8月も終るし、いちおやっとくか。
こんばんは、チャコです。



最近かー、、あんま仕事してないですね、、

やっと山を超えて、とはいえまだまだ全然安心して良いレベルじゃないのですが、完全に油断してます、、

かわりに、色々とバンドでドラム叩いてます。昔やってたバンドと、新規で組んだバンドなど、色々3つか4つくらい。



なんかなーー!仕事が落ち着いてきてしまったせいで、正直いまいち目標を失っているよねー、


そういえば、急に彼女作ろうの会が発足したりしたな!今回は色々頑張って二人の方とデートしたのだが、益々どうやってパートナーを見つければ良いのか分からなくなったよね、、


もっと何て言うか、心から一緒に居たい!と思える人が良いのだけれど、現実は中々そんなの無いんだな、

心の中の「正直めんどい」「正直そうでもない」っていう気持ちを隠しながら、嘘くさい笑顔を振りまいたりして、

はーーーっていう気持ちになるよね、、


出会って間も無いからってのもあるけどさー、何だかこの面倒臭さの先に希望があるとは、とても思えないんだよね俺は


それにみんな、そういうパートナーとの時間を、人生のど真ん中にドッシリと置こうとしてくるわけで、

いやーーーーー、重いよねーーーー非常に、、


今まで仕事とか音楽とか、その他細かい趣味的な物が色々乗っている俺のデスクに、急に知らない女性が現れて、デスクの上を乱暴にザッザザッザと払いのけ、ドシーンとど真ん中に座りだしたような、、

そんな気分。



とは言え、端っこの方に邪魔しないように居て下さいってのも全然違うし、何だかどうすれば良いのか全然分からないわ、、



少なくとも一つ気づいた事は、彼女探しは妥協した時点で失敗だな、

俺は別にスーパー可愛い容姿だとか、女らしさだの家事が得意だのは別にどうでもよくて、とにかく気が合う人なら良いなーみたいな感じで、

自分も金も無けりゃイケメンでも無いし、要するに「まあ、こんなもんかな?」みたいな探し方をしていたのだが、

こんなんじゃどの道うまくいかないよねー、



まず俺自身が相手に執着が無いから、ダメならそれはそれで、むしろ気が楽になったわー、みたいな感じだし、

そんな気持ちで声を掛けられた相手は当然本気になるわけもなく、むしろ最悪な気分だと思う。


自分自身のスペックだの視野に入れるのも大事だけれども、やっぱり基本は「この子が俺の人生のデスクのど真ん中にドシーンと一生居座ってくれたら最高なのになあ!!」っていう人を見つけて、あとは当たって砕けろで全力前進、これです。



とはいえ、「この子が俺の人生のど真ん中に…」だなんて、、いやーーー、そう簡単には見つからないよねー、



プラス、今現在デスクの上に乗っている物達も、果たして思っている程に重要な物なのかってのも最近はかなり疑問だわ、



昔はね、

音楽はやっぱり最高ー!楽しすぎー!!

自分の会社ー!デザインとかプログラミングの仕事ー!大変だけどやりがいや目標があるー!

大好きな人と一緒に暮らせたら幸せー!!



とかさ、何て言うか未来は色々と希望に満ちていたような気がしていたのだけれども、

何だか最近はそれら全部が幻で、本当は、冷たく冷酷な現実が、ただただ無表情でドシリとそこにあるだけのような、そんな気がしてくるんだよね。



はーーあ、とにかく、卑屈にならないように、冷めないようにしなくてはな、

嘘でもいいから、何かに夢中になって、人生に酔っていないとな、



なんて、つまらないことを考え始めたりして、何だか余計につまらないんですよね。



まだ何も知らないだけなのか、それともこの退屈な感じこそがまさに現実で、これが全てなのか。

嘘でもいいから前者だと言っておくれよ、神様。

こんばんは、チャコです。相変わらずご無沙汰してます。




はーーー、7月も、終わっちゃうねーー

毎夏の俺の目標である「彼女を作って花火大会に行く」というミッションも、今年も無事失敗でございます(T^T)


