こんばんは、チャコです。

12月だし、いちおやっておくか。




こないだ、上野の美術館に行ってきた。ゴッホとゴーギャン展ってやつなんだけれども、

ゴッホって、実は画家を目指し始めたのって、20代後半らしいんだよね。

で、美術館に30歳の頃の絵が飾ってあったんだけれど、まー下手で、

でも、漠然とイメージだけは感じさせるような絵で、

何が言いたいかっていうと、30歳って、やっと人生のスタートラインなんだなーと言う事さ。


自分の20代を振り返ってみれば、右も左も分からず、他人の気持ちも分からず、とにかくがむしゃらに、よく先の見えない未来に向かって頑張ってきて、

本当につい最近だよね、やっとある程度の知識や経験、技術、大人の人間としての思考だったりが揃って、さあこれから何をしようかなって落ち着いて考えられるようになったのは。



ビジネスも、芸術も、人間関係も、マジで今まさにこの瞬間がスタートラインだと思う。

そう思ったら、何だか俺は急にワクワクし始めてしまって、同時になんか焦ってきた。早く何かをスタートさせないと!って。


最近は、急に英語を猛勉強してるよねww小さな一歩目なんだけど、まずは日本を脱出してみようと思ってて、

スコットランドとか、ノルウェーに一旦行ってみたい!ムンク博物館とか、スコッチウイスキーの蒸留所とか、とりあえずの目的地はあるけど、

とにかく、一旦行ってみてから色々考えたいから、行ってみようと思う。精々一週間くらいだと思うけどね。


今の俺は、体もメチャクチャ元気だし、お金もないわけでもなく、様々な環境に縛られて身動きがとれないような状況でもないし、

何かもうあとは死ぬだけかなーと思ってたけど、生まれたてのベイビーくらい、様々な可能性を秘めていると思い始めているよ。



他には、今まで弱かった動画関係の知識と技術も蓄え中。あと、色々思う事があってボサノバも練習中、あと、イラストを書けないものかと、こちらも修行中。

というのも、最近はドラマーとしてバンド活動もしてるんだけど、やっぱり俺個人でも作品は作り続けていきたいなと思い直して、

そしたら、別にAメロBメロサビみたいな音楽じゃなく、何のジャンルに縛られる必要もなく、

ていうか、音楽だけじゃなく、絵、っていうか、動画っていうキャンバスで、何か自分のイメージしてる感じを表現出来ないものかと考えていて、

元々は絵本かなと思ってたんだけど、音楽も使いたいなと思うと、動画ってすごい適してるなと思い始めていて、




とにかく、読むべき本がたくさんあることが最近は幸せ。張り切って10冊くらい色々と買っちゃったよね、アマゾンで。

今はまだまだ英語も作品作りも全然ダメダメだけど、今ここはスタートラインだと自覚すると、全くそんな事、怖くなくなってきた。


40歳になるまで、まだ10年もある。

10年と言えば、俺が20歳だった頃から今日までの年月の事だ。しかも、今はかなり色々な事を効率的にこなせる知恵もあるし、



何か良く分からない常識に脳を支配されて、人生の山場は10~20代だと思っていたけれど、

マジで今この瞬間だと思う。

おばんです、チャコです。

10月の脳まとめ、やっていこう。



とりあえず今日は、突然競馬に行きたくなって、天皇賞(秋)に行ってきた。

いや~、競馬は結構行ってるけど、初めてG1とったわ~、帰りに天下一品食って、かなり良いウイスキー(ロイヤルロッホナガー12年)を買って帰ってきました。ヴィクトリア女王が認めた、王室御用達のシングルモルトスコッチウイスキーです。

6392


今はそれを飲みつつ、熟成させておいたプレミアムシガー(パンチパンチ)を吸い、シャンソン(ジャクリーヌフランソワ)を聞いています。絶望的に好きなものしかねぇ!!



