c-zone:A -Zwei-

ただ主がフィギュアでダラダラ遊ぶだけの駄目ブログだったり。

タグ:非公認戦隊アキバレンジャー

01
ワイルドな経営
ワイルドな販売戦略。(だから何)


続きを読む
    mixiチェック


「あー、さやかサンも転属になったし、マドンナルートでもイマイチやる気しねーなー…」
02
首根っこひっ掴まれました。
「おっ?」
03
うぁぁぁぁぁ??
04
イタイイタイ
05
「痛てて…一体、何なんだってんだ…?」
06
「・・・え?」





見るからにマル暴の人キターーーー!!

ケタロスの中の人(劇場公開当時)のヒゲインパクトでこう書かせてもらいましたが
(勿論役作りのためでしょうけど)
やぱり身なりで特に第一印象が決まるなんて結構納得できる話だとオモタ。続きを読む
    mixiチェック

2013_0207_013025
Machine Itacar!!
世界トップとなる燃費性能38.0km/Lと、2.4L車並の動力性能を実現。
さらに、標準の走行モードに加え、シーンにあわせて選べる3つのドライブ モード、「エコドライブモード」、「パワーモード」、モーターのみで静かな走行を実現する「EVドライブモード」を設定。
99馬力を発生する1.8Lガソ リンエンジンに、82馬力のモーター、システム全体で136馬力相当の出力とする。
基本バリエーションは、オーディオレスとするベーシックな「L」、 CD+AM/FMオーディオを標準「S」、クルーズコントロールや本革巻ステアリングを備える上級「G」の3タイプ。今回の特別仕様車「LEDエディショ ン」は、GおよびSをベースに、「ツーリングセレクション」シリーズに標準装備されている消費電力の少ないLEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリ ング/ポップアップ式ヘッドランプクリーナー付)を採用した。
さらに、G LEDエディションには、ブラック/バイオレットのツートーン本革シート表皮を採用するとともに、 ステアリングスイッチ、エレクトロシフトマチックなどに専用ゴールド加飾を施すなど、より高級感のある内外装としている。
また、S LEDエディションには、アクア/ミストグレーのツートーンスエード調ファブリックシート表皮(ダブルステッチ付)、本革巻き4本スポークステアリングホ イールなどを採用し、上質で洗練された室内空間を演出している。


某ト○タ公表のスペックは置いといて。
葉加瀬店長も維持費が大変だと嘆くプリウスマシンイタッシャーでございます。
続きを読む
    mixiチェック

01
「終わりだ、バスコ!」
02
「終わり?笑わせないでよwwマベちゃん程度が俺を何とかできると思ってんの?」
03
「マベちゃんには見せた事なかったっけねぇ。コレがアカレッドが恐れた俺の、真の姿サ。」


メシ当番が300万!ナンダッテーー!!

続きを読む
    mixiチェック

01
♪ニャニャニャーニャーニャ♪

05
「後編ーーーー」
06
キターーーー!!

て事で後編です


02
妄想の海に浮かぶ街、秋葉原。
03
そこに、痛さは強さだと信じ、脳内だけで戦う3人の戦士がいた。
04
彼らこそ!


非公認戦隊!
OPは略!(まさかの)
続きを読む
    mixiチェック

このページのトップヘ