そういえば会社の方は、とりあえず何とかなりそうです。軌道に乗ったと言うのはまだ早いけれど、たぶん大丈夫だと思う。

いやーー、色々大変だったなぁー、、、いや、ここからが肝心だわ。気を抜かず頑張ります。



という感じで会社も落ち着いてきたので、最近急にドラマー活動を再開しました。

昔やってたバンドがチビチビと再開してたり、セッションライブに飛び入り参加してみたり、

あと、昨日決まったのだけど、ドラム募集していたバンドに加入しました。すごい長くやってるバンドだから、既存メンバーの相性が良すぎて俺のドラムが全然混じらない!自分が足引っ張ってるなーと感じるの久々だわ(自信過剰)


そうそう、スネアもちょっとだけ良いやつ無理して買ったんだよね~。中古だけど。

その他シンバルとかカウベルとか、ちょいちょい楽器買い足し中です。



あとは何かはまったやつとかあったかなー、、

あ、葉巻は相変わらずハマってます。シガーバーっていうのがこの世にはあるんだけど、葉巻とウイスキー好きな俺にとっては天国みたいな酒場なんだよね。

ウイスキーも旨いが、葉巻もマジで旨すぎる!!あと一時間で死ぬって言われたら、コイーバの上等なプレミアムシガーを吸いながら物思いに耽って死にたいわ、、



後は恒例の、俺の脳内まとめ7月号!



今日のテーマは、結婚、、、か、、、



別に俺は「結婚せずに生涯独身で気楽に生きたい!」ってわけでもない。

とは言え、「ちゃんと家庭を持って、ちゃんと大人らしくまっとうな人生を歩みたい」という願望も無く、

「スーパー可愛い女の子がお嫁さんだったらハッピー!」なんて気持ちも全く無い。むしろそういう人は逆にスゲェなと俺は思う



何かもう漠然と、気の合うパートナーが見つかったら最高だなーと思うんだよね。価値観とか色々さ。

でもなー、どうやったら見つかるのかね。


俺は本当の本当に心の底から、別に奥さんは美人な人じゃなくて全然構わない。

とはいえ、ビジュアル面で一切こだわりが無いと言ったら嘘になるが、まあ、ザッと普通な感じならいいんじゃない?くらいのものだ。


但し、内面に関しては物凄く俺は選り好みがあるのだと思う。

見た目に関しては、年齢が会いそうな人であれば、下手したら許容範囲は5割を超えるかもしれないが、内面に関しては「果たして存在するのか?」というくらい、見つかる気がしない。


別に家事が出来なくとも、多少わがままでも構わないから、思いやりがある人がいいよね。ピュアな人というかさ。

東京という街がそうなのかもしれないが、何だか皆、自分が幸せになる事にばかり必死な気がして、まあ、当たり前なのかもしれないけれどさ、何だか俺はとてもつまらなく思ってしまうんだよね。


それとはちょっと矛盾するのだけれど、自分との時間を楽しんでくれる人がいいよなと思う。

逆に、自分好みの女の子をゲットする為に楽しませよう!みたいな気持ちにはなれないんだよな~、、そもそも「自分好みの女の子」が一体何なのかすら分からん、、


つまり簡単に言うと、恋愛だの結婚だのっていう事柄が、俺は全体的に優先度が低いのだと思うわ、、

更に言えば、仮に結婚したとしても、俺は基本的に自分の部屋に閉じこもって鍛錬したり遊んだりしてたいし、飯とかも別にバラバラで良いし、急に一人でラーメン食って帰りたいなって時はその気持ちを尊重してほしい、、

休日も気が合えば一緒に出掛けたりするだろうけど、ひとりでブラブラしたい時もたくさんあるし、バンド活動に燃えてる時とかはそっとしておいて欲しいし、、

そして客観的に見たらすごい嘘臭いかもしれないが、そんな関係が築けたとしたら、俺はたぶんその奥さんの事を物凄く大事に思ってるだろうし、最高に愛してるだろうし、浮気なんて120%しないだろう。

