※ちょっと寂しいため、商品名ちょっと盛ってます
DSCF0005
BGMはモーツァルトの『レクイエム ニ短調』あたりでドゾー

DSCF0006
仮面ライダーZOより敵役であったドラス。
ライダー史上でもかなりの不気味さと強さと存在感とで印象的なアイツ。
もう完全に主役喰ってます。DSCF0007
敵方の例に漏れず造形すげぃ!でもトンがってる!!
をしみじみ感じさせます。とりあえずアタマの角の破損要注意。
DSCF0008
可動範囲はまぁ、デザインの関係上~~が真っ先に付いたりします
ZOさんを組み伏せるくらいにはなんとか。



DSCF0009
以下、適当に。
DSCF0010
DSCF0011
DSCF0012
DSCF0013
DSCF0014
DSCF0015
ここから反撃に転じられる次郎さんの腹筋すげえ!と思いました。
DSCF0016
「僕ニハ勝テナイヨ、オ兄チャン」(甲高い声で)
DSCF0017
DSCF0018
DSCF0019
DSCF0020
DSCF0021
DSCF0024
次郎さんライダーの両足キック率すごい。(konami)
DSCF0023
おつかれさまでした。


DSCF0026
ドラスでした。
怪人枠のトガり加減は相変わらずだけどやぱり今回は触角の破損が怖いかなーと。
でも、ZOの後でしっかりドラスの発売は嬉しいものです。
どうもドラスのほうが劇中での印象が強いものでね。





DSCF0025
「どうせ俺なんか…!」
MOVIE大戦2010じゃドラスのほうが目立ってたしね。仕方ないね。

なおこのワタシ、先のZO発売の頃まで本編未見だったのは懺悔せねばならぬポイントである。