“ゆく河の流れ3"(オザワ商店)

"行く川の流れはたえずして
もとの水にあらず・・・
淀みに浮ぶ泡沫は久しく留まりたる
ためし無し落書き・・・落書き&戯言・・・
暇潰しにどーぞ!

2014年02月

深夜のドラマ・・・





  朝から興奮冷めやらぬ感じでございますが、奇しくも今回のオリンピックの日本のメダル無しの低迷感をぶち壊したのが、4年前にマズゴミを筆頭に方々から吊るし上げのような扱いを受け、叩かれたスノーボードでしたというこのお話・・・心の中でニヤリとしてしまいますね!

そう 4年前は丁度 横浜でインタースタイル(翌年モデルの総合先物取引展示会)が開催されてて、会場では“あの騒動に対し非難してる人など誰一人おらず、国母クンが滑り終わった時の“良くやった!”と盛り上がった展示会場の盛り上りを今でも覚えてます・・・

そして 本日深夜に決勝が行われた男子ハーフパイプ・・・

予選の あまりにも眠たい解説に寝てしまったが、目を覚まし、見始めたのが決勝2本目から・・・

その時点で、TOPは平野選手だったが、その後からの展開はホンと目を離せず、面白かったですネェ・・・

追い詰められてからの、平岡選手の底力・・・トップから引きずり下ろされながらも、1本目を超えた平野選手の2本目・・・

そして最後のショーン


たった一度の負けで、ショーン時代の終焉は言い過ぎですが、“たけきものもついにはほろびぬ  ひとえに風の前の塵におなじ ・・・” 

ま、猿もなんとか・・・プライベートパイプを持つ人ですし、4年後でも 31歳、王者復活と騒がれ、次もくるかもしれません


そして今回のオリンピックの日本人の技術コーチには国母和宏クンの名前が・・・

深夜に非常に面白く胸アツなドラマを見れて良かったです


なにやら、メダル確実とされてた、高梨選手も4位という結果で、オリンピックでメダルを取る事の難しさをかんじましたよね・・・

朝からTVでは平野&平岡の映像がバンバン流れ・・・
ホンと 銀と銅メダルを取った快挙はホンと素晴らしく、おめでとう御座いました。
“自分の滑りが出来た事に満足!”という言葉が印象的です。 

平野、平岡 両選手 ホンとお疲れさまでした・・・いいもの見せてくれてありがとう・・・







soc14021203310017-p2




ビタ着だけではダメなのか・・・



 いや~ 昨日は佐川急便、クロネコヤマト・・・どちらも昨日は集荷できません!と断られ、いやはや、久しぶりに仙台市内でも大雪を感じましたよね・・・
雪掻きで、しんどかった方は是非 北船岡整骨院の阿相院長の所へどうぞw

 それにしても色々と思うように行きませんねぇ・・・ようやく身体も動き面白くなってきたのに、強制的にソチオリンピックの観戦係をやらされております。 えぇ 身体は至ってピンピンしているのに・・・


 さて、先日の今回から正式種目になったスノーボードのスロープスタイル・・・
日刊現代の記事もあったし、必然的に準決勝からは見入ってしまいましたが、何となく違和感・・・

決勝進出した半分以上の選手が力を出し切れて無い様に見えたし、採点競技の難しい所なのか、お手つき減点やら コレでこの点数かよ?!と思うような、疑惑の点数多発・・・

まぁ でも そんな中、メダルを手に入れた3人は難しいセクションでも、着地に余裕を感じたし、一枚上手のように感じましたよね・・・




ただ 金メダルはなぁ・・・個人的には、2位のサンドベックだったように思いましたよね・・・

だって ビタ着ですよ?!   ビタ着!





マーク・マクモリスやピートゥ・ピロイネンの点数も え? そんなモンすか って思った人も多かったんじゃないでしょうか?

http://www.gorin.jp/result/SBSBM070/index.html?bctid=740091200002



率直にカー〇〇グや、リュー〇ュといった種目よりか断然映えるし、見てて面白かったですよね?


