December 13, 2007

中絶は危険?安全?


今までの性教育といえば、中絶の手術をすると将来赤ちゃんができなくなる、子宮を傷つけたり穴を開けてしまう事があるなど、手術の危険性をこれみよがしに教え込むことで、 「だから中絶するな」 「だから妊娠するな」 「だからセックスするな」と強調するものが多かったのです。
誰だって、中絶しようと思って妊娠する人はいないし、中絶をするためにセックスするわけではないのだから、このような中絶手術の指導は無意味だと思います。

危険でないとは言えないですが、手術は、たとえ抜歯や足の疣を取り除くような小さな手術だって、命取りになることはあるのです。
だから中絶手術も例外ではないのはお分かりですよね。
手術の操作をする場所が子宮の中であるがために、盲目的な手術をせざるを得ないわけで、器械的に子宮の入り口を傷つけたり、子宮の内容物を完全には取り除くことができず感染を引き起こしたり、子宮に穴を開けてしまったりということがまれにあるのです。

中絶すると不妊症になるといわれるのは、そのためです。
中には、局所麻酔をかけた時のショックや、手術後の抗生物質の使用でアレルギー反応を起こしたりという例もあり、軽い気持ちで手術をというわけにはいかないのは事実。
ですが、中絶は母体保護法によって認定された指定医でなければ行えず、その医師は高い技術をもっています。
指定医であることを確認し、まかせるならば、大船に乗った気持ちで手術を受けても良いとおもいます。

妊娠する性を持つ女性にとっては、産むための医療も、産まないための医療も、ともに必要。

そして誰もが必要な時に、必要な医療を安全に受けることができるということは、とても大切なこと。

日本では、現在ほぼ安全な中絶手術が受けられるということを、知っておいていいと思います。




chachado783 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!人工妊娠中絶 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