2016年10月

公演を見に来て下さった皆様、遠くから応援して下さった皆様、ありがとうございました!

今回私が紹介するのは、ムー(木村司 きむらつかさ)です。彼女はここ何公演か舞台には登場していませんが、なんと彼女の気配を、ご覧になったお客様はたっぷりと味わえていたのですよー(^-^)

ムーは仕事の都合で引っ越したのですが、公演に参加する気はいつも満々でいてくれます。なので、ナレーションやアナウンスなど、声が必要なときなどに、我々は遠慮なく、「お願い!これ読んで録音して、データ送って!」ってリクエストをするのです。そしたらムーちゃんは、そのセリフを何度も練習し、ある日意を決して、お部屋とか、ある日は誰もいない公園とかでそれを録音して、メールで送ってくれるのです。

彼女のこだわりとやることのクオリティーがないと、地味に我々の公演は成立しません。遠くにいても、これだけのストライクを投げてくる。ムーはそういう仲間です。身びいきかもしれない。でもそれぐらい言わせてくれ。というぐらい毎回公演を支えてくれてるムー。見習いたいです。

というわけで、ムーをご紹介致しましたー!

かな‗アニマル.jpg

 

『アニマルパレード』を観に来ていただいたお客様ならびにお世話になったスタッフの皆さん、今回も感謝・感謝です!皆さんの力なしにチャンサーはありえません。本当にありがとうございました。

 

 

 

今回は、クラップクラップファンタジーさんとの共演、また客演さんお二人を迎え、大変賑やかな舞台となりました。客演のうちのおひとりが、羊の羊谷(ひつじたに)さん(←舞台上で名前を呼ばれたことは一度もありませんでしたが、実はちゃんとした苗字があったんですよ)を演じていただいたるいこさんです。

 

舞台を見ていただいた方にはわかると思いますが、とってもきれいな声をされています!ご自分では「声が高いのがコンプレックスなの~」とおっしゃっていましたが、とんでもない。ずっと聴いていたくなるような柔らかくて心地よい声の持ち主で、羊のふかふか柔らかいイメージとぴったりでした。


 

そしてるいこさんは、台本をきっちりと読み込んで台詞を大切にされる役者さんです。稽古の時から台詞は完璧。本番でも台詞が出てこずアドリブがアドリブを生み、こっそり冷や汗…、のチャンサー劇団員の中にあって、るいこさんの安定したお芝居がなんと光ってみえたことか!投げたボールは必ず真ん中に返してくれる!るいこさんのお芝居には、そんな安心感がありました。

 

今回は、はじめて人形を使ったお芝居に挑戦しましたが、なんと学生時代は人形劇団に所属していらっしゃったということです。るいこさんに使っていただいた羊のぬいぐるみは、私がチクチクに初挑戦して作ったものなんですが、雑な作りで使う度に綿がホロホロと飛び出して、使いづらかったのではないかと。そんなこんなにも笑顔と美声で「大丈夫ですよ」と応えていただき心強かったです。

 

 普段は「故事語り部座」で活躍されている、るいこさんなんですが、またチャンサーでご一緒できる日がくるといいなと思います♪

 

まちこアニマル写真①.jpg

 

実は大の「カピパラさん」ファンということで(裸のお兄さんの方ではないですよ)今回の舞台にちなんで、羊をかぶるカピパラさんのストラップを購入。小物使いがお茶目!

 

まちこアニマル写真②.jpg

 

↑このページのトップヘ