71a74257.jpg

乾いちゃダメじゃん…(笑)

あらかじめ断わっておきますが、私はちゃんとした音楽教育を受けていないド素人なので、「素人の癖に何偉そうなことを書いてんじゃねぇ~」とお叱りがありそうですが(笑)、所詮素人の戯れ言だと思って受け流していただくか、スルーしてもらえれば幸いです(笑)。
朝イチから聴いていたので正直疲れました、審査員の先生方泥試合(?)の中お疲れ様でした。

★高等学校小編成の部
1.宮城県本吉響高等学校(30名)―代表・銀
指揮者:尾形紳一郎
自由曲:魔女と聖者(S.ライニキー)
→まずは朝イチお疲れ様でした、人数の割りに鳴らしきれていないかと思います。しかし打楽器はなかなかのセンスをしていたかと…(銀予想)

2.畠山学園気仙沼女子高等学校(15名)―銅
指揮者:長岡沙耶香
自由曲:呪文(R.スミス)→金管セクションが各パート1名ずつしかいないなかよく頑張ったと思います。出だしが鳴らしきれていませんでしたが、後半辺りからやってエンジンがかかってきたという感じ。コンディション作りにもう一工夫ほしいところです。(銀予想)

3.宮城県志津川高等学校(14名)―銀
指揮者:正木聡
自由曲:サイバートリップ(木下牧子)
→意欲的な選曲でしたが、少々無理が生じてました。技術とバンドの方向性は悪くはないのでまた来年聴かせてください(代・金予想)

4.宮城県登米高等学校(22名)―代表・金
指揮者:林良毅
自由曲:ゴーストトレイン(E.ウィッテカー)
→昨年と同じ曲でしたが(カットは若干変えている)、流石にこなれているだけあって良く纏まっていました。音の薄い部分で不安定な箇所がありましたが、その辺りを改善するだけでもかなり良くなるはずです。(代・金予想)

5.畠山学園東陵高等学校(9名)―銅
指揮者:佐々木綾子
自由曲:「8つの旋律的小品集」より(C.グルリッド)
→人数を増やしましょう…(銅予想)

6.宮城県米山高等学校(10名)―銅
指揮者:秋元琢也
自由曲:セレブレーション・アンド・ソング(R.シェルドン)
→実際は東陵より少なくわずか7名、やはり終始自信なさげで終わってしまったようです。昔は個性があって好きだったのですが…。(銅予想)

★高等学校の部
1.宮城県気仙沼西高等学校(45名)―銅
指揮者:松田由美
課題曲:2
自由曲:ノアの方舟(樽屋雅徳)
→管理人の母校(笑)、指揮者は吹奏楽とは無縁な方だそうで、音楽の纏め方が若いと感じました。課題曲はテンポが一定せず慌ただしい印象です。自由曲はその若さが良い方向に作用しましたが勢いに乗るがの如く走り気味になってしまいました(涙)。
残念…(銀予想)

2.宮城県佐沼高等学校(54名)―代表・金
指揮者:菅原和幸
課題曲:4
自由曲:プロメテウスの雅歌(鈴木英史)
→さしもの名門校もここしばらく停滞気味、昨年から指揮者が変わりましたが、音楽の作りは流石です。あとは技術をもう少し磨いてほしいです。(代・金予想)
3.宮城県気仙沼高等学校(55名)―銀
指揮者:匹田千秋
課題曲:2
自由曲:交響詩曲「走れメロス」(福島弘和)
→非常にオーソドックスな作り方です、しかしそれが自由曲では仇になってしまった感も…(カラ金予想)

★小学校の部
1.登米市立佐沼小学校(26名)―金
指揮者:鈴木均
自由曲:吹奏楽の為の「虹色の海」(鈴木英史)
→指揮者は小学校時代の恩師です(笑)。個人的には応援していたのですが、曲の性格上表現に変化が富んでも良かったのではないかと思います。(カラ金予想)

2.登米市立石越小学校(40名)―代表・金
指揮者:高橋晋
自由曲:ビルパレスの地図(八木澤教司)
→前の団体と比較して技術の面ではやや劣りますが、表現したいことは良く伝わってきました。(代・金予想)

中学校小編成の部
1.登米市立登米中学校(25名)―代表・銀
指揮者:金諭美
自由曲:セレブレーション・アンド・ソング(R.シェルドン)
→元気は良いですが、音のまとまりに若干欠けます。(代・金予想)

2.登米市立石越中学校(25名)―代表・金
指揮者:笠原典子
自由曲:柳絮の舞い(福島弘和)
→これまた渋い選曲を持ってきましたね、合奏も表現もまずまずですが、バンドの個性がもう少し出ると更に良いと思います。(代・金予想)

3.気仙沼市立面瀬中学校(17名)―代表・銀
指揮者:熊谷麻実子
自由曲:ダンシング・ウィズ・ザ・ウィンド(T.ベーアマン)
→3年連続県大会金賞の実力校ですが、自由曲は今までの路線とは違う曲なので多少音楽の作りに違和感を覚えたのも事実です。(代・金予想)