ぶっちゃけスローで解説してもらわないと何がなんだか解らない世界に突入しちゃいましたけどねw

ま ビタ着だけ覚えとけば次回も楽しめるでしょう ビタ着さえ 覚えておけば! 




それにしても若き侍の8位入賞は大したもんです!
4年後でも21歳・・・金メダルにかぶり付いてる画像の彼を  4年後に期待したいと思います・・・



そういや今回のスロープに関連して、イマイチ把握してなかった事柄を解りやすく解説してる記事を教えてもらいました・・・
ま この辺の確執は大人の事情が色々と絡んでくるんで難しいんでしょうけど、ガチで最高のパフォーマンスで勝負出来る環境に一日も早くなって欲しいですね・・・



http://www.nikkei.com/article/DGXZZO66450600W4A200C1000000/

残念なコース、足りなかった角野の経験


読んでて面白い記事でした。





まぁ でも あまり複雑な体操的な競技より自分は↓断然コッチ派ですけどね・・・


名称未設定-5






さて 次は葛西のラージヒルと高梨 沙羅に期待しますかね・・・

始まりましたね・・・決勝今から

 



 なにやら日本じゃ大雪の報道で軽いパニックのようにも感じられますが、お出かけの方は事故に遭わないよう運転気をつけてください。
俺だけは! と思ってても巻き込まれたり、突っ込まれたりするので・・・

雪も丁度いいのは歓迎ですが、振りすぎはねぇ・・・ちょっと勘弁ですよね特に今日、明日はスミカワでイベント盛り沢山なのに・・・運営側も足を運ぶ側も厄介な大雪です。
そういえば、今夜のCLEAR JIBフェスタには当方もホンの微力ながら協賛してます!
(BUGWORMのハルサキJKは誰の手に・・・)



さて いよよ始まりましたね オリンピック・・・急遽オーダー締め切りやなんやでバタバタしてて何がどうなってんだかイマイチ把握してないんですが、ツイッターで速攻流れる話題でショーンホワイトのスロープの棄権とかメダル候補の角野クンの予選がイマイチだったとか、羽生クンがスケートの団体戦のSプログラムで1位だったとか・・・

要所×2の話題はチェックしてました・・・

でも新種目のスロープスタイルの予選が誰が通ったのかは把握してませんね・・・
もはや別世界過ぎて

(↓予選ハイライトが見れます)

キャプチャ
http://www.gorin.jp/result/SBSBM070/index.html?bctid=740091200002 





そんな折、ツイッターやFBで話題に上がってて何よそれ?! と思わずクリックした↓の話題




キャプチャ1

http://gendai.net/articles/view/sports/147795

アラッ?  最初この記事を見た時は“ガキの遊び”と書かれてたような? あまりのクレームに“子供の遊び”に変えたのか、俺の錯覚だったのか・・・


今回、流石に この記事は不快に思って、速攻そのページのフォームから苦情はいれました(向こうにととっては塵にも満たない話ですがねw)

まぁ 似たような不快な感情を持たれた人も居るだろうし、反応は人それぞれだと思います。







こんな 記事を書く奴 死ねよ!  とかねw




でも、後から冷静に考えたら、寧ろ日刊現代の思う壺に多くの人が、まんまと乗っかったのかもしれませんね?!

話題性を集めるにゃ いい話より、揉めた話の方が話題を集めやすいというのは、悲しいですが受け止め無ければいけない事実。売名行為的な表現される話も、悪い話や揉めた話ばかりだし・・・

そう言った視点から見ると、クリックされて目に止まってナンボのWEBの世界・・・
プロスノーボーダー、各メーカー名前が売れてナンボな世界・・・
スノボードはやらないけど、バートンは知ってるぜ!って人やショーンホワイトは知ってるわ!って人けっこういますよね・・・