そこが分かってほしいわ~、せめて。良い旦那でない事は認めるが、別に雑に扱ってるわけでも何でもなくて、こんな感じが俺の「普通」なんだよなぁ~、、

逆に、相手がそんな感じでも、俺は全然構わない。っていうか理想的すぎるわ、、



どーしても何かしたい時は、うまく俺のツボを刺激する形で誘ってきてほしいわ、、どうしてもセックスしたい時は「せっかく通販でエッチな下着買ったのにな、、(シュン)」のように、一歩引いた懇願がチャコさんには有効です。

で、それに失敗した場合は、すぐさま気持ちを切り替えて諦めてほしい、、



これはたぶん俺の実家がこのスタイルだからなんだよね、、基本的にお互いの気分がのってる時しか行動を共にしないし、相手が完全にのってないと悟ったらすぐに諦める。

深追いしてギャーギャー文句を言うことも、説教じみた話をクドクドする事もないから、家族内での争いは0なのです。だから結果仲良しなんだよね。




うーん、、、、、考えれば考えるほど、結婚とか、俺自身の事とか、、よくわからん、、何なんだ今日の日記は、、

俺が小学生だった時、近所に「西郷さん」 というニックネームのおじさんが居た。

ニックネームの通り太っちょで、けれど本物の西郷さんのように凛々しくはなく、いつも着古したベストにボロいキャップを被って、お世辞にもハンサムとは言えないひょうきんな顔をしていた。

西郷さんは、授業が終わる頃にヒョッコリと学校に現れて、小学生の僕達にお菓子や、たまに100円玉もくれた。

だけど、ただくれるのではなく、西郷さんのゲームにクリアしないと貰えない。

右と左の握り拳、どっちに100円玉があるかを当てるゲームだったり、他にも西郷さんオリジナルのゲームが色々とあった。

西郷さんのゲームは難しく、中々クリアする事が出来ないのだけれど、段々と難易度を下げてくれるから、最後には必ずお菓子や100円玉をくれる。

他にも色々な遊びを教えてくれた。ブタメンを美味しく食べるコツだったり、うまい棒を数人でシェアする方法とか、他にも色々あった。

これだけ聞くと優しいおじさんのようにも聞こえるが、それとはちょっと違くて、イメージとしてはガキ大将みたいな感じだ。

高学年の不良グループなんかは西郷さんの事を笑ったりしてたから、西郷さんは「あんな奴らは放っといて、俺達だけで遊ぼうぜ」みたいな事を言っていた。

西郷さんはPTA等からも煙たがられていた。知らないおじさんが子供にお菓子を配っているのだから、今思えば当然なのだけれども、大人達がコソコソと西郷さんの悪口を言うのを聞く度に、自分はあんな大人にはなりたくないと思ったものだ。まあ、その考えは今も変わらないが。

そして、西郷さんを煙たがっているのは、大人達や不良グループだけではなく、自分を含む「懐いているグループ」もだった。

煙たがるってのは少し表現が異なるが、つまり、ちょっと面倒くさく思う時もあったという事だ。

お菓子や100円玉は欲しいのだけれど、中々クリア出来ないゲームに参加するのは、それなりに面倒くさい。

鬼ごっこや高鬼が盛り上がっている時に来られるのも面倒臭かった。

小学生の僕らでも、西郷さんは「寂しい大人」っていう見方が出来ていて、学校の隅の方で西郷さんがこちらを眺めているのを見つけると、遊びを中断して「可哀想だし付き合いもあるから、行ってあげようぜ」なんて相談していた。

西郷さんは、自分から強引に子供に絡むなんて事はしなかった。遠くの方で一人で変なゲームをやったりして、それに近づいてきた子供だけを相手にしていた。

僕らが中学生になると、西郷さんとはめっきり遊ぶことが少なくなった。

数回、小学校の前を通りがかった時に挨拶をした事があるが、特に何が変わる事もなく相変わらずで、またお菓子をくれた。

そして、いつしか僕らの中で西郷さんは完全に忘れ去られていった。

たぶん西郷さんは、僕らが小学校を卒業する時、とても寂しかったと思う。せめて「卒業おめでとう!」くらい言いたかっただろうし、「今まで遊んでくれてありがとう」なんて言われたかったのだと思う。

