つまり、徳川は、武田と組まなければ、織田をも敵に回してしまうのです。

「此度、上杉と通じるは、断念せざるを得ないとなりましてございます。」by常慶

「では、戦になるのはもう避けられぬと・・・??」by直虎

「はい・・・おそらくは今年のうち・・・。
 遠江には徳川が攻め込んでくることになろうかと。
 井伊はそれでも、今川方として戦うおつもりかと、確かめに参った次第にございます。」by常慶

「それでもとは・・・??」by直虎

「あの書状は、明らかに今川にお味方する者のご意見かと・・・??」by常慶

「我はただ、戦そのものを避けたかったというだけじゃ!!」by直虎

「では・・・徳川にお味方なさいますか・・・??」by常慶

これは・・・書状自体が藪蛇か・・・??

人質に、虎松さまの母君をいただきたいと言われてしまう直虎。。。

何故、人質を渡さねばならぬ・・・??と、この時代に、甘ちゃんなとぼけたことをいう直虎です。

ということで、常慶の実家の松下家におしのが嫁ぐことになってしまうのですが・・・
これは、直虎が、虎松を守るために”松下姓を名乗らせた”と持って行く方が、お家を守った感があっていいと思うんですが・・・
ただの勇み足になっちゃったのか・・・。というか、このドラマでは、あえて策を弄しないのだろうか・・・??


人質を願いにおしのの元に行く直虎。。。
おしのはすんなり聞き入れてくれました。

「行ってくれるのか??」なんてとぼけたことを言う直虎

う~ん・・・ここは当たり前だろう・・・??
戦国時代なんだから・・・
直虎より、しのの方が、よっぽど大人になってたんでしょうね・・・
子供を産んだ女性の方が優秀とは言いませんが、このドラマでいつまでも少女少女している直虎を見ていると・・・しの、母は強しでしょうか??

naotora4

















納得できない虎松ですが・・・。

そんなしのと反対に、しのを嫁がせないために武田と手を結んだほうが良いか??とか、いろいろ変な策を弄しようとする直虎。。。
そこらへんが、少女、少女な考え方で、嫌になってしまうのだ・・・。

その点しのは、全て承知のこと・・・。

「嫁ぐにあたり、殿には一つお願いがございます。

 私が嫁ぐということを、上手く取引にお使いください。
 井伊のためになるような何か・・・
 そして、その話をいつか虎松にしてやってください。。。」byしの

「心得た・・・」by直虎


「そなたの父上は、あるお家と仲良くしようとし、殺されてしまいました。
 此度、母が嫁ぐのは、そのお家と再び仲良くするためです。
 父上の志を母が継ぐことができる。
 考えてみれば、これは大層やりがいのあることです。
 ゆえに、行かせてくれませんか・・・??」byしの

「嘘じゃ!!
 母上は、虎松と離れたくないはずじゃ!!
 母上は、虎松のことが一番お好きなはずじゃ!!
 一番大事なはずじゃ!!」by虎松

「その通りです!!
 虎松は母の宝です。
 だからこそ、大事にしたいのです。
 
 母は、虎松に力強い味方を作ってやりたいのです。
 母が嫁げば、そこは井伊のお味方となるし、子ができれば、そなたの兄弟が増えます。
 虎松には、沢山、沢山、味方を作ってやりたいのです。
 故に、笑って送り出してはくれませぬか??」byしの

泣きながらも承知する虎松・・・

ほんと、直虎よりよっぽど周りが見えているという・・・できた方です。
最初っからこんなしので良かったんじゃないの??
っていうか、この数年でのしのの成長に比べると、主人公の成長が全く見えないのは・・・
周りの男子が助けるからじゃないの??って、斜めに見ちゃいます

「一つだけ、聞き届けてもらいたいことがある。」by直虎

「恐れながら・・・」by常慶

「ならば、井伊は武田と結ぶがよいか??」by直虎

「お伺いいたしましょう」by常慶

「徳川が攻め入ってきた折、我等は城を明け渡し、決して逆らいはせぬ。
 されど、その先兵を出すこともせぬ。」by直虎

「その後、徳川には加勢なさらぬということにございますか?」by常慶

「いかにも!!」by直虎

「しかし、それでは新たな地の安堵などは出来かねますが・・・」by常慶

「井伊と気賀、こちらは今以上の安堵は望みませぬ。

 我等の望むことは、喜びに満ちた日々!!
 井伊の目指すところは、民・百姓、一人たりとも殺さぬ事じゃ!!」by直虎


う~ん・・・”喜びに満ちた日々!!”から、嘘くささ満載!!
綺麗ごとだけじゃ、この戦国、やっていけないでしょう・・・??
まだまだ青二才というか・・・
大体、どうして徳川に対してこんなに強気に出ることができるのか・・・??井伊・・・??

