ココのの〜んびり雑記

とぎれとぎれですが、続けていこうと思います。 のんびりお付き合い下さい。

進化 !

b53e37ec.jpgOutside inの作品展の時には、仕上げをしきれなくて
「これから進化させます!」などと言い訳させて頂きましたが、なんとか少し形を作りました。

塚田先生を筆頭に皆さんみたいな根性はありませんので、
傘の縁にはレースを付けて見ました。

これは上の娘のですが、出来上がってメールすると
「すーてーきー」等との返事。

他の方の作品を見て無いので・・・よかった

もう一本の下の娘のはステンシルを足す・・・と言うリクエストですので、今度。

ぎりぎり

75a07721.jpg
1d22379f.jpg
先日久しぶりの友人と会うので、小さいお土産を作りました。

千葉の彼女のおうちには、素敵なウッドデッキがあるので、ランチョンマット。
東京の彼女には小さな布バッグ。今月お仕事を辞めたので、たくさんお出掛けして欲しいから。

柄は昔オーバルのカルトナージュの箱を作った時にリボン刺繍を刺したデザインをステンシルしました。

6月中に渡せてギリギリセーフ

美味しいお昼とおしゃべりで盛り上がりました。

三段の三段

d6d4760f.jpg今朝は珍しい雲が富士にかかりました。
富士の頭に傘雲。
その上に三段の吊し雲。

その中の一番下の吊し雲が三段。

だから三段の三段。

これが見られたのはラッキーかもしれませんが、台風も来ていて影響があるかもしれません。

皆さん気を付けて下さいね。

(ちなみにこの雲今朝のテレビでもやってたそうです。)

来ました。

2391dab9.jpg
765fdcef.jpg
今年のラッキー第一号(望む第二号)

年賀状のお年玉が当たり景品が届きました!

近所の郵便局に持って行ったら「おめでとうございます。凄いですね。めったにいらっしゃいませんよ。」
と窓口のお姉さんに言われました。

以前に、知り合いが1等の、その頃憧れの大型テレビが当たっていたので、私以外は当たっていると思ってました。

うちの子供達を見ても若者は新年の挨拶は簡単にメールだと言います。

こんな嬉しい気持ちになるなら、郵便局さん!もっと小さくとも当たる人が多いほうが年賀状を書く人が増えるんじゃないかな

満開そしてご馳走サマ

5892d222.jpg
8ca7cb66.jpg
さつきが満開です。

まるで砂糖菓子の様に美味しそうな色。
やはり子供達が蜜を吸い散らかしていました。

約30年ぶり

ec4cf18e.jpg
af0ae214.jpg
24f0238c.jpg
上の娘が歩き出した頃?のリュックを作ってやって、凄い気に入りいつも背負っていました。