で、10月の脳ねぇ、



最近、俺が20歳くらいの頃に活動してたバンドが再結成して、たまにスタジオとか入っているんだけど、

昨日、練習後に飲み行って、ボーカルの人に言われたんだけど、




「チャコ君が、今、情熱を注いでるものって何?」



・・・・・・・何だろう、、





で、同時に言われたのが、

「チャコ君は、0を1にする作業は大好きだけど、1を育てるのは好きじゃないよね」




・・・・・・ボーっとしてるようで、意外と俺の事良く見てるな、、




そうです、情熱を注いでる「コレぞ!!」ってものが無いんです。



仕事はね、もちろん頑張ってるし、最近はバンドも色々組んで結構頑張ってるんだけども、

会社はとりあえず順調だし、バンドも言うても生活はかかってないし、




要するに、何だかヒリついていねぇんだよなぁ~、最近の暮らしは。




思い返してみれば高校生くらいから、何らかの「1」にしたい「0」があって、

最初はそれがバンドで、その後はクリエイター的なものになって、最後は起業になって、

ず~~~~~~っと10年以上「0」は「0」のままで、それを「1」にしようと頑張っていたんだけども、

最近やっと会社が軌道に乗ってきて、一時的ではあるのかもしれないが、少なくとも「0」が「1」に変わった感触はあったよね。




そしたら、何か喪失感みたいのがあって、例えるなら、ずっとクリアしようと頑張ってきたゲームのエンドロールを見てしまったような、

もちろん、まだ取ってないアイテムは数え切れない程あるし、レベル上げとかも大いに余地はあるんだけれども、



間違いなく、「0」は「1」になったよなぁ。



とは言え、会社の存続は生活の存続だし、何より俺だけの会社じゃないし、当然維持するように努めますが、あの頃の情熱は無いよなぁ~、、




最近のこの煮え切らない感じは、漠然と「1」にしたい「0」を探しているのだと思う。

やっぱし俺は、日々淡々と平穏に暮らしていくってのは、やっぱりピンと来ないんだよなぁ、今はまだ。



足りないのは女なんじゃないか説も囁かれていますが、何かねぇー、思考回路が歪んでいるのかもしれないけど、「逃げ」なルートな気がしてしまってね、、いまいち積極的に手にしたいとは思えないんだよね、

「一般的に幸せ」と言われている暮らしを手に入れて、自分は幸せなんだ!って、強引に自分自身を洗脳させようとしてる感じがするよね。



もちろん、一緒に人生を共に出来るパートナーが見つかったら、それはサイコーなんだけども、あくまでも俺にとって人生のベースでしか無いんだよなぁ、今の所の俺にとってはだけれどもね。

料理で言ったら「皿」の部分なんだよね。料理は別にある気がする。そんで、最悪テーブル直でも、俺は耐えられるような気がする。



何か前にブログでも書いたけど、昔はね、「愛情」って、もっと絶対的なものだと思ってたんだよね。

でも、大人になる程に、それは全て幻だと俺は思うようになってしまったよ。



人と人の心って、やっぱ絶望的な距離があるよな。とても埋められるような距離じゃない。

だって、脳が違うもんね。当然、体も違うし、寿命も違う。



愛で繋がっているとか何とかって、「人類の希望」でしか無いんだなと俺は思う。そうであったらいいなという、夢のような話だ。

あまり難しい事を考えず、愛情に酔いながら死を迎えられたら、ある意味でそれは実在するかのような感触は得られるんだろうけども、

もっと冷静に、客観的に現実と対峙したら、やっぱりそれは幻だ。



だって、愛だの何だのって言ってるのって人間だけだぜ?

猫も、シマウマも、蝿も、そんな事一言も発さずに生涯を生きて、死ぬよね。

生命ってのは、人間も、猫も、草花も、全てが平等に孤独だと俺は思う。



平等だからこそ、全ての生命は1つに繋がってるってのは納得だよね。何か宗教じみた話だけれども。




でもまあ、やっぱり愛情ってのは希望だよな。俺も希望を抱きてぇよ。希望って、飯や水や空気と同じくらい、人間には生きていく為に必要な栄養だと思う。

それに知ってる?今年のクリスマスは、23、24、25と3連休である事を、、、、!!!

こないだカレンダーを見て、俺はヒヤっとしたよね。。。はーー、最強のクリスマス3連休を過ごしてみたいもんだぜ、、、とはいえ、どんなんが最強なのかは見当もつかないが、、




がしかし、もっと「絶対的」にこだわるなら、俺は可能性があるのは唯一「自分自身が生み出した芸術」だと思う。

自分自身が生み出した芸術だけは、唯一俺と生涯を共にして、寸分狂わず共に「生」の幕を閉じる、唯一の存在だからね。

芸術って、言葉を変えるなら「心」だし、俺の生み出した芸術ってのは、「俺の心」だし、音楽でも絵でも何でも良いんだけど、すげー気合を入れてそれを形ある何かに変えられたとしたら、それは唯一心を許せる存在になり得ると思う。