4.気仙沼市立津谷中学校(21名)―代表・金
指揮者:長澤育実
自由曲:トム・ティット・ドット(樽屋雅徳)
→面瀬同様今までと選曲の路線が違うために多少違和感を覚えました。ただバンド自体には明確なこだわりがあると思いましたので、その辺りを直せば更に良いと思います。(銀予想)

5.気仙沼市立条南中学校(21名)―銅
指揮者:渡辺朋子
自由曲:センチュリア(J.スウェアリンジェン)
→個人の力量は低いとは思いませんが、音が散乱して聞こえます。(銅予想)

6.登米市立豊里中学校(18名)―銅
指揮者:箱石彰恵
自由曲:セレブレーション・アンド・ソング(R.シェルドン)
→笛吹けど踊らず…、指揮者の力量は高いと感じましたが、残念ながら個人の技術がもう一息…。(銅予想)

7.気仙沼市立新月中学校(14名)―銅
指揮者:西城千恵子
自由曲:アッシュランド・パーク(E.ハックビー)
→元気がいいのはとても良いことですが、ちょっと打楽器が張り切り過ぎだと思います。(銅予想)

8.南三陸町立志津川中学校(25名)―銀
指揮者:及川道子
自由曲:夏の風、プレリュード(福島弘和)
→技術は悪くはありませんが、音楽がやや一本調子
(代・金予想)

9.登米市立中田中学校(25名)―代表・金
指揮者:遠藤江理子
自由曲:プロテメウスの雅歌(鈴木英史)
→ちょっとばかり単調に聴こえました(カラ金予想)

10.気仙沼市立階上中学校(25名)―銀
指揮者:小野寺てつ美
自由曲:アポロ、神話と伝説(R.ロメイン)、
→ここの指揮者もかつての恩師、しかし吹奏楽とは無縁だったようで今回がコンクールデビューとなりました。自由曲は初めて聴く曲ですが、どちらかと言うとシリアス系、演奏自体は工夫がされていて面白かったのですが勢いに任せるがの如く部分的に粗くなったのが惜しまれます(代・金予想)

11.登米市立東和中学校(23名)―銀
指揮者:大畑登美江
自由曲:サンデーマーケット(高橋伸哉)
→出だしからコケてしまいました、潜在能力は決して低くはないのですがアンサンブルが雑なためあまりスッキリとしませんでした。(銀予想)

12.登米市立新田中学校(18名)―銅
指揮者:小野寺千恵
自由曲:「風俗的小品集」より(J.マスネ)、
→3年続けて同じ曲となりましたが、指揮者は飽きなかったのでしょうか?
やはりここもアンサンブルが雑なためスッキリしませんでした。(銅予想)

13.気仙沼市立松岩中学校(20名)―銅
指揮者:浜田富美恵
自由曲:オリオンの冒険者たち(和田直也)
→人数の割には鳴らしている方ですが、合奏能力がちょっと低いので単調に聴こえました。曲のせい?(銅予想)

14.気仙沼市立気仙沼中学校(23名)―銀
指揮者:伊東恵美子
自由曲:Jalan―jalan~神々の島の幻影~(高橋伸哉)
→出てほしいところが聴こえてこなく、やや散漫な印象です。(銀予想)

15.登米市立米山中学校(15名)―代表・金
指揮者:鈴木幸恵
自由曲:セレブレーション・アンド・ソング(R.シェルドン)
→小人数でしたがスッキリとしてクリアな演奏でしたが、部分的に交通整理ができていない箇所もありました。まだまだ伸びる要素はありますので期待します。(銀予想)

16.気仙沼市立鹿折中学校(21名)―銅
指揮者:佐々木彰
自由曲:「売られた花嫁」よりポルカ(B.スメタナ)→笛吹けど音鳴らず…(謎)。(銅予想)

★中学校の部
1.登米市立南方中学校(32名)―銀
指揮者:大沼結依
課題曲:2
自由曲:「仮面舞踏会」より(A.ハチャトリアン)
→演奏者の技術は高い方ですが、全体的にメリハリがなく単調な演奏でした、もう少し表情をつけてもよかったかと…(銀予想)

2.登米市立佐沼中学校(43名)―代表・金
指揮者:佐々木順子
課題曲:2
自由曲:チャプカムイ(福島弘和)
→課題曲、自由曲ともにアンサンブルが雑なためどうしてもごちゃごちゃしてしまいました(カラ金予想)

3.南三陸町立歌津中学校(29名)―銀
指揮者:小室武史
課題曲:2
自由曲:花の歌(福島弘和)→こちらはスッキリとしていて聴きやすかったです。惜しいのは音色にやや傷があることとダイナミクスが少し狭いこと。しかし伸びる要素はまだまだあるので来年も期待します。(代・金予想)

以上となります
技術に関しては私は言えるほど持っていないのでコメントは差し控えますが(笑)、(得意分野の)選曲について一言いわせていただきますと、最近の傾向からか邦人作品だらけで多少偏りがみられ聴く側の立場からすればあまり面白味があるとは言えませんでした。流行っているからと言って安易に取り上げるのも個人的にはどうかと思います、やりたい曲=やれる曲ではありませんのでもう少し慎重に選ぶべきかと…。