2007年04月02日

欲張り婆さん。

義母の弟が危ないと義妹がら連絡があった。
この時代では珍しい三人兄弟、すぐ下の弟は数年前に他界、この義叔父は65歳。

生涯一度も働いた事のないという兵。

義父の生前は実家に立ち入り禁止状態だったほど。

しかしその上を行くのが義母、カインタ迄(亡くなった叔父の家)「もうすぐだからと、香典の先払い」を求めに遠路はるばる出掛けたそうな。

私達としては見舞いの請求と思いたいが、妹に言わせると、集金後危ない弟の家にずっと居座って、家も自分が貰うと言っているそうな〜

情けない。

叔父の面倒をずっと見て来た、従姉妹との争いは避けられそうもなさそうだ!

80近くなって、毎月アパートの収入を全て自分の小遣いにして、まだお金が欲しいものなのか???

妹は今から頭が痛いと嘆いている。

仲裁にハズに帰省して欲しいとの事、ハズは「俺には関係ない。」と連れない返事。

生涯仕事もしないで、周りに迷惑かけたのだから、最後位は争いを起こさせないよう、静かに逝って欲しいと思ってしまう。




トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by たけだ   2007年04月03日 09:43
生涯働いた事がない、香典の先払い等、やはり我々には、理解出来ない事だらけの国ですね!

仲裁に行っても、いう事聞かないでしょうし、嫌な思いをするだけですね!(涙
2. Posted by hitomi   2007年04月03日 12:23
たけださん。
こんにちは。

義叔父はなりたくない人の代名詞でした!(笑)

主人も義母の欲張りさは承知しているので、知らん顔するのでしょう。
それにしても、困ったものです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星