コンドルズ小説・まわり道
 其の六 『三月、立つ』


 桜の花びらが散り流れる川面のうちに、色とりどりの鯉たちがたゆたっていた。そんな神田川を横目に、面影橋の駅から都電に乗り込んだ。
 きづくと、あれから一年が経っていた。

 僕はまた、都電に乗っている。
 開け放たれた窓から、春の暖かい風が顔をなで抜ける。何だが暖かくて、ゆったりした心地になる。
 僕は夢の中にいた。
 懐かしい、小学校低学年くらいの頃だろうか。かつての実家。昔飼っていた犬がまだ生きている、しかも若い。何やら明るく、白っぽい光景。まるで死ぬ直前みたいだな、そんな風に思う。死んだことないけど……。
 その当時の僕は、ヒーローに憧れていた。子供らしく、仮面ライダーとか、そんな類だ。まわりの友だちも皆ヒーローに憧れる、そんな時代だった。誕生日のプレゼントやサンタクロースからの贈り物として、ライダーベルトなる玩具を欲しがる友だちもいた。中には、本物のライダーベルトを手に入れれば、ライダーのようになれるはずだと、もっともらしく言う輩もいた。僕はさかしい少年だったので、何を知ったようなことを言っているのかと、心の中で思っていた。けれども僕は、まだまだ幼い子供であったので、きっとライダースーツを手に入れれば、仮面ライダーのようなジャンプやキックが出来るのだろうと思っていた。
 もし僕がヒーローであったら。困っている人を助けたり、交通事故なんかを食い止めたり、悪の手先もないけれど、銀行強盗くらいはやっつける。そんな淡い想像をしていた。何やら懐かしい、昔、昔の、子供の頃の話だ。
 ゆるやかに目が覚める。
 けれども、僕はヒーローではない。
 穏やかな車内の光景。
 漫然と大人になってしまった。
 僕は、何やらいたたまれない心地がして、開いたドアから飛び出した。
 ここは、どこなのだろう。東池袋四丁目駅。高架の下に、昔から有名だったつけ麺屋が移転してきており、今日も賑わっている。並びにある居酒屋は、かつて仲間たちと呑みに来たことがある。街道に見覚えのある信号がある。
 この一年、僕は懊悩の中にいた。出口もあるのか、ないのか、ここはどこなのか。
 面影にいざなわれて、僕はここいた。漫然とたゆたう、失われた時に寄せられて、僕はここに来た。
 このビルの二階に『あうるすぽっと』という劇場がある。
 僕はヒーローになれないまま、ただの大人になった。けれど、生きてきた時間の力で、前に進もう。
 チャイロイプリン・おどる小説『桜の森の満開の下』の舞台が、行われる。
 さあ、立ち上がって、前に進もう。
 もうすぐ舞台の、幕が上がる。



               おしまい