お腹に赤ちゃんが出来ると男の子女の子も判らないうちに早速注文が来て、やっとあんよに間に合いました。

でもこれは孫のお友達の分。
女の子バージョンです。

孫より少しお姉さんなので背負って歩いたり、お菓子を入れたり出したり喜んだくれた様です。

ジャム

e3aaf53c.jpgやまほうしのジャムが出来ました。

やまほうしの実250グラムで小さめのジャム瓶にこの位。
味は・・・
やっぱり柿かな〜?熟した柿の味に似ています。

でもやまほうしの実の味です。

オレンジの綺麗なジャムは始めて嬉しい

またなんかみつけよ〜っと

その他

a1fbb45c.jpg暑い夏から少し体調が乱れたらしく、孫のジョジョ君がお腹を壊しています。

余り毛糸で腹巻きを編み始めましたが、腹巻きを買ったとの事。

ではとそのままズボンに編み進み、出来上がりました。

何でも適当な私!
お尻はこの位。
足はこの位。
「あ!大きい
「編み棒変えたろ
「あ!まだ大きい少し戻って縄編みでごまかしたろ
で出来上がりました。

編み物の出来ない娘は何にも知らず喜んでくれました。

ま、冬に寝間着にでもして頂ければ。
幸いです。

やまほうし

ce26e7f4.jpg母なる木

こんな風になっています。

風の日の朝は採集タイム。
拾っていると、ほとんどの通りかかりの方に声をかけられます。

まず「何の実ですか?」

私「やまほうしと言う木です。春にはなみずきに良く似たはなを咲かせるんです」
「何にするんですか?」
私「ジャムにしたいと思いますが、果実酒にも使えるそうですよ」

そして声をかけて来る方々のほとんどが「食べられるんですか、知らなかったわ」と仰います。

そうすると私、得意満面で「食べて見ます?」
実を割って中身だけを味見。

大概の方が「面白い味」と驚いてくれます。

熟した柿の甘さを少し抜いてちょっとアボガドを足した様な味です。

お一人の方は「懐かしい小さい頃山にこの木があって私達子供はおやつ替わりに食べてたわ
と幾つか食べて行かれました。

こんな事しているのは私ぐらい。
でも7月の「ヤマモモ」秋の「やまほうし」。
都会で頑張ってくれている木々の実りと戯れるのも感謝の心の現し方と勝手に思って楽しませて貰ってます。

さて他に無いかな!

造りました。

a6b5b8ed.jpg

やまほうしの実を今回初めて焼酎に漬けて見ました。

あまり暑い夏だったので途中、木の皮が剥がれたり、雨が降らず葉がしなびて来たり心配をしましたが、今年は成り年の様で実がいっぱいつきました。

あと250グラムあるのでジャムを作ります。

何処へ

ミステリーツアーに出掛けてきました。

多分・・・

千葉?

    つづく

楽しみ

89b57aba.jpgやまほうしの花が満開です。

去年は何故か元気が無く、花も殆ど咲かず実が生りませんでした。

何年か前に、この木の実をジャムにしようと挑戦しましたが、上手く行きませんでした。
だから今年こそはと手ぐすねを引いているのです。

家に入る道の街路樹の半分がこの木で、近所の街路樹にも多く、今年の秋は忙しくなりそうです。

由比

26ad8ebc.jpg
4e37db2c.jpg
由比の桜エビ。
大きな丼が「由比どんぶり」
小さな丼が「沖あがり」
あと「さくら海老のかき揚げ」
「浜のかきあげ屋さん」で食べました。
やはり日曜日です、こちらに着いたのは10頃だったのですが、30分待ちでした。
5月に「さくらエビまつり」があるそうです。
また来たいな〜

懐かしい

c275e14c.jpg

ミシン!
良いよね。やっぱりこれがミシンよね。

443db279.jpg

娘がトライ。
スタートも出来ません。
昔の人達は案外と難しいテクニックを駆使してたんですね。
もちろん、この後母が自慢タラタラで、スタート・ストップ・バック・縫いの早い遅いの腕前を見せ付けた事は、言うまでもありません。(b^-゜)

懐かしい

f45da7a3.jpg
思い立って、下の娘と川崎ミュージアムに行ってきました。
「昔のくらし 今のくらし」と言う展示をしてました。
目的は昭和38年の給食を食べに。

イベントの一つに、昭和38年の小学校の給食を開催期間に何回かメニューを替えてレストランでだされていた様です。
面白い事好きの二人は、コッペパン・鯨の竜田揚げ・脱脂粉乳のメニューをわざわざ食べに行きました。

食べながら娘が話す、彼女の時代の給食と、私のソレとは雲泥の差です。
彼女は脱脂粉乳を結構美味しいと言ってました。
私達は鼻を詰まんで飲んでいたのにね。
竜田揚げは今日風に薄味になっていました。

二人で美味しく完食をした後、展示コーナーへ。

a5f54f51.jpg

2b8cafd7.jpg

0a5c63e5.jpg

一番娘にウケたのは、運動会足袋でした。「噂の足袋、お母さん履いたんだ〜」ですって。
時々子供達の感覚に、私は古代人に思われているようです。
懐かしい家電の数々。
三丁目の世界でした。
月別の日記(^^)
コメントありがとう(^o^)
  • ライブドアブログ