だけど、子供だった僕達は常に「前」しか見ていなくて、恩師を振り返る事も、誰しもの足下に広がる孤独を知る事もなく、ただひたすらにテクテクと未来に向かって進んだ。

ただひたすらにテクテクと未来に向かって進むのは子供だけではない。「立ち止まる」という経験に出会えなければ、多分死ぬまでテクテクと歩き続けるだろうし、実際にそういう人も多いと思う。

一度立ち止まってみると、テクテクと歩いていく人達の様子が良く分かる。

すごく大切にしていた感情や関係が、とても脆いものである事を知ったり、自分以外の人間を心から大切にしている人が、とても少なかったり。

そんな孤独だけでなく、傲慢さや、欲とか、ズルさとか、色々と知る事になる。

大人になって思うことは、「大人の付き合い」というのはとてもつまらないという事だ。

お互いに色々知りすぎてしまっているせいで、本心を言うことも、確信を突く事も出来ず、定型文ばかりを交換するコミュニケーションになる。

「それが大人」という、何の根拠も無い常識を、西郷さんは受け入れなかったのだと思う。

「大人」だとか「常識」とか、正解とされる生き方は色々ある。

けど、全ての人の生き方を愛しく思い、理解した上で、自分は自分で好きなように生きればいいと俺は思う。

将来なりたくない職業

1位 アメリカ大統領
2位 内閣総理大臣






なれねぇよ!!!!



という事で、どうも、チャコです。

5月まとめです。



相変わらず仕事ばかりしてます。調子は、、うーん、、微妙だ、、、最悪と最高の丁度中間、といった感じです。



その他、最近の脳内は、、ワタモテもアマガミも見終わってしまい、しかも自宅のパソコンにウイスキーこぼして、絶望的にやる事がなくなったりしてましたね

パソコンは、一回電源入れたら、クソでかい音で警告音が鳴って強制終了して以来、現実を見たくないが故に起動していません

まあ、最近はユーチューブもスマホでしか見ないし、元々パソコンも6年目とかで激不調だったし、なんて言い聞かせている所




あとは、ドラクエ3にハマって、飽きたり

あ!久々~に読書しました、カエルの楽園ってやつです。何かメディアが取り上げないベストセラーとかって話題になってたんで読んでみたんですが、すげー面白くて一晩で読んでしまいました


あとは、急に思い立って心理学の本を読んでますね、、勢いで、割と値の張る参考書を買ってみたけれど、マジで今後研究とかしたい人用のテキストだったらしく、激しくムズいです。。まだ投げ出さずに粘り中。



あとはーー、そうでさぁねぇーーー


すげー基本に戻るけど、、、、

マジで、人生って何なんだろうねww



心理学の話だけど、昔、人間の心は肉体が消失しても魂として残る、みたいな論を説いた人が居たんだってさ。

けど、その後の研究により、それは絶対に無い事が分かって、脳の死は人の死であると同時に、心の死、なのだそうです。

つまり、極楽浄土も地の獄も無いんだよって話。



まあね、知ってるけどさ、改めて科学的にそう言われてしまうと、意外と重いよね。



あと、記憶だとか思考ってのも、脳細胞が電気をパチパチさせてコントロールしたりセーブしてるらしいんだけど、

じゃあ、人生って、何?



すげー省略すれば、脳に良い電流が流れるように暮らし、程々のリラックスと刺激をバランス良く摂取するゲームだよね。

とまあ、、これは極論だけどさ、、しかしやはり、一理あるよな。



脳にバランスの良い電流を流すプログラムが開発出来たら、、

良い両親の元に生まれ、時に挫折したり、時に夢が叶ったりしながら、愛する人と出会い、子供に恵まれ、最後は眠るように死ぬる

っていう記憶を脳に流し込めるわけで、「良い人生」と完全に一致だよな、、




なので、とにかく、人間らしく自然な感じで生きていく事が、とりあえずは「良い人生」なのだとは思う。

やりたい事にはとことん挑戦して、やりたくない事にはなるべく時間を割かない。

やりたくない事に時間を割くとしても、それは誰かからの強制や、惰性などで何となく決めるのではなく、自分でしっかりと判断・決断した上で決めたいよね。

そこさえ貫き通せれば、例えどんな結果になろうとも、俺は爆裂良い人生だったなーと思えるだろう



今になって改めて強く思う事は、やはり俺は、やりたくない事はやりたくない!断じて!


