2014年02月

皆様、明けましておめでとうございます!!
 
劇団チャンサーのムーです!
 
2013年11月公演【かやの梅の木】、観に来てくださった皆さま、ありがとうございました!!
アンケートでは沢山の嬉しいお言葉を頂き、感謝感謝でございますびっくりマーク️。・゜・(ノД`)・゜・。
 
わたくしムーは11月公演の前に、少し遠くの土地に引越た為、声だけの参加をさせて頂きました!声だけでも参加でけてうれしうれしですv(誘ってくださったルマンドさん、ありがとう☆)
 
なので!参加も出来て、舞台も席から観れるという一番美味しいポジション!!
年末の良い思い出になりました☆☆
 
実は、どんな話なのか全く分からないままお芝居を観たのですが、
チラシでは古風な感じだったのに、始まって最初に登場したのが、現代の女学生!!
「あれ??」
しかもファンクラブって(笑)
主人公ナルシストだし!!
一体どんな話になるんだ!?って、ワクワク致しました☆☆
 
最初のインパクトってやっぱ大事ですよね!!
 
そして、みんなが色々とグレードUPしてて驚きました!∑(゚Д゚)
それぞれのキャラが凄く活かされてる(笑)のが凄く面白かった!
 
その時ふと思ったのが、
「ああ、あの場にいなくて良かった。」
です(笑)
いたら足引っ張ってたところでしたよ!!
でも、いたら一緒にグレードUPできたのかも…∑(゚Д゚)ぎゃあああ!!
 
………orz
 
 
 
劇団チャンサーは皆様に支えられながら、これからも頑張って行きます!!
 
今年も1年、どうぞ宜しくお願い致します!!m(_ _)m
 
ムーでした!

 

 

*****

公演前に諸事情で関西を離れたムーでしたが、今回は録音音声で参加してくれました。

本番もスタッフとして駆け付けてくれて、その姿を激写!↓↓

知的なアナウンサーだったでしょ?

201311_mu.jpg

 

旧年中はお世話になりました。
秋の公演、「カヤの梅の木」をご覧くださった皆様、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

前回の悪役・桃仙人とは打って変わって、今回は気品と訳ありのお姫様を演じたのですが、振り幅が大きいのは演じる側も楽しいものです。
個人的に和装は好きなもので、今回の衣装選びは同じく衣装担当のかなと二人、いろいろ探して回るのが、大変でもあり、愉しくもありました。
袴に関しては、本番前日に一枚の布を2時間ほどで袴の形にし、仮縫いまで持っていったかなの手際の良さに圧倒されました。
仕上げは自分でしたけど、この世紀の合作、ちょっと自慢したい(いや、かな先生様々です…頭が上がりましぇん)
それと、姫様のカツラ!
サラサラスーパーロングヘアーを扱うのがとても難しく、当時の女性はこれを地毛で扱っておられたのかと思うと、オシャレは気合だなと改めて考えさせられたのでした。
次回作ではまたどんな世界観でどんな衣装を提供できるか、ちくちくモンキーズにご期待ください(?)

 

201311_tatsu02.jpg

 

 

 

 

さて打って変わってまったく飾らない衣装で登場してくれた熱血漢・汗水ナガレを演じました、たっちゃんこと新居達也。
本来ならチャンサー面子で熱血から一番遠いたっちゃんですが、与えられた役割を期待以上にこなしてくれる姿はまさに漢です。
一味違った熱血っぷりで、かなとみさよの演じる女子高生とともに、お話を盛り上げてくれました。
「汗水ナガレ」の役名に違わぬ汗のかきっぷりでしたが、さすが!役者たるもの汗も涙も自在に操れなければ…

なーんて、実は裏で霧吹きで水を吹き付けていたのです。
それもまた、役を極めるための陰ながらの工夫。
舞台の見せ方や演出において、場数経験の豊富なたっちゃんの意見や行動には、我々も一目置いております。
チャンサー第一回公演『あお』では脚本・演出を担当してくれたたっちゃんは、個人ユニットでも活動中。
そろそろ新作をチャンサーで上演できるといいですね。

 

 

 

 

ブログ用まちこを撮影中のたっちゃんを激写。↓↓

201311_tatsu01.jpg

 

影絵の試みも、舞台設営までどうできるかドキドキしたのですが、舞台監督・西脇さんの機転で見事なセッティングがなされ、我々の想像を上回るスクリーンがその場で出来上がりました。
いつも無茶ぶりに応えてくださる西脇さん、本当にありがとうございます。


2014年、今年も皆様に愛されるチャンサーを目指します。
宜しくお願いします。

↑このページのトップヘ