だから、別にビジネスにならなくとも、多くの人に知られなくとも関係無いんだよな。

とにかく俺自身が、聴覚や、視覚や、触覚などを駆使して、自分自身が生み出した芸術を感じられたとしたら、もはや100点だと思う。

そんな俺の芸術を少なからず共感してくれる人がいたら、ボーナスで101点になるって感じ。

逆に、共感してくれる人は居るけど、俺自身が心を許せる程の出来ではなかったら、それは1点だわ。



がしかし、全然納得のいく感じの芸術がねー、作れない。そもそも、具体的なイメージすら沸かない。

何かボンヤリとは見える気はしてるんだけどね、実際に楽器とか、DTMとか、画用紙とか原稿用紙を前にすると、手が1ピクセルも動かないんだなぁ。

とにかく、他のバンドとかで音楽活動はしながらも、別件で自分自身の芸術を具現化できるよう、コツコツとイメージは膨らませようと努力はしようと思う。




話を「1」にしたい「0」の話に戻すんだけど、本当~に薄~い思いでしかまだ無いんだけど、ボランティアってのは少し対象のコンテンツかもしれないと最近思っている。

海外では、紛争地域とか貧困から逃れる為に、命を賭けるにはとても頼りないボロい船に乗り込み、難民を受け入れてくれる国を目指す人達が居るらしい。



中には、愛する妻や子供を連れて船に乗り込む人も居るらしいんだけど、ザッと50人に1人くらいの確立で、溺死やら栄養失調やら極度の乾きやらで、生命に幕を閉じる人達が大勢いるらしい。

その話以外でも、愛情っていう「希望」を抱きながらも、時代や環境といった外的要因で、その全てを失っている人が滅茶苦茶たくさん居るらしいんだよね。

例えば水が汚いとか、不衛生だとか、ワクチンが足りないとか、日本では当たり前とされるような設備の欠如によって、死ぬ人達が数え切れない程居るらしい。



すっごい例えばの、何の計画も立っていないような話ではあるのだけれども、

例えば、そういった苦しい生活をしている人達の心を芸術という形にしてさ、その芸術でもってたくさんの人達の心を震わしてさ、

それによって、そういうしんどい人達を僅かでも救うような巨大なエネルギーだったり、金だったりを生み出して、

それでもって、たった1人だけでも、その希望をロストする事無く人生を歩める人がいたとしたのなら、

それは素晴らしい事だなぁ~、なんて、結構真剣に考えたりしてるんだよね。




もちろん、そういった活動は極論を言えば「俺自身の満足」なわけで、俺が個人的に勝手に募金とかすりゃぁいい話ではあるんだけれども、

この話ってつまり、困っている人を助けたいっていう純粋な人間の本能なわけじゃん?

だから、俺の自己慢だとしても、その本能に従って自然に誰かを助けられたとしたなら、まぁ、結果オーライだし、意外と極自然な人類の共存本能なように思えているんだよね。



自分が叶えたいという夢を一旦は叶えてみて思った事は、自分だけが満足するような夢って、大して価値を感じないんだなって事だよね。

まぁ、今の会社も経済を回してるって意味では、微力ながらも世界のそういった問題の解決の背中を押してはいるんだろうけど、もっと今より100万倍くらいのパワーで、グググっと押したいよね。