綺麗で料理の上手な嫁さんをもらう事が一般的な幸せだろうと、大きい企業で頭を下げながら本音とは真逆の言葉を喋ることが常識だろうと、知ったことか。俺は断じて興味がない。


その分、色々な事が大変になったりするかもしれないけど、それを差し引いても、やりたくない事はやりたくない。

時間は有限だし、とはいえ生き急ぐつもりはないけれど、やりたくない事に予算は割きたくない。


ただ、すごく大切な人が出来たとして、その人と過ごす為に、やりたくない事をやらなければいけない時は、自分でしっかり決断して、やりたくない事も頑張ってやるかもしれない



とにかく、自分の人生は自分で面倒を見たいのだ。人生に意味があろうと無かろうと関係無く。

「お前が居なくなったら俺は生きていく意味が無くなってしまうよー!!」とか、一見美しい言葉のようにも思えるけど、俺は、まさに外道だと思う

自分の子供とかもそうだ。子供を大切にする事はすごく大切な事だけど、生きがいは子供です!ってのは、違う気がするんだよなぁ


何て言うか、自分の人生の意味だとか価値だとかを、他人に無理矢理押しつけて世話させている気がしてしまってね。

とにかく、自分の人生は自分で責任を持って世話をしたい。唯一、枯れてしまった後の処理だけは、自分でできないので誰かにお願いしたいが。


もし子供なんか生まれる事があるなら、俺は自分の人生とはある意味で一線を置いて、責任と言う意味で、可能な限り可能性が広がるように努力したい

自分、父親という存在が、子供にとって不要になったのだとしたら、俺は迷うこと無く身を引くし

嫁さんなんかが出来たとしても、可能な限り自由で、豊かで、穏やかな時間を過ごせるように努力したい

逆に、そのくらい自然に思える人とでないと、俺は結婚だの何だのなんて、とても出来ないよ

まして、綺麗だからだとか、料理が上手いとか、そんな理由で結婚なんてとても決められない

俺は別に誰か他人に尽くしたいわけでも尽くされたいわけでもなく、自然体で居たい



とにかく、自然な感じが良いよね、全部

世間が用意した幸せのテンプレをなぞるような暮らしじゃなく、他に何か可能性を感じている生活があるならば、そういった暮らしを選びたい


良さそうな事には時間を惜しまずトライして、嫌になったと確信したらキッパリ切り捨て次を探したい




明日は急に日本ダービーに参戦したくなったので、行ってきます

どうも、チャコです。月に1回くらいは更新するか、、


とりあえず4月と言うことで、30歳になりましたよ、ははは、、、

今でも覚えてるんだけど、小学生の頃は「本当に俺は30歳になる未来がやってくるのだろうか、、」なんて思っていましたが、どうやらなるらしいですよ現在のJSの皆様


30歳になった私が最近ハマっている事、まずはコレですね~

comics_01

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」という、タイトルからして完全にオタク向けな感じだと思っていたんですが、どうやらそうでもない模様

アマゾンの「あなたにお勧め」欄に出てきていて、何気なく見てみたら、いやーーーー、これは超面白いわーー

雰囲気的には、俺の好きな「あたしんち」とか「ちびまるこちゃん」みたいな、学園日常系なんだけれども、主人公の「モコっち」が、コミュ障で、ボッチで、オタクで、でもなぜか「私はモテる!」と意外とポジティブで、

そんなモコっちが繰り広げる、悲壮感溢れる努力と大嘘と、涙無しには見れない救いのない結末と、みたいな感じの漫画、及びアニメです


何の予定も無い夏休み、ゲームして動画見てオナニーして、、乙女ゲーム声優の握手会で録音してきた生声と自分の声をミックスしてオリジナルの音声ファイルを作成したり、それを母親に聞かれたり、、