ぶっちゃけ こんな記事も無ければ普段日刊現代なんか見もしませんし、存在自体しりませんでしたよw  
雑誌の週刊現代は知ってたけど・・・

たしかに 本気で取り組んでる人にとって頭に来る話だと思うし、名指しで言われたらある意味被害者かもしれない・・・

でも 知らない人や興味を持ってない人に注目を浴びたり、手っ取り早く名前を売るにはグッドジョブに思います・・・

そりゃ 本来ならいい話で話題に上がった方が理想的ですけど・・・
興味の無い人や初心者の方々の記憶に名前が刻まれるようになるには、相当のチカラが必要となります・・・

ちなみに、万年 初心者扱いのウチの奥様なんか オリンピックのハーフパイプ2大会連続代表のヨネックスの青野 令は知らなくとも、マスコミに散々叩かれた 国母クンや成田ドーム名前は知ってるし、大会シーンでは既に過去の人の扱いだとしても彼女の中では有名なスノーボーダーと言えば国母クンとドームクンなワケで・・・

プラミッドの上方部の方に取っては悲しい話ですが、ピラミッド底辺を支えてたり、関わってない人にとってはソレが現実です・・・
で どちらの人がマーケットを支えて居るかといえば、ピラミッドの3分の1より下の方々のお陰ですから・・・


 昔、自分も、とあるブランドを取り扱う事で2ちゃんねるで名前が上がり一部で叩かれた事がありましたが、その取扱いブランドの人と、もっと叩けよ!って笑ってた事を思いしました・・・
言ってる方は必死に叩いて、周りも可愛そうにと思ってた方も居たんでしょうが、こちら側はワザワザ宣伝し・てくれてありがとう・・・みたいな!(ワザと乗っかって楽しんでた自分を今回の記事で思いだしましたw)

その後、サイトのアクセス数はあがり、一部のコアな人にかなり良くしてもらったのでね・・・
ホンと 宣伝ありがとね!って感じでした・・・



今回の記事が自分の事だったら?と思うと どうだろう??

やはり そうですね 最初だけイラっ!?っと来るけど、2時間後には・・・・





宣伝してくれてサンキュー! 

でしょうね!?






その くだらない記事のお陰で、悔しい思いを感じた人は言われないよう努力するだろうし!
頭に血が上った人は、逆に応援するだろうし・・・
今回の件で いったいドンだけの人が注目してあの記事を目にしたことか・・・
雑誌の宣伝広告費より かなり効果あったと思うよね・・・

そしてスノーボードをしてても角野ユウキ? だれそれ?角野卓造のモノマネする人か?
って人も居たでしょうが、これからは角野と言えば友基だろ?! 知ってるよ!オリンピック見てみた!って人も多くなるはず・・・決勝に行ければ


 昔と違い、スノボのギヤやプロライダーに興味無い人も多くなり・・・誰々が使ってんだよね!
なんて セールストークをしても ポカーン“ハァ 誰ですかそれ?!”って人の方が断然多く・・・

うわっ 名前だした俺が恥ずっ! みたいなw   


ちなみにFLOWなんかあれですよ  うちの周りじゃ“日本人じゃ石川 敦士クンや上村 好太郎クンが”とか名前をだしても。ポカーン とされて、名前さえ知らない人が多く 、逆に“油井さんがサポート受けてんだわ!”の方が断然影響力ありますからね・・・
(それはそれで問題だけどw)

このクソ記事をどういう風に捕らえるかはホンと多くの意見があるでしょうが、ピンチの後にチャンスありじゃねーど、生かし方次第じゃいい方向に向くでしょうね・・・



と くだらない戯言を書いてたら、角野 友基スロープスタイル決勝進出!!!

いや~ めでたい!



コレでメダルを取ってくれ!と願う人も増えただろうし・・・このチャンス 生かしてほしいわ!


さぁ このあと決勝!!!

