2008年03月01日

ハチャメチャ。

主人は日本に入国して既に30年近い年数を重ねている。

同時期に入国した仲間がアソシエーションを作って、何年になるのだろうか。

昔は子供が産まれた、洗礼だとお祝い事で集まっていたが、昨年に続いて先日仲間の一人が旅立った。

仲間が集まっり仮通夜に出席、告別式は場所が狭いとの事だったが急遽広い聖堂で執り行う事になり、先日送る事が出来た。

改めてお別れ会には仲間でアメージンググレースをみんなで歌い最後の別れをする事になっている。
お祝い事から悲しい事で集まる事が増えて来たけど、異国で暮らし長年助けあって来た素晴らしい仲間達。




さて、このアソシエーションが出来たきっかけは、世にビザのないオーバーステイの人間が溢れ、なりふり構わず仕事場を荒らす、給料を下げて店を乗っ取り、バンドマンにもかかわらずホストまがいの仕事はするのやりたい放題があったからだ。


日給いくら以下の仕事はしない。

バンドマンの誇りを忘れずホストまがいの仕事はしない。

仲間の箱は尊重する。
お互いに困っている時には助けあう。etc





しかし、まだまだとんでもない族がいた。

以前オーバーステイだった奴らが、最近増えたと思ったら、給料を半額以下で契約したとの事。

一線を引いてほとんど付き合いのない連中だが、中にはアソシエーションに入りたいと言っていた人間もいる。
昨日仕事が終わってから、アソシエーションの仲間が集まり会議をしたとの事。

同じ国の人間同士仲良くすればいいのだが、オーバーステイをした人間は薬をやったり、偽造外人登録証を売ったりと、真面目に税金を払い日本の社会で生きて来た者達の足を引っ張った事は事実。

オーバーが多かった頃の職質はそれまでには経験した事がなかった程、どギツイものだったそうだ。


人権云々と言う人もいるだろうが、オーバーをした人間は不法滞在という大きな罪を犯していたのだから、何があろうが一度本国に還すべきだと思う。

この件に関して入管や国に訴えかけていく動きをみせているそうだ。


仲間の素晴らしさを見た後だから余計に感じたが、この連中はきっと寂しく人生を終わらせるんだろうなあ。



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by マガンダララキ^^   2008年03月07日 00:04
フィリピーナに対しても軽々しくイミテーションカサルでの入国などをほのめかす輩もいます。その度に腹ただしく思います。何と言い訳しようが犯罪は犯罪。そんな輩の為に真面目に結婚しようとしている人達までどんなに迷惑が被っているか。自分さえ良ければ今が良ければそれでいい。そんな無責任な人があまりに多いですよね。
2. Posted by たけだ   2008年03月07日 23:25
仲間と言うものは、お金では買えないとても貴重な財産ですね!

日本人同士でも同じだと思いますが、まじめに取り組んでる人達の足を引っ張るような事は、決して+にはならないですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星