と言う事で、なんか話が二転三転するわ、そもそもクソ長い話だわで最悪なブログなんですが、今の脳みそをひっくり返したらこんな感じだわ。

こんなしょうもない俺の自問自答を見てくれてる皆様、本当いつもありがとうございます。

手首を切られたら、中から薄ピンク色のカニクリームコロッケの中身のようなものが出て来て、その後で、プルリと新鮮な俺の肉が顔を出した、

という夢を見て飛び起きた、チャコです。



何の為に生きているのか?なんて、学生くらいの頃は良く考えたものだけれども、要は「幸せな脳」を作る為に生きているのかもしれない。

世の中には色々な人が居て、仕事とか、エッチな事とか、様々なコミュニケーションをとっているように見えるのだけれども、

実はその全てが1つの脳内で完結している、と言っても過言では無いと思う。



こないだ、「とても幸せな愛」を絵にしてみたら、以下のようになった。

P_20160826_220301


ムカデのような生き物が這う暗闇の中、愛に満ちて充実した脳を抱え、幸せそうな人間の絵だ。



人生の目標が、夢を叶える為でも、大きな愛を手に入れる事でもなく、単に「幸せな脳」を作る事なのだとしたら、一体何を目指せば良いのだろう。

どうも、チャコです。

10月になっちゃったし、いちおやっとくか。


9月はどうだったかなー、何か気づけば終わってたな。

展示会シーズンだから色々商材見に行って、バンドも色々スタジオ入ったり、小さいライブもやったりして。

高校時代からずっと頑張ってる同郷のバンドが都内でライブやるからって見に行ったり、知人や、超懐かしい人達、初対面の人も、何か色々な人に会った月だったな。


仕事も相変わらず順調で、全く何不自由無く暮らしているはずなんだけども、何だかなー。何か物足りない気がする最近。



やっぱねー、起業計画→会社設立→目指せ黒字転換!みたいな頃がね、一番楽しかったよな。

具体的な目標があって、それに向けて努力している時というのは、やはりとても面白い。

当時は土日祝日関係なく働いていて、友達からも「大変だねー」なんて言われてたけど、正直全然大変なんて思ってなかった。

毎日朝から晩まで夢中でゲームやってて、友達から「大変だねー」って言われても、何だか違和感なのと同じだ。


今は目標が数字しか無いし、やる事も、既に計画してる事をコツコツやるだけだから、なんか燃えないよねー。

早く会社の貯金を貯めて、全く新しい事をやりたいよな。何か、メルカリみたいな新しいサービスとか考えたりしたいなー。


あと、話題の「君の名は」を見に行ったよね。いやー、面白いわ。

K保さんから突然誘われて見に行ったのだけど、思っていた以上に面白かった。

日本アニメはジブリって時代は完全に終わったのだろう。まあ、絶頂の頃のジブリはまだまだ超えられてはいないが。


みたいな感じかな、9月は。

何か最近は平日夜とか予定の無い休日とか、ビール飲んでポテチ食ってダラダラしがちだから、10月は仕事とか音楽活動とか、もうちっとスピード上げて頑張りたいな。

8月も終るし、いちおやっとくか。
こんばんは、チャコです。



最近かー、、あんま仕事してないですね、、

やっと山を超えて、とはいえまだまだ全然安心して良いレベルじゃないのですが、完全に油断してます、、

かわりに、色々とバンドでドラム叩いてます。昔やってたバンドと、新規で組んだバンドなど、色々3つか4つくらい。



なんかなーー!仕事が落ち着いてきてしまったせいで、正直いまいち目標を失っているよねー、


そういえば、急に彼女作ろうの会が発足したりしたな!今回は色々頑張って二人の方とデートしたのだが、益々どうやってパートナーを見つければ良いのか分からなくなったよね、、


もっと何て言うか、心から一緒に居たい!と思える人が良いのだけれど、現実は中々そんなの無いんだな、

心の中の「正直めんどい」「正直そうでもない」っていう気持ちを隠しながら、嘘くさい笑顔を振りまいたりして、

はーーーっていう気持ちになるよね、、


出会って間も無いからってのもあるけどさー、何だかこの面倒臭さの先に希望があるとは、とても思えないんだよね俺は


それにみんな、そういうパートナーとの時間を、人生のど真ん中にドッシリと置こうとしてくるわけで、

いやーーーーー、重いよねーーーー非常に、、


今まで仕事とか音楽とか、その他細かい趣味的な物が色々乗っている俺のデスクに、急に知らない女性が現れて、デスクの上を乱暴にザッザザッザと払いのけ、ドシーンとど真ん中に座りだしたような、、

そんな気分。



とは言え、端っこの方に邪魔しないように居て下さいってのも全然違うし、何だかどうすれば良いのか全然分からないわ、、



少なくとも一つ気づいた事は、彼女探しは妥協した時点で失敗だな、

俺は別にスーパー可愛い容姿だとか、女らしさだの家事が得意だのは別にどうでもよくて、とにかく気が合う人なら良いなーみたいな感じで、

自分も金も無けりゃイケメンでも無いし、要するに「まあ、こんなもんかな?」みたいな探し方をしていたのだが、

こんなんじゃどの道うまくいかないよねー、



まず俺自身が相手に執着が無いから、ダメならそれはそれで、むしろ気が楽になったわー、みたいな感じだし、

そんな気持ちで声を掛けられた相手は当然本気になるわけもなく、むしろ最悪な気分だと思う。


自分自身のスペックだの視野に入れるのも大事だけれども、やっぱり基本は「この子が俺の人生のデスクのど真ん中にドシーンと一生居座ってくれたら最高なのになあ!!」っていう人を見つけて、あとは当たって砕けろで全力前進、これです。



とはいえ、「この子が俺の人生のど真ん中に…」だなんて、、いやーーー、そう簡単には見つからないよねー、



プラス、今現在デスクの上に乗っている物達も、果たして思っている程に重要な物なのかってのも最近はかなり疑問だわ、



昔はね、

音楽はやっぱり最高ー!楽しすぎー!!

自分の会社ー!デザインとかプログラミングの仕事ー!大変だけどやりがいや目標があるー!

大好きな人と一緒に暮らせたら幸せー!!



とかさ、何て言うか未来は色々と希望に満ちていたような気がしていたのだけれども、

何だか最近はそれら全部が幻で、本当は、冷たく冷酷な現実が、ただただ無表情でドシリとそこにあるだけのような、そんな気がしてくるんだよね。



はーーあ、とにかく、卑屈にならないように、冷めないようにしなくてはな、

嘘でもいいから、何かに夢中になって、人生に酔っていないとな、



なんて、つまらないことを考え始めたりして、何だか余計につまらないんですよね。



まだ何も知らないだけなのか、それともこの退屈な感じこそがまさに現実で、これが全てなのか。

嘘でもいいから前者だと言っておくれよ、神様。

このページのトップヘ