リザルトには載らない、永田さん&HRMちゃん&太郎の評価・・・続き





 もうね 早いもので今月の8日がファーストオーダー締め切りになりますAIRBLASTER・・・
(既に締め切ってるブランドも当たり前にあるし、全国のバイヤーの皆様、お店のオーナー、ホンと嫌な時期ですよね?!この最も楽しいハイシーズンだというのに・・・)

しっかし たった一つのブランドでもオーダーを絞りきれません・・・

全国各地より早期予約用の資料請求を過去最高に頂き、早々と御予約頂いた方々・・・ありがとうございます。
あとはドロップしないように祈りましょう・・・

と言うわけで、早期予約できるような資料を下記ページ(画像クリックでページに飛びます)にて配布してました!(資料請求フォームに必要事項を入力頂き、送信下さい!(ファイルが削除されるので携帯アドレス不可でございます)
 
エアブラスター
 

(↑のころは最高ダサかっこよかったんですよねぇ・・・コレでウェアー?と思える程にw)




同時に、今期モデルの在庫分はSALEにて販売中!↓




13_14air



SISSY PANTや一部の商品は、カラー変更だけのようなモノだったりするので、考え方によっては来期のモデルより断然お徳です!


そして 今週末の土日、スミカワスノーパークにて“CLEAR JIB FEST14” “T.J brand 2014 Official TOUR”“SMIKAWA SNAKE DERBY ”とイベント盛り沢山・・・
http://www.cloud-line-lab.com/index.php
(詳しくは右側サイドバーのPickup Event Flierを確認ください)



さて 話は大会当日の日曜日の朝・・・

窓の外は完全に雪模様・・・コレが雨に変わるのかよ?と 思うほどの雪模様!

こりゃ 午前中は間違いなく 土曜日程では無いにしろ、楽しめるでしょ?!

どうせ みんな予選は通るだろ?!っていう勝手な妄想の元 観戦応援組みは滑りまくる・・・



P1040140
(ようやく 滑れる用になったけど、滑りの途中でカメラを出し、ハイチーズと上手に写真を撮る余裕など無く、イマイチが画像で皆様すみませんw 2号見えてないし・・・
途中 晴れ間が見え、見晴らしのいい場所にて撮影会中のみなさん・・・Y先生がグラついてるのは2日酔いのせいですw)

とまぁ 調子のいい雪質はお昼をちょっと回った頃で、そろそろ応援に行ってみようか?!とA2にある大会会場へ移動する・・・
なにやら 凄く楽しめそうなアイテムが色々あるパークでしたよ! (20年前の俺ならw)
http://geto8.com/gelande#course





会場に行くと、スキー場に居る事が既に違和感100%のヨシノリが応援隊長としてコース脇で声を張り上げてて、どんな状況だったか話を聞く・・・


P1040141



正確な数字はわかりませんが、参加人数は男子が50人弱・・・女子が6人  一人3本飛んで、ベストポイントで上位 何人だったのか知りませんが15名?くらいが決勝へ・・・


この時点で ボルピン&ジョンが予選の2本を飛び終わっていて、隊長&小太郎はこれから2回目のトライ・・・

途中からの観戦だったが、いつものワンメイクの大会より断然レベルも高く、あら? コレみんな予選抜けれるの?という思いが頭をよぎる・・・

最初の方から見てたヨシノリに聞くと“どうだろうね?! マッソー(筋肉男 ボルピンの別な呼び名)は良かったね! 抜けたんじゃね?! という感想・・・

ちなみに 今回の大会で一番心配だったのは“ボルピンとジョンはちゃんとワックス塗って来るだろうか?”という大会に出る以前の問題の部分だった・・・

まぁ なんせ この二人を面倒見てた男が、ほぼノーワックスな男でしてからね・・・みんな 真似する 真似する・・・
板が走らず、苦い経験を積んだ事あるにも関わらずワックスを塗らない! “塗ったら負けかも?!” みたいなw

 
流石に前日の天気予報は雨だったので、ボルピンには“走らないとつまんねーし ワックスは塗ってきたほうがいいよ!”とメールは送っていた・・・

返って来たのは“6年振りくらいに やりましたよと!” とのこと・・


が 一番メールを送らなければいけなかったのはJHONの方でした・・・
ポテンシャル的には、既にシンスケを越えてもおかしくないんですが、3本目を見る限り、明らかに板が走ってない 

“アカン 案の定塗ってねーな” と一目瞭然・・・


 小太郎も前日の疲れが明らかに残ってるような、疲れた目で自滅状態で、いつもの軽さがほぼ皆無・・・

そんな中、ひときは注目を集めたのが今大会 最年長の油井 正浩! 