「今日から我がそなたの養母となるが、母とは思わんで良い。
 我にはしの殿の代わりは出来ぬし、我のことは父と思うてほしい。」by直虎

禍を避ける木・・・良縁を結ぶ木・・・愛しいものの無事を祈る木・・・
梛の木を植えて・・・しのは旅立っていきました。

その頃・・・駿府では・・・??
今川と武田の決裂が表立ってきていました。
どうしても戦に持ち込みたい武田・・・!!

「もはや・・・戦しかあるまい・・・!!」by氏真

そしてその火の粉は井伊にも・・・!!

ということで、相変らず直虎は危ない橋を渡っています。
しのの成長を見ると、もっと成長してもいいと思う直虎ですが、そこは、政次や龍雲丸に助けられる少女漫画な主人公なので、人間としての成長が今一つなのかもしれません。

今回で、しのの人間としての株が一気に上がり、キャラ的にも深みが増したと思うんです。
このままのギャーギャーと、甘ちゃんな直虎だと、これから年をとっていくというのに、人間的な深みが・・・例えば、信玄や家康ならば老獪とでも言えるいやらしさが全くでない人間で終わってしまいそうです。

あ・・・主人公だから、綺麗でいいのか・・・??
大河の女優さんは年も取らないしね・・・??



↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

武田信玄と二十四将 イラスト&解説でよく分かる! (リイド文庫) [ すぎたとおる ]

価格:514円
(2017/9/7 17:41時点)
感想(3件)

武田信玄(第1巻) (SPコミックス) [ さいとう・たかを ]

価格:648円
(2017/9/7 17:41時点)
感想(0件)

赤鬼直政 徳川四天王井伊直政の生涯 [ 市橋章男 ]

価格:1,296円
(2017/9/1 17:29時点)
感想(0件)



今川の意に逆らって、自らおんな城主となった直虎は、あの手この手で内政を立て直し、その一風変わったやり口は、人々の頼りとされることとなり、遂には気賀を手中に治めることに・・・
しかしその裏で、もう一人の女子が熾烈な戦いを繰り広げておった。
ということで、今回は、寿桂尼さまの回のようです

ま、本当は、直虎よりもこの人の方が、おんな城主として戦国大名達と渡り合ったイメージが強いですね。
なので、大河が直虎となった時、おんな城主ならこっちの方がエピソード多いのにな・・・??って思った寿桂尼さんです


武田に孫・鈴を取り返しに行く寿桂尼です。
義信の妻(氏真の妹)・鈴は、夫亡き後も買いに留め置かれていたのです。

鈴はどうなるのか・・・??

使者として寿桂尼がやってきたと聞いた信玄は・・・ビックリ!!

「心の臓がいかれておったのではなかったのか??
 化け物か、あの婆は・・・!!」by信玄

naotora2
















駿府に返してもらえるように頼む寿桂尼ですが・・・チクリと一言!!

「そうそう、今日にいらっしゃる御父上、便りはございます?
 
 お父上は、織田方ともよろしくお付き合いをしておられるようですよ?
 老婆心ながら、そなたほどのお方が、尾張の若造に足をすくわれませぬように・・・」by寿桂尼

naotora5
















「ご忠告、痛み入ります。。。」by信玄

と、バチバチの二人です。
そうね・・・こんな大河が見たいって感じかな・・・??

naotora3











武田ではどんな感じだったか聞く氏真ですが・・・
ポジション的に、鈴は返してもらえないだろうと推測する寿桂尼・・・
ではどうして行ったのか・・・??
それは、北条に仲介を頼む前の布石だったのです。

老体に鞭を打って北条にも向います。
自らの哀れな姿を晒すことで、同情をひく作戦です。
壊れかけた心の臓を抱えた寿桂尼の、命がけの奔走が功を奏し、北条の仲裁によって、鈴とその娘は北条に戻されることになりました。

その条件は・・・武田に誓詞を出すこと・・・!!