年下の従兄弟には、「男にモテモテで毎日ヤリまくり」という嘘が全部バレたり、得意のカードゲームで近所の子供を蹴散らして格好良い所を見せようとするも逆効果だったり、、、


そんな奮闘が何だか可愛くてねーー、ハマってしまって、メルカリで漫画全巻買ったよねー

アニメも全話見たわ、、まあ、漫画は最新刊9巻、アニメも全12話と、ちびまるこちゃん全話見た俺からしてみれば、そんなボリューミーじゃないんだが

とにかく、ゲーム実況みてオナニーしてっていう休日は「完全に俺だろ!!」と、何だか色々共感してしまうわ、、




こないだハマった「アマがみ」もそうだけど、これは世間では完全にオタクの領域なのだろうか、、、昔から薄々感じてはいたんだけれども、たぶんギリ異なると思っているのだが、どうでしょう?

過去を振り返ってみると割とノンジャンルで俺は色々ハマるからなー、アニメもそうだけど、ホラー系海外ドラマだったり、お笑い系だったり、、、この雑食さを見る限り、別にオタクでは、、ないよな、、、




あ!!!もうひとつ、すげーーーーーハマってるやつがあるんだった!!!!!

そう、「葉巻」にハマってしまいまして、いやーーーーーーー、何て旨いんだあれは、、、空気より旨いわ、、、

相変わらず継続しているウイスキーとの相性も抜群なんだよねーー、つまり「モコっち可愛いなー」とか言いながら、夜な夜なウイスキーを啜り葉巻をふかすと言う、何だか訳の分からない暮らしをしています。

なので、こうなったら都内の良さそうなバーを練り歩いてみるしか無いなと計画中、世の中にはシガーバーってのがあって、ウイスキーと葉巻を楽しめるエンタメスポットなんだよね、これは行くしかないわ

普通のオーセンティックバーも、雰囲気良さそうな所がたくさんあるので色々行ってみたい

こないだたまたま新宿で一人で1軒入ってみたけれど、いやーーー、いいね。バーテンダーのお兄さんと談笑しながら、雑誌でしか見たことない憧れ銘柄のウイスキーを次々に発注し、タバコをふかす、、、圧倒的幸せだわ、、




ってな感じかな、、、あとはもう仕事しかしてません、、順調かと言われれば順調だけれども、好調かと言われればそうでもない、、、うまくいった事と、逆にうまくいかない事もあるけど、まだまだ策はあるので、ひとつずつ準備して実行して結果検証を繰り返しているって感じかな、、、とにかく時間との勝負だわ



女っ気もねー、はい、当然無いっすね。いやーー、マジでさーーー、ヤバくなーーい?30歳だよ?

この件に関しては考えてはいるのだけれどもですがね、なんだかなーー、前向きになれんわ

こういう言い方すると「もっと自分に自身もって!積極的に!」とか言われそうですが、いや、違うんすよ、、、

むしろ、こんなゲーハーかつ貧乏であるにも関わらず、モコっちじゃないけど俺は無駄に自信過剰すぎるぐらいだと思うわ、、、

問題なのは「俺はお前が欲しいんだ!!!」的なエネルギーが無い事と、仕事を含む、極度の「人に時間を奪わてたくないアレルギー」ですよ

特にセックスへの関心の無さは、日増しに絶望的な方向へと向かっているよね、、、、最近はオナニーすら面倒だわ、、、

「可愛い女の子」ってのも、一体どういう概念なんだ!!と、わけが分からなくなってくるよな、、、いや、可愛いとは思うんだけれども、なんかガツーーンと来ないと言うか、欲しいんだ!!!っていう気合がみなぎってこないよね、、

とにかく、料理も洗濯もやってくれとは言わんから、たまに休日仲良くゲームとか出来るような、そんなユルめの彼女が欲しい、、かな、、?いや、、、どうだろう、、、やっぱし分からん、、、



て事で、また来月。んちゃ!

このページのトップヘ