流れ的にはスタートから 直ぐの所にレールor ボックスをどちらかチョイスしてから、8m?10m?キッカーからの平行に並んだキッカーor レインボーBOX?を選べるようなコース・・・





P1040144


みんな そんな 当たり前のルーティンなんだが、一人だけ え? 何処行くの? と コース横壁のパウダーを食ってからのキッカーと誰もが予想もしないような滑りで会場の度肝を抜いたのが油井さんだった・・・




BlogPaint



面白い・・・ひじょーに 面白い!
 

まじめに"THE SLOPE"の出場枠をかけた戦いに挑んでる人も居る中、自分がやりたいように誰よりも大会を楽しんでる姿はむしろカッコよく・・・

確かにコース内のアイテムを自由に使ってパフォーマンス競うのがスロープスタイルですからね、横壁のパウダー食ってはダメなんてルールは今回は無い・・・

流石に最近の若者がやる900とかトリック的な部分では劣るものはあっても、それを補う長年培ってきた経験値と引き出しの数! 流石でした・・・

ヨシノリから“次郎を見直した! 俺の中では1位だったわ・・・” とヨシノリジャッジ内では予選1位通過w



途中 昼休憩を挟み、1時を過ぎた頃には天候は雨・・・朝のパウダーが嘘に感じるような雨!

結局 予選通過は、まさかのジョンが4位通過 (同率で数名4位がいましたが) 隊長はヨシノリ評価は1位なれど、大会の趣旨的には15位通過・・・

惜しくも、この時点でボルピン&小太郎の挑戦は終了・・・

決勝が始まると、けっこうな雨の量・・・板が走らず苦戦してる人が居る中、予選1位、2位の渡辺恭介クンと佐藤孝弘クン(旧ナベプロ)は流石の滑り! 
そりゃ レベル高いわな  スロープでプロに上がった方ですもの・・・

他にも岩手の松岡クンって子や予選でこの子マジか?と将来が頼もしいBig Timeの太田カンスケクン(この子マジいいスタイル既にもってる)とか ムラスポの鹿野クン等 見応えある戦いで 駆け引きが面白かったですね。


そして 悪天候の泥仕合に強い油井隊長は最後まで勝ち負け関係なく自分を貫いてました・・・

最後は最初のキッカーのあと、片足外してワンフットまで繰り出して会場を沸かしてました。




 今回 ディーラックスの冠がついた、3月8日、9日に上越国際スキー場で開催される プロアマ混合の“THE SLOPE”という大会の出場枠もかかった大会でした。



P1040149


女子の方はポイント的にTHE SLOPEの該当者が居なかったようですが、男子は↓の3名(1位~3位)が見事、"THE SLOPE"の出場権をGET









P1040155

左から2位のジョン 1位の渡辺 恭介プロ、、3位の佐藤 孝弘プロ  本線では東北を代表してがっばって来て欲しいですね!




しかしまぁ もはや 内容は惨敗だったし 間違って油井さんが特別賞でも貰えんじゃね?! くらいのうちらのノリでしたからね

ジョンの2位には本人もそうだが、うち等がびっくり・・・オイオイ 博美ちゃんにナンボ払ったんだ?!と買収発言が飛び出すしまつ・・・

そして 別に上越の本線なんか全く希望してなかった ジョン自身が嬉しさより非常に困ってた顔が印象的でしたw (↓微妙に引きつってますw)





P1040154



ジョンと一緒に滑ってるボルピン等は“誰も 応援いかねーぞ?!” とか 隊長は“上越にはスーパーパイプあんだよね! 何処のルートで行こうか?!”と奥さんを横にすっかり便乗応援パイプツアーモードw