誓詞を出すことに怒りだす氏真ですが・・・

「お見苦しや太守様!!泣き言を言うたものから負けるのです。 右筆を・・・!!」by寿桂尼

と、どすを利かせる寿桂尼です。

これにて一応の決着をみることになったものの・・・自分が必要なのか??と、いじけてしまう氏真は、現実逃避に走ったのでした。

気賀を手に入れた直虎は、堀川城落成!!

上代になったのはなんと方久でした。
全く変わらない気賀・・・願ったり叶ったりの商人たちです。

naotora1


















そこへ龍雲丸がやってきました。
ビミョーな複雑な雰囲気の直虎ですが、そんな女子的な直虎は必要ないんですけど・・・もうやめてくんないかな・・・。

いじけてジオラマで遊んでいる氏真・・・
上杉との盟約が整ったと寿桂尼。
書状は太守様にお考え頂きたい・・・と言うものの・・・花押は押すと言う氏真・・・。
ま、氏真をすっ飛ばしていろいろ動いた寿桂尼が悪いんでしょうが。。。
こんなに賢い寿桂尼なのに、孫の教育はしっかりとやっていなかったのかな??
太原雪斎何やってんだろ・・・??

「いつまで居れるかわからぬのです・・・」by寿桂尼

過労がたたったのか、倒れてしまう寿桂尼。。。
ちゃんとできる??氏真・・・??

おばば様のために、昔の栄光を・・・美しい調べと踊りを・・・宴を・・・
安心して冥途へ行けるように・・・。

今川の栄光の世が・・・そこにはまだ子供だった氏真・・・そして、寿桂尼にとっての大事な息子・義元も・・・!!

何をなすべきか・・・決意の氏真でした。

寿桂尼に呼び出された直虎・・・

naotora4

















初めてであった時のこと・・・
後見を許してもらった時のこと・・・

「そなた・・・あれをどう思うておる?」by寿桂尼

「あれとは・・・??」by直虎

「直虎のことじゃ・・・
 恨むなという方がむりであろうの・・・
 今でも恨んでおろう??」by寿桂尼

「家を守るということは、綺麗ごとでは達せられませぬ。
 狂うてでもおらねば、己の手を汚すことが愉快なものなどおりますまい。
 汚さざるを得なかったものの闇はどれほどのものか・・・」by直虎

共感できるほとんどおんな城主だった寿桂尼と、今おんな城主直虎・・・
二人はわかりあった・・・

と思いきや・・・!!

離反相次ぐ今川で、粛正の風が吹き始めました。
そう・・・寿桂尼の作ったデスノートには・・・井伊家も・・・!!

信用できない理由は、

「あれは・・・家を守るということは、綺麗ごとだけでは達せられぬと言うたのじゃ。
 いつも我が己を許すために、己に吐いておる言葉じゃ・・・
 おそらく同じようなことを、常日頃思うておるのであろう・・・
 我に似た女子は、衰えた主家に義理立てなど決してせぬ・・・!!」by寿桂尼

「では・・・井伊については、筋書き通り・・・」by氏真

ということで、井伊をどうにかしてしまいそうな今川です。

武田、今川、上杉・・・戦になりそうな雰囲気ですが・・・徳川次第と踏む南渓和尚。

どうする・・・徳川・・・??

ということで、この回は、とっても面白かったと思います。
とりあえず、いつも戦国の最初に義元が死んで終わっちゃう今川家のことが詳しく知ることができました。
策略、謀略がないとのし上がれないし、生き馬の目をぬくこともできないし、生き残れないから~~~!!
なんだか知らないけど、誰かが助けてくれるような少女漫画大河よりも、こんな大河が見たいと思うのです。

やっぱり大女優は違うのかしらね??
浅丘ルリ子さん、黒くって、何考えてんのかわかんないところが、とってもかっこよかったです。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

戦国時代 ブログランキングへ

侍・和柄・戦国武将Tシャツ(井伊直政)【大河】【赤鬼】【徳川】【送料無料】【お土産】【プレゼント】【半袖】

価格:1,620円
(2017/9/1 17:29時点)
感想(0件)

【送料無料】井伊藩主シリーズ 直虎~アップルテイスト炭酸飲料~330ml瓶×1ケース(全24本)【井伊直政】【井伊直虎】【彦根城】【サイダー】

価格:6,060円
(2017/9/1 17:30時点)
感想(0件)

このページのトップヘ