はてさて、烏帽子のサンデーボーダーがプロアマ混合で何処まで行けるか楽しみでもあります。

ウチからはお祝いに超簡単スプレー缶ワックスをプレゼントしようと思います。w




いや~ それにしても 朝一パウダーや大会観戦、まさかのジョンの準優勝・・・内容の濃い一日でした

油井隊長は 特別賞としてHRM賞を頂いてたし、ディーラックスの熱き営業マン 永田さんから(元MOSSのライダー)“僕の中ではベストポイントは貴方でしたよ!”と 価値ある言葉を頂いてました。
この辺は、リザルトには載らないサイドストーリーですが、マジカッコよかったです!
ヨシノリのアンタが一番だった!という言葉は最後までそのままだったし良かったんじゃないでしょうか?!
(奥さんの旦那としての評価は別としてw)




 帰りの車の中でヨシタケ先生が、なんか凄く面白い一日でした・・・との感想はみんな同じのような気がするので、今回も楽しいツアーを有り難う。

そして大会関係者並びに出場者の方々  今回夏油に行った皆さん 御疲れ様でした!!!




さーて 誰が上越ツアーの段取りするのか・・・3月もイベント盛り沢山な予感です!


リザルトには載らない、永田さん&HRMちゃん&太郎の評価




 前回、続きは夜に・・・と書いたまま1週間経過してしまいました・・・
夏油での話も既に物凄く過去な話になってしまい・・・もはやリセット  みたいな

掻い摘んでお話すれば、夏油スキー場のコースの一部を貸し切って行う予定だった、雪板のイベントも
http://www.cloud-line-lab.com/news_post.php?id=7836352d3eb3c224d8

ゲレンデコンディション不良で中止・・・ほんと様々な方々の作品があつまり、夏油のドームは軽いミュージアム状態で見てるだけでも面白かったんですが・・・カメラ紛失の次はSD破損で画像が無いっす・・・残念 

次は2月16日のスミカワで↓が開催・・・経験者も初心者も楽しめるイベントになるので、興味のある方や体験したい方は、数に限りはあるようですが、レンタル雪板もあるので、申し込みはお早めに・・・

詳細は↓をクリック
ms_powsurf_s






で 話を夏油に戻しますが、雪板のイベントは中止でしたが、軽く声を掛けて10人超えで集まってしまったウチの夏油を楽しむプチツアー組みは、軍曹や小太郎、残念脂漏さんのお陰で参加者は大満足だったようで・・・
(to 軍曹 ほぼ丸投げでしたが、皆さんあとから大満足という感想が聞けたのでホンとありがとうございました!ようやく身体も動くようになったので次回はまた・・・2ゴン方面には丸2年行って無いんで・・・)

油井さん率いる変態組みは、現地の変態軍団が引き受けてくれたので、ほぼ放置w
こちらも大満足だったようで何よりです。

もちろん コレもSD破損で画像無しです。参加者の皆様 お疲れ様でした! 次回も誘うので楽しみましょう・・・



んでもって話は飛んで 昨日の日曜日・・・この日は夏油で初開催のDEELUXEの冠がついたスロープスタイルの大会・・・

今まで、ワンメイクの大会で何度か観戦しに行ってましたが、この時期に開催される大会・・・しかもスロープスタイルは今回が初!


真先に、でてみっか?! とエントリー用紙を持っていったのはボルピンこと田村 淳一・・・




1609669_229993173851564_1007956943_n




そして ボルピンに誘われ道連れ的に参加する事になったJHON・・・





そして ↑の二人に触発されて 結婚しても行動は独身・・・・“養殖マグロにゃ なれません!” “止まったら死んじゃう!”と大海を泳ぎ続ける天然マグロの油井隊長・・・









YUI




最後は、先週まで出ない!と言ってた・・・残念小太郎


土曜日は朝からナイターまで13時間も滑り、そのあとAM3:30までヨシノリにつき合わされ人生ゲーム&トランプをしてたとか・・・
無尽蔵なスタミナなのか、単なるバカなのか・・・もう少し観察が必要ですw


KOTA
(左から小太郎、脂漏、次郎の残念ファミリーズ)






この4名の頼もしい?ライダーが今回大会に挑んだのでした・・・つづく

ウェブショップ
つぶやき
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
プロフィール

オザワ

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